« 「自笑亭 幕の内重」、そして「義左衛門 神の穂 純米吟醸 しぼりたて PREMIUM 瓶囲い 雫下貯蔵」 | トップページ | 「いただきます 春の和食」 »

2020年4月 5日 (日)

「自笑亭 助六寿司」「寿々㐂」、そして「炙りラフティ」

 昨日のテレビ、「ごはんジャパン」は、「千葉県 西船橋」「小松菜」。
https://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0055/
*柴野 大造《マルガージェラート》
*平野 代一<西船橋ひらの農園>
《酒場フナバシ屋》
☆小松菜ハイボール
*小松菜
 サカタのタネ(さくらぎ、はまつづき、いなむら、つなしま)
 トキタ種苗(春のセンバツ、夏の甲子園)
 カネコ種苗(すごい菜、よかった菜、いなせ菜、こいしい菜)
 トーホク(なつき、かんな)
※さくらぎ:サラダにお薦め
 はまつづき:濃い味→おひたし
《薬研堀まごころ料理 摩多以》齊藤 摩多以
☆真鯛と筍の揚げ出し 小松菜ととろ掛け
《日本料理 そら》小林 幸彦、南青山
《コンパーレ コマーレ》千葉県船橋市、街のピザ屋、吉田 雅昭
☆小松菜とホンビノス貝のピザ
《居酒屋 山ちゃん》2019年8月オープン、山本 勝美
《ラーメン 海老そば まるは》
☆小松菜ラーメン
《焼肉 学一 船橋店》松山 慶一
☆ナムル
☆ビビンバ
《蕎麦ダイニング SOBAYA 道らく》
《酒壱番》
★小松菜ジェラートパフェ
 アップルローズ、飴細工、小松菜パウダー入りマカロン
 ドラゴンフルーツ、ライチ、はまつづきのジェラート
 小松菜のクランブル
 パルフェ
 パイン、リンゴ、はまつづき(濃い味)のジェラート
 小松菜のメレンゲ

 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「水郷どり鶏そぼろ」の案内♪
https://coupon.rakuten.co.jp/getCoupon?coupon_key=633557097
 「ハクダイ食品グルメ村」より、楽天メール。「アウトレット干物」の案内♪
https://item.rakuten.co.jp/hakudai/1469589/?scid=rm_206625

 昨日、ちょっと遅かったので眠いな・・・。
 身支度を済ませ、今日もJAに行く。
https://jatopia.ja-shizuoka.or.jp/service/sosai/hall_a

 やがて式が始まる。
遠津祖先奉唱(とおつかみほうしょう)
 二拝
 遠津祖先(とおつかみ)
  恵美給衣(えみたまえ)
 厳乃御霊乎(いづのみたまを)
  幸衣給衣(さきはいたまえ)
 真心込めて十回程度繰返
 二礼二拍手一礼

 式が終わり、火葬場に行く。
002_20200405155701
 式を済ませ、待っている間「助六寿司」とお茶、お菓子を頂く。
004_20200405155701
いなり(国産米)、干瓢細巻(国産米)、太巻(国産米)

539kcal
製造者名 株式会社 自笑亭
静岡県浜松市中区神田町518
TEL 053-442-2121
https://www.jishowtay.jp/

 収骨し、JAに戻り、「十日祭」。
 「新型コロナ」が心配なので、「精進落とし」は、せずに「お料理」と「引き出物」を配布し、散会。

 昔は、親族が亡くなったときには、仏教の思想によって肉や魚を断ち、精進料理を摂っていました。精進落としは四十九日の忌明けに、それを通常の料理に戻す区切りというのがもともとの意味でした。
 しかし次第にかつての意味は薄れ、初七日法要の際に僧侶等をねぎらう宴席へと変わっていきました。さらに現代では、火葬場から戻った際に、親族やお世話になった方へ酒食をふるまう宴席を精進落としと呼ぶのが一般的になっています。地域によっては火葬中に精進落としの会食を行うところもあります。
 現代の精進落としには、故人への供養と、参列者へのお礼とお清めの意味が込められているのです。
https://www.osohshiki.jp/column/article/257/
 結婚式で引き出物 意味は、もともとは宴席でのお土産に馬を「引き出し」て贈ったということが起源なのだそうです。現在では結婚祝いのお返しという意味が強くなっています。馬はのちに武具に変化し、かつては鯛の形をした巨大な砂糖や食器・花瓶など一人一式の「重いもの」を贈るのが良いこととされてきた時代もありましたが、現在ではゲストごとに引き出物を変えたり、遠方の方などへの配慮からカタログギフトをお返しするなど多様化が進んでいます。
 お葬式の引き出物 意味ですが、まず「引き出物」という言葉は慶事に使うものであり、お葬式には引き出物という言葉を使ってはならないという意見が多く見られます。その場合には「会葬御礼品」などと呼ぶようです。しかしながら、法事の際に慶事のときと同様、古くは馬を庭に「引き出し」て贈ったという記載もあり、引き出物 意味 は、弔事慶事関わらず、この馬の故事を用いられるようです。お葬式の際のお返しのポイントとしては、「持ち帰りに楽なもの」「いくらあっても困らないもの」「すぐ使ってなくなるもの」「法要の席にふさわしくない酒や肉、魚は避ける」など、いろいろと制約があり、のり・お茶・タオルどがお返しとしては一般的に好まれるようです。しかしながらそれぞれのライフスタイルに合わせた贈り物として、もらう側が自由に品物を選べる「カタログギフト」は人気商品であるといえるでしょう。カタログギフトは合理的で無駄がないため、お葬式のお返しとしても好まれているようです。酒や肉、魚も「カタログから選んでもらうのであれば、タブーにはあたらない」とされることが多く、より多くの選択肢からお相手の好きなものを選んでいただけるでしょう。
https://www.takisin.jp/uchiiwaioiwaigaeshi/hikidemono/hikidemono-manner/hikidemono-manner030/

 テレビの「ジョブチューンSP」。
https://www.tbs.co.jp/jobtune/archives/20190601.html
「手相」
・流年法
 流年法とは、手のひらの主要な線に年齢の目盛りを割り当て、そこから開運の時期や不運な時期などの運気を読み取る方法です。おもに生命線、運命線で用いられ、運命線から伸びる支線や生命線を横切る線、マークなどにより、仕事の好不調な時期、恋愛や結婚の時期、病気やケガの時期などがいつ頃起こるか知ることができます。目安の取り方や運勢の時期などは個人差がありますが、事前に知ることで、軽率な行動を慎んだり、健康診断を受けたりして、未然にトラブルを避ける努力が必要です。
http://www.chekki.net/palm/curve/
「風水」金運
・西に黄色(黄色いカーテン)
・食べ物「親子丼」
・1万円札を折って、1億円札に
・スマホケースは茶色

006_20200405155701
 夕方は「精進落とし」の料理で頂いた「大衆割烹 寿々㐂(すずき)」のお料理で一杯♪
010_20200405155701
 ご飯も付いているね!
008_20200405155701
 各種御料理

 仕出し
 御宴会
志都呂町 寿々㐂
静岡県静岡県浜松市西区志都呂2丁目2−1
TEL 448-1309
https://matome.miil.me/miil/venues/794896

 ここで、今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「炙りラフティ」(沖縄県)の引用♪
とろけるような軟らかさ
 豊富な食材を駆使した、魅力的な味がそろう沖縄県。特に、かつて琉球王国のメイン宮廷料理といわれた、ブタを素材にした数々の料理は、今も郷土の自慢である。
 あばら肉を使うソーキ、耳を使ったミミガー、足を煮込んだテビチなどが知られるが、なかでも皮付きの豚バラ肉を煮つけたラフティは、その旨さで一目置かれる。
 県内では多くの製品が販売されているが、那覇市の総合食品製造業のあさひの「炙りラフティ」は評判。「皮付きバラ肉に炙りを入れて角切り。これを独自に調合した砂糖や醤油、泡盛などでじっくりと煮込み、とろけるような軟らかさに仕上げました」と、製造部の備瀬貴紀さん。
 レトルトタイプで、温めて封を開ければ、まず食をそそるような豊かな香りが鼻をくすぐる。そして飴色の旨味たっぷりの煮汁とともに現れるのが、大ぶりの存在感あふれる角切り肉だ。箸を入れるとくずれるような軟らかさに加え、皮部分のプルプルとした食感が実にいい。
 このほか「炙りソーキ」「炙りてびち」「琉球島豚あぐー角煮」「あぐーソーセージ」「ジーマーミ豆腐」など商品は多彩。沖縄そばやスイーツ類、調味料もある。
●(株)あさひ
那覇市上栄原3の20の5
TEL 0120-110779
炙りラフティ2個入り(350g)1080円、炙りソーキ(300g)1080円(いずれも税込み、送料別途)ほか
※ネットでも注文できる
https://www.shop-asahi.com/

 さらに、「旬の魚介 あれこれ」より、「シロウオ」の引用♪
「白魚」ではなく「素魚」
 シロウオは死ぬとたちまち味が落ちるので、店頭では水と酸素入りのポリ袋などに入れて販売されています。少量でもけっこうなお値段です!
<シロウオ>
・科属 スズキ目ハゼ科シロウオ属
・漢字名 素魚
・英名 ice goby
<シラウオ>
・科属 キュウリウオ目シラウオ科シラウオ属
・漢字名 白魚
・英名 icefish
 赤魚があれば白魚もある。だが、これがまたややこしい。
 「白魚」は、シラウオで、シロウオは「素魚」と書く。両者は似ているようで、全く別種なのだ。さらに、イワシやイカナゴの稚魚は「シラス」と呼ばれるから余計に混乱する。
 いずれも春が旬とされるが、風物詩としてよく紹介されるのはシロウオだ。「素」の字を当てるのは肌が透明だから。内臓が透けて見え、ほんのり赤みを帯びていることで、肌が白っぽいシラウオと見分けられる。
 どちらも、成魚でも10cmに満たない小魚だが、体形やヒレが異なり、顔も違って面白い。シラウオはシシャモやワカサギの近縁だけに口もとが尖っているが、ハゼ科のシロウオは丸顔でどこか愛嬌がある。
 というと少々複雑な気分になるが、シロウオの最も有名な食べ方は踊り食い。ぴちぴち跳ねる生きたままの状態で、三倍酢などにつけて口に流し込む伝統料理だ。味もさることながら、日本ならではの旬の楽しみ方だろう。落ち着いて味わうなら、かき揚げや卵とじに。上品な旨みは、椀だねにもいい。
 春先に産卵のため川を遡上するところを狙うシロウオ漁は、古くから全国で行われてきた。早春の九州から始まり、北上して5月には北東北へ。近年は漁獲量が減っているが、いつまでも続いてほしい春の風物詩だ。

本日のカウント
本日の歩数:3,231歩
(本日のしっかり歩行:0歩)
本日:52.7kg、12.0%
本日の餃子消費量:0個
本日の割り箸使用量:1膳

|

« 「自笑亭 幕の内重」、そして「義左衛門 神の穂 純米吟醸 しぼりたて PREMIUM 瓶囲い 雫下貯蔵」 | トップページ | 「いただきます 春の和食」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「自笑亭 幕の内重」、そして「義左衛門 神の穂 純米吟醸 しぼりたて PREMIUM 瓶囲い 雫下貯蔵」 | トップページ | 「いただきます 春の和食」 »