« 「ひやおろし 大山」「信金イチオシ地酒 ここに」、そして「みそ漬けこんにゃく」 | トップページ | 忙しい年末の作りおきに »

2019年12月30日 (月)

「いただきます 冬のおもてなし料理」

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 文芸評論家のドナルド・キーンさんが「かつて私にとって、日本で正月を迎えることは少々つらい体験だった」と書いていた。なにがつらかったか。孤独である
▼当時はまだ、正月をともに過ごせる人がいなかったらしい。友人はそれぞれの故郷へ帰っていく。「私には行くべきところがなかったのだ」。食事はどうしていたのだろうと心配になる
▼似た経験がわが身にもある。米国に単身赴任した最初の年の感謝祭。レストランやスーパーは軒並み店を閉めてしまう。まだ友人もいない。孤独とすきっ腹を抱え、町中をうろつき、やっと一軒だけ営業していたカフェを見つけた時のうれしさ。キーンさんと語り合いたかったぐらいである
▼コンビニエンスストアやスーパーなどの小売業、外食チェーンで元日を休業とする動きが広がっているそうだ
▼かつての正月の三が日といえば、休業する店がほとんどだった。休みを返上するようになったのは一九九〇年代ぐらいからかと記憶するが、働き方改革や人手不足を受け、ついには見直さざるを得なくなったらしい
▼独り身の中には不便を憂う方もいるかもしれぬが歓迎すべき動きなのだろう。正月返上で働いていた人が、家族とともに過ごすことができる。故郷へも顔を出しやすくなる。休業となれば町は少々寂しくなるが、懐かしい日本の正月へと戻るだけと考えることにする。
https://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2019123002000087.html

 昨日のテレビ「ごちそうカントリー」は、「浜松市 静岡県の豚肉」。
https://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/archive/?seq=67028
 特選和牛 静岡そだち、とぴあ浜松ポーク
*丸井 治
米麦を入れた飼料:
 豚肉に含まれる脂肪酸のうちオレイン酸の含有量が高くなる。オレイン酸が多いと脂肪が白くなり、甘みを感じる豚肉になる。
・しゃぶしゃぶ
 肩ロース、ロース
「おいしいをつくりましょ。」【とぴあ浜松ポークを使った肉と野菜たっぷりポトフ】
『材料』(4~6人分)
・豚モモブロック肉・・・500g
・白ネギ・・・2本
・ダイコン・・・1/2本
・ニンジン・・・1本
・キャベツ・・・半玉
・タマネギ・・・1個
・コンソメ・・・3個
・水・・・800cc
・塩・・・適量
・コショウ・・・適量 
『作り方』
①大きめに切ったキャベツ、ダイコン、ニンジン、タマネギを鍋に入れて、水を注ぎコンソメを入れて火にかける。
②焼き目がつく程度に豚肉を焼く。
③豚肉に塩コショウをする。
④白ネギも入れて焼き目を付ける。
※POINT!中まで火を通さなくてもOK
⑤焼いた豚肉を、野菜が入った鍋に入れて、豚肉が柔らかくなるまで煮込んだら完成!
※お好みで、黒コショウやレモン、バターを入れてもおいしい。
 「プレゼント」に応募!
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScNs1n5NTqsDefPkLIYbPyk5uQHwd8-vw1XcBnuaGhU-X4iTQ/viewform

 先日の「相葉マナブ」は、「マナブ お店の道具で作ってみよう!」「プロの道具でイチからクリスマスケーキを作る」。
https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/story-backnumber/191222/
《ブーランジェリー パティスリー カルヴァ》鎌倉
*田中 二朗
・カルヴァ特製クリスマスケーキ(5号)
①ジェノワーズ(スポンジの生地作り)
 ホイッパーで卵にグラニュー糖を入れ混ぜる。温めたハチミツを加え混ぜる。湯煎で約50℃まで温める。(卵が固まらないように混ぜ続ける。)
 シノワで裏漉しする。マリーズ(ゴムベラ)で最後まで入れる。
 ドイツ製ミキサー(300万円)で10分攪拌する。(首振り回転)
 小麦粉、牛乳、コーンスターチ、バター、バニラペーストを混ぜる。手をボウルの側面に沿わせて底に着いてから上げる。右手の動きに合わせてボウルを回す。小麦粉、コーンスターチを入れる。温めたバター、牛乳、バニラペーストを加える。
 型に入れ焼く。ケーキ型(5号)約2000円、約7分目まで生地を入れる。オーブン(約500万円)に入れる。
 焼き上がったらすぐに衝撃を与え、空気を抜く。
 型からスポンジを取り出す。生地を寝かせる。
②デコレーション用の生クリーム
 ホイップマシン(約70万円)に、生クリーム、砂糖を入れる。(七分だて)
③デコレーション
 カステラ包丁とカットルーラー
 焼けて固くなった上下の面は切り落とす。切った面を下にしてカットルーラーで同じ厚さに3等分する。
 回転台、パレットナイフ
 回転台にスポンジを置き、イチゴジャムをパレットナイフで塗る。2段目をのせる。生クリームを均一に広げて平らに成形、イチゴをのせる。イチゴの上に生クリームをのせる。
 クリームを塗る作業(ナッペ)、側面にクリームを塗る。
 3段目のスポンジをのせ、イチゴシロップをのせ、生クリームをのせてもう一度ナッペ。
 少し柔らかい生クリームでナッペ。
 クリームをデコレーションし、イチゴを乗せ、オーナメントを付ける。

 「たけしのニッポンのミカタ!」は、「冬のニッポン㊙食材大豊作」。
https://www.tv-tokyo.co.jp/mikata/backnumber/191220.html
*谷田 圭太(天然食材ハンター)
「岐阜県」
 天然なめこ(ハサミで切り、風呂桶に入れる)
 ムキタケ(枯れたコナラの木に生える)山のフカヒレ
 天然ヒラタケ
・なめこを茹でポン酢で食べる
《懐石 円相》小田原
☆八寸 なめこの醤油麹和え
☆二種のきのこのお椀
☆ムキタケのポン酢和え
☆ヒラタケの天ぷら
「関東の川」
 コイ、ナマズ
《照寿司》北九州市
☆カツオのたたき トリュフがけ
※黒トリュフ(イボセイヨウショウロ)
 コナラやクヌギの根の先に生える。軽く掘ると出てくる。
・トリュフの卵かけご飯
①ご飯に、トリュフ卵(卵にトリュフの香りが移る。フレンチなどで用いられる手法)を落とし、トリュフをすりおろす。
②トリュフのお醤油をかける。
・トリュフとろろご飯
①自然薯をすりおろし、出汁を加えて伸ばす。
②ご飯にかけ、トリュフをかける。
・たけしのトリュフめし
①炊きあがったご飯にトリュフをすり入れる。醤油を垂らし、フタを閉めて蒸らす。
②香りが回ったご飯に卵をかけて食べる。
「高山 清見」
*吉川 純《Curnontue(キュルノンチュエ)》
☆燻製生ハム 100g 1,544円(税込)
☆白カビ熟成ソーセージ 100g 1,620円(税込)
◆馬場ちゃんレシピ
・天然なめこの麻婆豆腐
①ニンニクと生姜を豆板醤で炒め、豚挽肉を加える。
②豚肉に火が通ったら、なめこを加えて炒める。
③厚揚げ豆腐を入れる。水溶き片栗粉でとろみを調整、仕上げに刻みネギを加える。
・天然ムキタケの炊き込みごはん
※天然ムキタケご飯にトリュフをすりおろし、蒸らす。
※天然ムキタケご飯に燻製生ハムの細切りをのせ、ゆず果汁を絞る。

 「東海3県★知らんかったでSHOW」。
https://tv-aichi.co.jp/shirankatta/
①県外ナンバー車の行き先を大調査 大行列店&絶景温泉
《豆の匠 中島豆腐》岐阜・中津川市
・御豆腐 908円
<うすずみ温泉 四季彩館>岐阜・本巣市
・1泊2食付き 1人 11,000円~
 ナマズの刺身、アジメドジョウの唐揚げ
《焼肉のみさき屋》三重・鈴鹿市
・ぼつ焼 396円(1人前) ※松阪豚のハラミ
<湯山温泉 彩向陽>三重・菰野町(こもの)
・1泊2足付き 1人 23,000円~
※記念日コンシェルジュ
 バルーン 3,300円~
 花束 4,400円~
 5号ケーキ 3,520円~
 メッセージ付き花束
 シャンプーバイキング
 彩華の膳
②お値打ち!モーニング&おでんを大調査 超分厚い!トースト&大根
「分厚いトースト」一宮
・第3位《エグロン》
☆トマトチーズハンバーグのデミグラスソースオムライス 1,626円
☆国産牛ビーフシチューオムライス 1,538円
 厚さ3.5cm オムレツセット 714円、ハムエッグセット 714円
・第2位《茶坊主》
 厚さ3.7cm あんトースト 400円、ジャムトースト
・第1位《カナデアインコーヒーハウス》
 厚さ4.7cm サービスセット 650円
・ワケあり 厚切ってないトースト《クローチェ》
 厚さ8.9cm サイコロトーストセット 450円
・中にアレを詰め過ぎちゃったトースト《珈琲池田屋》
 厚さ6.9cm キューブトースト パングラタン 770円(コーンスープ、コーヒーゼリー、スクランブルエッグ、ポテトサラダ)
 キューブトースト 焼きカレー 770円、キューブトースト 焼きショコラ 770円
「分厚い大根」栄
・第5位《波へい》
☆フォアグラ大根 1,650円
☆天使のエビ大根 1,100円
 厚さ2.8cm 大根ブラック 660円
・第4位《島正》八丁味噌のおでん
 厚さ3.4cm 大根 330円
・第3位《カモシヤ》しじみ出汁の、味噌おでん
☆福煮 748円(煮崩れした 大根、たまご、もち巾着、れんこん、厚揚げ、牛すじ、白滝、じゃがいも、アボカドなど)
 厚さ5.0cm 大根 308円
・第2位《みんなのおでん》
☆贅沢トマト 550円
☆丸ごと玉ねぎ 220円
 厚さ6.0cm 究極の大根 308円
・第1位《明日のためのしじみばか》
☆ちくわ 220円
 厚さ8.5cm げんこつ大根 385円
③東海3県の田舎で聞いたのどか自慢を大調査
・愛知県豊根村
 (1)オオスズメバチを飲み食い(ハチ組合)
  蜂焼酎
  イモバチ(オオスズメバチ)の煮物
 (2)給食にチョウザメが出る
  《豊根村みどり湖レストラン》
   チョウザメのフライ
 (3)320歳リレー
・岐阜県東白川村
 ツチノコ
 (1)ぐるぐる茶園
 (2)お寺がない
  苗木藩(現在の東白川村を支配)が徹底した廃仏毀釈政策を断行。明治初期以降「寺のない村」となる。
 (3)冷凍庫に大量のアユ
  アユ釣りができる白川がある
・三重県明和町
 (1)スナメリが見られる
  大淀海岸沖 9~10月
 (2)《中華料理 香蘭》
  とり肉チャーハン 700円
 (3)バカ貝がバカどれ(アオヤギ)
  バカ貝の酒蒸し
 (4)コウノトリが来た

 「テレビ千鳥SP」は、「DAIGO'S キッチン クリスマスSP」。
https://twitter.com/tvchidori
【テリヤキ茶碗蒸し】
①卵を割りほぐし、水、白だしを入れる。器に卵液を入れラップをしてレンジで10分チン。
②鶏モモ肉をひと口大に切りフライパンで焼く。塩、コショウ、しょうゆ、みりん、砂糖は思ってる倍、酒を入れる。
④ ①に②をのせる
【タンカツ】
①牛タンに塩、コショウは思ってる3倍ふり、半分はネギ巻きにする。
②衣をつけて油で揚げる。
③粉チーズ、ソース、マヨネーズをべちゃがけして完成。
【美味いもんだけ牛乳スープ】
①牛乳を火にかけ、コンソメを+1多め、塩、コショウは大量、うまみ調味料を入れ、ハマグリ、ホタテ、タラの白子、牡蠣を入れる。
②白子を切るのを忘れた時は鍋の中でおたまでカット。
③水とバターを入れて味をととのえる。
【豚キムうどん】
①フライパンにごま油を熱し、豚バラ肉、塩、コショウ、うま味調味料を入れ炒め、しょうゆ、思うてる倍の砂糖、焼肉のタレ、スライス玉ねぎ、キムチを入れ炒める
②ゆでたうどんを氷水でしめ、器にうどん、大根おろし、①、卵黄をのせ、めんつゆをかける
※マヨネーズをかけてもよい。明太子をのせてもよい。
【フライドチキンとうなぎのタレ飯】
①フライドチキンを買う。
②チキンの身をはがし、炊いた米にぶち込む。混ぜたら、うなぎのタレをぶち込む。
③バターを混ぜてコショウをかけ、食べる時に大葉をのせる

 「家事ヤロウ!」は、「バズり飯No.1を決める バスメシー賞」。
https://www.tv-asahi.co.jp/kajiyarou/backnumber/0087/
「第1回 日本バズメシー賞」
・簡単調理賞【じゃがアリゴ】
①じゃがりこ1パックを耐熱容器に入れる
②さけるチーズ1本を細かく裂いて入れ、塩を少々入れ混ぜる。
③お湯150ccを入れ、ラップで密封し3分待つ。
④ラップをはがし、チーズが全体に広がるまでよく混ぜたら完成! .
・悪魔的レシピ賞【悪魔のチーズおにぎり】
①天かす大さじ3、めんつゆ大さじ2、小ねぎ適量をお茶碗一杯分の温かいご飯と混ぜ合わせる
②チーズ(適量)を混ぜ合わせる
③おむすびを握り、海苔で巻いたら完成!
・ベストマッチ賞【納豆蒙古タンメン】
①市販のの「蒙古タンメン 中本」(カップ麺)をパッケージの説明通りに作る
②納豆1パックを加え、スープと絡むまで混ぜれば完成!
・アニメ作品料理賞【天気の子チャーハン】
①フライパンを中火にし、ごま油小さじ1、生姜小さじ1、刻んだ玉ねぎ1/4玉を入れ軽く炒める
②玉ねぎがしんなりするまで炒めたら、お茶碗一杯分のご飯、しょう油小さじ2、鶏ガラスープの素小さじ1/2、豆苗1/4、カラムーチョ15gを入れる
③全体が馴染んだら皿に盛り付け、豆苗を飾り、真ん中に卵用のくぼみをつくる
④くぼみに卵黄を乗せたら完成!
 追いポテトチップスで楽しむのもOK。
※映画ではのり塩味のポテトチップスを使用。ネットで「美味しい!」と話題になったカラムーチョでアレンジ
・新混ぜご飯賞【アスパラ混ぜご飯】
①アスパラガス4本を縦半分に切り、半回転させ端から細かく刻む
②耐熱容器に、刻んだアスパラ、バター10g、めんつゆ大さじ2を加えレンジ(600w)で2分加熱する
③茶碗一杯分のごはんと混ぜ合わせれば完成!
「超簡単 新ちくわ料理」
【ちくわと青菜のふりかけ】
①ちくわ2本を縦に細長く切り、みじん切りにする。
②カブの茎(1株分)も同じサイズに細かく刻む。
③マヨネーズ適量をフライパンで熱し、ちくわとカブの茎を炒めます。
④火が通ったらしょう油を適量焦がしながら混ぜます。
⑤海苔1枚をくしゃくしゃにして入れ、白ゴマをお好みで混ぜたら完成!
※ゴマ油やサラダ油でもいいですが、マヨネーズで炒めるとコクが出ます!
 白いご飯にたっぷりかけて食べると美味!
・ロイ特製ちゃんぽん「ちくわの団子ちゃんぽん】
①ちくわ4本をみじん切りにして、溶き卵1個、鶏ひき肉100gと混ぜる。
②鍋で水300mlを沸騰させ、ちくわ団子を茹でる。
③ちくわ団子が固まってきたら、トマトジュース200ml、牛乳100ml  鶏がらスープ大さじ1、にんにくチューブ小さじ1を加え煮込む。
④沸騰してきたら、ざく切りにしたキャベツ1/4短冊切りにしたにんじん1/2、もやし1/2袋と麺1玉を鍋の中に入れます。
⑤野菜がしんなりしてきたら丼に盛って完成!
【ちくわと長芋の明太チーズ炒め】
①ちくわ2本、皮をむいていない長芋1/4本を千切りにする。
②フライパンにオリーブオイルを入れ、切ったちくわを炒める。
③明太子2本にお酒を少し加えてほぐす。
④ちくわに焼き目がついたら、長芋、明太子を入れさらに炒める。
⑤粉チーズとブラックペッパーをかけたら完成!
※ちくわは魚介のうま味と塩味があるため調味料は不要!
 長芋は皮をむかないほうが風味と食感がよくなります。
https://www.instagram.com/kajiyarou/

 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。
 水郷のとりやさんの想い・・・
◆╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻◆
 ┃ 水郷のとりやさんがどんなお店なのか、
 ┃ 私たちの想いをショートムービーにしてみました。
 ┃ 5分程度ですのでお時間のある方は是非ご覧ください。
 ┃ ※音が出ますので、ボリュームにご注意ください。
https://m3.rakuten.co.jp/gold/suigodori/movie001.htm%253fscid%3drm_197493/-/4/48dx/codku/1/76mi0/
 「北国からの贈り物(北海道グルメ)」より、楽天メール。「★ 一条もんこ先生監修 ★具材ゴロゴロカレー♪」↑
https://item.rakuten.co.jp/snowland/107751/?scid=rm_190841

004_20191230155901
 今朝は、お茶を飲みましょう!
浜松のお茶
 春野茶 HARUNO-CHA
内容量 2g
 この袋2本分(2g)7を700mlの水かお湯に溶かしてお飲みください。濃さはお好みで御加減ください。
販売者 株式会社テクノパック
浜松市天竜区春野町気田814番地の2

 掃除で出てきた「健全育成会」のウインドブレーカーを洗濯。
enjoy wearing Jichodo
 ペットボトルからうまれたリサイクルウエアです。
ECHORCLUB エコールクラブ
JNS-46
http://www.jichodo.co.jp

 昨日、年賀状を印刷したので、今日は宛名を書きましょう!
 郵便局に出しに行く。

 あいにくの雨だね・・・今日は、外出の予定があったのだが、明日にしましょう!

002_20191230155901
 今日の昼食は、「ボンカレー ゴールド 中辛」。
国産 じゃがいも たまねぎ にんじん 使用
 じっくり炒めたたまねぎのコクと旨味
保存料・合成着色料不使用
158kcal 180g/1人前
 あめ色になるまで炒めたたまねぎの深い味わいをベースにビーフのコクと旨みが溶けこんだカレー
大塚食品株式会社
大阪市中央区大手通3-2-27
製造所
徳島市川内町加賀須野463-55
大塚食品(株)お客様相談室
徳島市川内町平石若松108-4
TEL 088-665-7131
http://www.bocurry.jp/

 黒豆の収穫の続き・・・雨に濡れないようにガレージに入れておいたんだけど、雨のために湿気っちゃってむきにくいね。。。明日、やろう。

 「酒&FOD かとう」に借金を払いに行く。26,104円なり。12月は、ちょっと飲み過ぎたな・・・。
http://eshoku.com/

 夕方は、「イタリアンスパゲティ」で一杯♪

 2019年12月22日の「いただきます 冬のおもてなし料理」は、【カボチャのニョッキ】(183kcal)。
『主な材料』(4人分)
・カボチャ・・・250g
・卵黄・・・1個分
・小麦粉・・・60g
・パン粉・・・200ml(40g)
・バター・・・10g
『作り方』
①カボチャは皮を除き、2cm角に切る。ひたひたの水を沸かして約10分ゆでる。ふたをとり水分を飛ばし、つぶす
②ボウルに移し、粗熱がとれたら塩小さじ1/3、卵黄、小麦粉、パン粉を順に加え混ぜる。耳たぶくらいの軟らかさにこねる
③直径1.5cmの棒状にして、長さ2cmに切る。だ円に丸め、フォークで筋をつける
④鍋に2Lの湯を沸かし、塩・オリーブ油各小さじ1を加え、③をゆでる。浮いてきたら30秒ほどゆで取り出す。熱いうちにバター、塩・こしょう少々で調味する。

 2019年12月23日の「いただきます 冬のおもてなし料理」は、【コーンポテトグラタン】(300kcal)。
『主な材料』(4人分)
・ジャガイモ・・・400g
・ソーセージ・・・8本
・コーンクリーム缶・・・小1缶(190g)
・牛乳・・・100ml
・ピザ用チーズ・・・80g
・パセリ・・・1/2枝
『作り方』
①イモは皮付きのまま半分に切り、ラップをして500Wの電子レンジで約7分加熱する。
②コーン、牛乳、塩小さじ1/3を合わせる。
③ソーセージは斜め半分、パセリはみじん切りにする。
④イモは熱いうちに皮をむき、ボウルに入れざっとつぶす。(2)を混ぜる。
⑤耐熱皿に(4)とソーセージを入れ、チーズをのせる。ラップなしで電子レンジで1分加熱する。オーブントースターで焼き色がつくまで約4分焼く。パセリを散らす。

 2019年12月24日の「いただきます 冬のおもてなし料理」は、【フライパンローストチキン】(425kcal)。
『主な材料』(4人分)
・鶏もも肉(骨つき)・・・4本(約800g)
・おろしニンニク・・・1片分(10g)
・タマネギ(薄切り)・・・1個
・白ワイン・・・80ml
・リンゴ・・・1個
・バター・・・10g
・はちみつ・・・大さじ2
『作り方』
①鶏肉は骨に沿って切り込みを入れ、塩小さじ1/2、ニンニク、オリーブ油大さじ1をもみこむ。
②フライパンに肉を入れ、中火で両面を約5分ずつ焼く。タマネギ、水・ワイン各50mlを加え、ふたをして弱火で15分蒸し焼きにする。ふたを取り、汁気を飛ばし皿に盛る。
③リンゴは16切れのくし形に切る。
④フライパンにバターを溶かし、中火で(3)を焼く。ワイン30ml、はちみつを加えて5分煮る。肉にのせる。

 2019年12月25日の「いただきます 冬のおもてなし料理」は、【フォンダンショコラ】(260kcal)。
『主な材料』(70mlの容器6個分)
・チョコレート・・・140g
・バター・・・40g
・卵・・・2個
・コアントロー・・・大さじ1(子ども向けはなしでも可)
・マーマレード・・・大さじ1と1/2
『作り方』
①砂糖40g、薄力粉大さじ2はそれぞれふるう。
②チョコレートは粗く刻み、ボウルに入れる。バターを加え、60℃ぐらいの湯せんにかけて溶かす。
③別のボウルに卵を溶きほぐし、砂糖を加えてよく混ぜる。
④(2)に(3)、薄力粉、コアントローの順に加えて混ぜる。
⑤耐熱容器に(4)を大さじ1/2ずつ入れ、マーマレードを等分に入れる。残りの生地を等分に流し入れる。180℃のオーブンで10分焼く。温かいうちに食べる。

 2019年12月26日の「いただきます 冬のおもてなし料理」は、【パンとトマトのオーブン焼き】(227kcal)。
『主な材料』(4人分)
・トマト・・・2個
・バゲット・・・1/2本(100g)
・カマンベールチーズ・・・1個(100g)
・ミックスハーブ(ドライ)・・・小さじ1/2
・バジル・・・2枝
『作り方』
①トマトとバゲットは1cm厚さに切る。チーズはひと口大に手でちぎる。
②耐熱容器にトマトとバゲットを交互に並べ、チーズを散らす。塩小さじ1/2、こしょう少々、ミックスハーブ、オリーブ油大さじ2を順に上からかける。
③230℃に予熱したオーブンで10~12分、バゲットに焼き色がつくまで焼く。バジルの葉をつんで散らす。ミックスハーブはスパイス売り場でお好みのものを選んで。

 2019年12月27日の「いただきます 冬のおもてなし料理」は、【豆のトマト煮】(214kcal)。
『主な材料』(4人分)
・ミックスビーンズ(水煮)・・・200g
・パプリカ(黄)・・・1個
・セロリ・・・1/2本
・トマト・・・1個
・タマネギ・・・1/2個
・ニンニク・・・1片(10g)
・ベーコン・・・2枚
『作り方』
①タマネギ、ニンニクは薄切り、パプリカは2cm角に切る。セロリは筋を取って斜め薄切り、トマトはざく切りにする。
②ベーコンは7~8mm幅に切る。
③鍋にオリーブ油大さじ2とニンニクを入れて中火で温める。色づいたら残りの野菜と(2)を加えて約2分炒める。
④ミックスビーンズ、顆粒スープのもと小さじ1、塩小さじ1/4、水50mlを加える。煮立ったら弱火にして、時々混ぜながら約15分煮る。
(ベターホームのお料理教室)

本日のカウント
本日の歩数:7,770歩
(本日のしっかり歩行:3,627歩)
本日:52.7kg、10.1%
本日の餃子消費量:0個
本日の割り箸使用量:0膳

|

« 「ひやおろし 大山」「信金イチオシ地酒 ここに」、そして「みそ漬けこんにゃく」 | トップページ | 忙しい年末の作りおきに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ひやおろし 大山」「信金イチオシ地酒 ここに」、そして「みそ漬けこんにゃく」 | トップページ | 忙しい年末の作りおきに »