« 「ピーナッツみそ」「丹波の黒豆 枝豆」「さめても美味しい! 徳用ウインナー」、そして「ピーみそ」 | トップページ | 「義左衛門 ひやおろし」、そして「日本酒 海外人気の先駆け 島田の大村屋酒造場」 »

2019年10月14日 (月)

<日本列島 涼を求めて> (4)函館朝イカ(北海道)移動販売で市民の口へ

 今日は、「体育の日」。
【鶏むね肉のカラフルピーマン巻き】257kcal)
秋の運動会や行楽におすすめ
『材料』(2人分)
・鶏むね肉・・・2枚
・ピーマン・・・3個
・赤ピーマン・・・2個
・A
 白ワイン(または酒)・・・大さじ1
 塩・・・小さじ1/4
 こしょう・・・少々
・サラダ油・・・大さじ1/2
・B
 マヨネーズ・・・大さじ2
 粒マスタード・・・大さじ1
『作り方』
①鶏肉は表面積が大きくなるようにそぎ切りにし、軽くたたいてのばし、Aをもみ込む。ピーマン、赤ピーマンは細切りにする。
②鶏肉を1切れずつ広げ、ピーマンと赤ピーマンを等分にのせて巻く。
③フライパンに油を中火で熱し、2の巻き終わりを下にして並べ入れ、弱めの中火で2分ほど焼く。転がしながら、6分ほどかけて全体を焼く。火を止め、Bを混ぜ合わせて加え、からめる。
http://cgc-kitchen365.jp/search/detail/5d76373a3ae0087a7d9f3e7b

 今朝の朝刊の「くらし歳時記」より、引用。
 来週は秋の土用の入りとなります。この土用が明ければ、もう立冬がやってくるということ。久しぶりの再会となる「冬」という文字を目の前に、少しだけ背筋を伸ばしています。
 この時季、町を歩けば、すてきな色みを見せてくれるのが蔦です。来月やってくる七十二侯の「楓蔦黄ばむ」を前に、もう早々と色づいているのです。
 うっすらと色が変わり始めているもの、青みが残るもの、赤く染まりつつあるものなどなど。色の違いから時の流れを感じて、味わう時間でもあります。
 近所にある壁を毎年彩る蔦の隣に目を移すと、柿の木の色づきも見事です。
 日本には、来年もよく実りますようにと祈りをこめて、一つ二つ果実を取り残しておく「木守り」という風習があります。毎日色づき具合を確かめながら、木守りにはこの実がいいな、などと自分の木でもないのに勝手なことを夢想しています。すっかり色づいてしまう前の時季も結構楽しいのです。

 昨日のテレビ「ごちそうカントリ」は、「掛川市」「牛乳」。
https://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/archive/?seq=65659
<柴田牧場>
*柴田 佳寛
「おいしいをつくりましょ、」
《しばちゃんランチマーケット》
【柴田牧場の牛乳を使った“牛乳プリン”】
『材料』(10~11個分)
・柴田牧場のジャージー牛乳・・・900ml
・グラニュー糖・・・78g
・板ゼラチン・・・9g
『作り方』
①板ゼラチンを冷水に付けてふやかす 時間は5分ぐらい
②鍋にグラニュー糖と牛乳150mlを入れて火にかけ溶かす
③沸騰寸前で火を止める
④ふやかしたゼラチンの水気を絞り温めた牛乳に加え溶かす
⑤残りの牛乳に茶こしなどでこしながら合わせる
⑥器に流しいれる
⑦冷蔵庫で半日冷やし固めれば完成

 「本気プリ」は、「本気スマホ写真ハンター in 岡崎」。
https://hicbc.com/tv/magipri/
《なごみ屋》
・大海老フライ定食 1,580円
《チーズとお肉の研究所 岡崎チーズラボ》
・肉盛り3種(ハラミ・豚肩ロース・ランプ) 2,948円
《茶房あんどう》
・抹茶パルフェ 750円
《コネッサ》
《AGAPE cafe》
・ほうじ茶のガトーショコラ 600円
《元祖三河味噌ラーメン おかざき商店》
☆ごちそう味噌ラーメン 1,200円
「本気旅 in グアム」
<スカイダイブグアム>
・スカイダイビング 約3万2000円~(保険料込)

 「甲羅組」より、楽天メール。「大粒広島かき」の案内♪
https://item.rakuten.co.jp/kouragumi/200002/?scid=me_ich_pcn_301_20191014_6516300_001
 「板前魂」より、楽天メール。「おせち」の案内♪
https://item.rakuten.co.jp/2-itamae/sandan_sp/?scid=me_ich_pcn_301_20191014_6516304_001
 「楽天ブックス」より、メール。「BIG」の案内!・・・楽天って、TOTOと関係があるの???
https://books.rakuten.co.jp/event/toto/?scid=mi_bks_special_all_non_bkml_20191014_bnr03
 「楽天ブックス」って、「婚活」もやっているの?
https://onet.co.jp/lp/

 世間は、「体育の日」で祝日なのに、今日は仕事・・・。
 「身だしなみ」ヨシ!
 今日の昼食は、「鶏肉ちり酢かけ」「豚肉胡麻味噌焼」「銀ヒラス生姜揚げ」より、「豚肉胡麻味噌焼」をchoice!基本的に一番カロリーが低いのをセレクトしているんです!
 食後、体中が痒くなってきた・・・・。これって、アレルギー症状でしょう???きっかけは多分、9/27の昼食・・・その日の午後から腰がかゆくなったからね・・・メニューは何だったんだろう???多分、魚・・・「」かな・・・???家で作った「鯖の味噌煮」や「鯖の醤油煮」では、アレルギーは、発症しなかったんですけどね・・・。
 食事をとると、体が痒くなる・・・血糖値が上がるとかゆみが出るってことなのかな???だいぶ前に、「庄内」に勤めた時と同じ症状かな!?・・・そうすると、摂取カロリーを落とした方がいいんだろうな・・・。

 仕事を終え、帰宅して、「北海道産 するめいか」を茹でて、「ショウガ醤油」で頂きましょう!
002_20191014174601

 それに、「レタス、タマネギ、ミニトマトのサラダ」♪
ふるさと うまかっぺ レタス
岩井中央農事園芸連
茨城県産
http://www.iwai-seika.co.jp
004_20191014174601

 「和風ドレッシング」をかけましょう!
TOPVALU
 しょうゆのコクとだしのうまみ
190ml
販売者 イオン株式会社
千葉県千葉市美浜区中瀬1-5-1
TEL 0120-28-4196

 「生姜醤油」がもったいないので、それを使って、「猫マンマ」にしましょう!

 ここで、2016年8月6日の朝刊、「<日本列島 涼を求めて> (4)函館朝イカ(北海道)移動販売で市民の口へ」の引用♪
 「イカイカイカー」
 七月下旬、午前六時。函館山の麓にスピーカーの声が響く。岡本一信さん(48)の移動販売車が、海を見おろす坂道をゆっくりと下っていくと、待ちかねた住民が次々に集まってきた。
 車に積んだ発泡スチロールの箱には、ぴかぴか光って元気よく脚を振り回すスルメイカがぎっしり。値段は日ごとに変わるが、一匹二百~三百円。
 イカを大事そうに抱えた女性(72)は「朝イカは夏の一番の楽しみ。大根おろしとショウガじょうゆで、ご飯にのせて食べるのが最高よ」。パジャマ姿の男性(80)は「ここのイカはスーパーより新鮮で大きい。市場まで行かずに買えるなんて、ぜいたくだよね」。
 朝一番で仕入れた六キロのイカは三十分ほどで売り切れた。「これからまた市場で仕入れてくるよ」と岡本さん。二〇一三年から移動販売を始め、顧客は高齢者や自営業者ら遠出の難しい人たちが多いという。
 函館のイカ売りの歴史は江戸時代末期からとされる。てんびん棒と竹かごで売り歩いた時代からリヤカー、自転車、バイクと移動手段は変遷。昭和三十年代にはスーパーが増え、市民の生活様式が変わるにつれて減っていった。現在、移動販売車は函館市と近郊で十台前後しか見られない。
 さらに、約三十年前から軽トラックで移動販売を続ける「川村鮮魚店」社長の川村義美(よしみ)さん(73)は「毎年、イカの値段が高くなり、市民の口に入りにくくなっている」と話す。後継者不足などで最盛期に五十隻以上あった函館漁港のイカ釣り漁船は二十隻に。また北海道いか釣漁業協会(札幌市)によると、近年は漁場が函館近海から太平洋側に移動する傾向がみられ、一五年度の生スルメイカの水揚げ量は約二千三百トンと十年前の37%に減った。でも岡本さんたちは「お客さんがいる限り移動販売を続けたい」と口をそろえる。
 取材後、観光客でにぎわうJR函館駅近くの函館朝市でイカ刺しを食べた。パリッとした食感。さわやかなショウガの香り。函館の夏が、口の中に広がった。
 (北海道新聞・田辺恵)
◆食べるなら肉厚の今
 六月に漁が解禁されるスルメイカはマイカ、夏イカとも呼ばれる。日本海沿岸などを回遊し、函館近海に到着するころが最も肉厚で、うま味成分のアミノ酸も多いとされる。函館朝市の食堂や市内の居酒屋では、いけすを備えた店も多く、漁期の六~十二月は新鮮な刺し身などを味わえる。

 お風呂に入り、患部をしっかり洗って、薬を塗って、就寝しましょう!

本日のカウント
本日の歩数:10,184歩
(本日のしっかり歩行:0歩)
本日:50.7kg、9.0%
本日の割り箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個

|

« 「ピーナッツみそ」「丹波の黒豆 枝豆」「さめても美味しい! 徳用ウインナー」、そして「ピーみそ」 | トップページ | 「義左衛門 ひやおろし」、そして「日本酒 海外人気の先駆け 島田の大村屋酒造場」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ピーナッツみそ」「丹波の黒豆 枝豆」「さめても美味しい! 徳用ウインナー」、そして「ピーみそ」 | トップページ | 「義左衛門 ひやおろし」、そして「日本酒 海外人気の先駆け 島田の大村屋酒造場」 »