« 「静岡美味鳥砂肝」、そして「甲南漬」 | トップページ | サバメシ「アルファ化米」 »

2020年3月 9日 (月)

災害時にも ホカホカ料理

 今朝の朝刊の「くらし歳時記」より、引用♪
 ウグイスの音が響き、タンポポの鮮やかな黄色が目に飛び込んできます。
 不安なことが多い時には、いつもと変わらぬ四季の流れや景色に時々、目を向ける時間が心の免疫力を高めます。
 そろそろ冬ごもりしていた小さな生き物も登場する時季ですから、虫たちに悩まされることなく日なたぼっこするのも今のうちです。
 静岡の奥地、標高の高いところでは、山葵が花盛りを迎える頃となりました。山葵の花は、白い四弁の花。花びらが4枚の花を十字架に見立てることもあります。小さな小さな花ですが、さらさらと流れる川のほとりに咲くさまは、清らかな水の音と相まり、こちらの心身もきれいにしてくれるようです。
 家人は全員、山葵が好物で、生山葵をすりおとした山葵丼は欠かせません。今年は山葵汁も楽しんでいます。良質のかつおぶしでだしを取り、そこにすりおろした山葵をお好みの量、溶くだけ。おいしい山葵汁のできあがりです。

 昨日のテレビ、「ごちそうカントリー」は、「静岡市清水区」「静岡県のバラ」。
https://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/archive/?seq=68225
*北川 慎悟
*カルピデューム

 「本気プリ」は、「THE運Lite 飛騨高山」。
https://hicbc.com/tv/magipri/
《原田酒造場》
・元祖 地酒チーズケーキバー 865円(5個入)
・元祖 地酒まんじゅう 725円(6個入り)
《飛騨牛まん本舗》
・飛騨牛チーズ牛まん 430円
《Cafe 青》
・飛騨りんごのクランブル 700円
・雪玉ぜんざい 600円
・ココア豆 300円
《飛騨あっぽ》
・飛騨高山中華そば 700円
・飛騨牛手巻き寿司 650円
・飛騨牛串の焼き 650円
《ラストラン 味の与平》
・飛騨牛御膳 3,058円
・プレミアム飛騨牛御膳 6,600円
・二倍盛飛騨牛すき焼き御膳 3,520円
・飛騨牛ビーフシチュー御膳 2,640円
「本気旅 in グアム」
<チャモ・ビレッジ ナイトマーケット>
☆ロブスター 40ドル
・ココナッツジュース 約550円
・BBQプレート 約1,760円
 串(海鮮・鶏・豚)/牛スペアリブ/とうもろこし/ライス
・ジャストサイズのシャツ 約1,650円
「lite」
「形」〈主に米〉カロリー[アルコール分・脂肪]の少ない、低カロリー[アルコール・脂肪]の◆【語源】lightのスペルを簡単にしたもの◆【用法】主に飲食物の商品名に用いられる。
https://eow.alc.co.jp/search?q=lite&ref=sa

 「相葉マナブ」は、「第7回マナブ自然薯掘り!」。
https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/story-backnumber/200308/
「兵庫県宍粟市(しそう)」
*土井 豊治さん
*三種の神器①:てかぎ(通称:土井がま)
 三種の神器②:とうぐわ
 三種の神器③:ナタかま(根を切る)
・自然薯のホイル焼き

 「JAF」より、メール。
ファスナー合流で渋滞損失時間が約3割減少!名神の一宮JCTで確認
http://mail.jafmate.jp/cc.php?t=M446&c=204669&d=7602
 「FANCL」より、楽天メール。「体重・体脂肪を減らす 内脂サポート」の案内♪
https://item.rakuten.co.jp/fancl-shop/5398/?fancl=16470921&scid=me_ich_pcn_301_20200309_6567896_001
 「iSDG」より、楽天メール。「MCTオイル+フコキサンチン」の案内♪
https://item.rakuten.co.jp/ishokudogen/mct-f/?scid=me_ich_pcn_301_20200309_6567908_001
 「一栁こんにゃく店」より、楽天メール。「こんにゃくベーグル」の案内♪
https://item.rakuten.co.jp/ichiryukonnyaku/honki_02/
 「LeTAO」より、楽天メール。「チーズケーキの食べ比べセット」の案内♪
https://item.rakuten.co.jp/letao/f808/?scid=me_ich_pcn_301_20200308_6588631_001

 「NESCAFE GOLD BLEND」80g321円と、120g624円なら、80g321円の方がお得なんですね!!!

 今日の仕事・・・。
 「棚卸し」って、仕事を終えてからするのだと思っていら、同時進行でするのですね!!!初体験!!!・・・それにしても、台帳が変わるごとにチェックしているんだから、「棚卸し」をする意味が分からない!!!
 今日の昼食は、「鶏肉スパイス焼」「豚ロース生姜焼」「たらの揚げ煮」より、「鶏肉スパイス焼」を選択。
 今週末は、健康診断があるから、塩分を控えたいんだけどなぁ~!!・・・血圧が、高く出ちゃう!!!

 仕事を終え、帰宅。
 今日はちょっと暖かいかな・・・。ホットにしようか、水割りにしようか、迷ったが、「ホット」にしました!「新型コロナウイルス」に負けないように、体の中から温めましょう!!!
 おつまみは、「レタスとタマネギのサラダ」♪
002_20200309180401
 それに、「真ほっけ開き干」♪大根おろしを添えました↑↑↑
静岡演沼津加工
美味逸品
100g当たり 131kcal、食塩相当1.07g
<保存温度変更者>
 株式会社遠鉄ストア
製造者 沼津海産物共同組合
静岡県沼津市口野神浜50-11

 〆は、「ワサビ丼」としましょうか!「本ワサビ」がないから、「チューブワサビ」を使いました!
 それにしても、お寿司の「ワサビ巻き」も美味しいよね↑↑↑

 2020年1月31日の朝刊に「災害時にも ホカホカ料理」という記事が出ていた。
中区でパッククッキング講座
 災害で電気もガスもない、でも温かい料理が食べたい-。そんな時に役立つ調理法「パッククッキング」を学ぶ講座が三十日、浜松市中区の市防災学習センターであった。冷蔵庫の残り物などを材料にお湯とポリ袋で簡単に温かい料理が作れるという。 
台風関心高く
 メニューはソーセージのラタトゥイユ、ご飯、サツマイモのレモン煮の三品。冷蔵庫に残りがちな食材を中心に、タンパク質が取れるようラタトゥイユにゆで豆を使うなど「いざという時に使えるレシピ」。いずれも少し下準備をした具材を、薬局などで売っている高密度ポリエチレン袋に入れ、湯煎するだけだ。
残り物にお湯とポリ袋
 NPO法人はままつ子育てネットワークぴっぴの原田博子理事長が、袋の中の空気をしっかり抜く、鍋にポリ袋がくっつかないようにするといった注意点を伝え、参加者は三品ごとに袋三つをつくった。調味料はできるだけ使わないなど災害時を想定したシンプルな調理法で下ごしらえをして、湯で袋を熱した。
 原田さんは熊本地震の避難所を訪ねた経験も伝えた。被災者に温かい茶が喜ばれたという。二〇一九年秋の台風19号を挙げ「スーパーから一気に食料が無くなった。普段から備蓄をしてほしい」と呼び掛けた。
 できあがると、ラタトゥイユからトマトの良い香りが漂った。ご飯はお茶の香りがほんのり、味は炊いた白米とほぼ遜色ない。参加者は「おいしい」「食べやすい」と驚いていた。
 講座は昨年十月に初めて開催。今回は四十人超の応募があり、抽選で選ばれた十八人が参加した。大石隆示センター長は「台風を経験して、市民の防災意識が高くなった」という。
 中区の会社員内山昌久さん(66)は「被災した時、家族の誰かが知っていたほうが良い」と参加した。「台風19号の時は停電で苦労した。これがあれば温かい食事ができる。家で試してみたい」と話した。
◎災害時に役立つパッククッキングのレシピ例(量はおおむね)
▼袋1=ソーセージのラタトゥイユ
・材料:ゆで豆缶20g、タマネギ35g、キャベツ35g、ソーセージ2本(以上A)、トマトジュース200cc、水50cc、固形ブイヨン1/2個
・レシピ:タマネギはくし切り、キャベツは手でちぎり、ソーセージは斜め切りに。ポリ袋に材料Aと固形ブイヨンを砕いて入れ、トマトジュースと水を加えて全体をなじませ、空気を抜いて袋の口を結ぶ。
▼袋2=ご飯
・レシピ:ポリ袋に無洗米1合、その1.5倍ほどのお茶(水やトマトジュースでも可)を入れて、空気を抜いて口を結ぶ。30分つけ置きしておく。
▼袋3=サツマイモのレモン煮
・材料:サツマイモ100g、レモン汁小さじ1杯
・レシピ:サツマイモを厚さ8mmの輪切りにして、10分水にさらす。レモン汁と一緒にポリ袋に入れて、空気を抜いて口を結ぶ。
▼これらの袋を煮立った湯に入れる
▼30分ほどゆで、10分蒸らして完成
(鈴木凜平)
https://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20200131/CK2020013102000050.html

本日のカウント
本日の歩数:10,038歩
(本日のしっかり歩行:0歩)
本日:52.0kg、12.3%
本日の餃子消費量:0個
本日の割り箸使用量:0膳

|

« 「静岡美味鳥砂肝」、そして「甲南漬」 | トップページ | サバメシ「アルファ化米」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「静岡美味鳥砂肝」、そして「甲南漬」 | トップページ | サバメシ「アルファ化米」 »