« 子どもとつくる!おやつレシピ | トップページ | 伝えたい和食のきほん「あさりと春キャベツの蒸し煮献立」 »

2020年5月12日 (火)

「がんばりすぎない 毎日のおいしいごはん」(19)「おもてなしにも!手軽に作れる春色のおすし」

 昨日のテレビ、「昼めし旅」は、「花見めしSP」。4/16の放送分。どこの放送局も収録ができないので、総集編みたいものを放送しているね・・・。早く「コロナ」を終息させてくれないかな!!!国民全員をPCR検査をしないと、第2波、第3波が来るんじゃないのかな・・・。
https://www.tv-tokyo.co.jp/official/hirumeshi/
「青森県 弘前市」2019年5月24日
 弘前公園:長野県遠山城址公園と奈良県吉野山に並ぶ「日本三大桜名所」の1つ
<齊藤さん>きみ農家
※嶽きみ(とうもろこし)
 タラの芽
・かき揚げと山菜の天ぷら
①枝豆を細かく刻む、嶽きみと混ぜて、かき揚げにする。
②タラの芽も天ぷらにする。
・巣もぐり卵
①長芋の皮をむく。スライサーでせん切りにする。
②フライパンに長芋を入れ、真ん中に穴を開け、卵を落とす。
③刺し水をして90秒蒸し焼きにする。
④醤油をかけて食べる。
・もち麦入りご飯
・(豚肉)さがりの焼肉

 「いきつけ!しずおかごはん」は、#53「三島市_コッペパン」
https://www.youtube.com/playlist?list=PLWlQMhs0VPOSgk3TmC10LC_Pi9YU7xXku
《ヴィヴィッド・パオ 三島広小路店》
・あんホイップ 237円
・サクサクコロッケ 291円

 「二軒目どうする ~ツマミのハナシ~」は、「沿線SP」。
https://www.tv-tokyo.co.jp/nikenmedousuru/
2018年8/4「高田馬場駅」《やきとん みつぼ》
・芋焼酎水割り 313円
・生ビール 486円
・日本酒 540円
・和牛ハツ刺し 432円
・ゆで五種盛合せ
・ブライン刺し 432円
2019年9/16「巣鴨」《魚枡》
☆あじフライ(2枚) 780円
・生ビール 530円
・幸せハイボール 630円
・馬刺し 880円
・芋焼酎ソーダ割り 480円
・枡盛り 1980円
・焼きうにぎり 480円
2017年7/24「新橋駅前ビル1号館」《ビーフン 東 AZUMA》
☆大きなふわふわ肉団子の煮込み 1650円
・生ビール 715円
・五目ビーフン
・バーツァン(台湾風ちまき) 770円
2019年8/19「ニュー新橋ビル」《三冠王》
・三冠王フライ 1000円
・やきそば 580円
《秩父》
☆土佐あげ 1000円
・日本酒
・鹿刺 1500円

 「西村キャンプ場」は、「カープ日南キャンプ」。
http://www.tss-tv.co.jp/nishimuracamp/
<天福球場>
《みやざき地頭鶏 ひなたや》
★甘辛たれ やみつき手羽唐揚げ
<地頭鶏ランド日南>
・みやざき地頭鶏(モモ、手羽、ムネ)
《郷土料理 おび天 蔵》
★おび天
<グランピング カームラナイハーバー>
*みやざき地頭鶏とおび天の手羽餃子
①おび天をみじん切りにする。鶏のムネ肉、ササミをミンチ状にする。
②おび天、鶏肉にショウガ、ニンニク、中華スープの素を加えてタネを作る。
③手羽先の2本の骨を抜き取る。手羽先の中にタネを詰める。
④ゴマ油をかけてスキレットで焼く。
*みやざき地頭鶏モモ肉のたき火焼き
①「炭火もも焼き器」に切ったモモ肉を入れ、たき火で焼く。
②柚子胡椒をつけて食べる。

 「Yell Market」より、メール。「神山まりあさんの、ほんわか幸せレシピ【酒粕で時短レシピ】」。
 日々の食事の中でカラダによいものを取り入れている神山まりあさん。今回はそんなまりあさんも注目している酒粕を使ったクリームチーズの粕漬をアレンジして、メインの丼とサラダの2品、時短レシピをご紹介します。
酒粕でタレの味に深みが増す!
 丼のタレにも、サラダの隠し味にもなる酒粕は、使い勝手が抜群です。酒粕を使用することにより、短時間で具材に絡み、深い味わいが出せます。簡単につくれるけれど、味は本格的な2品の完成です。
【にんにくとごま油があと引く!韓国風発酵旨たれカツオ丼】
『材料』(1人前)
・カツオのさく・・・10cm
・ごはん・・・茶碗1杯
・のり(紫彩)・・・4つまみ
・卵黄・・・1個
<トッピング>
 ミョウガ、クレソン、大葉、ミニトマト・・・お好み
・A
 クリームチーズの粕漬けの粕・・・1パック(30~40g)
 しょうゆ・・・大さじ2
 酢・・・小さじ2
 味噌・・・大さじ1
 ごま油・・・大さじ2
 にんにく・・・1/2片
 生姜・・・1/2片
『作り方』
①にんにくをすりおろし、Aをすべて小鉢に入れ、全体がとろりと乳化するまでよく混ぜる。
②トッピングのミョウガなどをカットする。
③ごはんを丼に盛り、のり(紫彩)を散らす。
④カツオを10切に切り分け、3の上に並べる。
⑤卵黄、トッピングを盛り、タレを大さじずつ回しかけてお好みですりごま(分量外)を散らす。
※ポイント
 発酵食品特有のうまみやとろみは、市販のたれにはない魅力! チーズの周りの酒粕は、丼以外にも、サラダ仕立てのカルパッチョにもあいますし、お湯で割れば、汁物にもなる万能たれです。
【クリームチーズの粕漬とかぼちゃだけでサラダ!】
 クリームチーズの粕漬をそのまま使ったサラダです。作り方はかぼちゃと混ぜるだけ、味付けも酒粕をメインに塩コショウだけでいいので、少ない材料で、味が決まりやすいレシピです。
『材料』(2人前)
・冷凍カットかぼちゃ・・・200g
・クリームチーズの粕漬け・・・1パック
・塩、こしょう・・・適宜
『作り方』
①かぼちゃを耐熱ボウルにのせ、ラップをせずに5分ほど電子レンジか蒸し器で加熱する。
②フォークで荒くつぶし、粗熱が取れたら粕ごとボウルに加え混ぜる。
③皿に盛り、強めに塩こしょうをする。
 「手早くつくれたのに、カツオにしっかり味がからんですごく深みのある味がおいしい」とまりあさん。さらにかぼちゃサラダは「甘過ぎず、おつまみにもなりそうな味」と感想をいただきました!
料理監修、テーブルコーディネート:みつはしあやこさん
http://mitsuhashiayako.com/
 発酵暮らし家・料理家
 14年の醸し生活で発酵させた食材は100種類以上。その組み合わせの発想力とエシカルなスタイリングに定評があり、商品開発のレシピ監修、レシピ提供、ケータリングなど企業から行政まで幅広く、実績多数。『ELLE gourmet』、『VERY』など雑誌でも活躍。現在、神奈川県庁ME-BYO(未病)スタイルアンバサダーも務める。
 日々の暮らしでは「台所育児」をモットーに4人の子どもとさまざまな発酵を挑戦、実験中。
https://yellmarket.yahoo.co.jp/note/lifestyle/article19.html

 「加藤厚労大臣 相談目安「我々から見れば誤解」」というニュースが取り上げられている。言っていることが非常に無責任に思える。「目安」と言われたら、普通、それを守るでしょう!37.5度が4日以上続かずに、PCR検査を受けられなかった人も多いと思う。軽症や無症状の人がいるんだからなおさらだろう。この「37.5度の目安」のためにPCR検査が受けられず、感染が広がった可能性もあるな。
 加藤厚生労働大臣が8日夜、記者会見し、新型コロナウイルスのPCR検査に向けた相談センターへの相談の目安とされてきた「37.5度以上の発熱が4日」について、見直しを明らかにした。厚生労働省が2月に公表したものでは、受診の目安について「37.5℃以上の発熱が4日以上続く」「強いだるさや息苦しさがある」などと示してきた。
 この日の会見では「目安ということが、相談とか、あるいは受診の一つの基準のように(とらえられた)。我々から見れば誤解でありますけれど…」と、あくまで基準ではなく目安のつもりだったと発言。「これについては幾度となく、通知を出させていただいたり、『そうではないんだ』ということを申し上げて、相談や受診に弾力的に対応していただいた」などと述べた。
https://www.youtube.com/watch?v=tLFnrvzwNno

 「ツイッター」は、「Internet Explorer」をサポートしなくなったということか?
ブラウザは最新ですか?
 問題の多くは、最新バージョンのブラウザを使うことで解決できます。使用しているバージョンが不明な場合は、https://www.whatsmybrowser.org/で判別できます。
 以下のリンクから、最新バージョンの各ブラウザをダウンロードしたり、関連情報を入手したりできます。
•Firefox
•Edge
•Safari
•Google Chrome
https://help.twitter.com/ja/using-twitter/twitter-issues

 今朝は、溜まっていた空き缶を出しに行きましょう。

 今日の昼食は、野菜たっぷりのお雑煮だね。これで、お餅の消費終了!

 仕事後、食料品を買いに行く。
 途中、コンビニにて切手を買う。郵便料金って、「封書」84円、「葉書」63円なんですね。もう、よく分かんなくなっちゃったよ!
https://www.post.japanpost.jp/send/fee/kokunai/one_two.html

 「明治ブルガリアヨーグルト」138円を買う。今までのとちょっと違うね!
 「豚モモ肉」100g95円は、お金がないので我慢した。

002_20200512161001
 今日は、「大安」+「一粒万倍日」。「LOTO7」を買いましょう!
https://ameblo.jp/noriko-happy-life/entry-12311555150.html

 市の委託業者が川沿いの草刈りをしている???・・・幹線道路の草刈りは、市がやってくれるかもしれないが、その他の道路の草刈りはどうなの??「ムラ」でやるのかな???でも、市がやってくれたところの部落はやる必要ないジャン!!!やってくれなかった4部落中2部落だけ、草刈りをするのかな???不平等だ!!!

004_20200512161001
 夕方は、「いかくん」で一杯♪
個食美学 KOSHOKU BIGAKU
 個性いろいろ、くらしをサポート。
Smoked squid いかくん
 風味豊かな燻製いか
Support your Life 暮らし応援宣言!
 理由(わけ)あって、人気です。(N-15)
 いかの胴の部分を丁寧に燻製し、柔らかな食感に仕上げました。
1袋(23g当たり)47kal
製造者 株式会社 秀幸
名古屋市北区落合町270番地
販売者 株式会社 エヌエス
大阪市淀川区西宮原1丁目5-33
TEL 084-982-8114

006_20200512161001
 それに、2枚386円で買った「北海道産 真ほっけ開き」♪「大根おろし」を添えましたよ!!!
名称 真ほっけ開き干し
原材料名 真ほっけ(北海道産)、食塩/紅麹色素、酸化防止剤(ビタミンC),pH調整剤
100g当たり 176kcal

 ここで、『JAF Mate』2019年4月号より、「がんばりすぎない 毎日のおいしいごはん」(19)おもてなしにも!手軽に作れる春色のおすし」の引用♪
 今回ご紹介するのは、下ごしらえの手間を極力省いた3種類のおすし。お祝いごとやおもてなしの席にも向く、華やかさも魅力です。
 (1)は、生ハムとアボカドを使った洋風ちらしずし。マヨネーズとヨーグルトを合わせたソースをかけて食べる、サラダ感覚の一品です。彩りのアクセントとなる炒り卵は、しっとり仕上げたほうがおいしいので、火を通しすぎないように気をつけましょう。
 (2)の刺身は、マグロやヒラメなどに替えても構いません。ラップでくるんでキュッとひねれば丸くなるので、お子さんと一緒に作るのも楽しいと思います。
 (3)は、今回は深めのバットを型にしましたが、お弁当箱やケーキ型などに替えても大丈夫。型にすし飯がくっつくと取り出しにくくなるので、縁まで隙間なくラップを敷き込みます。切り分ける時は、切れ味のおい包丁を使い、刃を前後に動かすのがコツ。上から押して切ろうとすると形が崩れるので、ご注意を。
【すし飯の作り方】
『材料』(2人分)
・ごはん・・・1合分
・A
 米酢・・・大さじ2
 砂糖・・・大さじ1
 塩・・・小さじ1/3
『作り方』
①Aを混ぜて温かいごはんに回しかけ、しゃもじで切るように混ぜる。
②飯台やバットに①を広げて濡れ布巾をかけ、時々上下を返しながら人肌まで冷ます。
(1)【生ハムちらし】(579kcal)
『材料』(2人分)
・アボカド・・・1/2個
・生ハム・・・8枚
・青じそ・・・10枚
・植物油・・・小さじ1
・卵・・・2個
・砂糖・・・小さじ2
・塩・・・少々
・すし飯・・・2人分(上記参照)
・A
 マヨネーズ・・・大さじ2
 白ごま・・・小さじ2
『作り方』
①フライパンを中火にかけて植物油を熱し、砂糖と塩を加えて溶きほぐした卵を流し入れる。菜箸で手早くかき混ぜ、完全に火が通る直前に皿に移す。
②アボカドは1cm角に、生ハムは半分に切る。青じそは千切りにし、水にさらしてから水気を絞る。
③器にすし飯を盛り、①と②をのせる。Aを混ぜてかけ、白ごまを散らす。
(2)【手毬ずし】(394kcal)
『材料』(12個分
・すし飯・・・2人分(上記参照)
・ゆでえび・・・2尾
・鯛、サーモンの刺身・・・各50g
・塩・・・小さじ1/4
・イクラ、青ねぎ(小口切り)、ディル・・・各適量)
『作り方』
①すし飯を12等分(約25g)にし、ラップを使って軽く丸める。
②ゆでえびは殻をむき、半分の厚さに切る。鯛とサーモンに塩をふる。
③ラップに②→①の順にのせて丸める。ゆでえびにはイクラ、鯛には青ねぎ、サーモンにはディルをのせる。
※ラップに刺身と丸めたすし飯をのせて包み、キュッとひねるだけ。簡単です。
(3)【えびと野菜の押しずし】(413kcal)
『材料』(2人分)
・グリンピース・・・大さじ2
・れんこん・・・50g
・ゆでえび・・・5尾
・A
 だし汁・・・大さじ2
 米酢・・・大さじ1
 砂糖・・・大さじ1/2
 塩・・・小さじ1/4
・すし飯・・・2人分(上記参照)
『作り方』
①グリンピースはやわらかくなるまで3分ほどゆで、ザルに上げて冷ます。
②ゆでえびは殻をむき、半分の厚さに。
③れんこんは厚めに皮をむき、薄切りに。さっとゆでてザルに上げ、すぐに、混ぜたAに②とともにひたし、5分置く。
④深めのバットの縁までラップを敷き込み、①と②をバランスよく並べる。
⑤④にすし飯をのせる。別のラップをかぶせ、手で押してて平らにする。
⑥かぶせたラップを取り、バットを裏返して中身を取り出す。敷き込んだラップごと6~8等分に切り分ける。
*近藤幸子
 料理研究家。管理栄養士。宮城県出身。大学卒業後、仙台の料理学校にてアシスタント、講師を務めた後、独立。2004年より東京・清澄白河で、料理教室「おいしい週末」を主宰。2児の母。

本日のカウント
本日の歩数:4,950歩
(本日のしっかり歩行:0歩)
本日:53.0kg、12.2%
本日の餃子消費量:0個
本日の割り箸使用量:0膳

|

« 子どもとつくる!おやつレシピ | トップページ | 伝えたい和食のきほん「あさりと春キャベツの蒸し煮献立」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 子どもとつくる!おやつレシピ | トップページ | 伝えたい和食のきほん「あさりと春キャベツの蒸し煮献立」 »