« 「即席 マルタイラーメン」、そして「静岡おでんセット・スープ付き」 | トップページ | 「無名汁」、そして「世界の鍋に舌鼓 年末年始、自宅で楽しんで」 »

2020年12月14日 (月)

冬の伝統食育(12月〜2月)

 昨日のテレビ「ごちそうカントリー」は、「富士宮市」「冬キャベツ」。
https://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/archive/?seq=73642
*渡辺 靖
*加工キャベツ栽培出荷プロジェクト:
 加工キャベツを皆で栽培することで部員の親睦を深め、農業技術向上を図る。
 2018年始動。遊休農地や耕作放棄地の解消にも繋がっている。
*富士宮産寒玉キャベツ:
 葉が肉厚、加熱しても崩れにくい。食感は柔らかく甘み豊富。
「おいしいをつくりましょ。」
【博多風もつ鍋】
『材料』(8人分)
・キャベツ・・・1玉
・牛もつ・・・1kg
・ニラ・・・2束
・一味・・・適量
・ニンニクチップ・・・適量
・鷹の爪・・・適量
・白ゴマ・・・適量
<もつ鍋のスープ>(作る量によって各材料は調整してください)
・水
・しょう油
・みりん
・昆布だし
・鶏がらスープ
・ニンニク
・おろし生姜
『作り方』
①もつ鍋のスープを作り、下処理済(塩もみ・湯通しなど)の牛もつを鍋に入れ、灰汁が出たら取りながら、しばらくもつに火を通す。
②キャベツを適当な大きさにざく切りにし、もつに火が通ったら鍋に入れ、強火で煮込む。
③キャベツがしんなりしたら、刻んだニラを上に乗せ、ニンニクチップ、鷹の爪、白ゴマをふり再び鍋の蓋をして、中火で5分ほど煮込み完成!
【富士宮やきそば】
『材料』(6人分)
・キャベツ・・・1玉
・蒸し麺・・・6袋
・豚バラ肉・・・200g
・肉かす・・・適量
・だし粉・・・適量
・ソース・・・適量
・油・・・適量
『作り方』
①薄く油を引いた鉄板を熱し、肉かすを炒め、油が染み出てきたら豚バラ肉も加え、一緒に炒める。
②キャベツは麺に合う適度なサイズにカットし、肉に火が通ったら鉄板に投入。
③キャベツと肉を混ぜ合わせながら炒め、下味に塩・コショウを振る。
④キャベツがしんなりしてきたら、富士宮やきそばの麺を鉄板に投入。
⑤キャベツを麺の上に乗せ、少量の水を加え、麺を蒸し焼きにする。
⑥蒸し終わったら、麺をほぐしながら具材と合わせる。
⑦焼きそばソースを加え、全体に味が回るように馴染ませる。
⑧仕上げに、だし粉をまぶして完成!

 「相葉マナブ」は、「マナブ!自然薯堀時間スペシャル」。
https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/story-backnumber/201213/
 炒りむかご、むかごごはん
*飯塚 榮根(えいもと)
【自然薯のととろ】
①自然薯をする。すり鉢でする。
②塩をかけていただく。
【自然薯のかき揚げ】
『材料』(4個分)
・自然薯・・・50g
・むかご・・・30g
・三つ葉・・・10g
・天ぷら衣・・・適量
・サラダ油・・・適量
『作り方』
①自然薯は表面を炙ってひげ根を取り、5mm幅の輪切りにする。
②天ぷら衣に自然薯、むかご、三つ葉を加えて混ぜ合わせる。
③170℃の油で約2分揚げる。
*クエ
 すき引き:包丁で薄皮ごとうろこをとる。
 三枚におろす
 切りつけ
*大間産本マグロ
 にんにくしょう油に漬ける
 バーナーで炙る
【クエダシのとろろ汁】
『材料』(4人分)
・自然薯(すりおろし)・・・150g
・クエのダシ・・・250mL
・しょう油・・・大さじ1
・麦ごはん・・・適量
<クエのダシ>
 クエのアラ・・・800g
 水・・・2L
『作り方』
①自然薯は表面を炙ってひげ根を取り、すりおろす。
②クエのアラを適当な大きさに切る。
③鍋に水、クエのアラを入れ、30分ほど煮た後、ザルで濾す。
④すりおろした自然薯にクエのダシを少しずつ加えて混ぜ、しょう油を加え、さらに混ぜ合わせる。
⑤麦ごはんにかける。
【自然薯とクエのすり身揚げ】
『材料』
・自然薯・・・50g
・クエ・・・200g
・むかご・・・50g
・しょう油・・・小さじ2
・みりん・・・小さじ2
・片栗粉・・・小さじ4
・サラダ油・・・適量
『作り方』
①自然薯は表面を炙ってひげ根を取り、すりおろす。
②クエを細かく切り、細かくなるまですりつぶす。
③クエのすり身に、すりおろした自然薯、しょう油、みりんを加えて全体がまとまるまで混ぜ合わせ、むかご、片栗粉を加えて、さらに軽く混ぜる。
④ひと口大の大きさに丸め、170℃の油で3分揚げる。
【クエダシの自然薯鍋】
『材料』(4人分)
<出汁>
 クエのダシ・・・1L
 しょう油・・・大さじ3
 酒大さじ・・・2
 みりん・・・大さじ3
<具材>
・クエの身・・・200g
・白菜・・・1/8個
・水菜・・・2束
・長ネギ・・・1本
・焼き豆腐・・・1丁
・にんじん・・・1本
・しいたけ・・・4つ
<タレ>
 ポン酢・・・200mL
 とろろ汁・・・100mL
<団子>
 自然薯・・・25g
 クエ・・・100g
 むかご・・・25g
 しょう油・・・小さじ1
 みりん・・・小さじ1
 片栗粉・・・小さじ2
『作り方』
<団子>
①自然薯は表面を炙ってひげ根を取り、すりおろす。
②クエを細かく切り、すりつぶす。
③クエのすり身に、すりおろした自然薯、しょう油、みりんを入れ全体がまとまるまで混ぜ合わせ、むかご、片栗粉を入れてさらに軽く混ぜる。
<自然薯鍋>
①クエはうろこを取り、皮付きのまま、ひと口大に切る。
②白菜はザク切り、水菜は7cm、ネギは3 cmの斜め切り、にんじんは半月切り、しいたけは軸を取り、焼き豆腐はひと口大に切る。
③クエのダシ、しょう油、酒を入れた鍋に、クエの身、白菜、水菜、長ネギ、にんじん、しいたけ、焼き豆腐を入れ、団子をスプーンで落とし、蓋をして具材に火が通るまで15分程煮込む。
<タレ>
①とろろ汁とポン酢を混ぜ合わせる。
https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/recipe/201213/

 「タモリ倶楽部」は、「カレーライスはじめました。けど・・・異業種テイクアウトカレー相談室」。
 タモリの「カレーごはん」って、どんなんだろ???ネットで、「タモリのチキンカレー」というのは、ヒットするんだけど・・・!
https://www.tv-asahi.co.jp/tamoriclub/#/?category=variety
*365日カレーを食べる男 大倉 孝二
*カレーの魔術師 バービー
《南仏料理 Dining 旬》新百合ヶ丘
 南フランスの家庭料理
・国産牛の欧風ビーフカレー 1,100円 ※フレンチのビーフシチューの手法で煮込む
・野菜のスパイスチキンカレー 880円
・アジアンキーマカレー 880円
・フランス風シーフードカレー 1,380円
《會津喜多方ラーメン 愛絆》北区十条
・愛絆特製カレーライス 550円
・チャーシュー丼 300円
*タモリの「カレーごはん」
 鶏ガラスープと和風だしを半々にする。スパイスは、ターメリック、クミンが中心。豚肉と油揚げが入る。サラッとしたカレー茶漬け。
《和食店 うぶか》四谷三丁目
 蟹と海老の専門店
・うぶか甲殻類カレー 2,000円 ※大量の蟹と海老の殻のスープ
《ひよこ プリン》江戸川区平井
 豆乳を使った優しい味のラーメンが人気
・ひよこプリンのカレー 800円
 (オリジナルキーマ&粒マスタードのキーマ)
・ひよこのカスタードプリン 330円

 「デラメチャ気になる!」は、「名駅地下街でイチバン巡り」。
https://tv-aichi.co.jp/deramecha/
*イチバン古い店
《おつけもの松永》創業63年
 飽きないように商いをしろ
・メロン漬 450円
※サンロードがカーブしている理由は、地下鉄の上に地下街がある。
<新明堂>
 岐阜・関市の名産品、刃物を広めるためオープン
☆刀 230万円
*名古屋イチ早い!ラーメン店
《サッポロラーメン熊ちゃんの店》創業53年
 百貨店の北海道物産展で、札幌ラーメンが流行っていた。
 昭和42年、名古屋初の札幌ラーメン店としてオープン
・みそチャーシューメン 920円
*奥行き45cm、地下街イチ細長い店
<オリンピアプラス ユニモール店>
 文房具
 駐車場へ行くスロープが店の裏にある。
※万年筆ブーム
☆Pelikan Suvran M700 トレド 15万円
<タミー>奥行き45cm
 洋服、タオル
<名鉄百貨店地下>
*《hanafur 名鉄店》
☆長崎県産大地のしずく 16,200円(ぶどう)
☆和歌山県産みかん 5,400円
・長崎県産 さちのか 5,000円(いちご)
・3輪マンゴー薔薇と旬のいちごショート 3,780円
・季節のフルーツ マンゴー薔薇 MIXタルト 3,456円

004_20201214155701
 「情熱大陸」は、vol.1133「誰もが唸る極上の贅沢を堪能あれ!カニ料理人_山田達也」。
 主人公のお母さんは、なぜJubilo(ジュビロ磐田)のウインドブレーカーを着ていたんだろう???磐田は、だいぶ遠いぞ・・・???
https://www.mbs.jp/jounetsu/
*カニ料理人 山田 達也
《かに吉》鳥取市
 *《星のや東京》料理長 浜田 統之
 *《神戸北野ホテル》総支配人・総料理長 山口 浩
・蟹すき
・蟹姿盛(茹でガニ)
・蟹バター焼
<浜坂・諸寄漁港>兵庫県
・松葉ガニ
*第一幸栄丸 船長 川越 信二
※背中とか腹を触る。やわらかかったらダメだけど、いいカニは硬い。身が詰まっているから。
《あかつき商店》浜坂町、母の店
 カニを氷詰め
※お客が来るまで、カニは出さない。開店40分前、発泡スチロールの封を開ける。
 カニ味噌を洗い、汚れをとる。
・蟹姿盛(茹でガニ):塩の量、ゆで時間は、カニによって変える。
 今日の物は、20分茹で、氷水へ。
・蟹すき:出汁は沸騰させない。
※客は食べる瞬間までカニに触ることはない。
 寿司店に行って、お客さんは握らない。ステーキハウスに行って、自分で焼かない。それと一緒。
 カニ料理を提供している!
※ダシにくぐらせて空気に触れさせる。少しずつ熱を加えることで、硬くなることなく花と開く。カニは火の入れ方で食感も風味も大きく変わる。
・蟹姿盛
 全部ほぐす。カニ味噌をかけ、空気を含ませながら和える。
・蟹そうめん
 身を一筋一筋にほぐし、冷たいダシに泳がせる。
・蟹サンドイッチ
 カニ味噌を混ぜる。
「兵庫県新温泉町」<相撲部屋>
 努力は人を裏切らない
<浜坂漁港>
https://www.mbs.jp/jounetsu/2020/12_13.shtml

 「キリン」より、メール。リツイートすると「一番搾り」が当たるらしい!
https://www.kirin.co.jp/products/beer/ichiban/campaign/ichinenbun_202012/?utm_source=ismn&utm_medium=email&utm_campaign=own-IS_ismn_201214&utm_content=4
 「Yahoo」より、メール。「厳選!グルメセット」。
https://shopping.yahoo.co.jp/search?tab_ex=commerce&fr=shp-prop&oq=&aq=&mcr=0a9a02acba2f9376a89d3ee49080d633&ts=1595312487&cid=2498&p=%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%80%802020&di=&uIv=on&used=0&pf=&pt=&seller=0&mm_Check=&ync_pid=body6&sc_e=mshp_nc_sale_pc_NC00044614
 「ノートン365 プレミアム 5台版 50GB有効期間1年自動延長」の自動更新の案内が届いた!11,800(税抜)って、高くない???
 ノートンのホームページで調べてみると、¥6,480だよ!!!???「自動更新は高い!」と思って、停止をする人って、どれくらいいるんだろう???ひょっとしたら、ほとんどの型が、「自動更新」しているんじゃあないでしょうね。
 新たに買う安い金額での「自動更新」を設定してくださいよ!!!
 「ノートン365 デラックス」でいいなあ!!「自動延長の停止をご希望の場合は、 2020/12/28 までに停止してください。」と書いてあるが、どうやって「停止」するんだろう??不親切だ!!!
https://jp.norton.com/products
https://www.nortonstore.jp/support/autorenewal/procedural/
 「ウイルスバスター」は、どんな「更新」を設定しているんだろう???この際、再び「ウイルスバスター」に乗り換えた方がいいのかな???
https://www.trendmicro.com/ja_jp/forHome.html

 「新型コロナウイルス」に対する「交差免疫」というのは、今まで聞いたことがあったけど、「訓練免疫」というのもあるのですかぁ~!!!
 自分は、「ツベルクリン反応」の後、「BCG」を1年おきに受けてきた。自分は、結核に対する免疫を作る力が弱いのか???
 12/7(月) 8:02配信のニュースに、「日本人には“訓練免疫”ができている?「第3波は必ず収束する」と免疫学の専門家〈週刊朝日〉」というのがあった。
 日本人はこれまで風邪のコロナに何度もかかり、交差免疫により新型コロナの感染や重症化を抑えていると考えられます。まだ証明されていないので断言できませんが、科学的エビデンスは蓄積されつつある。幼いときにBCG接種を受け、インフルエンザワクチンを繰り返し打つ日本人は自然免疫が刺激され続け、“訓練免疫”が起きている可能性がある。ですから、私は第3波も必ず収束すると見ています。
*みやさか・まさゆき
 1947年、長野県生まれ。スイス・バーゼル免疫学研究所、東京都臨床医学総合研究所などを経て、94年大阪大学医学部教授。2012年、名誉教授就任と同時に現職
https://news.yahoo.co.jp/articles/504295117dd9f35306b3f02046872fa1690142d1?page=2
https://www.macrophi.co.jp/lps/4-8.html

 「遠州灘に黒い雲がかかると寒くなる」という言い伝えがある。海に雲がかかっている。寒くなりそうだ。「風門」に「貼るカイロ」を貼って出かけましょう!
 「風門のツボ」は背中上部、両方の肩甲骨の間にあります。下を向いた時に首の裏に大きくでっぱる骨があり、その骨から背骨に向かって数えて下2つ目の突起の骨、ちょうど指で3本分くらい下のあたり。左右外側の指2本分ほど離れた位置が「風門のツボ」です。
 「今日は寒いな…」と感じたら、そこに風邪予防にバシッとカイロを貼っておきましょう。肩や肩甲骨の血流も良くなり、カラダのこわばりも和らぐでしょう。実は、予防だけでなく風邪をひいた後にも効果的。風門のツボにカイロを貼って温めると早く治ります。ぜひ試してみてください。
 同じように、この風門のツボを温めてくれる漢方薬が、風邪薬としておなじみの「葛根湯」。葛根湯もカイロと同様に風邪のひきはじめに効果的です。「風邪をひいたかな…?」と思ったら、「カイロ+葛根湯」で敵を撃破しましょう!
https://www.kracie.co.jp/kampo/kampofullife/body/?p=172

 朝刊が休刊だと、やることがないので朝、家を出るのが早くなっちゃうな・・・。

 今日の仕事・・・。
 「」は、料理する前、「玉子」は、料理した後だと思っていたら違うんですね!!!
 「玉子」は、食材で、「卵」は、生物的な意味なんですね!!!
「卵」と「玉子」どう違う?
 「卵」という字は生物学的な意味を持っています。鶏などの鳥類だけではなく、魚や虫、そして人間など、生き物すべての「タマゴ」は「卵」と書きます。子孫繁栄として孵化する前提のものを「卵」と言うと考えて間違いありません。
 また医者になろうと勉強している人のことを「医者の卵」などと言う場合、医者になることを卵から孵化することに比喩した表現のため、「卵」という字を使用します。
 「玉子」は「食材としての鳥類の卵」というニュアンスです。これは子孫繁栄のためでなく、食用とされている鳥類の卵に限定して使用される表記です。そのため「鮭の玉子」「カエルの玉子」などとは書きません。またペットなど、食用でない鳥類の卵も「玉子」とは表記しません。
 生物学的な「卵」という大きなカテゴリーにおける鳥類の卵で、かつ食用を目的としたものを「玉子」とするという認識が一般的です。
https://macaro-ni.jp/50053
https://chigai-allguide.com/%E5%8D%B5%E3%81%A8%E7%8E%89%E5%AD%90/

 仕事を終え、帰宅。
 追い越し車線に、「北港運輸」と書かれたトラックが前にいるんだけど・・・ん??その前にもトラックがいる???・・・右折する様子もなし・・・追い越し車線が詰まっている犯人はそちらか???何という会社か見えない!!!遅い車は走行車線を走ってよ!!!
http://www.hokkohu.co.jp/

 帰宅して、今日も「湯たんぽ」を作りましょう!・・・昨日から湯たんぽを入れているんだよね。
 明日も寒くなりそうだな・・・。

 夕方は、「大根のぬか漬け」で一杯♪お
006_20201214155701
 それに、100g105円で買った「太平洋産 刺身用びんちょうまぐろ」♪♪♪これ、アタリ↑↑↑目利き、正解!!!

002_20201214155701
 デザートは、4個378円で買った「秋田県産 ゲンマイゲツリンゴ」♪1個94円だね!!!果物は美味しいね♪♪♪

 ここで、「海の精」より、「冬の伝統食育(12月~2月)」の引用♪
https://www.uminosei.com/
「冬の食事のポイント」
 体を温めて、エネルギーや栄養を蓄える食事を摂ります。
 よく火を入れて煮込んだものや、適度な油分や塩味のある食事がおいしく、エネルギーや活力がわき、冬の体を元気にしてくれます。
・調理にじっくり時間をかける!
 じっくり時間をかけて調理したものは、より体を温めてくれます。冬に鍋物や煮物がおいしいのは、そのためです。冷たいものや生ものを控えるだけでも、冬の養生になります。
・根菜を中心に、油やゴマなどを上手に使って!
 旬の根菜類を中心に、葉物や柑橘類も上手に取り入れましょう。油や種子類(ゴマ、クルミなど)を使った料理は、コクがあり、カロリーも高く、体を温め、冬向きです。冬は栄養を蓄える季節で、ダイエットには向きません。少しぽっちゃりしても気にせず過ごしましょう。
・おいしい塩味で体を温めて!
 寒さに弱い腎臓を、塩味が養ってくれます。塩は体を温め、気力や活力を養い、血の巡りをよくします。海藻や黒い食品(黒豆、黒ゴマなど)も、ミネラルなどが豊富で、腎臓系統の養生食になります。
「食の豆知識(12月)」
【食養常備菜きんぴら】
『材料』(作りやすい分量)
・ゴボウ、ニンジン・・・各200g
・ゴマ油・・・大さじ2
・水・・・1/2~3/4カップ
・海の精の醤油・・・大さじ3~4
『作り方』
①ゴボウ、ニンジンは斜め薄切りにしてから細く縦に千切りにする。
②ゴマ油でゴボウを炒め、ゴボウのツーンとした匂いがよい香りに変わったら、ニンジンを入れ、ひたひたの水を加えて煮る。煮立ったら弱火にする。
③水が半分以下になったところで醤油を入れ、水分がなくなるまで煮切る。
※②の水を加えて煮立つまでは、強火で勢いよくつくるのがコツ。
「おうちで手づくり(2月)」
【ふきのとう味噌】
『材料』(作りやすい分量)
・塩ゆでしたフキノトウ・・・25g
・海の精 豆味噌・・・37g(フキノトウの見た目で1/2)
『作り方』
①ゆでたフキノトウを粗みじんにして四角くまとめる。
②包丁の腹を使ってフキノトウを味噌に混ぜ、なじむまで味噌ごと切っては混ぜ込む。
※ゆでたフキノトウをゴマ油で炒めて、そこに味噌を混ぜ込んで炒めてもいいです。新鮮なものは生のまま、サッと拭いて、粗みじんにしてから見た目半量の味噌と混ぜてもできます。
「冬のおすすめレシピ」
【煎り大豆の炊き込みごはん】
 ~梅崎和子さまのレシピ~
 香ばしい煎り大豆に、ひじきも炊き込んでいます。もちもちした炊きおこわのような食感が味わえます。
『材料』(4人分)
・五分づき米・・・1.7カップ
・大豆(洗わない)・・・0.3カップ
・ひじき(洗わない)・・・2g
・海の精 あらしお・・・小さじ1/2
・海の精 旨しぼり醤油またはうすくち醤油・・・小さじ1/2
・水・・・2.4カップ(米と大豆の1.2倍)
『作り方』
①米は洗ってザルにあげ、水を切り、炊飯器に入れて30~1時間ほど分量の水に漬けておく。
②大豆を、油をひいていないフライパンなどでこんがりと空煎りする。皮がはじけて猫の目状態になり、薄茶に焦げるくらいまで煎り、余熱で少し置いておく。
③②の大豆と、食べやすい長さにちぎったひじきを①の米に加え、「あらしお」と醤油で味をつけて炊き、炊きあがったら天地返しをする。
※味つけは澄まし汁の塩加減を目安に、あまり塩辛くしません。
【サトイモとコンニャクののっぺ汁】
 里芋、コンニャク、干しシイタケ、ねぎを具材にした、塩味の澄まし汁。葛でとろみをつけたシンプルで温まる汁です。
『材料』(3人分)
・サトイモ・・・2~3個(120g)
・コンニャク・・・1/6丁(60g)
・ネギ・・・10cm
・干しシイタケ・・・3枚
・だし汁(または水)・・・3カップ
・酒・・・大さじ2
・葛・・・大さじ1
・海の精 あらしお・・・小さじ1と1/2
『作り方』
①サトイモは皮をむいて5mmの輪切りにする。コンニャクは2cm角、3mmの厚さの色紙切りにする。干しシイタケはだし汁(または水)で戻して半分にそぐ。ネギは1cmの小口切りにする。
②鍋に①の材料を入れて煮立て、「あらしお」と酒を加えてサトイモがやわらかくなるまでコトコト煮込む。
③葛を倍量の水で溶いて、煮立った鍋に回し入れて混ぜ込み、とろみをつける。
【蒸し大根のステーキ キノコソースぞえ】
 ~大谷ゆみこさまのレシピ~
 蒸し大根でメイン料理ができます。油と醤油がからんで旨みたっぷり、キノコソースは葛でとろみをつけて、おいしさと温かさを閉じ込めました。
『材料』(4人分)
・大根・・・1本
・ゴマ油・・・適量
・海の精 あらしお・・・適量
・海の精 旨しぼり醤油・・・適量
<キノコソース>
 キノコ(お好みのもの)・・・100g
 油(ゴマ油+菜種油)・・・小さじ2
 海の精 旨しぼり醤油・・・大さじ1
 水・・・3/4カップ
 葛・・・大さじ1(同量の水で溶く)
『作り方』
①大根は皮ごと厚さ2cmの斜め切りにする。重量の1%の「あらしお」をまぶし、強火で20分蒸す。
②①の大根の両面に醤油をつけ、フライパンに油を熱して両面をこんがり焼く。
③ソースを作る。フライパンに油を熱してキノコを炒め、醤油と水を入れて、同量の水で溶いた葛粉を3回ぐらいに分け、底をかき混ぜながらとろみをつけ、②にかける。
※キノコソースは冷めると固くなるので、作るときはややゆるめに作ります。
※葛と水は分離しやすいので、煮るときは、ややしつこいくらいよく混ぜてしっかり煮ます。

本日のカウント
本日の歩数:2,174歩
(本日のしっかり歩行:0歩)
本日:53.6kg、14.8%
本日の餃子消費量:0個
割り箸使用量:0膳

|

« 「即席 マルタイラーメン」、そして「静岡おでんセット・スープ付き」 | トップページ | 「無名汁」、そして「世界の鍋に舌鼓 年末年始、自宅で楽しんで」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「即席 マルタイラーメン」、そして「静岡おでんセット・スープ付き」 | トップページ | 「無名汁」、そして「世界の鍋に舌鼓 年末年始、自宅で楽しんで」 »