« みんなで食べたい 秋おかず | トップページ | 秋満喫おかず »

2019年10月 9日 (水)

「ツナとアボカドのわさび醤油和え」、そして「ダイコン&ツナ缶サラダ」「彩り野菜のビタミンサラダ」「水菜のシーザーサラダ」「ゴーヤと芽ひじきのサラダ」「中華風キュウリの前菜」

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「都電荒川線で聞き込み発見さんぽ」「豊島区 高田」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/73317/1303414/
♪ ルージュの伝言 荒井由実(1975年)
<のぞき坂>
*学習院下の良いところ①:都内トップクラスの激坂
<学習院>
♪ 表通りは欅通り 中村雅俊(1981年)
<鬼子母神大門ケヤキ並木>
*鬼子母神の良いところ②:樹齢600年以上のケヤキ並木
<雑司が谷 案内処>
*鬼子母神の良いところ③:江戸時代から続くすすきみみずく
*鬼子母神の良いところ④:雑司ヶ谷鬼子母神堂 御会式大祭 10月16~18日
*《上川口屋》駄菓子屋
・きな粉飴 1本 11円
*鬼子母神の良いところ⑤:童心に帰れる駄菓子屋さん
<CHIP's>人形
 コマ送りアニメーション
*鬼子母神の良いところ⑥:おとぎの国のようなギャラリー
《ひなの郷》鯛焼
・子宝 200円
*鬼子母神の良いところ⑦:笑いの絶えないたい焼き屋さん

 「昼めし旅」は、「長良川鉄道終着 北濃駅」。9/5の放送分。
https://kakaku.com/tv/channel=12/programID=46079/episodeID=1294397/
<前坂キャンプ場>
☆オートサイト 46区画 1泊3600円、電源付き 10区画 1泊4100円
*<木村さん、中西さん>
・炭火焼きバウムクーヘン
<道の駅 恐竜街道>
<JR越美北線 九頭竜湖線>
<加藤さん>
*アジメドジョウ
<山本さん>
・アジメドジョウの唐揚げ
①アジメドジョウに塩を振って洗い、ぬめりをとる。
②片栗粉を付け、油で3分揚げる。
・塩ゆで穴馬スイートコーン
①穴馬スイートコーンを10分湯がく
・ポテトサラダ
 キタアカリ、乾燥ワカメ、塩もみキュウリ、パプリカ、マカロニ、ニンニク、マヨネーズ
・キュウリの甘酢煮
 酢、砂糖、みりん、ショウガ、唐辛子で味付し、塩昆布を加える。
・ゴーヤの佃煮
 干しエビと少量の塩昆布
・日本酒 華燭

 汗疹に「ハンドクリーム」を塗っていたが、良くならない・・・。初めから「ムヒ」を塗ればよかったね!!
 症状が改善されないんじゃあ、皮膚科に行くしかないでしょう!

 今日の仕事・・・。「身だしなみ、ヨシ!」。

 仕事を終え、帰宅して。「ツナとアボカドのわさび醤油和え」で一杯♪久しぶりだね。アボガドが安くならなかったんだよね。
http://fmv2006.cocolog-tnc.com/fmv/2018/01/post-4f9a.html
002_20191009180901
 「アボカド」は、「Dole メキシコ産」。

004_20191009180901

 先日買った「キャベツ」に、「タマネギ」「ミニトマト」を添えました♪

006_20191009180901

 さらに、先日絵3割で買った、「カルシウムたっぷり にぼし」♪
いりこ
「美味しさアップ!カルシウムたっぷり!
 成長中のお子様や妊産婦の頼もしい味方です。
 にぼしは、非常に優れたタンパク質や、ミネラル分を多く含んだ食品の優等生で、その上、カルシウムの多さはトップクラスです。
 また、美味しさの素をたっぷりと蓄えていますので、豊かで、力強い旨味が味わえます。
内容量 170g
加工者 ヤマコ食品
責任者 高林 洋一
浜松市浜北区内野3035
TEL (053)584-1251

 ここで、サラダレシピの紹介♪
 2017年7月16日の朝刊より、【ダイコン&ツナ缶サラダ】
短冊切りで歯ごたえも
『材料』(2~3人分)
・ダイコン・・・約20cm(約150g)
・ツナ缶・・・小1缶
・マヨネーズ・・・大さじ1
・塩・・・少々
・青ジソ・・・適宜
①ダイコンをせん切りにして塩をふり、軽くもみ、少しおく
②ダイコンがしんなりしたら、水で洗い、軽く絞る
③②のダイコンとツナ缶、マヨネーズ、塩を混ぜる
④③を器に盛って、青ジソの千切りをトッピングして出来上がり!
中安シェフのひとこと
 おじいちゃんが育てたダイコンで、おばあちゃんに教えてもらったサラダを作りました。簡単でとてもおいしいです。ダイコンを千切りにしましたが、短冊切りぐらいに大きめにすると歯ごたえが楽しめます。
お料理の先生アドバイス
 簡単でとてもおいしい、ダイコンサラダになりました。青ジソのトッピングが口の中でさわやかに広がり、よりおいしくなりました。普段のおかずにはツナ缶がお薦めですが、カニ缶や、ホタテ缶を使用すると、ごちそうサラダになり、特別の日にはこちらもお薦めです。試してみてください。

 『HOT PEPPER』2017年8月号の「ヘルシーお夜食」より、【紫外線に負けない 彩り野菜のビタミンサラダ】(196kcal)。
がんばる女子のミカタ
 仕事や学校など、がんばる女子は家に帰るのも遅くなりがち。「太りたくない・・・でもお腹は満たしたい!」そんな願いを叶えます!
 美容にも嬉しい、簡単お夜食で満たされて。
*田村つぼみ さん
 書籍や女性誌を中心に、美味しく身体にやさしい料理を提案。メニュー開発や料理教室など、多方面で活躍中。
『材料』(1人分)
・レタス類・・・100g
・人参・・・1/3本
・ブロッコリー・・・1/2個
・鶏ささみ・・・1本
・アーモンド・・・5粒
・大豆水煮・・・20g
・クラッカー・・・3枚
『作り方』
①人参(皮は剥かなくてOK)とブロッコリーは一口大にカットする。
②フライパンに、人参と浸るくらいの水を加えたら火にかけて一煮立ち、約2分ほど経ったらブロッコリーを加える。柔かくなったら取り出し、冷水で冷やす。
③フライパンに残ったお湯に鶏ささみを入れて1分茹でる。火を止めたら蓋をして約2~3分保温して火を通す。
④鶏ささみを保温している間にレタス類をちぎって器に盛り、ブロッコリー、人参、アーモンド、大豆水煮、砕いたクラッカーを入れる。
⑤鶏ささみに火が通ったら、手でほぐして盛り合わせる。お好みのドレッシングをかけて完成♪
※紫外線が気になる夏は、シミやそばかすが心配。緑黄色野菜やアーモンド、大豆には抗酸化作用があるので、美肌を守る役割が期待できます。サラダプレートは、ぜひ食べる習慣をつけてみて。

 2017年8月27日の「ジュニア」より、【水菜のシーザーサラダ】
『材料』(2人分)
・水菜・・・100g
・ベーコン・・・30g
・ミニトマト・・・5個
・シーザーサラダドレッシング・・・適量
・粉チーズ・・・適宜
①水菜を洗って5cmくらいの長さに切る
②ミニトマトを半分に切る
③ベーコンを細く切り、フライパンでカリカリに炒める
④水菜とミニトマトを混ぜてお皿に盛り付ける
⑤④の上に③をのせる
⑥シーザーサラダドレッシングをかけ、好みで粉チーズをふって出来上がり
「青山シェフのひとこと」
 家の畑で水菜がたくさん採れたときに作りました。採れたての水菜はとても柔かくてみずみずしくてサラダにして食べるのがピッタリです。とてもおいしくて家族みんなが大好きです。この料理はおかずがもう一品ほしいとき、簡単に作ることができます。
「お料理の先生アドバイス」
 水菜はこのごろはスーパーなどでもサラダ用水菜として販売されているし、サラダミックスなどの袋の中にもいろいろなサラダ野菜とともに入っています。家の畑で採れたてとは、さぞかしみずみずしく、断然おいしいことでしょう。キュウリやミニトマトなどは鉢植えでもできるので、栽培するんも良い経験になります。

【2】やすらぎのレシピ【ゴーヤと芽ひじきのサラダ】
 本館キッチンスタッフの小長谷です。まだまだ、暑い日が続いてますね。
 夏バテ予防に、ビタミンCや食物繊維がたっぷりのゴーヤを使ったサラダをご紹介します。
『材料』
・ゴーヤ1本
・芽ひじき 大さじ1
・紫玉ねぎ 半分
・豆腐マヨネーズ
・梅肉 小さじ2
・梅酢 少々
・塩  少々
『作り方』
①ゴーヤは2~3mmの厚さに切って、茹でておく。
②芽ひじきは水で戻す。
③紫玉ねぎは繊維に逆らって、スライサーでスライスする。水でさらさない。
④上記の材料に豆腐マヨネーズ、梅肉を入れ混ぜる。
⑤味を見ながら、梅酢と塩を少々加える。
<豆腐マヨネーズの作り方>
・木綿豆腐 175g
・菜種油  大さじ2
・米酢   大さじ2
・みりん  大さじ1
・塩    小さじ1/2
・こしょう 少々
①豆腐を茹でて、ざるに上げて30分水切りする。
②豆腐と調味料をミキサーにかける。
※ゴーヤの苦みが苦手な人もマヨネーズと合わせると食べやすくなります。豆腐マヨネーズの代わりに普通のマヨネーズでも美味しく出来ます。ゴーヤでビタミン補給して、暑さに負けず、お過ごしください。
■ やすらぎの里の食事
http://www.y-sato.com/diary/yasuragifoods

 2017年9月3日の「ジュニア」より、【中華風キュウリの前菜】の引用。
『材料』(3~4人分)
・キュウリ・・・4本
・塩・・・小さじ1
・ニンニク・・・1片
・A
 ごま油・・・小さじ1
 砂糖・・・小さじ1
 酢・・・少々(なしでも)
①キュウリは洗って皮むき器で、皮をむく。長さを2等分し、たて半分に切ってから斜め薄切りにする
②ニンニクをたたきつぶして、さらにみじん切りにする
③①を皿に広げて、塩をふって10分そのままにしておく
④③が10分経過したら、キュウリから出てきた水を捨てて、②を加える(好みで入れなくてもよい)
⑤最後に、Aの調味料を加えて、よく混ぜ合わせ、冷蔵庫で20分冷やして出来上がり!
「劉シェフのひとこと」
 お母さんの仕事の帰りが遅く、いつも急いでご飯を作ってくれます。少しでもお手伝いができたらいいなと思って、小さいころに毎日一緒に食べていたおじいさんの作り方を思い出して、料理を作り始めました。今は7品作ることができます。僕が作った料理はおいしくて、家族もよろこんで食べてくれます。
「お料理の先生のアドバイス」
 材料はシンプルで、すごくおいしいキュウリの料理でした。大人にはビールのおつまみとしても合いますし、子どもにはキュウリの青臭さがなくなり食べやすいです。ニンニクはなくてもOKですが、加えた方が断然おいしいです。

本日のカウント
本日の歩数:11,953歩
(本日のしっかり歩行:0歩)
本日:52.8kg、5.0%
本日の割り箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個


 

|

« みんなで食べたい 秋おかず | トップページ | 秋満喫おかず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みんなで食べたい 秋おかず | トップページ | 秋満喫おかず »