« 「はま寿司 コク旨あんきも茶碗蒸し」、そして「大庭英子のおいしい家ごはん」(12-2)「大きな茶碗蒸し」 | トップページ | 「いただきます 冬のおもてなし料理」 »

2019年12月29日 (日)

「ひやおろし 大山」「信金イチオシ地酒 ここに」、そして「みそ漬けこんにゃく」

 昨日のテレビ「ごはんジャパン」は、「愛知県豊田市」「八丁味噌」。
https://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0044/
 味噌煮込みうどん、味噌おでん
*笹岡隆次《恵比寿 笹岡》
*野田清衛
※とろみそ
★味噌漬け鴨と野菜のしゃぶしゃぶ鍋
①鴨ロースの皮に焼きめをつける。
②八丁味噌と白味噌を合わせてのばす。ガーゼを敷いて、鴨ロースをスライスして30分のせ、味噌漬けにする。
③野菜(白菜、ニンジン、エノキ)も味噌漬けにする。
④合わせダシ(昆布だしにしょう油、みりん、砂糖)にくぐらせる。
⑤とろみそダレ(とろみそ、砂糖、酒を煮詰めてショウガを加える)に付けて食べる。
★味噌仕立て・名古屋コーチンの玉子雑炊

 「おとな旅 あるき旅」は、「冬の近江八幡 絶景と美食の旅」。
https://www.tv-osaka.co.jp/ip4/tabi/onair/1290507_6111.html
《ラ コリーナ近江八幡》
☆焼きたてバーククーヘン 648円
☆生どら いちご 324円
*《フードコート》
・ピザトースト 1本 750円
*本社 エントランス
*本社 最上階 展望室
*《カステラショップ》
・カステラたまごのオムライス 880円(数量限定)
<八幡堀>
《あゆの店 きむら》
・鮒寿し 1パック 1,296円
《松の司》
・近江酒造 しらはだ 特醸にごり酒 300ml 500円
・長濱浪漫ビール 長浜エール 330ml 495円
《遠久邑》
・手長えびのから揚げ 50g 324円
・びわ天 1串 432円
 琵琶湖産 天然スゴモロコをすり身にした天ぷら
・缶ビール 324円
<旧伴家住宅>
 江戸時代末期建築 近江商人 伴庄右衛門の旧本家
・左義長
<文化伝承館>
 左義長まつりについての資料や展示、ダシを間近に見る事が出来る。
<日牟礼八幡宮>
(<妙法寺>護船観音菩薩像)
<八幡山ロープウェー>
・往復 880円
《近江牛焼肉 霜月》
・なまビール
・近江牛ヒレステーキ 200g 4,860円
・炙り牛刺し雲丹のせ 1,998円
・赤ワイン
・絢爛 近江牛舟盛り 7,344円
 近江姫牛モモ、近江姫牛ハラミ、カルビ、ロース

 「秦佐和子が行く 今日は古都ジェニック」は、「冬の京都 インスタ映え巡り」。
https://www.kbs-kyoto.co.jp/tv/kotogenic/
<泉涌寺 別院 雲龍院>
 悟りの間:迷いの窓、悟りの窓
 蓮華の間:色紙の景色
 大輪の間
《大極殿本舗 六角店 栖園》
・福かぶり ※冬期限定
<竹中木版 竹笹堂>
《畑かく》
・ぼたん鍋
<伏見稲荷大社>
 千本鳥居
 奥社奉拝所 おもかる石
《伏水酒蔵小路》
・十八蔵のきき酒セット
  北川本家 富翁 純米酒プルミエアムール
  増田徳兵衛商店 祝米 純米大吟醸 にごり酒
  豊澤本店 豊祝 低温熟成 生原酒
《伊藤軒》
・和菓子作り教室 梅の花

 「千原ジュニアのヘベレケ」。再放送だった・・・。
https://www.tokai-tv.com/hebereke_special/
《串かつ 太閤》中村区
・串カツ 1本 100円
・串焼き 1本 110円
・生ビール
・みそどて 1本 110円
・おでん 110円
・焼きなす 350円
・牛ホルモン網焼き 750円
《ダリゲアダルーペ テラスハウス(Daliguadalupe Terrace House)》
・前菜の盛り合わせ
 アンチョビのポテトサラダ 464円
 生ハム&サラミ 1058円 ほか
・タコス 594円
・アンガス牛の肉塊炭火焼グリル 150g 1490円
・生牡蠣 1P 518円
・焼牡蠣 1P 410円
・5種の貝のパエージャ 1382円~
《冨士屋本店》中区栄
☆刺身盛り合わせ 1人前 1944円
☆あゆの塩焼き 1本 756円~
・黒白波 432円
・白白波 432円
・わたりがに 3672円~
・はもの湯引き 842円
・きんきの煮付け 2700円~
・生うに 1404円
・きんきの塩焼き 2700円~
「サンキューヘベレケナビ」
《大陸バル 隆麺》中華とワイン、東区泉
☆海老とパクチーの焼売 3個 648円
☆四川麻婆豆腐 1490円
・よだれ鶏 734円
・ワイン
・香り豊かな黑酢豚 1274円
・四川風激辛牛肉麺 1382円
《日本酒専門店 ゆとり》中区錦
☆サワガニ素揚げ 702円
☆ホタルイカ干し炙り 518円
☆ミンククジラの刺身 1080円
・日本酒飲み比べ放題 1時間 1944円
・刺盛 1人前 1296円~
・京都 白木久 特別純米酒 銀シャリ
・愛知 楽の世 山廃本醸造 無濾過生原酒
・岩手 AKABU Natsu Kasumi 純米 夏霞
・山形 米鶴ピンクのかっぱ 純米酒
・岩手 廣喜 純米酒 磨き七割
・兵庫 播州一献 純米 夏辛
・京都 白木久 MilkyWay 純米無濾過生原酒
・岐阜 御代櫻 純米吟醸・無濾過生原酒

 「JAF お年玉プレゼント」に応募!
https://jafnavi.jp/present/festa/index.php

012_20191229160901
 今朝のモーニングコーヒーに、郵便局でもらった、飴を舐めましょう!
JP ゆうちょ銀行
 UHA 味覚糖
フルーツ香料使用

 「Canonプリンター TS3130」が印刷できないので、「イオン」に行く。新聞折り込みチラシに「1階食品売場 8時~22時、その他の売場9時~21時」を書いてあったので、9時に開くと思い出掛ける。
https://www.aeonretail.jp/
 開いていないので「サービスカウンター」で聞いたら、「専門店街は10時開店」を言われた。紛らわしいチラシだ!
 しょうがないので、少量品売り場で、「納豆」48円、売り出しの「明治ブルガリアヨーグルト」138円を買う。今日は、5%OFFなので、221円支払う。
002_20191229160901
 「新春 生活応援クーポン ほとんど全品 5%OFF」の券をくれた。1/4~1/7までの1日5%OFFになる🎶
 そして、10時の開店まで40分ほど待つ。
 10時、開店と同時に「エディオン」に行く。症状を説明したら、新しいプリンタを交換してくれるとのこと。買ったものが故障していなければ、無駄な時間を無駄なガソリン代を使う必要がなかったジャン!「キャノン」さん、しっかりしてくださいよ!
 店の好意で「カラーインク」を1400円にしてくれたので、「WAON」で買おうとしたが、「WAON」じゃだめで、現金なんだって・・・それじゃあ、ポイントつかないジャン!!!
 しまった!「T-カード」を持っているのに、出し忘れた!!!
https://www.edion.com/
 プリンターの交換に35分ぐらいかかった・・・ムダな時間を過ごした!
010_20191229160901
PIXUS 346 Color 大容量(XL)

型番:BC-346XL
3色カラー
キャノンマーケティングジャパン
東京都港区港南2-16-6

 「KLDI」に寄ったが、コーヒーサービスに人がいなかったので、貰えなかった・・・店内を見ずに、帰宅。
https://www.kaldi.co.jp/

 帰宅して、またまた、プリンターの設定。これまた、ムダな時間だ!!
 ドライバーが複数できちゃたよ!
https://ugp01.c-ij.com/ij/webmanual/WebPortal/PTL/ptl-top.html?lng=jp&lapp=ijstartcanon

 そして、無事、年賀状の印刷。代えてもらったものは、ちゃんと動いていたよ!!!「Canon」さんは、昨日の印刷できないから、ヘッドクリーニングなどいろいろやって手間と、今日、「行くつもりもなかった、「エディオン」」に行き、30分以上時間を過ごした、ムダな労力にどう対応してくれるんだろう?
https://canon.jp/
 梱包の発泡スチロースがかさばるナ・・・でも、「プラゴミ」の年内回収は終わっているんだよな!!!

 丹波の黒豆を収穫。たくさんあって、取り切れなかった・・・けれど、虫が入っているのが多くて、収穫量はいつもより少ない。。。それとも、収穫が、今年は、例年より遅かったので鳥に食べられたとか・・・・?
 取り切れない・・・天気が気になるが、明日、続きをやろう!

 「酒&FOOD かとう」に行く。
 「ひやおろし」と「初しぼり」の違い・・・知らなかったなぁ~!
 「ひやおろし」・・・去年、仕込んで夏を越して出荷。
 「初しぼり」・・・今年、収穫されたお米で醸造、出荷。
 したがって、「ひやおろし」の方が熟成されているので、美味しい!!!
 「ひやおろし 特別純米酒 大山」3,168円、「瑞泉43度」3300円、「うまい棒」半額で6本32円、「天ぷら盛り合わせ」224円のところ170円を伝票にて買い、帰宅。
http://eshoku.com/

004_20191229160901
 夕方は、「ひやおろし 特別純米酒 大山」で一杯♪
生詰
精米歩合:60%
原材料名:米(国産)、米麹(国産米)
アルコール分:1.5度
JAPAN PRESTIGE SAKE ASSOCIATIOM 日本名門酒会
製造者 加藤嘉八郎酒蔵株式会社
山形県鶴岡市大山三丁目1-38
http://katokahachiro.web.fc2.com/

008_20191229160901
 おつまみは、半額で買った「うまい棒」・・・これが、日本酒に合うんです♪
やさいサラダ味
 おいしさアップ
1本当たり 43kcal
販売者 株式会社 やおきん
東京都墨田区横川5-3-2
http://www.yaokin.com
製造者 リスカ株式会社
茨城県常総市鴻野山1313
http://www.riska.co.jp

006_20191229160901
 さらに「天ぷら盛り合わせ」♪
 足下、なす天、国産小麦粉、有精卵、食塩(海の精)
「酒&FOOD かとう」
浜松市西区神ヶ谷町7873-1
TEL 053(485)3536

014_20191229160901
 それに、先日、半額の52円で買った「昔ながらの お揚げ」で、「油揚げ焼き ネギ・ショウガ醤油」!!!
小菱屋
100g当たり 386kcal
製造者 株式会社 小菱屋
愛知県稲沢市奥田大沢町19番地
TEL 0120-102-848

 2019年8月22日の朝刊に、「信金イチオシ地酒 ここに」という記事が載っていたっけ。この「カタログ」、欲しいな!!!
東海4県カタログ作製
 信用金庫の全国組織・信金中央金庫の名古屋支店は、東海四県(静岡、愛知、岐阜、三重)の日本酒計133銘柄を紹介する冊子「日本酒カタログ」を作った。東京、大阪など都市部を中心に全国の百貨店やスーパーの仕入れ担当者に配り、同金庫の海外拠点にも送付。高い品質を持ちながら知名度不足が否めない地酒の販売拡大に一役買う。
 四県の21信金が地元で情報を収集、推薦した計68の酒蔵の酒を掲載。原料米の品種や精米歩合、味わいに加え、酒蔵の歴史、見学の可否に関する情報も入れた。
 B5判150ページで、150部を印刷。信金中金が米国、中国、タイに置く駐在事務所でもPRに活用する。全国の信金関係者が閲覧できるウェブサイトにデジタル版を載せ、取引先の仲介にも務める。地元の卸売業者とも連携し、酒のネット販売も検討している。
「東海地区しんきん日本酒カタログ」
https://www.at-s.com/news/article/economy/shizuoka/673914.html

 ここで、今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「みそ漬けこんにゃく」(群馬県)の引用♪
粘りを感じる歯応え
 おでんの恋しい季節。主役とはいえないものの、欠かせない名脇役がコンニャク。その生産量全国1位を誇るのが群馬県だ。何と国内生産の9割以上を占めるというから驚き。各地に名産地があるが、県南西部、長野県軽井沢町に隣接した下仁田町もそのひとつ。有名な「下仁田ネギ」と肩を並べる名物である。
 多くのメーカーがあり、刺し身コンニャク、味付けコンニャク、コンニャク麺、デザートコンニャクなどさまざまな商品を製造。なかでも、創業60年目を迎えた茂木食品工業は、評判の製品を次々発表することで知られる。
 代表的な商品が「みそ漬けこんにゃく」。「試行錯誤の末に作り上げたもので、特製の田舎味噌に、白い刺し身コンニャクをじっくり漬け込みました。いわばコンニャクの漬物。低カロリーかつ、低糖質食品としても人気です」と、社長の茂木進さん。ユズを加えたコンニャクを使う「ゆず味」もあり、同じく好評。
 たっぷりと染み込んだ味噌の甘さと旨味が鼻をくすぐり、切れのいい刺し身コンニャクとはひと味違った、粘りを感じるしっかりした歯応えも魅力だ。ゆず味は味噌の風味に香ばしさが加わり、こちらもおいしい。
●茂木食品工業(株)
群馬県下仁田町東野牧229の1
TEL 0274(82)2626
FAX 0274(82)4646
みそ漬けこんにゃく&ゆず味(どちらも150g)各税込み540円(送料別途)
https://www.zeitaku.jp/

 「旬の魚介 あれこれ」より、「フグ」の引用♪
福がありますように!
 フグの可食部位は種類によって異なります。トラフグは身と白子(精巣)と皮が食べられますが、マフグは皮はダメ!どのフグも肝臓や卵巣は食べられず、ドクサバフグが全てが有毒です!
・科属:フグ目フグ科トラフグ属ほか
・漢字名:河豚
・英名:pufferfish
 和の美食といえば、必ず名前が上がるフグ。非常に美味で、それなのに毒がある魚として、「フグは食いたし命は惜しし」などといわれてきた。
 日本人とフグとの関わりは古く、縄文時代には既に食べられていたという。豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に中毒死が相次いだことからフグ食禁止令が出されたと伝わるが、その後もたびたび禁止令は出たものらしい。
 正式な解禁は明治21年。初代内閣総理大臣の伊藤博文が下関の「春帆桜」で供されたフグの味に感動したのがきっかけとされ、店は公認のフグ料理店第一号に。今でもフグ食文化の情報発信の中心となっている。
 こうした話題に上るのはフグの中でもトラフグ。体長70cmにもなる大型で、プリプリした白身と、とろりとした白子のおいしさで食通を魅了する。
 食用とされるフグはほかにもある。マフグは味の良さで「フグの女王」の異名も・カナトフグと呼ばれるシロサバフグは干物の形でも広く出回る。釣り人に嫌われるクサフグやゴマフグなども食べられるとか。
 だがやっぱりトラフグが王様だ。福につながる「ふく」と呼ばれ、語呂合わせで29日が「フグの日」とされるのもトラフグをたたえてのこと。今年最後の29日、トラフグを味わって、新たな年の福を祈るのもいいかもしれない。

本日のカウント
本日の歩数:8,049歩
(本日のしっかり歩行:1200歩)
本日:52.4kg、11.6%
本日の餃子消費量:0個
本日の割り箸使用量:0膳

|

« 「はま寿司 コク旨あんきも茶碗蒸し」、そして「大庭英子のおいしい家ごはん」(12-2)「大きな茶碗蒸し」 | トップページ | 「いただきます 冬のおもてなし料理」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「はま寿司 コク旨あんきも茶碗蒸し」、そして「大庭英子のおいしい家ごはん」(12-2)「大きな茶碗蒸し」 | トップページ | 「いただきます 冬のおもてなし料理」 »