« ぶらり食べ散歩 | トップページ | 10分間、煮るだけ!簡単おいしい”フライパンおかず” »

2020年12月 1日 (火)

「川津幸子さんの これ、作ってみて!」vol.6「クリスマスにも年末年始にもおすすめ BEST3」

 今日から12月、師走。
 2020年12月の壁紙カレンダー『鶴居村(つるいむら) 12月撮影』。撮影は、北海道の写真家 大柳雅資さんです。
 日が沈む頃、餌食場からねぐらの音羽橋へと帰るタンチョウの家族。
https://item.rakuten.co.jp/snowland/kagebami-kitaguni/

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 求められるリーダー像とは。そんな質問に、日産自動車社長だったカルロス・ゴーン氏が答えている。それは、誰もが理解し、支持できるプランを持った人物であると。資質をもうひとつ挙げた。<透明性です>。目指す内容、実行の過程、結果を人々に明らかにする人であるべきだと。十五年ほど前の対談の一こまである
▼これに<全く同感です>と相づちを打ったのが、当時の官房長官で次のリーダーと目された安倍晋三氏だ。<政治の世界でも、国民と共有できる目標をしっかりと提示できるか>が大切だと述べる。力説する感じが伝わってくる
▼もともと新聞に掲載されたという対談は『安倍晋三対論集 日本を語る』という本に収められている。「透明性」という言葉に、めくる指が止まったのは、桜を見る会をめぐる問題で感度が若干上がっていたからだろう
▼もう国のリーダーの座にはない、前首相の昔の言葉である。過去の話なのかもしれない。が、なお透明性が大切とお考えなら、その姿勢をみせて、国民と事実関係を共有する時ではないか
▼持ち上がっているのは夕食会の費用を安倍氏側が補填(ほてん)していた疑いである。公選法に触れかねない話である。説明を尽くしてもらいたいが、真相は不透明なまま国会閉幕が近づく
▼前言に目を向けてほしくなるのは跡を濁して去ったゴーン被告もであろうか。ついでながら。

 昨日のテレビ「昼めし旅」は、「茨城県 鉾田市」。11/2の放送分。
https://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
 メロン、だいじょ豚(赤身はキメが細かく、脂身は甘みがある)
《洋食亭ときわ》
★ポークソテー
《スーパータケウチ》竹内さん
☆サンマ(岩手県宮古産) 250円~150円
★りんご
・日本酒(のものも)
・すいとん入り特製サンマのつみれ汁
①サンマを三枚におろし叩く。小麦粉、卵、味噌を入れ混ぜる。
②お湯に出汁の素(カツオ)、味噌を入れ、サンマのつみれを投入。
③すいとん(小麦粉、水)を入れる。ネギを散らす。
・鶏肉と大根の煮物
 大根、鶏肉、ニンジン、醤油、砂糖、みりん
・サンマの刺身
<石田さん>
 メロン、サツマイモ
・シャキシャキ焼き餃子
①豚ひき肉、ニラ、白菜、醤油、ごま油を混ぜる。(白菜はシャキシャキ感を残すため、水切りをしない)
②餃子の皮に包み、フライパンで蒸し焼きにする。
・サツマイモのかき揚げ、天ぷら
①サツマイモを細切りにし、タマネギ、ニンジン、エビを一緒に衣をつけ揚げる。
・サツマイモの味噌汁

 「いきつけ!しずおかごはん」は、#081「富士市_ホテルの洋朝食」。
https://www.youtube.com/playlist?list=PLWlQMhs0VPOSgk3TmC10LC_Pi9YU7xXku
《ホテルグランド富士》富士市平垣本町8-1
TEL 0545-61-0360
・アメリカンブレックファスト 1,800円

 「西村キャンプ場」。
https://www.tss-tv.co.jp/nishimuracamp/pastoa/
《和高醸造》1920年創業、大坪さん
・米みそ 713円
・アップビートソース(全6種類)
 ホットチリソース(味噌を使った)、ハニーソース、ピギンソース、ルートソース
《森蔵》上本さsん
*酵素風呂
☆キャンプスペース 利用料金3,000円+利用人数(1名150円) ※1日1組限定
・みそのトンテキ
①みそを料理酒で溶く。豚肉に塗り馴染ませ、1時間寝かせる。
②みそを取り、フライパン(弱火~中火)で焼く。
③アルミホイルに包み、余熱でしっかり火を通す。(5分)
・タコライス
①レタスの芯を殴ってちぎり取り出す。
②レタスは細切り、プチトマトは半分に、タマネギはみじん切りにする。
③フライパンで合いびき肉、タマネギを炒める。
④ケチャップ、ウスターソース、ホットチリソースを加える。
⑤ご飯にレタス、プチトマトを飾り、④をかける。とろけるチーズをのせる。

 2020年12月1日の朝刊に、「障害や困難を分かち合おう 浜松の野島さんが農場開放」という記事が出ていた。
 浜松市西区伊左地町の元教員野島恭一さん(63)は、自宅前の畑を交流型農場として開放している。「障害や困難を、太陽の下で分かち合える場にしたい」。農場を開いた原点には、ダウン症の妹と、彼女を支えてきた母への思いがある。
(久下聡美)
 妹めぐみさん(60)は、重度の知的障害のあるダウン症を持って生まれた。地元の公立小学校に3年遅れで通ったが進学はせず、その後は長い間、母やすゑさん(86)と二人、自宅で過ごしてきた。「何をするにもいつも一緒。お互いに気持ちのやり場がなくなることもあったのでは」
 市内の中学校で教師をしていた野島さんは、母と妹を思い、いつしか「孤立しがちな在宅障害者やその家族、施設で暮らす人たちが交流できる農場をつくりたい」と思うようになった。
 自宅前の広さ14アールの畑。野島さんは2年前、定年退職を機にここで農業を始めた。新規就農者を対象にした養成講座を受け、春にはブロッコリーやタマネギ、夏はキュウリやトウモロコシ、秋はサツマイモ、冬には芽キャベツやダイコンを栽培・収穫する。一部は県外にも出荷している。
 畑には、妹の名前を付け「めぐみ農場」とした。植え付けや収穫が年間を通して有料でできるほか、一辺約10メートルのひと畝を借り上げることも可能だ。障害者施設など二団体が畑を借りているほか、野島さんの元同僚らも農作業に汗を流す。
 「障害のある人に限らず、介護する立場の人、ちょっと休みたい人、考えながら生きていきたい人、生きづらさを抱えている人に来てほしい。四季を通して育つ新鮮な自然の恵みを楽しみながら、つらいことでも悲しいことでも、今の思いを話したり一緒に考えたりする時間にしてほしい」
 12月は芽キャベツの収穫が始まる。野島さんは「台風が少なかった今年は大豊作。多くの方に立ち寄っていただきたい」と笑顔を見せた。(問)野島さん=053(485)8453
https://www.chunichi.co.jp/article/162829?rct=h_shizuoka

002_20201201160601
 今朝の朝食は、先日買った「しろねぎ」を「納豆」に入れましょう!

 今日の仕事・・・。
 「一生懸命やる子」と「まあいいやという子」の格差が激しいな・・・。もっと初期に指導しておくべきでしょう!!!

 仕事を遅く終え、帰宅。
 追い越し車線が法定速度出ていない・・・。前の車、遅く走ったり、急にスピードを上げたり・・・!!!後続車を、あおっているのか???

 「044-379-7639」より、着信履歴あり!
不用品回収業者【注意】
 不用品を何か一つでも出してくださいと言われ、うちは結構ですというと途端に横柄な対応になったので切りました。
https://www.telnavi.jp/phone/0443797639

 「WORD」が、起動しない・・・「Windows」を再起動してみる!!!

 帰宅して、「大根のぬか漬け」で一杯♪
 それに「すき焼き風 煮込みうどん」(名城食品)♪
 デザートは、「黄リンゴ」♪

 『JAF Mate』2020年12月号の「川津幸子さんの これ、作ってみて!」vol.6は、「クリスマスにも年末年始にもおすすめ BEST3」。
 ごちそうを食べよう!という日に今年は、こんなメニューはいかがですか。これまで、子どもから大人まで大人気だった肉料理を選びました。一品でもマスターすれば、「今日はまかせて」と胸を張れますよ。
※材料はすべて4人分です。
【簡単本格ハッシュドビーフ】
 フランス料理のように、赤ワインをぐっと煮詰めて、コクと風味を加えるのがコツ。その昔、小学生だった甥っ子に絶賛されたうれしい思い出があります。
①玉ねぎ1個の薄切りをバター大さじ1で8分炒め、トマトペースト大さじ1を入れてさっと炒めて、赤ワイン1カップを加える。1/3量まで強火で煮詰めたら、ドミグラスソース缶詰1缶を加え、1、2分煮て火を止める。
②マッシュルーム1パックを縦6つ割りにし、バター大さじ1でさっと炒め、①に加える。
③牛切り落とし肉320gは塩、こしょうをして、サラダ油大さじ1で香ばしく焼き、ブランデー大さじ2を加えて沸騰させたら、①に加える。しょうゆ・砂糖各大さじ1を加え、再び火にかけて混ぜながら、3、4分煮る。ゆでたパスタやご飯にかける。
【牛たたきのサラダ】
 鍋で作る簡単牛たたき。しょうゆと酒をからめて蒸し焼きにし、そのうまみの出た焼き汁で、たれを作ります。わーっと歓声が上がる華やかな一品です。
①牛ランプ肉(塊)400gはたこ糸で巻き、多めに塩、こしょうをすり込む。
②中華鍋にサラダ油大さじ1を熱して牛肉を入れ、表面に焼き色をつえkたら、酒大さじ3、しょうゆ大さじ2をかけ、ふたをして5~8分蒸し焼きにする。焦がさないように、ときどき肉の上下を返し、煮詰まるようなら、水を少し足す。
③肉は取り出して冷まし、焼き汁はこして、だし汁・酢各大さじ2、砂糖・みりん各大さじ1/2を加える。
④器に水にさらした薄切りの玉ねぎ1個、貝割れ菜1パックを合わせて敷き、薄切りにした牛肉を並べ、4つに切ったミニトマト8個を散らし、③のたれを添える。
【豚肉のウスターソース煮】
豚肉に材料を注いで40分煮るだけ。西洋料理のような濃厚なソースに
 ウスターソース、赤ワイン、野菜ジュースと、煮汁の材料を見ただけでは、どんな味になるのと心配になるかもしれませんが、でき上がりは、まさしく洋食屋さんのドミグラスソース煮込み。ほったらかして作れる簡単ごちそうです。
①豚肩ロース肉(塊)約800gはたこ糸で縛って形を整え、鍋に入れる。ウスターソース1/2カップ、赤ワイン1/4カップ、野菜ジュース(食塩不使用)・水各1カップ、粗びきこしょう少々、ローリエ1枚を入れ、ふたをして強火にかける。
②煮立ったら、弱火にし、ときどき肉を返しながら、40~50分煮る。途中、煮汁が少なくなったら、水を足すとよい。
③煮上がったら、10分ほどおいて、約1㎝厚さに切り分け、クレソンを添える。
※ウスターソースが味の決め手。すべて鍋に入れて、火にかけます。料理初心者も失敗なし。
*PROFILE
 料理編集者、料理研究家。作る人の視点に立った、簡単でおいしい料理が好評。著書に『くいしんぼレシピ』(マガジンハウス)、『ごはんよ、急げ!』『さあ、腕まくり』(幻冬舎)ほか多数。

本日のカウント
本日の歩数:6,032歩
(本日のしっかり歩行:30歩)
本日:53.7kg、14.2%
本日の餃子消費量:0個
割り箸使用量:0膳

|

« ぶらり食べ散歩 | トップページ | 10分間、煮るだけ!簡単おいしい”フライパンおかず” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぶらり食べ散歩 | トップページ | 10分間、煮るだけ!簡単おいしい”フライパンおかず” »