« 中部おでかけワイド「長野県茅野市・八ヶ岳エリア」 | トップページ | 調味料1:1の割合で作る秋のおかず »

2020年10月 6日 (火)

「バーリアル BARREAL」、そして「浜松夜話 第10話 音楽の秋「港場ライブ」」

 昨日のテレビ「昼めし旅」は、「茨城県 牛久市」。9/15の放送分。
https://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
 さつま芋、焼き芋
《芋千》冨岡さん
★冷凍焼き芋 100g 194円 (ベニハルカ)
☆芋けんぴ 100g 324円(税込)
☆スイートポテト 1個 259円(税込)
★大学芋(ベニアズマ) 100g 280円
★大学芋(ベニコウケイ) 100g 280円
<矢口さん>
*ベニコウケイ:西日本で多く栽培されている高系14号から派生。鳴門金時に近い品種。
・ベニコウケイのきんぴら
①さつま芋(ベニコウケイ)を短冊切りにする。玉ねぎと一緒にフライパンで炒める。
②みりん、めんつゆ、ラー油を入れる。
・ベニコウケイと長ねぎの味噌汁
①さつま芋(ベニコウケイ)を輪切りにしてお湯の中に入れる。長ねぎ、だしを加えひと煮立ち。
②米味噌を溶く。
・さつま芋ご飯(ベニアズマ)
<桜井さん>
・ピーマンとなすの肉巻き
①ピーマン、なすを1cm幅に切り、豚ロース肉で巻く。
②塩コショウし、フライパンで焼き、焼き肉のたれ(中辛)をかける。
・スパムと卵のおにぎり
①スパムを切り、フライパンで焼く。砂糖、醤油で味付け。
②海苔の上にご飯を敷き、スパムを2枚乗せ、マヨネーズをかける。
③卵焼き、ご飯を乗せ、海苔で包みラップで包み、半分に切る。
・トマトとアボカドのサラダ

 「西村キャンプ場」。
https://www.tss-tv.co.jp/nishimuracamp/
<花の駅 せら>
<農事組合法人 くろぶち>日南田さん、農業体験
・アスパラガス
【油揚げのネギみそ納豆焼き】
①油揚げを半分に切り、中に切れ目を入れる。
②味噌、納豆、ネギを混ぜ、油揚げに入れる。
③網で直火で焼く。食べやすいサイズに切って完成。追いネギみそ納豆をする。
【アスパラとユリ根のチャンプルー】
①アスパラの筋を取り、斜めに切る。ユリ根を手でむく。豆腐を食べやすいサイズに切る。
②フライパンで豆腐を焼く。塩コショウをして、一旦取り出す。
③アスパラ、ユリ根を炒める。豚肉を入れ、豆腐を戻す。溶き卵を入れ、炒める。
<廿日市市アルカディアビレッジ>廿日市市環境産業部
・炉付きキャンプサイト
https://www.tss-tv.co.jp/nishimuracamp/pastoa/
https://www.tss-tv.co.jp/nishimuracamp/campfood/

 「いきつけ!しずおかごはん」は、#073「島田市_鯛茶漬けセット」
https://www.youtube.com/playlist?list=PLWlQMhs0VPOSgk3TmC10LC_Pi9YU7xXku
《ホテル割烹 三布袋》島田市本通3-5-5
・鯛茶漬けセット 2,200円

 「ごちそうチプコクジュン」は、「パプリカソースのカサレッチェ」。
https://tv-aichi.co.jp/ouchijikan/
『材料』(2人分)
・韓国産パプリカ…1個(150g)
・タマネギ…1/4個
・にんにく…1/2個
・パスタ(カサレッチェ)…140g
・オリーブオイル…大さじ1
・コンソメ(顆粒)…こさじ1/4
・生クリーム…50ml(脂肪分30%台の物を使用)
・塩・こしょう…適量
・パルミジャーノチーズ…適量
『作り方』
①フライパンにオリーブオイルを熱し、薄切りにしたタマネギとにんにくを入れ炒める。
②種を取ってざく切りにしたパプリカを加えて塩をふり、軽く炒めたら、水(50ml)で溶かしたコンソメを加え、ふたをして弱火で15分煮る。
③パプリカが柔らかくなったら、ミキサーにかけてペースト状にする。
④フライパンにソースを戻し、生クリームを加え、一煮立ちさせる。
⑤たっぷりのお湯に塩を入れ(水1Lに対して大さじ1弱)、パスタをゆでる。
⑥ゆで上がったパスタと(4)のソースを和え、皿に盛り付け、上からパルミジャーノチーズを削り、こしょうをかけたら完成。

 先日の「絶滅料理よ いざ復活!ロストグルメ2」。
https://hicbc.com/tv/lost_gourmet2/
▲明智光秀【汁講】
*笠原将弘《賛否両論》東京・恵比寿
*永山 久夫(食文化史研究家)
※汁講:同士の武士たちが集まり鍋を囲んで情報交換する場
『名将言行録』
「岐阜県可児市」
<天龍寺>
<可児歴史史料館>
<明智城跡>
《道の駅 可児ッテ》
 里芋、ずいき(里芋の茎)、大根、ごぼう、ねぎ、なす、干しシイタケ、こんにゃく、鮎の焼き干し、イノシシ、五斗味噌(高級品 大豆をぬかでかさ増しした味噌。大豆、ぬか、塩、麹、酒かすを加え、数日寝かせる)
①鮎の焼き干しとイノシシを骨ごとを火にかけに出す。
②具材を入れ、煮る。
③蜂蜜を加える。茹でた里芋をすり鉢ですり、入れる
④五斗味噌を溶く。
⑤椀に盛り、ねぎ、炙った松茸を添える。
『主婦之友』
 ・鯵のベーコン巻
 ・小芋のココア味噌餡
 ・菊のスープ
 ・鮑のトマト・ケチャップ
 ・人参のゼリーサラダ
 ・バナナようかん
『主婦之友』昭和6年「新鮮で美味しい夏の野菜料理の作り方」
【胡瓜のコロッケ】
 合挽き肉、玉ねぎ、メリケン粉、パン粉、卵、塩、胡椒、きゅうり
①きゅうりの皮をむいて、一寸五分ぐらゐの長さに切りませう
②食感を残すぐらゐに塩茹でしませう。
③菜箸で中心を抜きませう。穴を広げすぎないやうにご注意あそばせ
④くり抜いた穴に合挽き肉と玉ねぎを炒めたタネを詰めませう
⑤メリケン粉、卵、パン粉をつけて、高温の油でカラリと揚げませう
『主婦之友』昭和7年「お惣菜向きの洋食の作り方三百種」
【鮭のカップ蒸し】
 卵、馬鈴薯、生鮭、塩、胡椒、うまみ調味料
①生鮭を細かく叩きませう。
②蒸した馬鈴薯と混ぜ合わせませう
③卵、塩、胡椒、うまみ調味料を加えませう
④饂飩をかためにゆで、バターを塗ったお椀にうどんをくるくると貼り付ける。箸を使うと奇麗に巻けるでせう
⑤具材を詰める。表面を平らに整えましたら、10分蒸しませう
⑥お皿に出し、トマトソースをかける。
『料理の友』昭和11年
【モダン汁粉】
①鍋に白餡と水を入れ、煮立たせませう
②砂糖を入れ、お好みの甘さに仕上げませう
③水溶き片栗粉を加えてとろみをつける
④ミント汁(ミントリキュール)を入れ混ぜる
⑤器に盛り、焼いた餅を入れたら出来上がり
『主婦之友』昭和5年「一人前一円とかからぬ樂しい誕生日の気のきいたご馳走」
【奈良漬のサンドウィッチ】
①奈良漬を一分ぐらいの薄さに切りませう
②からしバターをパン全体に塗りませう
③奈良漬を敷き詰める。
【豆腐とピーナッツバターのサンドウィッチ】
①水気を切った豆腐をカラ煎りしませう
②ピーナッツバターを加える
③レタスと具材をパンにはさむ
『』昭和7年
【カステラのぜリー】
 カステラ、桃、バナナ、寒天、砂糖
①ジャム作り。鍋に桃、水、砂糖を入れ、とろ火で15分ぐらゐ煮ませう
②軟らかくなった桃を取り出し、匙で潰しませう
③薄く切ったカステラを器に並べ、桃のジャムを塗り、カステラを重ねませう
④桃の煮汁に寒天を入れ溶かす。カステラがひたひたになるぐらゐ、寒天汁をいれませう
⑤輪切りにしたバナナをきれいに盛り付け、冷蔵庫で冷やし固めればできあがり
▲マイケルジャクソン【豆腐ハンバーグ】
「茨城県 牛久市」
*高谷 敏雄《旧軽井沢 ホテル音羽ノ滝》《ヒルトン東京》
*伊丹久夫
 ・豆腐の味噌汁
 ・豆腐と野菜のイタメ物
 ・柿の白あえ
 ・豆腐のロールキャベツ
【豆腐ハンバーグ】(2~3人分)
<パテの材料>
・玉ねぎ・・・50g(1/4個)
・茹で大豆・・・150g
・木綿豆腐(しっかり水を切っておく)・・・180g(1丁)
・大和イモ・・・20g(レンジで温めておく)
・卵黄・・・1個
・パン粉・・・30g
・赤みそ・・・大さじ1と1/2
・酒・・・大さじ1
・砂糖・・・大さじ1/2
<ソースの材料>
・マイタケ・・・50g
・しめじ・・・50g
・希釈しただし汁・・・100cc
・しょう油・・・大さじ1
・酒・・・大さじ1
・砂糖・・・大さじ1/2
・水溶き片栗粉・・・大さじ1
<付け合わせ(お好みで)>
・にんじん
・ほうれん草
・大根おろし
『作り方』
①茹で大豆をすり鉢で荒くすり潰す(茹で大豆でひき肉を代用)
②みじん切りにした玉ねぎと①を炒める (水分を飛ばし肉らしい食感に近づける)
③炒めた②に水切りした豆腐、大和イモ、パン粉、赤味噌、調味料を混ぜる(大和イモは潰しながら混ぜるころで食感を残す。赤味噌を入れて肉の色実を再現)
④パテをハンバーグ型に成形してフライパンで両面を焼く
<ソースの作り方>
①マイタケとしめじをだし汁で煮込む(うま味の強いシメジ&マイタケでパテの味をカバー)
②調味料を加える
③水溶き片栗粉でとろみをつける
④焼いたパテにかけ、お好みで下茹でしたホウレンソウ・ニンジン、大根おろしをつけあわせに添えたら完成。
https://rinrinto.com/lost_gourmet2-20201004-2-32957

 「日本酒ギフトのミツワ酒販」より、楽天メール。「人気のカルパス 500円OFFクーポン」♪
https://grp03.id.rakuten.co.jp/rms/nid/login?service_id=c23&return_url=%2FgetCoupon%3Fgetkey%3DQ0xVVS1QNUhCLUhSRkwtUjFVRg--

 急に涼しくなってきた!ジャージを羽織ったほうがよさそうだ。

008_20201006155901
 第1193回「MEGA BIG」の数字がが、1つも当たっていなかった!!!???「TOTO BIG」にしても「LOTO 6」にしても「LOTO 7」にしても、1個は必ず当たっていた!・・・すべて外すというのは、初めてだ!!!こんなこともあるんだね!次は、何か当たりそうな気がする!!!

 今日の仕事・・・。
 まったく・・・「1」でつまずいている!!!それで、諦めちゃっているんだろうな・・・「人災」だよ!!!「3」まで責任を持たなかった、「1」の指導者が咎められるべきだろう!!!それでいて「3」は、任せられないとか言って、被害者を増やしている。

 仕事を終え、帰宅途中、スーパーに寄り、売り出しの100g106円の「かつおたたき」、100g95円の「国産もっちり豚小間切れ」、95円の「みつば」、それに、106円の「茨城県産 キャベツ」、100g62円の「国産若鶏砂肝」を買う。
 「キャベツ」は、新聞折り込みチラシに載っていなかったので、皆さん、気が付かなかったんだろうたくさんあった!!!それにしても、このキャベツ大きい!!!
 ちょっと大きめの「鯵」1尾167円を買おうかとも考えたが、ガマンした。
 しまった!「もやし」を買い忘れた!!!

 更に「LOTO 7」を買い帰宅。

 草取りをしましょう!たくさん生えているね・・・。

006_20201006155901
 夕方は、「バーリアル BARREAL」で一杯♪キリンが作っているんだね!
TOPVALU
 クリアな飲み口
国内製造
Beer-like Alcoholic Beverage
リキュール(発泡性)①
1缶(350ml)当たり 165kcal
販売者 イオントップバリュー株式会社
千葉県千葉市美浜区中瀬1-4
TEL 0120-28-4196
製造場 麒麟麦酒株式会社
東京都中野区中野4-10-2

004_20201006155901
 おつまみは、今までの作り置きの「ささげの煮物」に、20%引きで買った「遠州きぬ 生とうふ」を追加して入れましょう♪
杏林堂
生だから旨い
 昔ながらの非加熱製法にこだわり大豆本来の旨味と甘味を味わう本格生豆腐です
(「生」のため、日持ちはしないですが味は絶品です。)
製造者 株式会社 丸守
浜松市東区有玉西町790-10
TEL 0120-88-4112

002_20201006155901
 それに、「国産若鶏砂肝」の「塩コショウ焼き」♪

 ここで、2019年10月10日の朝刊より、「浜松夜話第10話「音楽の秋「港場ライブ」」の引用♪
 「音楽の秋」にぴったりな店がある。浜松市中区田町の通称・ゆりの木通り沿いにあるバー「ハーバー(Harbor)」。九月末の午後八時半ごろ、紹介してくれたHさんと連れ立って入店すると、アップライトピアノを八十代の男性客が軽やかに弾いていた。マスターの青山睦さん(57)によると、この即興ピアニストは、いつも「ふらっと現れてふらっと弾いて帰る」らしい。私には音楽の素養がないからこそ思うのだが、楽器が弾ける人って、カッコイイ。
 セピア色に照らされた店内は一部にれんが調の壁が施されており、落ち着いた雰囲気だ。ビリー・ジョエルの「This Night」に曲が切り替わる。耳を傾けながら、ウイスキーのグラスを傾ける。私のは「かっこつけ」。自分でも、分かっている。
 席に座って十分ほど。演奏曲が島谷ひとみの「亜麻色の髪の乙女」に切り替わった頃、私の隣には「白色の髪のおじさん(五十代)」が座ってきた。
 「君、新聞記者? ライターなの? まさか、頭から火を噴くんじゃないんだろうね」。既に出来上がっている。
 青山さんがおつまみに、ホオズキを出してくれた。初めて食べる果物だ。「トロピカルな味がしますね」。私がつい口をつくと、白髪のおじさんが返した。「いやあ、新聞記者はやっぱり、表現力が違うねえ。『トロピカル』だって。すごいなあ」。褒められていないのは、酔っていても分かる。恥ずかしいから、やめてくれ。
 さらに二十分ほど経過。ジャズボーカルの愛好家の男女が仲良く入店してきた。女性が男性に「ねえ歌いましょうよ」と声を掛けた。いきなり、即興のジャズライブが始まった。店内は一気ににぎやかになる。この店は、こんな夜が何度も繰り返されてきたのだ。
 オープンしたのは一九九二年十月。店名には「ハーバー(港)」のように、集い場となるよう願いを込めた。「開店当初に来ていた女の子が子育てを終えて、また店に来るようになっちゃったよ」と青山さんは笑う。確かに、船は港に戻ってくるものだ。
 【今回の出費 二人で四千円】
(鎌倉優太)
 連載へのご意見、ご感想、「うちへ来い」というお誘いはファクス=053(421)5218、電子メール=tkahod11@chunichi.co.jp
https://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/shizu_area/shizu_serial/list/2019/CK2019101002000238.html

本日のカウント
本日の歩数:4,377歩
(本日のしっかり歩行:0歩)
本日:53.6kg、13.2%
本日の餃子消費量:0個
割り箸使用量:0膳

|

« 中部おでかけワイド「長野県茅野市・八ヶ岳エリア」 | トップページ | 調味料1:1の割合で作る秋のおかず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中部おでかけワイド「長野県茅野市・八ヶ岳エリア」 | トップページ | 調味料1:1の割合で作る秋のおかず »