« 「マルスウイスキー」、そして「パリッ!とおいしい ご当地食材×シャウエッセン」 | トップページ | 「ハゼの刺身」「丹波の黒豆の枝豆」、そして「不漁でもサンマ de ごちそう」 »

2019年10月18日 (金)

「浜松夜話」第10話「音楽の秋「港場ライブ」」

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「食欲の秋!グルメな街さんぽ」「港区 麻布十番」。
https://www.instagram.com/asanosanpomichi/?hl=ja
♪ 赤黄色の金木犀 フジファブリック(2004年)
《月島家》昭和26年創業
・今川焼き(おぐらあん) 140円
《新東京紅茶 麻布十番店 ~Himel~》タピオカ
・濃厚リッチ チーズティー黒蜜きな粉 650円
<パティオ十番>
《ひもの あん梅》
☆あじひらき定食 1,300円
・太刀魚ひもの定食 2,500円
♪ いちょう並木のセレナーデ 原 由子(1983年)
《松玄 麻布十番店》蕎麦屋
《天のや(あまのや)》
☆玉子サンド 1,100円(イートイン)
・五右衛門焼 1,540円

 「昼めし旅」は、9/18の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1298051/
「静岡県 熱海市」
《宇田水産》宇田さん
 キンメダイ、カマス
 シイラのアンチョビ、イカの塩辛、アジの干物
☆サバのアンチョビ 648円
・魚チャーハン
①フライパンにサバのアンチョビの油をひき、ネギを入れ軽く炒める。
②細かく刻んだサバのアンチョビを加える。ご飯を入れ炒める。
※サバのアンチョビ、ニンニク、唐辛子でペペロンチーノもできる。
・お刺身
 マンボウの腸、マグロ、タコ、炙ったカマス、ウルメイワシ
・うなぎの蒲焼
《東海干物》
 干物、らっきょう
《しんちゃんの店》遠藤さん
☆アジのたたき定食 1,200円
・アブラボウズの煮付け
・特製なめろう
①アジを三枚におろす。アジとイカを細切りにする。包丁で叩く。
②大葉、七味唐辛子を加え、さらに叩く。
・ガワ(冷たい味噌汁に生魚をいれる漁師飯)
 アジのたたきを入れる。
「愛知県 南知多町」
 花ひろばのひまわり畑
《田中屋旅館》
☆宿泊代 8,640円~(1泊2食付き)
☆田中や定食 2,200円
・アカシャエビのかき揚げ丼
①アカシャエビの殻をむく。
②タマネギ、ニンジン、枝豆、三つ葉を混ぜ、衣をつける。油で揚げる。
③ご飯にのせ、醤油、みりん、ざらめで作った甘ダレをかける。
・イワシの塩焼き
・イワシの煮付け
・ワタリガニのほぐし煮
 醤油、酢、砂糖で煮る。
・野菜の煮物

 「博多華丸の もらい酒 みなと旅2」は、「新宿区」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/68391/1256312/
<吉本興業東京本部>
 旧四谷第五小学校を改装してオフィスとして利用
《炭火焼肉 モンシリ》
☆じゃがいも鍋 3,240円
☆骨つきカルビ 3,780円
・生ビール
・サイダー
・サムギョプサル 3,240円
・上タン塩 1,944円
・ケランチム 1,620円(茶碗蒸し)
《酒場 池林房(ちりんぼう)》
☆ジャンボしゅうまい 648円
☆ラム肉と玉ねぎの生姜炒め 842円
・舞茸のオイスターソース焼きそば 799円
・りんごジュース
・冷酒(福鶴)

 「釜庄」より、楽天、メール。「福島牛」の案内♪
https://item.rakuten.co.jp/kamasho/10004268/?scid=rm_192960
 「サッポロ」よりメール。「「ヱビス マイスター ザ・ロイヤルリーフ2019 」130名様限定プレゼントキャンペーン!
 ヱビスの120年を超える歴史の最高峰として2016年に誕生した、黄昏の夕空のような色を纏った「ヱビス マイスター」。そのふくよかな薫り、研ぎ澄まされたコクを、より追求して生まれたスペシャルボトル「ヱビス マイスター ザ・ロイヤルリーフ2019」を130名様限定でお贈りします。10月21日(月)12:00(正午)締め切りでご応募受付中です!
http://d.sapporobeer.jp/c/aj2Wakmhebibe2abofficial-mail&utm_campaign=19YHT01&utm_medium=email&utm_term=yebisu_premium&utm_content=Mailtxt
 「ヱビスとロブションによる新感覚ピルスナー
 120年以上の歴史を持つヱビスと、フレンチの巨匠ジョエル・ロブション氏が手を組み造り上げた新感覚ピルスナー「ヱビス with ジョエル・ロブション フレンチピルス」。フランス・シャンパーニュ産の淡色麦芽と2種のホップを組み合わせ、フルーティーで繊細な香りと味わいに仕上げました。
http://d.sapporobeer.jp/c/aj2Wakmhebibe2acofficial-mail&utm_campaign=191017YMG&utm_medium=email&utm_content=Mailtxt
日本経済 2020年危機
https://keieikagakupub.com/38JPEC/ydn/?yclid=YJAD.1571388898.ocPbJ6.dcq3RTjokaz5N.B_yPBBkgPZkH8GOwVRTGm0q6BAAz2KsQIHLaOXS7fdXBX9tdqQ7mIEMYOD9IMDBwmf53G60aanbdxT9gYhS0nbYouY-

 今日の仕事・・・・。
 「念押し、確認」ヨシ!・・・これって、5パターンあるんだな!曜日によって、決まっているんだろうか?
 今日の昼食は、「鶏肉南蛮味噌焼」「豚肉ソテー(バーベキューソース」「鯵の揚げ煮(揚げ煮用煮汁)」のうち、「鯵の揚げ煮(揚げ煮用煮汁)」を選択!
 S社って、やっぱり変だよね!!!午前中に昨日の部品の追加が来た。午後にも昨日の追加が来た。夕方にも昨日の追加が来た。足りなくなったら、追加注文???・・・まるで、「居酒屋」の注文のようだね。「S自動車」って、計画性がないのかい???・・・「居酒屋経営」かい???
 仕事を終え、帰宅。あれっ!???・・・今日の帰宅は、信号に引っ掛からない・・・どこまでスムーズに行ける♪♪♪・・・このままどこまで行けるのだろう、と思っていたら、中学校前の「押しボタン信号」が赤になった・・・↓伏兵だった・・・(ここで止まったことは、ほとんどない!!!)↓

 帰宅して、「炙り油揚げ ネギ生姜醤油」で一杯♪
004_20191018174701

都田の あぶらあげ
 緑と水の都 須部商店
4枚入り
要冷蔵
【美味しい調理例】
 半分に切っていなり寿司、ちらし寿司や五目ご飯の具、きつねうどんの具、ひじき煮などその他お好みで煮物全般にお使いいただけます。
・五目ご飯の素
・ちらし寿司
・いなり寿司
・きつねうどんの素
・ひじき煮
100g当たり410kcal
加工者 株式会社 須部商店
浜松市北区都田町6515
TEL 053-428-2031
TEL 0120-80-2828

002_20191018174701

 さらに「皮付き ピーナッツ」♪
 甘くて香ばしい 自然のおいしさ
大容量
 杏林堂は静岡県内の企業を応援!
 この商品は静岡県内の工場で加工されています。
100gあたり 623kcal
NET 360G
原産国 中国
加工者 株式会社 豆久商店
浜松市東区白鳥町638-2
TEL 053-545-4989

 ここで、2019年10月10日の朝刊より、「浜松夜話第10話音楽の秋「港場ライブ」の引用♪
 「音楽の秋」にぴったりな店がある。浜松市中区田町の通称・ゆりの木通り沿いにあるバー「ハーバー(Harbor)」。九月末の午後八時半ごろ、紹介してくれたHさんと連れ立って入店すると、アップライトピアノを八十代の男性客が軽やかに弾いていた。マスターの青山睦さん(57)によると、この即興ピアニストは、いつも「ふらっと現れてふらっと弾いて帰る」らしい。私には音楽の素養がないからこそ思うのだが、楽器が弾ける人って、カッコイイ。
 セピア色に照らされた店内は一部にれんが調の壁が施されており、落ち着いた雰囲気だ。ビリー・ジョエルの「This Night」に曲が切り替わる。耳を傾けながら、ウイスキーのグラスを傾ける。私のは「かっこつけ」。自分でも、分かっている。
 席に座って十分ほど。演奏曲が島谷ひとみの「亜麻色の髪の乙女」に切り替わった頃、私の隣には「白色の髪のおじさん(五十代)」が座ってきた。
 「君、新聞記者? ライターなの? まさか、頭から火を噴くんじゃないんだろうね」。既に出来上がっている。
 青山さんがおつまみに、ホオズキを出してくれた。初めて食べる果物だ。「トロピカルな味がしますね」。私がつい口をつくと、白髪のおじさんが返した。「いやあ、新聞記者はやっぱり、表現力が違うねえ。『トロピカル』だって。すごいなあ」。褒められていないのは、酔っていても分かる。恥ずかしいから、やめてくれ。
 さらに二十分ほど経過。ジャズボーカルの愛好家の男女が仲良く入店してきた。女性が男性に「ねえ歌いましょうよ」と声を掛けた。いきなり、即興のジャズライブが始まった。店内は一気ににぎやかになる。この店は、こんな夜が何度も繰り返されてきたのだ。
 オープンしたのは一九九二年十月。店名には「ハーバー(港)」のように、集い場となるよう願いを込めた。「開店当初に来ていた女の子が子育てを終えて、また店に来るようになっちゃったよ」と青山さんは笑う。確かに、船は港に戻ってくるものだ。
 【今回の出費 二人で四千円】
(鎌倉優太)
 連載へのご意見、ご感想、「うちへ来い」というお誘いはファクス=053(421)5218、電子メール=tkahod11@chunichi.co.jp
https://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/shizu_area/shizu_serial/list/2019/CK2019101002000238.html

本日のカウト
本日の歩数:10,756歩
(本日のしっかり歩行:0歩)
本日:54.2kg、7.5%
本日の割り箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個

|

« 「マルスウイスキー」、そして「パリッ!とおいしい ご当地食材×シャウエッセン」 | トップページ | 「ハゼの刺身」「丹波の黒豆の枝豆」、そして「不漁でもサンマ de ごちそう」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「マルスウイスキー」、そして「パリッ!とおいしい ご当地食材×シャウエッセン」 | トップページ | 「ハゼの刺身」「丹波の黒豆の枝豆」、そして「不漁でもサンマ de ごちそう」 »