« 「弥栄鶴 夏蔵舞 natsukurabu 2019」、そして「「竹王国」日本一の観光地に」 | トップページ | 10代選手 栄養フルコース »

2020年5月 7日 (木)

今の暮らしに生かす『養生訓』貝原益軒

 今日は、5月7日、「コナモンの日」。
【カレー風味お好み焼き】
おなじみの一品にスパイシーさをプラス
『材料』(2人分)
・豚ひき肉・・・150g
・キャベツ(粗いみじん切り)・・・4枚分
・A
 薄力粉・・・50g
 カレー粉・・・小さじ1
 塩・・・小さじ1/4
 こしょう・・・少々
・溶き卵・・・1個分
・水・・・1/3カップ
・サラダ油・・・大さじ1/2
・ソース、マヨネーズ、カレー粉、削り節・・・各適量
『作り方』
①ボウルにひき肉、キャベツ、Aを入れ、菜箸で練らないように混ぜる。溶き卵、材料の水を加え、ムラなく混ぜる。
②フライパンに油を中火で熱し、1を半量ずつ丸く広げ入れる。3~4分焼き、返して2~3分焼く。器に盛り、ソースを塗ってマヨネーズをしぼり、カレー粉をふって削り節をのせる。
https://cgc-kitchen365.jp/search/detail/5e8d684f3ae008a6149b8520

 昨日のテレビ、「昼めし旅」は、4/13の放送分。
https://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
「千葉県 鴨川市」
 金目鯛、煮付け《房総美味しいもの屋藤よし》、刺身(醤油+卵)
<鴨川漁港>
 マイワシ、カタクチイワシ
<山田さん>
・金目鯛のホイル焼き
①金目鯛を三枚におろす。タマネギを多めにスライスする。
②アルミホイルにタマネギを敷き、金目鯛を置く。塩コショウして、エノキをのせ、バターを乗せる。
③アルミホイルを閉じて、フライパンで焼く。
・ワラサの照り焼き
①ワラサの切り身を、醤油、みりん、ショウガ、ハチミツで焼く。
・鶏肉の塩麹漬け
①鶏モモ肉、胸肉の塩麹漬けをフライパンで焼く。
②電子レンジで温めた千切りキャベツの上に盛り付ける。
・ワラサと金目鯛の刺身
・サバの煮付け(サバ卵入り)
「東京都 立川市」
 ウド
<蔵の花屋 コトハ>浅井さん
<滝島さん>
・小松菜のつぼみのからし和え
 麺つゆと辛子
・豚バラ肉と長ネギの炒め物
①豚バラ肉を炒める。長ネギを入れる。
②砂糖、醤油、日本酒で味付け。
・厚揚げの煮物
・大豆・シイタケ。油揚げの煮物(小松菜のつぼみ入り)
・梅干し

 「おぎやはぎの ハピキャン」は、「ソロで楽しむ 阿諏訪流ブッシュクラフトキャンプ」。
https://happycamper.jp/tv_program
*ナイフのお手入れ
・ナイフの切れ味チェック
 刃を親指の爪に当てて・・・滑る ×、止まる 〇
準備:タオルを膝に引き、シャープナー、ペーパー、油砥石用オイルを出す。
 ①紙ヤスリ(800番)を手のひらサイズにカット
 ②紙ヤスリに油を数滴垂らす
 ③ナイフの腹の部分を擦る
 ④油が汚れてきたら、傷・サビ部分を擦る。
・VICTORINOX デュアルナイフ・シャープナー:
 2種類の砥石を搭載した携帯ナイフ研ぎ器
 ⑤シャープナーで、刃の全体が当たるように研ぐ(両面)。
 ⑥徐々に研ぐ回数を減らしながら、先端を尖らす。
 ⑦紙ヤスリ(1500番)に油を垂らし、研いだ部分を擦る。
*焚き火の準備
・フェザースティック:
 木や枝の表面を薄く削り、着火しやすくしたもの。
 手首、肘を固定し、ナイフを肩で押す。(ナイフの根元で削る)

 「おばあちゃんの台所」は、「静岡県 湖西市」【うなぎのぼく飯】。
https://www.webtsc.com/prog/obaachan/recipe/1526/
 木杭(ぼっくい)=大きなウナギ
『材料』(4人分)
・ウナギの白焼き・・・ 1枚
・ゴボウ・・・1/2本
・米・・・2合
・サラダ油・・・適量
<調味料>
 砂糖・・・105g
 酒・・・50cc
 しょうゆ・・・100cc
 みりん・・・50cc
 市販のウナギのたれ・・・50cc
<飾り>
・大葉・・・5枚
・いりゴマ・・・大さじ2
・錦糸卵・・・適量
・刻みのり・・・適量
『作り方』
①ゴボウをささがきにして水にさらした後、フライパンにサラダ油をひいて、少し色が変わるまで3~4分強火で炒めた後、冷ましておく。
②ウナギの白焼きを縦に半分にした後、1cm程度の厚さに切っておく。
③鍋に<調味料>を入れて混ぜ合わせたら、強火で煮る。
④③の砂糖が溶けたら、②を入れてアクをとりながら強火のまま煮た後、火を止め、冷めるまで漬けておく。
⑤①に③のたれのみをゴボウ全体になじむ程度の量を入れて、汁がなくなるまで煮る。※ゴボウを別に煮ることで素材の旨みを残すことができる。
⑥炊いた米に⑤と千切りにした大葉を入れ混ぜ合わせ、器に盛り付ける。
⑦⑥にいりゴマ、錦糸卵、刻みのりを飾りつけ、最後に④を盛り付けて出来上がり。

 「おとな旅 あるき旅」は、「仁和寺から嵐山へ 絶景と美食 夏の京さんぽ」。
https://www.tv-osaka.co.jp/ip4/tabi/onair/1319082_6111.html
<仁和寺>888年創建
 観音堂 観音経
 千手観音像、不動明王像、降三世明王像
 二十八部衆像
 三十三観音図
<嵐電>220円
《嵐山昇龍苑》
*《京つけもの 西利》
・京漬物寿司 864円
 ゆかり軍艦巻き、長いもにぎり
*《豆腐茶屋》
・生ビール 400円
*《丹山酒造 嵐山店》
・純米原酒 しぼったそのまま 720ml 1,850円
・純米大吟醸 昇龍 720ml 2,700円
《豆腐料理 松ヶ枝》(《嵐山 よしむら》の姉妹店)
・そば焼酎 吉兆雲海 そば湯割り 650円
・松ヶ枝 3,500円
 手桶冷やし豆腐(そば・抹茶) 豆乳だれ
 一口ざる蕎麦
<竹林の小径>
<嵯峨野トロッコ列車>運賃 620円
<渡月橋>
《TOGETSU CAFE》
・抹茶ラテ 594円
・ちょい飲みセット 1,000円 牛と湯葉の串揚げ
《渡月亭 別館 松風閣》
・京料理ビュッフェ 午前11時~午後3時 利用時間90分 料金2,700円
《いのうえ》おばんざい
・八海山 1合 900円
・牛すじ 1本 400円
・ホタルイカのてっぱい 800円
・さばずし 1,200円
・豚の角煮 1,300円
・若竹 600円
・岩ガキ 700円※時価

 先日のテレビ、NHK「天空の宗教都市 高野山」。
https://ironman2.jp/first-layer.php?id=10815
「壇上伽藍エリア」
※壇上・・・道場、伽藍・・・僧が修業する静かな建物、場所
・金堂
  高村光雲 作
  胎蔵曼荼羅(たいぞうまんだら) 大日如来
  金剛界曼荼羅
・根本大塔
  立体曼荼羅
  大日如来 宝生如来(ほうしょう)、阿弥陀如来(あみだ)、阿閦如来(あしゅく)、不空成就如来(ふくうじょうじゅ)
  十六菩薩
 空海 唐(中国)へ渡る 804年 31歳
 帰国 806年 33歳
  狩場明神(かりばみょうじん) 丹生明神(にうみょうじん)
 高野山を開く 816年 43歳
「金剛峯寺エリア」
・本殿
 梅月流水(狩野探幽 作)
 栁鷺図(山本探斉 作)
 上壇の間
  武者隠し
 上々壇の間 空海の場所 折上格天井(おりあげごうてんじょう)
 台所 二石釜(3つで2000人分のご飯を炊く)
「奥の院エリア」天下の霊場
・弘法大師御廟
 835年62歳 三月二十一日の寅の刻に山に帰る 入定(にゅうじょう)
・五輪塔(ごりんとう)
 伊達政宗の供養塔
 明智光秀の供養塔
 一石五輪塔
・姿見の井戸 自分の姿が映らないと、3年以内に亡くなる
・嘗試地蔵(あじみじぞう) 生身位の儀式(しょうじんく)
・御廟橋
  虚空尽き(こくう)
  衆生尽き(しゅしょう)
  涅槃尽きなば(ねはん)
  我が願いも尽きん
https://www.koyasan.or.jp/

 「コロナ差別」というのが報道されていた。
 心が狭いな!病気にかかった人は何も悪くはないのに、退院してから「来るな」と差別されているみたいだ。どうして治った人を責めるの???アナタ、自分が風邪をひいたとします。そのことで差別されたらどう思いますか?どうしますか?
 コロナの医療従事者も差別されているのだろうか???
 ちょっと前の報道の「熱があるから会社を休め」と言われたけど、暇だからと言って沖縄に旅行に行った女性、外出自粛の中、体調が悪いのに山梨に帰省、その後検査で陽性にもなったに関わらず、東京に帰った女性、そのような自分勝手な行動をする人は咎められてしかたがないと思うが、コロナにかかって自粛していて治り退院した人を責めるのはおかしいと思うな。
 憎むべきはウイルスなのに人が憎まれてしまう、未知なるものへの恐怖心からいわゆるコロナ差別が相次いでいます。県内の感染者がその胸の内を語りました。
 <感染した県内の女性>「(新型コロナに)感染したニュースが報道された後に、心配する連絡に助けられたが、心配の連絡というよりも、感染したのってあなたなの?という犯人捜しをされているようだった。一番辛かったのは家族も批判されたり住所を特定された」番組の取材に答えたのは、県内で新型コロナの感染が確認された女性です。症状が回復し自宅に戻った女性を待っていたのは、地域にあふれる「差別」でした。
 <感染した県内の女性>「お店の入店拒否というのか、店員が私の家族のことを知っているので、スーパーとか釣具屋に行くと入店禁止と言われ追い出されたことがあったみたいす」自宅の壁には心無い言葉が落書きされました。
 <感染した県内の女性>「一番はやっぱりインターネット。うその情報を流されたり、行ってもないところに行ったとか。自殺をしたわけでもないのに、自殺してしまったとか。私のことを何も知らない人たちが適当な発言をして、それを拡散していく。悪いオーラに包まれるというか、何回も元気になろうと思っているのに、そういうオーラに覆われてしまう感じ」女性は、自宅にいても心が休まらなくなってしまったといいます。
 <感染した県内の女性>「夜も少しでも音がすると敏感になってしまって、誰かが家に来ているのかな、とか、誰かが物を投げたのかな、とか、誰かが殺しにきたりしないかな、とか恐怖に包まれる。コロナが終息したらここにはいたくないなと思っている」
 これは、4月、スペインのマンションで撮影された映像です。
 <マンションの住人>「みんなバルコニーに出て」「(音楽を)かけてかけて」新型コロナから回復して帰宅した女性を、同じマンションの住民たちが祝福して迎えました。
 <マンションの住人>「ブラボー」
  感染者への差別が相次ぐこの国の状況について女性は。
 <感染した県内の女性>「全国にも(コロナ差別を)受ける人やする人がいると思う。悪いのはウイルスであって、人ではないし、明日は我が身だと思って、自分がされたら嫌だな、ということはせず、されたらうれしい、と思うことを、お互いしていける日本になってほしいなと思う」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200506-00010005-sbsv-l22
 「日本赤十字社」が「新型コロナの3つの顔」というのを言っている。心にとめておきたいですね。
 第1の”感染症”は、病気そのもの
 第2の”感染症”は不安と恐れ
 第3の”感染症”は嫌悪・偏見・差別
http://www.jrc.or.jp/activity/saigai/news/200326_006124.html
http://www.jrc.or.jp/activity/saigai/news/pdf/211841aef10ec4c3614a0f659d2f1e2037c5268c.pdf

 「北里大、イベルメクチン治験へ 抗寄生虫薬、新型コロナに」というニュースがあった。こういう希望が持てるようなニュースがいいよね。
 北里大は6日、ノーベル医学生理学賞の大村智特別栄誉教授が開発に貢献した抗寄生虫薬「イベルメクチン」について、新型コロナウイルス感染症の治療薬として承認を目指す治験を実施すると明らかにした。
 北里大を視察した西村康稔経済再生担当相に担当者が説明した。同意を得た患者に投与し、症状の改善効果や副作用の有無などを確かめる。北里大病院で希望する患者に投与する観察研究も検討する。治験の開始時期や規模は未定。
 イベルメクチンは、アフリカやアジアに広がる寄生虫が原因の熱帯感染症の特効薬。海外の研究で新型コロナウイルスの増殖を抑える効果が報告されている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200506-00000062-kyodonews-soci
「イベルメクチン」
https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/drugdic/article/56133a775595b3d40b7965e1.html
「ストロメクトール錠3mg」
https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/drugdic/prd/64/6429008F1020.html
 「アクテムラ」が有効という報道も・・・!「IL-6」なんですね!!!「リウマチ」の薬???でも兎に角、有効性が考えられ、患者の希望があったら、どんどん使って、病状を改善させてくださいよ!!!
 「アクテムラ」は日本で開発された唯一の国産生物学的製剤で、最先端のバイオテクノロジー技術によって国内で製造されています。国内では約1万名以上の患者様に投与されており( 2011年4月現在)、海外では2009年1月にヨーロッパで、2010年1月にはアメリカでも承認を取得し、使用が開始されています。
 「アクテムラ」は他の生物学的製剤とは異なり、インターロイキン6(IL-6)というサイトカインの働きを抑える「抗ヒトインターロイキン6モノクローナル抗体製剤」です。IL-6は炎症に関与するサイトカインで関節リウマチでは体内で過剰に作られ、炎症に由来する様々な症状を引き起こしています。「アクテムラ」はIL-6が結合する受容体に結合して、IL-6が受容体に結合するのをブロックすることで炎症に由来する様々な症状を抑え、関節破壊の進行を抑制し、日常生活動作を改善します。
 「アクテムラ」の効果には個人差がありますが、現在までの経験ではほとんどの患者さんで一定以上の効果が認められています。ただし「アクテムラ」は関節リウマチを根治させる薬剤ではありませんので、長期間にわたり投与を継続する必要があると考えられています。
 「アクテムラ」は他の生物学的製剤同様に免疫機能を抑制させることで炎症を抑える効果を発揮するため、感染症にかかりやすくなることがあります。通常、感染症にかかると発熱や血液検査で炎症マーカー(CRPや血沈などの炎症を評価する指標)が上昇しますが、「アクテムラ」は炎症を強力に抑制するため、炎症がわかりにくくなります。軽いかぜだと思って放置していると重症化することも考えられますので、かぜの症状(発熱、息苦しさ、のどの痛み、咳、たん、鼻水など)を感じた場合は、例え軽度でも次の診療日を待たず、すぐに主治医、看護師、薬剤師にお申し出ください。
 「アクテムラ」は点滴でも皮下注射でも投与可能な生物学的製剤です。 皮下注射は2週間に1度の間隔で、 点滴は4週間に1度の間隔での投与となり、1回の点滴時間は1時間程度です。点滴投与の場合、体重1kg当たり8mgを投与しますので体重に応じて使用する薬の量が変わります。80mgバイアルで約1万8千円、200mgバイアルで約4万4千円、400mgバイアルで約8万8千円です。皮下注射は体重による増減はなく1本約3万8千円です。約3割負担の場合、1ヶ月あたり2万〜4万円程度となり、これに再診料・検査料・処方箋料などが加わります。体重によっては標準使用量で最も安価な生物学的製剤となります。
http://www.twmu.ac.jp/IOR/diagnosis/ra/medication/biologics/actemra.html
総称名 アクテムラ
一般名 トシリズマブ(遺伝子組換え)
https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00054586
https://pat.actemra.jp/auth/index.html

004_20200507163101
 今朝の朝食の納豆には、昨日買った「愛知県産 ねぎ(ハーフ)」を入れましょう↑

 ガソリンが安くなったね・・・通勤時、ガソリンスタンドを見ると、「110円」の文字が・・・!!!

 今日の仕事・・・1ヵ月経つのにまだコンピュータが支給されない・・・仕事に手間がかかってしょうがない!!!早く支給してくださいよ!!!
 仕事を終え、帰宅。
 「052 559 7420」より、着信履歴有り。
電力プラン営業【社名不明】
 中部電力割引サービスの電話をしているとなのる電話。中電に確認したところ、中電を名乗っているだけとのこと
https://www.telnavi.jp/phone/0525597420

 草取りをしましょう!石が多いのは何故???
 暑いから、すぐに疲れっちゃったよ・・・。

 夕方は、草取りで汗をかいたから、とりあえずビール。
 おつまみは、「豚キムチ筍」で一杯♪
006_20200507163101
 新タマとレタスのサラダを添えましょう!
茨城県産 生き生きれたす

 東京の今日の感染者は、23人なんですか~?
 でも、PCR検査って、風邪レベルの症状じゃあ、簡単に受けさせてくれないんですよ!!!・・・というのを、実感した!!!

 2012年4月29日のオマケの新聞に、「今の暮らしに生かす『養生訓』」という特集が出いていた。なんとなく、新型コロナの時期に読みたい記事に思えた。
 今から約300年前の江戸時代に、儒学者で本草学者でもあった貝原益軒が『養生訓』を著しました。この本は単に健康になるための教えだけでなく、人生を楽しく過ごすための知恵が記されています。時代を超えて今なお、現代人の心に響く『養生訓』の教えを図解します。
江戸時代を代表する「予防医学書」
 『養生訓』は1713年に出された江戸時代の代表的な養生書であり、数ある益軒の著書の中で最も多くの人に読まれてきた。また、300年近くたつ今も現代語訳の本だけでなく、英訳本、関連本も多く出版されている。この書は単なる養生の技術や無機的な知識を論じたものではない。当時「83歳だった益軒が自らの経験も踏まえ、人間味のある教えや人生の楽しみ方などを分かりやすくつづっているのが特徴だ。
「養生は畏れの一字」
 「身体を保護して養生するために、忘れてならない肝要な一字がある。「畏(おそれる)ということである」「畏れるということは、身を守る心の法である。すべてに注意して気ままにしないで、過失のないようにし、たえず天道を畏れ敬い、謹んでしたがい、人間の欲望を畏れ慎んで我慢することである。つまり畏れることは慎みの心の出発をなすものである」
※人生の三楽
 「いくら金銀財宝の富や権力名誉があっても、この三つの楽しみがなければ真の楽しみは得られない」として、益軒は「富貴」は三楽には入れていない
・道を行い、心得遣いをせず、善を楽しむこと
・健康で気持ち良く楽しむこと
・長生きして長く久しく楽しむこと
著者・貝原益軒の生涯
①1630年黒田(福岡)藩に生まれる(父・貝原寛斎)
②幼いころに母を亡くし、19歳で継母も亡くした
③江戸、京都、長崎などで学び、7年間の浪人生活を送る
④その後、藩命で再び京都に行き、多くの知識人と交流を重ねた。帰藩後は黒田藩の儒者となった。
 お殿様や武士たちに学問を教えるようになりました(朱子学者・木下順庵、儒医・向井元升ら)
⑤著作の大部分は黒田藩を辞した後の70歳以降に出版された。83歳で『養生訓』を出版(著作は全部で60部、270余巻!)
⑥私は日常的な思考を重視しました。そして、自分で経験したことや試してみた結果を具体的に書きました。
⑦当時、学者の本といえば漢文が多かったのですが、私は多くの人に読んでもらいたかったので、かな中心の平易な言葉で書きました
⑧1714年、当時としては極めて長命の84歳でこの世を去った
養生の基本
 「欲を少なくし、環境から身を守り、身体を適度に動かし、睡眠を控えること。この4つが養生の大要である」
*欲望
※欲望を慎む
 自分の欲望を抑えるのは、健康法の基本である。欲望を抑えると、体の調子を上げることができ、外の環境に負けることがなくなる。逆に欲望のままに暮らすと、体の調子を落とし、外の環境についていけず、健康を害し寿命を縮める
・一時が万事
 一時の浮気であっても、人生の破壊することがある。少しだけなら、と思っていても、とても大きな害につながらないとは限らない
・生命は有限である
 人の生命力というのは、使えば減るし、増やす努力をすれば増える。生命力とは限りあるものだから、限りのない欲望にそれを使うのは間違っている
・すべての欲は満たせない
 酒食、色欲におぼれていても、その楽しみをすべて味わう前に、人の体のほうが滅んでしまう
*食
※おなかいっぱい食べない
 食べ物を見ると人は食欲がわく。それで、つい食べ過ぎてしまう。腹七、八部くらいで食事を抑えておいても、しばらくすれば腹は十分になる。腹いっぱい食べると、あとで腹が張り病気になる
  腹七、八分目(ちょっと物足りないな・・・)→しばらくすると→満腹感
・野菜の王
 大根は野菜の中でもっとも上等なものである。つねに食べるとよい。葉っぱの堅いところをすててやわらかな葉と根とをみそでよく煮て食べる。そうすると、脾臓(血球の生成、浄化作用をする臓器)をたすけて痰を取り去り、血液の循環をよくする
・胃弱な人の食事
 胃の弱い人は、大根、人参、芋、山芋、牛蒡などを薄く切ってよく煮て食べるとよい
・酒の功罪
 酒は天から与えられた褒美である。ほどよく飲めば、陽気になり消化を助け、心配事から解放され、やる気が出る。しかし、多く飲めば害になる。酒も飲み過ぎすと寿命を縮めてしまい、せっかくの天からの褒美も台無しである。
・人と世界
 食べ物は身体の養分になる。食べ過ぎなければ、身体の健康を維持する。しかし食べ過ぎは、身体によくない。植物でも、水や肥料をたくさん与えると枯れてしまうのと同じである。食事というものは楽しい行為であるが、ほどほどにして、精神的に楽しいことを見つけるほうが、身体のためになる。
*心
※心と体
 心は身体の支配者であるから、心を平静にすると身体にも良い。身体は、動かすことで血の巡りがよくなり、病気に罹りにくくなる。
・人生は楽しむものである
 貧しくても、その人が楽しく生活しているならば、大きな幸福といえる。日本には四季があり、それだけでも楽しく暮らしていけるものである
・完全無欠は疲れる
 いつも完全無欠を求めていると疲れるものである。最上を求めるのはしかたがないかもしれないが、自分が多少とも気にいることがあれば、それでもいいのではないだろうか
・寿命は養生次第
 老子は、「人の命は我にあり、天にあらず」といっている。人の命は天からの贈り物だが、その寿命はわれわれの心次第で変わる
*健康
※労働と健康
 健康ええいるためには、適度な運動が必要である。適度な運動は、すなわち働くことも意味し、勤勉に働くこと自体、健康法なのである。神様でさえ働いているのだから、人も勤勉でなければいけない
・適度な運動
 家にいるときは、自分の体力にあった労働をするのがいい。立ったり座ったりする動作にかかわらず部屋の中ですることは、なるべく自分で行うのがよい。常に体を動かすようにしておけば、気と血液がよく循環し、食物もよく消化するので、病気にならない。しかし、無理をするほど動き回ったりするのは、疲れるのでよくない。自分にあった適度な運動をするのが一番よい
・徳と健康
 穏やかな気持ちでいれば、おのずと徳が身につき、健康になる。しゃべりすちの人はいつも心が乱れるゆえに、徳を損ない、健康を損なう。徳を損なうということと健康を損なうということは、同じものである
※たばこの罪
 煙草は毒である。煙を吸い込むと目が回り倒れることもある。習慣になれば害も少なくなり少しは益もあるといわれるが、害のほうが多い。習慣になると、煙草をやめられなくなり家計にも負担をかけることになる
※流水とたまり水
 人の体は、時々運動をし、手足を働かせ、よく歩き、同じ場所に長時間座らないようにすれば、健康でいられるものだ。流水はくさらないが、たまり水はくさる。開き戸の開閉する軸は虫は食わない。つまり常に動いているものは、悪くなりにくいものであるということである
・繰り返してこそ養生
 善悪とは、毎日の生活の繰り返しにより生じる。養生の道も同じで、いつも欲を抑え慎みをもつように努力しなければいけない。毎日繰り返せば習慣となり、養生の道も苦痛でなくなる。しかし、毎日なにも行わなければ、養生の道はとてもつらいものになる
薬と養生
 益軒は若いころ、医療に携わった経験がある。また、本草学(薬物学)にも精通していただけに、薬を服用する時の心得も細かく記していた。
・病気に罹っても名医がいないときは、薬をのまず、ただ病気が治るのをまつべきだ。早く病気を治したいと思って医者を選ばないのはよくない。悪い医者が病気にある薬を出すことはまれである
・薬を意味なく使うと、体の調子を崩し病気になってしまう
・胃腸を整えておくには、ふつうの食事をしていればいい。薬を常用してはいけない
・生まれもっている寿命を延ばすための薬というものはない。長生きの薬として、使われているものには効果はない。養生とは、生まれもった寿命を保つことである。
攻めの養生書(帯津良一:帯津三敬病院名誉院長)
 頻発する天災、絶えることのない紛争、そして政治も経済も医療も私たちの暮らしのすべてがうまく行っていないことを見つけるにつけ、これはどうしても地球の生命力の低下に起因するものと考えないわけにはいきません。
 焦眉の急は地球の生命力の回復です。そのために私たちな何を為すべきか。まずは生きることの原点に立ち返って、一人ひとりが養生を果たしていくことではないでしょうか。
 養生という言葉になんとなく古くさいイメージを抱いている人も少なくないと思いますが、決してそんなことはありません。養生とは生命力を正しく養うこと。古くもなく新しくもなく、人間存在の永遠の真理です。
 しかし、これまでの養生は身体を労わって病を未然に防ぎ、天寿を全うするといった”守りの養生”でした。これでは地球の生命力の回復に資するわけにはいきません。ここは照準を身体から生命へと合わせ直すことです。
 生命に照準を合わせて日々生命力を勝ちとっていき、死ぬ日を最高に、その勢いを駆って死後の世界に突入するのです。その推進力は生きるかなしみに裏打ちされた心のときめき。死をもって終わりではないのです。
 まずはその指南書というべき貝原益軒の『養生訓』を繙いてみてください。守りの養生と思いきや、さにあらず。これぞまさしく攻めの養生書です。さすがは益軒が84年の生涯をかけた大書。只者ではありません。
 どこが攻めの養生かですって?私たちの生命は天地の大いなるいのちの一部であると、まずは初めに生命有りき。次いで『荘子』の「庖丁(料理人のこと)の話」を例に自然の理(ことわり)に従って生きることをすすめ、心のときめきと労働の楽しさを説き、好きな物は薬だから少し食べよを食養生の要諦とする。
 そして圧巻は酒は天の美禄(びろく)なりと、飲酒の養生法としての地位を確立したところにあります。遠き益軒の生涯に憧憬(しょうけい)の念を禁じ得ないのは私だけではないでしょう。
※出典・参考文献:『養生訓 全現代語訳』(講談社学術文庫)、『養生訓 現代文』(原書房)、『図解雑学 養生訓』(ナツメ社)、『江戸時代人名控1000』(小学館)ほか

 養生(ようじょう)とは、生を養う、すなわち人間の身体の状態を整えること、健康を増進すること、病気の自然治癒をうながすことなどを指す。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A4%8A%E7%94%9F_(%E5%81%A5%E5%BA%B7)
 養生(ようじょう)とは、本来のあるべき姿でいられるよう、保護をすること。
 対象が人の場合は、健康に注意して元気でいられるように努めること、病気や怪我の回復に努めることという意味になる。建築や引っ越しの現場などで用いられる場合は、周囲に傷がつかないようシートなどで保護をするという意味になる。
【養生の由来】
 養生の「養」の字は「羊」を「食べる」という部位で成り立っている。そして「生」という字は「芽生え」を由来としている。「誕生した(芽生え)命を食べて元気をつける」という二文字の組み合わせによって、養生は「元気でいる・元気になる」という意味を持つようになった。
https://www.weblio.jp/content/%E9%A4%8A%E7%94%9F

本日のカウント
本日の歩数:4,119歩
(本日のしっかり歩行:0歩)
本日:52.7kg、12.5%
本日の餃子消費量:0個
本日の割り箸使用量:0膳

|

« 「弥栄鶴 夏蔵舞 natsukurabu 2019」、そして「「竹王国」日本一の観光地に」 | トップページ | 10代選手 栄養フルコース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「弥栄鶴 夏蔵舞 natsukurabu 2019」、そして「「竹王国」日本一の観光地に」 | トップページ | 10代選手 栄養フルコース »