« 今月のおいしい1品!「カナダセレクトポーク」 | トップページ | 「特別純米 千代鶴」、そして「秋の養生法」 »

2019年9月19日 (木)

「豆腐ステーキのツナトマトソース」「豆腐のとろろステーキ」「和風マーボ豆腐」「秋野菜の白和え」「豆腐ステーキ」

 台風による千葉県の停電が長引いているね。。。住民は大変な思いをしています。去年の浜松の停電を思い出しますね・・・浜松は、5、6日停電したと思うけど、それより長いんだね・・・。
 去年も思ったけど、「停電」で思うのが、電力会社のプロパガンダに思えて仕方ない・・・「電気は必要ですよぇ~!原発がないと、電気が困りますよ~!」と言っていてワザと復旧を遅らせているように思えて仕方ない・・・。

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用!
 敏感な嗅覚を持つ博士が特殊なにおいの成分を発見する。そのにおいをかぐと人は「警戒心をゆるめ、顔の表情をゆるめ、財布の口をゆるめさせる作用がある」らしい
▼星新一さんの『ハナ研究所』(『妖精配給会社』新潮文庫)という作品である。博士はある商売を思いつく。「商品売り上げ増加法」。このにおいを塗った製品なら、どんなものも飛ぶように売れるはず…。こんな話だった。結末は控える
▼「警戒心をゆるめ、顔の表情をゆるめ」。それはどんないいにおいだろう。星さんは成分を書いていないが、最近の記事を読んで、ひょっとして、このにおいかもしれないと膝を打つ。浜松医科大の研究チームが生まれたばかりの赤ちゃんの頭のにおいの成分を特定し再現することに成功したそうだ
▼甘いようなミルクのような…。説明しにくいが、赤ちゃん特有のあのにおいにはストレス軽減のほか、虐待防止の心理的効果もあるという
▼口のきけない赤ちゃんは、そのにおいによって保護者に「自分を守って」というメッセージを送っている可能性もあるらしい。なんと、うまくできた仕組みだろうか
▼においを再現できたことで今後は香水など実用化の道もひらける。『ハナ研究所』ではないけれど、虐待から子どもを守れるのなら、子どもに優しい政治ができるのなら、その甘いにおいを日本列島中に漂わせてみたい。
https://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2019091902000121.html

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「秋に行きたい街さんぽ」「埼玉県 日高市」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/73336/857949/
<日和田山>
♪ 風たちぬ 松田聖子(1981年)
・金刀比羅神社(ことひら)
 大物主命(おおもののしのみこと)、崇徳天皇(すとくてんのう)
・巾着田
・曼珠沙華(彼岸花)
・高麗川マロン(1粒が2L以上で30g以上)
<巾着田曼珠沙華公園>
♪ 曼珠沙華 山口百恵(1978年)
《栗こま娘本舗 亀屋》
・巾着田まんじゅう(つぶあん、こしあん) 各324えん
《あぐれっしゅ 日高中央》農産物直売所
☆梨(4個) 600円
☆ナス(5個) 180円
・赤飯 432円
<高麗神社(こま)>
 入り口にある2本の柱は朝鮮半島の風習で魔除けになるものである。高句麗から666年渡来。
 高麗神社は出世開運のご利益で有名な神社で、参拝されたあとに総理大臣になった人が鳩山一郎、小磯国昭、平沼騏一郎、浜口雄幸など6名いる。

 「昼めし旅」は、「青森県 下北半島 秘境路線バス」。8/16の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1288810/
*下風呂~大間崎 980円
《お食事処 あけみちゃん号》松浦さん
☆生うに 500円(税込) エゾムラサキウニ
☆マグロの串焼き 500円(税込)
・木もずくとマグロの漬け丼
①生醤油を長時間煮て作った特製ダレにマグロを漬ける。
②ご飯に海苔をのせ、半分にマグロを乗せる。もう半分に大間産もずく(木もずく)を乗せる。
・とろろ昆布の味噌汁
*大間崎~大間 190円
※マグロの漁期:7月中旬~1月中旬
<グリーンストアー>
<大間漁業協同組合>
 本マグロ
<山崎さん>マグロの鉄人
・大間のマグロ 赤身と中トロの刺身
 マイナス60℃で急速冷凍
・メバルの煮付け
・イカポンポン焼き
・塩焼きそば

 「本能Z」。
https://hicbc.com/tv/honnou-zi/
「愛媛県西条市」
 カブトガニ
「中山の発見地元グルメ」
《MARUBUN》西条市小松町、てっぱんナポリタン
・愛媛西条ナポリタン 1,015円
 西条市の喫茶店に昔からあったメニューを改良。街全体っで推している。
https://twitter.com/hashtag/%E6%9C%AC%E8%83%BDz

 今日の仕事・・・。
 お局様が「ピーシーが始まるから定袋を出しに行った方がいいよ」と言った。「PCって何ですか?」と聞いたら、「あれ!?PCが始まったって言ってたジャン」という返事。明確な答えになっていない!!???「だからPCって何ですか?」と聞いたら「パーツセンター」ということ・・・???「パーツセンターが始まったから、定袋を出しに行く」って、意味が通じていないと思うけどな!・・・結局、学問不問の職場なので、「言われたことを言われた通りやりなさい」と言いうことかな。「なぜ?」って、考える必要がない職場か・・・。これじゃあ全く思考する必要がない機械と同じだね。「〇〇とインプットされるから、××するとアウトプットする」という思考停止の単純作業だな!
 午後、上の者が、S社の追加を持って来た。「あれっ!?S社の昨日の追加は、午前中にやりましたよ。」と言ったら、更なる追加ということ・・・これって、「S社の計画性のナシ」???それとも、「この会社の上層部の伝票ミス」???・・・結局、学問不問の仕事は、「言われたことをやっていなさい!」というような、歯車のような仕事・・・。
 やり方を考えれば、もっと効率的な仕事のこなし方があると思うんですけど・・・。しかし、学歴不問の職業なので、そんなこと言う機会はない・・・↓↓↓

 仕事を終え、帰宅・・・。
 「枯葉マーク」を付けた車が、非常に遅いスピードで走っている・・・運動能力が落ちているんだと思うけど、周りは迷惑だな・・・「免許返納」した方がいいのでは・・・?
 そういえば、8月に自分の自転車にぶつかってきた車の運転者も高齢者だったな・・・↓

 帰宅して「ザーサイ豆腐」で一杯♪今、これにハマっているんです!!!
http://fmv2006.cocolog-tnc.com/fmv/cat22442095/index.html
002_20190919173901

 使った豆腐は、「絹豆腐」!
富士山の伏流水 きぬ
300g
100g当たり53kcal
販売者 静流食品株式会社 MF
静岡県富士市大渕字元篤3800-50
TEL 0120-71-8323

004_20190919173901

 ザーサイは、「おかず ザーサイ」。
国内工場で製造された商品です
 そのまま のせても 混ぜても 炒めても
「簡単 お料理レシピ 2人分 おかずザーサイ編」
●混ぜて【ザーサイ棒棒鶏風サラダ】
・おかずザーサイ・・・1/2袋
・鶏ささみ・・・1本
・A
 酒・・・小さじ1
 サラダ油・・・小さじ1
 塩・砂糖・・・少々
・きゅうり・・・1/2本
・しょうが・・・1/2かけ
①ささみは、Aを絡めて5分置く。熱湯で1分ゆで、火を止め、そのまま冷ます。
②きゅうりは縦半分に切り斜め薄切りに、しょうがはせん切りにする。
③①は食べやすい大きさにほぐし、きゅうり・ザーサイと和え、しょうがをのせる。
●混ぜて【ザーサイ春雨】
・おかずザーサイ・・・1/2袋
・ニラ・・・50g
・春雨・・・50g
・醤油・・・小さじ1
・ごま油・・・小さじ1
①春雨を1分ゆで、冷水に取り、水気を絞って食べやすく切り、醤油、ごま油と和える。
②5cmの長さに切ったニラを1分ゆで、冷水に取り、水気を絞る。
③春雨・ニラ・ザーサイをよく混ぜ合わせる。
100g当たり54kal
製造者 やまう株式会社 群馬工場
群馬県甘楽郡明和町須賀275
TEL 0120-805-856
http://www.yama-u.co.jp

006_20190919173901

 デザートは、先日、保険屋さんに頂いた「マヨネーズあられ」♪

 ここで、豆腐料理の紹介↑↑↑
 【豆腐ステーキのツナトマトソース】281kcal
『材料』
・木綿豆腐・・・1丁(300g)
・ツナ(缶詰)・・・小1缶(60g)
・トマト・・・小1個(100g)
・A
 たまねぎ(みじん切り)・・・大さじ1
 ヱスビー食品 マジックソルト・・・小さじ2
・サラダ油・・・小さじ2
・ヱスビー食品 マジックソルト・・・大さじ1/2
・小麦粉・・・大さじ2
・ヱスビー食品 マジックソルト・・・適量
『作り方』
①木綿豆腐一つずつをペーパータオルで包んで約5分おき、水けをきる。
 ツナとトマトとAを混ぜ合わせソースを作る。
②しっかりと水けをきった①の豆腐の両面にマジックソルトで下味をつけ、小麦粉をまぶす。
③フライパンに油を熱し、②を表裏3~4分ずつ焼き、①のソースをかける。
 お好みでマジックソルトをふっていただく。

【豆腐のとろろステーキ】
『材料』(4人分)
・豆腐(木綿) ・・・ 1丁(400g)
・かたくり粉 ・・・ 適宜
・サラダ油 ・・・ 大さじ2
・A
 みりん ・・・ 大さじ3
 しょうゆ ・・・ 大さじ3
 砂糖 ・・・ 大さじ1強
・長芋 ・・・ 200g
・卵 ・・・ 1個
・塩 ・・・ 小さじ1/4
・サラダ油 ・・・ 適宜
・細ネギ ・・・ 3~4本
・花かつお ・・・ 適宜
『作り方』
①豆腐は1丁を4等分に切り、ペーパータオルに包んで、軽く水気を切る。
②①にかたくり粉をまぶし、フライパンに油を熱して両面をこんがりと焼く。
③②の油をふき取って、Aを加え、照りよく仕上げる。
④ボウルに長芋をすりおろし、卵と塩を加えてよく混ぜる。
⑤鉄鍋またはフライパンに油をひいて③を並べ、周りに④を流し入れ、残った③のタレをかける。
⑥⑤にふたをして、中弱火で7~8分をめどに、卵に火が通るまで焼き、仕上げに2cmの長さに切ったネギと花かつおをたっぷりかける。
<ポイント>
 照り焼きにした豆腐に、とろろをかけて焼いた熱々の料理です。すりおろした長芋に卵を混ぜて焼くと、卵に火が通って硬くなり、とろろのもっちり感が楽しめます。
 豆腐は、良質タンパク質や脂質などの栄養素を含んでいるだけでなく、体調を整え、健康を維持させるという機能性成分もあります。滋養強壮に優れ、消化も良い長芋と合わせれば、さらに健康効果が高まります。

 「やすらぎのレシピ」より【和風マーボ豆腐】
 昨日の夕食にお出しした「和風マーボ豆腐」スタッフのみんなにも好評でした。
 豆板醤を使わない、とても優しい味付けです。美味しさの秘訣は「白たまり醤油」料理に濃い色が付かないのに、コクが出ます。これなら胃腸の弱っている人も、つるっと食べられて、消化も良さそう。
『材料』(5人分)
・豆腐 400g
・ニラ 1束
・しめじ 1/2パック、
・桜エビ 大さじ山盛り2
・だし汁 500cc
『作り方』
①だし汁にしめじと桜エビを入れて煮る。
②薄口醤油、みりん、白たまり醤油で味を調える。
③豆腐、ニラを入れて、ごま油大さじ1を入れ、水溶き片栗粉でとろみをつけて、ひと煮立ちしたら出来上がり。
■ 体で覚える食養生
http://www.y-sato.com/diet.html

【秋野菜の白和え】(130kcal)
 『Apron』2016年9月号より。
<白和え衣の作り方>
 豆腐の和え衣で季節の野菜などを和えて楽しむのが「白和え」です。和え衣の作り方をマスターしましょう。
①水切りをする
 豆腐はペーパータオル(または布巾など)に包み、軽い重石をして水気をしっかりきる。
②裏ごしをする
 裏ごしのざるの上に豆腐を置いてしゃもじを押し当てて裏ごしする。
③ごまをする
 煎りごまをすり鉢に入れて、しっとりなめらかになるまですりこぎで丁寧にする。
④すり混ぜる
 調味料を加えて合わせ、続いて豆腐を加えてすり混ぜる。
※豆腐の裏ごしをしなくても楽しめますが、裏ごしをすることでより滑らかな口当たりに仕上がります。
『材料』(4人分)
・春菊・・・2株
・にんじん・・・50g
・しめじ・・・1/2パック
・こんにゃく・・・60g
・だし汁・・・2カップ
・白和え衣
 木綿豆腐・・・1丁(300g)
 白煎りごま・・・大さじ5
 白味噌・・・大さじ1
 砂糖・・・大さじ1
 塩・・・小さじ1/4
 酢・・・小さじ1
①上記を参考に白和え衣を作る。
②春菊は塩少々(分量外)を入れた熱湯でさっとゆでて水切りし、3cm長さに切る。
③にんじんは2~3cm長さのせん切りにして、ほぐしたしめじと一緒にだし汁でさっと煮る。
④こんにゃくは2~3cmの細切りにして、熱湯で5分ゆでて水切りする。
⑤②、③、④の水気をよく絞り、①の白和え衣と和える。

【豆腐ステーキ】(292kcal)
ソース味のツナ&ピーマンがクセになります
『材料』(2人分)
・木綿豆腐・・・大1丁(400g)
・ツナ(缶詰)・・・1缶(80g)
・ピーマン・・・3個
・サラダ油・・・小さじ1
・A
 ウスターソース・・・大さじ1
 しょうゆ・・・小さじ1
 こしょう・・・少々
『作り方』
①豆腐は厚みを半分にし、ペーパータオルに包んで軽く水気をとる。ピーマンは縦半分に切ってから、横に幅2~3mmに切る。
②フライパンに油を入れ、豆腐を並べてから中火にかける。2~3分焼いたら返し、さらに2~3分焼いて両面に焼き色をつけ、器に取り出す。
③同じフライパンに軽く汁気をきったツナ、ピーマンを入れ、強めの中火で30秒ほど炒め、Aを加えてひと煮立ちさせ、②にかける。

本日のカウント
本日の歩数:9,341
日のしっかり歩行:0歩)
本日:53.1kg、11.1%
本日の割り箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個

|

« 今月のおいしい1品!「カナダセレクトポーク」 | トップページ | 「特別純米 千代鶴」、そして「秋の養生法」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今月のおいしい1品!「カナダセレクトポーク」 | トップページ | 「特別純米 千代鶴」、そして「秋の養生法」 »