« 11月の素材「白菜」「さといも」「りんご」「ずわいがに」 | トップページ | 「いただきます キャベツたっぷり」【キャベツと油揚げの煮物】 »

2020年11月 4日 (水)

「七笑 純米ひやおろし」、そして「森町原産の治郎柿」

 昨日のテレビ「昼めし旅」は、「東京都 町田市」。10/12の放送分。
https://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
 成瀬ギョーザ(ウインナー餃子)《ホームデリカ TAICHI》
<平さん>
 肥薩線(熊本県八代駅~鹿児島県隼人駅):スイッチバック
・肉まん
①強力粉とベーキングパウダーを混ぜ、砂糖、ゴマ油を入れ、水を入れダマがなくなるまで混ぜ合わせる。フタをして10分寝かせる。
②豚ひき肉、ニラ、ネギ、酒、ゴマ油、醤油、塩、コショウを混ぜる。
③生地を広げ、具を包む。
④フライパンにクッキングシートをしき、肉まんをのせる。クッキングシートに下に水を入れ、フタをして10分火にかける。
・メバルの中華蒸し
①メバルの内臓を取り、ショウガを入れ、ゴマ油をひいたお皿に乗せる。
②鍋にケーキを作る時の型を入れ、水を入れ熱する。沸騰したら、メバルのお皿をのせ、フタをして10分蒸す。
③白髪ネギを散らし、ゴマ油を熱してかける。オイスターソース、酢、醤油、刻んだ大葉をかける。三つ葉を散らす。
・とうがん入り中華スープ(鶏肉ダシ)
・サラダチキンのサラダ
<西田さん>
・和風キーマカレー
※酵素玄米:
 玄米を小豆、塩と一緒人3日ほど保湿したもの。
①ル・クルーゼに米、ターメリック、塩を入れてご飯を炊く。
②米油でクミンを炒める。
③ニンニク、ショウガを入れる。タマネギ、ニンジン、豚ひき肉を加える。
④カレー粉、クミン、コリアンダー、シナモン、ライムリーフ、鰹の粉末を入れる。
⑤水、ゴマ油を入れ、合わせ味噌、赤味噌を加え、水分がなくなるまで煮込む。
・フォッカチャ
①パン生地にローズマリーと塩を振り、20分焼く。
・生春巻き

 「歴人めし」は、「織田信長」。
https://www.ch-ginga.jp/sp/movie-detail/index.php?film_id=13345
【信長巻き】
『材料』(4人分)
・干し柿・・・4個
・白ワイン・・・150ml
・麦こがし・・・20g
・卵・・・1個(小)
・小麦粉・・・15g
・グラニュー糖・・・15g
・水・・・80g
・大徳寺納豆・・・適宜
『作り方』
①干し柿はヘタを取り縦4等分に切り鍋に白ワインと共に入れて汁気がなくなるまで10分ほどまで煮る。
②ボウルに水と卵を入れてよく混ぜてから麦こがし(麦を煎って粉にしたもの)、小麦粉、グラニュー糖を入れなめらかになるまでよく混ぜる。
③フライパンに2を丸くなるように流し入れて焼く。小さい泡が上がってきたらひっくり返す(竹串を使って)。
④3のきれいに焼いた面を下にして、1と大徳寺納豆を入れて包む。
*柳原尚之(やなぎはら なおゆき)
 料理研究家。江戸懐石近茶流嗣家。祖父は江戸懐石近茶流先代宗家の柳原敏雄、父は現在の江戸懐石近茶流宗家であり、東京農業大学客員教授も務める柳原一成。
http://www.yanagihara.co.jp/
https://www.ch-ginga.jp/recommend/news/detail/?news_id=120

 「365日の献立日記」は、昭和49年10月16日のおやつ。
https://www.nhk.jp/p/ts/DGZMN8GNRZ/
【ドラやき(手製)】
①ボウルに卵を割り、砂糖を入れ、混ぜる。(泡立てる)
②みりん、ふるった薄力粉、重曹を加える。常温で30分休ませる。
③さつまいもをふかし、輪切りにする
④フライパンを熱し、生地を焼く。裏返す。
『幸せって?』沢村貞子
⑤生地でつぶ餡を挟む。つぶ餡とさつまいもを挟んだものも作る。
https://www.nhk.jp/p/ts/DGZMN8GNRZ/episode/te/ZP3QZZ359Z/

 「二軒目どうする? ~ツマミのハナシ~」は、飯豊まりえ。
https://www.tv-tokyo.co.jp/nikenmedousuru/
《大衆酒舎 美味ぇ津゛》新橋
☆芝浦牛にこみ 1060円
・生ビール
・お通し 660円~
・やきとんのしろ串焼き 308円
・黒トリュフ 牛ハツのステーキ 1188円
・肉なんこつ焼き 396円
【ネバ汁】
①切ったキュウリ、切ったおくら、なめこを器に入れる。
②大葉、ごま、ショウガの薬味をかける。うずらの卵を乗せる。
③出汁を入れる(白つゆ or めんつゆ)。刻みのりをのせる。
※カイワレを入れてもよい。

 「うまい!の極み」は、三重県名張市。
https://hicbc.com/tv/umainokiwami/kiwami/20201103/
《名張駅前焼肉 NikuMachi》三重県名張市平尾3229番地
・生ビール
・伊賀牛上塩タン
・伊賀牛(ザブトン、マルシン)
・レモンケーキ

 「霜降り明星の あてみなげ」は、「深海ジャーニー in 沼津港」。
http://www.satv.co.jp/0300program/0080ateminage/
《海鮮丼 佐政》沼津市千本港町
・ユメカサゴ
  キンメダイ、アブラボウズ
※水深200m以上の深い所で獲れた魚を深海魚と呼ぶ。
《市場めし食堂》沼津市千本港町
*鈴木 翔太(沼津市公認おさかなアートクリエーター)
・メンダコ
《沼津 みなと新鮮館》沼津市千本港町
*飯田 徳孝

 今日の仕事・・・。
 この時期に5分短いと、ちょっと困るな・・・。

 帰宅途中、スーパーに寄る。売り出しで100g106円の「かつおタタキ」、100g106円の「カナダ産三元豚バラスライス」、それに「愛知県産 キャベツ」105円、「木綿豆腐」35円、「国産ジャンボチキンカツ」299円。100g63円の「国産若鶏砂肝」を買う。
 「おっきな竜田揚げ」100g119円は見つからなかった。キャベツは、萎れているな・・・。

004_20201104160701
 帰宅途中、「MEGA BIG」を買いましょう!

 小学生が、道いっぱいに広がって下校している。田舎道だから、車があまり通らないので道いっぱいに広がって歩くんだろうな!!

 眼科に行く。検査を済ませ、診察。
014_20201104160701
 「ラタチモ配合点薬液(ニッテン)」と「ブリンゾラミド懸濁性点眼液1%(ニットー)」を処方してもらい、3,250円支払う。

 スーパーを覘く。
 「私服警備員は事務所に連絡してください。」というような放送が入った。万引き防止策なのだろうか?
 何も買わずに帰宅。

 テレビで「アメリカ大統領選挙」の報道をしている。
 アメリカは、時間帯が6つあったんじゃないのかな。開票速報を聞いてから投票に行くと、気が変わる人がいるんじゃないの???

002_20201104160701
 夕方は「木曽のさけ 七笑 純米ひやおろし」で一杯♪これ。美味しいですよ!!!
秋純
 涼しい蔵の中で夏を過ごした酒を加熱処理しないで瓶詰めした「ひやおろし」。昔から酒通の間では、この熟成した香味と丸みのある味わいが、秋の夜長の楽しみとされてきました。
NANAWARAI JUNMAI HIYAOROSHI
お召し上がり方 常温〇/冷やして◎
原材料名 米(国産)、米こうじ(国産米)
精米歩合 55%
アルコール分 15度
蔵元 七笑酒造株式会社
長野県木曽郡木曽町福島5135番地
http://www.nanawarai.co.jp/

006_20201104160701
 おつまみは、「国産ジャンボチキンカツ(手作り)」♪
100g当り 266kcal
原材料:鶏むね肉(国産)、小麦粉、澱粉、コーン、食塩(国内製造)、植物性ショートニング、イースト、パン粉、食塩、ぶどう糖、コーングリッツ、卵粉末、オニオン、香辛料/加工デンプン、クチナシ色素、V.C、イーストフート、糊料(増粘多糖類)、調味液(アミノ酸)

010_20201104160701
 「紫タマネギとレタスのサラダ」を添えましょう!
012_20201104160701
ふるさと うまかっぺレタス

 茨城産
岩井中央農事園芸連
http://www.iwai-seika.co.jp

008_20201104160701
 デザートは、先日84円で買った「和歌山県産 たねなし柿」。これ、甘いです!

 2019年10月25日のオマケの新聞に「森町原産の次郎柿」というのが出ていた!
四角ばった形が特徴 県の天然記念物、皇室への献上も
 オレンジ色に輝く秋の味覚・柿。遠州地域では、四角ばった形が特徴の「治郎柿」の生産が盛んで、皇室への献上品としても有名です。そんな治郎柿の由来をご存知ですか?
 江戸末期に森町村の農家だった松本治郎が田を耕していたときに(太田川の河原でとの説もあります)柿の幼木をみつけ持ち帰り自宅に植えたところ、とても甘い実がなったため、近隣の人たちが接ぎ木をして広まったのが始まりといわれています。明治初期、火災により幹は炭になってしまったものの、根は生きていたため翌年に新しい芽をだし、現在も次郎柿の原木として大切に守られています。昭和9年には県の天然記念物に指定されました。
 「森町は日照時間が長く寒暖差が大きい、太田川水系の地下水が豊富など栽培に適した土地なのです」と教えてくれたのは、40年近く治郎柿をつくり続けている「田中農園」の田中昌也さん。代々受け継いだものを大切にしながら有機系肥料を使うなど新しいものも取り入れ、自然で上品な甘さになるよう育てています。作業は、春の芽摘み、太陽の光が当たりやすくするため葉すき、梅雨明け後の摘果、収穫のタイミングなど600本近い木に目を配りながら進めます。今年は実の数は少な目ですが順調に生育し味も期待できそうとのこと。
 食べごろの好みは、果肉の歯ごたえを感じるころから、甘さが増す柔らかめまでさまざまですが、柔らかくなりすぎてしまったら冷凍してシャーベットのように楽しむのもおすすめです。
 販売は10月下旬から11月中旬ごろまで。直売所(予約販売)、スーパーサンゼン(掛川市内)にて。
・治郎柿の原木は天然記念物に指定
・治郎柿の由来
・贈答用は平箱14個入り3000円など
・オレンジ色が青空に映えます
・自宅用袋入り1200円
 取材協力/田中農園(周智郡森町円田455)=TEL 0538(85)3613、TEL 070(1623)0319。
http://www.tanaka-nouen.net/
 弘化年間(1844年~47年)、森町五軒町に住む松本治郎という方が、太田川の大洪水で堤防の修理に出た際、漂着していた1本の柿の木の苗を持ち帰り栽培したのが「治郎柿」の始まりです。
 従って「治郎」が正解なのですが、昭和19年に原木を県指定の「天然記念物」に申請した際に、うっかり「次郎」という字を使い登録されてしまったため、この「次郎」が一般的になってしまいました。
 でも森町では未だに「治郎柿」と表示し、出荷しています。
https://e-jan.kakegawa-net.jp/bbs/bbs_list.php?root_key=612179&bbs_id=143838

 2020年10月3日の朝刊より、「<食卓ものがたり>秋映えの色 シャキッと甘く 次郎柿(愛知県豊橋市)」の引用♪
 「歯で味わう柿」と呼ばれ、しゃきっとした歯応えが特徴の甘柿の代表格・次郎柿。愛知県豊橋市は生産量日本一で、大正初期に栽培が始まって以来、百年以上の歴史を刻む。秋の深まりより一足早く、ハウスものの収穫が始まっていると聞き、九月下旬、足を運んだ。
 JA豊橋によると、柿部会に所属する生産者は石巻地区を中心に約三百五十戸あるが、ハウスを手掛けているのは五戸だけ。露地ものの収穫期が十月中旬〜十一月下旬なのに対して、ハウスは八月下旬〜十二月下旬。主に東京や大阪、名古屋の市場へ出荷され、贈答品として人気を集める。
 栽培が盛んな石巻地区は静岡県境に近く、山裾に柿畑が広がる。この地でハウスを営む白井孝昌さん(62)は収穫作業の真っ最中。実を病気などから守る表面の白い果粉「ブルーム」が取れないよう、指でそっと支えながらはさみで切り取っていく。「良い出来だね。過保護に育てているから」
 天候の影響を強く受ける露地と違い、温度や水分量を厳密に管理。夜に冷え込まないと赤くなりにくいため、冷房を使って涼しくする。「人間よりも、柿の方がいい生活をしているぐらい」と笑う。
 ハウスメーカーで五年間のサラリーマン生活を送った後、二十八歳で父の代からの柿畑を継いだ。農業をしている地元の友人が楽しそうに働く姿がまぶしく見えたという。その後数年で父が亡くなり「もっと教えてもらいたかった」と悔やんだが、仲間の助けで柿作りを学び、希少価値の高いハウス栽培に挑んだ。
 ハウスとはいえ、相手は自然。実がうまくできず、利益が出ない年もある。それでも実が膨らみ、赤く色づくのを眺めると「いつもわくわくするね」。自信作は、今年も全国の食卓へ届く。
(文・写真 河郷丈史)
味わう
 次郎柿は種がほとんど入っていないので食べやすく、ビタミンCを豊富に含む=写真。硬めの果肉のシャキシャキとした食感が持ち味だが、追熟するとやわらかくなる。とろっとした柿が好きな人はしばらく置いてから食べるといい。
 次郎柿のハウスものは、JA豊橋の農産物直売所「フルーツショップゆめ彩館」などで、1個当たりおおむね500円前後。10月中旬まで販売。露地ものが出回る時期を挟み、12月ごろから再びハウスものが並ぶという
https://www.chunichi.co.jp/article/130782?rct=life

本日のカウント
本日の歩数:4,343歩
(本日のしっかり歩行:0歩)
本日:55.2kg、15.8%
本日の餃子消費量:0個
割り箸使用量:0膳

|

« 11月の素材「白菜」「さといも」「りんご」「ずわいがに」 | トップページ | 「いただきます キャベツたっぷり」【キャベツと油揚げの煮物】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月の素材「白菜」「さといも」「りんご」「ずわいがに」 | トップページ | 「いただきます キャベツたっぷり」【キャベツと油揚げの煮物】 »