« <日本列島 涼を求めて> (4)函館朝イカ(北海道)移動販売で市民の口へ | トップページ | 旬の食材 10月「きのこ」「柿」「鮭」 »

2019年10月15日 (火)

「義左衛門 ひやおろし」、そして「日本酒 海外人気の先駆け 島田の大村屋酒造場」

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「食欲の秋!グルメな街さんぽ」「江東区 豊洲市場」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/73317/1304973/
♪ 新宝島 サカナクション(2015年)
<水産仲卸売場棟>
《4階魚がし横丁》
*《つま長》
☆松茸(大) 1箱 5,940円
☆栗 1袋 972円
*《和田久》大正14年創業、鰹節
・鮪ソフト(40g) 540円
*《吉岡屋》昭和4年創業、漬物
※日本橋恵比寿講べったら市
・皮付べったら(1kg) 2,052円
・皮むきぺったら(1kg) 1,836円
*《玉子焼き 大定》大正13年創業
・桜えび(ハーフ) 450円
<屋上緑化広場>
<水産卸売場棟>
♪ スシ食いねェ! シブがき隊(1986年)
《つきぢ 神楽寿司 豊洲市場店》
※赤酢
・ベスト6 お椀付き2,500円
 ミナミマグロの大とろ、赤身、サーモン、赤海老、炙りサーモン、炙り大とろ)
♪ さよならエレジー 菅田将暉(2018年)

 「昼めし旅」は、9/11の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1296094/
「宮城県 松島」
 アナゴ、カキ
《松島蒲鉾本舗》
☆笹かまぼこ(10枚入り) 1,890円
★笹かまぼこの手焼き体験
《松島さかな市場》
★にぎり寿司 1,000円~
《赤間水産》
★わかめ汁
★新鮮あかま丼 1,500円
・ホタテの刺身
①ホタテをさばき、ぬめりを取るため、塩をふって水洗いする。
②食べやすい大きさに切る。
・タコ
①タコの足・タコの口を炙る。
②秘伝のタレ(麺つゆ、ザラメなど)をかける。
「福井県 小浜市」
 アマダイ、若狭ぐじ、小浜よっぱらいサバ
<子末さん>《こすえ旅館》
*若狭ぐじの条件:
 若狭湾で獲れるアマダイで、500g以上の大物。見た目が美しく、鮮度が保たれている。
☆宿泊代 7,500円~(1泊2食付き)
・若狭ぐじの刺身(若狭ぐじ:寝かせることで熟成、うま味が増す)
・若狭焼き
①1匹丸々ウロコをつけたまま焼く郷土料理。背開きにし、両面に塩を振り、約250℃のオーブンで10分間焼く。
・若狭ぐじのから揚げ
①ウロコを残して一口大に切った若狭ぐじの身の方に塩コショウをまぶす。
②マヨネーズを塗り、パン粉をかけ、油で揚げる。(皮の方はなにもつけない)
・若狭ぐじのあら汁

 「二軒目どうする? ~ツマミのハナシ~」は、「杉並区 方南町」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/73577/1283501/
《れんがはうす》
《富士宮やきそば 鉄板焼 歓喜》
・生ビール 450円
・日本酒 1,000円
・生すだちサワー 380円
・枝豆正油焼 500円
・金目だいカブト煮 880円
*ツマミのハナシ①:赤色は深海では見えにくく目立たない。敵から身を守るためにキンメダイの体は赤い。
・富士宮焼そば 500円
《なべ鉄》
・芋焼酎 水割り 594円
・芋焼酎 ソーダ割り 594円
・日本酒 734円
・鶏レバ刺 594円
・自家製チャーシューの炙り 594円
*ツマミのハナシ②:日本のチャーシュー→豚肉を煮たもの。中国のチャーシュー→豚肉を焼いたもの。豚肉を煮た日本のチャーシューは中華料理では醤肉(ジャンロー)というメニュー。
・和牛ホルモン炒め鉄板焼き辛味噌 734円

 日曜日の「相葉マナ」は、「秋の新米で 第6回 釜-1グランプリ」。
https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/recipe/191013/
*ひとめぼれ:
 粒が大きく、ダシの絡み釜飯に合う
【さよりめし】岐阜の郷土料理
※細長い魚全般をさよりと呼んだ。
※氷を入れると温度がじっくり上がり、甘みが増してモチモチに炊ける。
『材料』(4~6人分)
・ 米 …5合
・ かつお昆布だし …800mL
・ 氷 …200g
・ 塩サンマ(内臓をとっておく) …4尾
・ ぎんなん …100g
・ しょう油 …小さじ3
・ 塩 …小さじ1
・ 酒 …大さじ2
『作り方』
①塩サンマを半分に切る。
②炊飯器に浸水した米、かつお昆布だし、しょう油、塩、酒を入れて混ぜる。
③ぎんなん、塩サンマ、氷を入れて炊く。
④炊きあがったらサンマの頭、骨をとり全体を混ぜる。
【チーズタッカルビ釜飯】
『材料』(4~6人分)
・ 米 …3合
・ 水 …200mL
・ 氷 …120g
・ 鶏もも肉 …300g
・ 玉ねぎ …1/2個
・ 白ごま …適量
・ 大葉 …適量
<タレ>  
・ コチュジャン …大さじ3
・ 酒 …大さじ2
・ 砂糖 …大さじ2
・ しょう油 …大さじ1
・ すりおろししょうが …1片
・ すりおろしにんにく …1片
<溶かしたチーズ>  
・ チーズ …適量
・ 牛乳 …適量
『作り方』
①密閉袋にコチュジャン、酒、砂糖、しょう油、しょうが、にんにくを入れる。鶏もも肉をひと口大、玉ねぎを薄切りにし、
②タレの入った密閉袋に入れてよく揉み、約1時間漬け込む。
③炊飯器に浸水した米、水、漬け込んだ鶏肉と玉ねぎとタレ、氷を入れて炊く。
④鍋に牛乳を入れて火にかけ、チーズを加え溶かす。
⑤炊きあがったら牛乳で溶かしたチーズを流し入れて混ぜる。お好みで白ごまと大葉をのせる。
【新しょうがの釜飯】
『材料』(4~6人分)
・ 米 …3合
・ かつお昆布だし …420mL
・ 氷 …120g
・ 新しょうが(千切り用) …80g
・ 新しょうが(すりおろし用) …50g
・ 薄口しょう油 …大さじ3
・ みりん …大さじ2
・ 酒 …大さじ1
・ 青ねぎ(小口切り) …適量
『作り方』
①新しょうがを80gは皮ごと千切りに、50gは皮ごとすりおろす。
②炊飯器に浸水した米、かつお昆布だし、薄口しょう油、みりん、酒、新しょうが、氷を入れて炊く。
③炊きあがったら青ねぎをのせ、全体を混ぜる。
【石狩鍋風釜飯】
『材料』(4~6人分)
・ 米 …3合
・ かつお昆布だし …380mL
・ 氷 …120g
・ しょう油 …大さじ1
・ みりん …大さじ2
・ 味噌 …50g
・ 酒 …大さじ1
・ しらたき …50g
・ 木綿豆腐 …1/6丁
・ 水菜 …80g
・ 長ねぎ …1/2本
・ キャベツ …3枚
・ 玉ねぎ …1/4個
・ しいたけ …2個
・ 鮭の切り身 …2枚
・ バター …適量
・ いくら …適量
『作り方』
①炊飯器に浸水した米、かつお昆布だし、しょう油、みりん、味噌、酒を入れてよく混ぜる。
②しらたき、木綿豆腐、水菜、長ねぎ、キャベツ、玉ねぎ、しいたけを適当な大きさに切って入れる。
③鮭の切り身をのせ、氷を入れて炊く。
④炊きあがったらバターを入えて混ぜ、お好みでいくらをのせる。
【焼きそば釜飯】
『材料』(4~6人分)
・ 米 …3合
・ 鶏がらス―プ …480mL
・ 氷 …120g
・ 塩 …小さじ1/2
・ 粉末ソース(炊飯用) …10g
≪焼きそば≫  
・ 中華麺 …1玉
・ 豚バラ肉 …100g
・ ニンジン …1/8本
・ キャベツ …3枚
・ 玉ねぎ …1/4個
・ 粉末ソース …20g
・ 塩 …適量
・ コショウ …適量
・ サラダ油 …大さじ1
・ 水 …適量
・ 青のり …適量
・ 紅しょうが(みじん切り) …適量
・ かつお節 …適量
『作り方』
①フライパンにサラダ油をひき、豚バラ肉、ニンジン、キャベツ、玉ねぎの順に入れて炒め、塩、コショウで味付けする。
②肉に火が通ったら中華麺、水を加え、中火で蒸し焼きにし、粉末ソースを加えてさらに炒める。
③炊飯器に浸水した米、鶏がらスープ、塩を入れて混ぜる。
④焼きそば、粉末ソース、氷を入れて炊く。炊きあがったら紅しょうが、かつお節、青のりを加えて全体を混ぜる。
【八宝菜釜飯】
『材料』(4~6人分)
・ 米 …3合
・ 鶏がらスープ …430mL
・ 氷 …120g
≪八宝菜≫  
・ 豚バラ肉 …100g
・ 白菜 …1/8株
・ しいたけ …4個
・ たけのこの水煮 …80g
・ ニンジン …1/8本
・ エビ …50g
・ うずらの卵 …8個
・ オイスターソース …大さじ2
・ 鶏がらスープの素 …大さじ1
・ 砂糖 …小さじ2 
・ 酒 …大さじ1
・ ごま油 …大さじ4
・ 塩 …適量
・ コショウ …適量
《あん》  
・ 鶏がらスープ …200mL
・ オイスターソース …小さじ1
・ ごま油 …少々
・ コショウ …適量
・ 水溶き片栗粉 …大さじ1
『作り方』
①中華鍋にごま油を熱し、豚バラ肉を炒め、塩、コショウで味付けする。
②肉に火が通ったら白菜、しいたけ、たけのこ、ニンジン、エビ、うずらの卵を加え、さらに炒める。
③しんなりたらオイスターソース、鶏がらスープの素、砂糖、酒を加えて炒める。
④炊飯器に浸水した米、鶏がらスープ、炒めた八宝菜、氷を入れて炊く。
⑤鍋に鶏がらスープ、オイスターソース、ごま油、コショウを入れ、沸騰したら水溶き片栗粉を入れてとろみをつける。
⑥炊きあがったら、あんをかけて混ぜ合わせる。

 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「「下総ポン酢醤油」がもれなく貰える!!水郷のとりやさんの美味しいお鍋キャンペーン」の案内♪
https://www.rakuten.ne.jp/gold/suigodori/4-2mm.htm?scid=rm_197493

004_20191015174601

 今朝は、保険屋さんより、頂いた飴をなめましょう!
NISSAY
 いちごみるくキャンディー

 今日も、体中痒いね・・・9月27日の食べたもののアレルギーってそんなに続くものなのだろうか???
 今日の仕事・・・。
 「3S」ヨシ!
 今日の社員食堂は、「鶏肉の韓国風照焼」「厚切ヒレカツ(おろしポン酢)」「タラのムニエル(ミートソースかけ)」より、「タラのムニエル(ミートソースかけ)」を選択。一番カロリーが低いものなんです。

 仕事を定時に終え、帰宅。
002_20191015174601

 帰宅して「純米吟醸 義左衛門 ひやおろし」で一杯♪。「若戎」って、昔、「農口尚彦 杜氏」が働いてなかったっけ???
若戎
 伊賀 青山の美酒
生詰 要冷蔵
gizaemon
 the excellent japanese sake waka-ebisu brewery & co. produce of japan
since 1853
純米吟醸 義左衛門 ひやおろし
 義左衛門は、伊賀青山の緑豊かな自然の地で生れました。
 低温貯蔵庫で熟成し、秋風の立つ頃に生のまま瓶詰めしたお酒。
●冷でお召し上がりいただくと、熟成された秋だけの味と香りが一層引き立ちます。
原材料名/米(国産)、米こうじ(国産米)
精米歩合/60%
アルコール分/15度
内容量/15L
蔵元 若戎酒造株式会社
三重県伊賀市阿保1317
https://www.wakaebis.co.jp/

 おつまみは、「ピーナッツ味噌」やら「玉子サラダ」やら、あるものです!

 ここで、2019年10月4日の朝刊より、「日本酒 海外人気の先駆け」の引用♪
輸出4割超、魅力伝え30年 島田の大村屋酒造場
 世界的な和食ブームに合わせ、日本酒の海外人気が高まる中、その先駆けとなった酒蔵が静岡にある。「日本が誇れる伝統文化。必ず親しんでもらえる」と信じ30年前から輸出にかじを取る島田市の大村屋酒造場。日本酒の国内消費が減り続ける中、いまや海外での売り上げが全体の4割超を占める。
(広田和也)
 江戸後期の1832年創業。島田市内唯一の造り酒屋で、年間1500石(1石180リットル)ほどを生産する。切れのある辛口の「若竹鬼ころし」や「おんな泣かせ」が看板銘柄だ。
 海外展開を始めたのは1985(昭和60)年ごろ。当時、海外に関心を示す地方の酒蔵はほとんどなかった。全国の造り酒屋でつくる日本名門酒会の米国視察を機に、6代目社長の松永今朝二さん(83)が輸出に乗り出した。
 最初は米ニューヨーク。もっとも手間を掛けて造っていた「若竹鬼ころし 純米大吟醸」に絞り、販売を始めた。
 数年がかりで現地の試飲会を重ね、日本酒の魅力を十分に伝えた上で輸出を始めた。輸送コストや為替の影響も受け「採算があってないような状態」だったが、今朝二さんは「米国の方たちが必ずおいしさにびっくりすると信じていた」と振り返る。
 ニューヨークで著名なワイン専門店で取り扱われることになり、鬼ころしの評判はすぐに広まった。その辛さと上品さが、味が濃い米国の料理を引き立たせる食中酒として人気を集め、日系スーパーのほか、日本料理店などに販路が拡大していった。
 輸出先は広がり、今ではフランスや英国、東南アジア、南米など、16ヵ国で親しまれている。米国では日本酒の定番をして紹介され、和食ブームが本格化した10年ほど前からはさらに売り上げが伸びた。
 「海外で売れていなければとっくに店じまいしていた」と今朝二さん。今後の目標は、日本酒文化のさらなる発信にある。7代目の孝広さん(43)は「これまでは欧米の料理が日本に入ってきたが、これからは日本のおいしさを世界に伝える時代になる。その先頭を走って世界との懸け橋になりたい」と話す。
日本酒の海外戦略
 国内の日本酒離れは年々加速している。県によると、全国の日本酒消費量は2017年が52万キロリットルで、ここ10年で10万キロリットル減少。逆に輸出は18年に2万5000キロリットルで、この10年でほぼ倍増した。県は19年度、県産品の販路拡大戦略「ふじのくにマーケティング戦略」の海外品目に日本酒を追加。県内の造り酒屋27蔵を国内外で開く商談会に招くほか、今月5~7日にパリである「日本酒イベント」に静岡ブースを初出展する。

本日のカウント
本日の歩数:9,438歩
(本日のしっかり歩行:0歩)
本日:51.9kg、7.1%
本日の割り箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:1個

|

« <日本列島 涼を求めて> (4)函館朝イカ(北海道)移動販売で市民の口へ | トップページ | 旬の食材 10月「きのこ」「柿」「鮭」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« <日本列島 涼を求めて> (4)函館朝イカ(北海道)移動販売で市民の口へ | トップページ | 旬の食材 10月「きのこ」「柿」「鮭」 »