« 「完熟王」「純輝鶏」、そして「土井善晴の料理は楽し」(10-4)「鶏肝の生姜煮」 | トップページ | 「小田原蒲鉾」、そして「浜松夜話」第8話「その男、飛び込め新天地」 »

2019年9月 8日 (日)

「赤 霧島」、そして「あぶり鮎」

 今日は、「白露」。
 白露とは、夜中に大気が冷え、草花や木に朝露が宿りはじめる頃。降りた露は光り、白い粒のように見えます。日中の暑さも和やらぎはじめ、だんだんと秋の気配が深まっていきます。
https://www.543life.com/season-hakuro.html

 今朝のテレビ「所さんの目がテン!」は、「かがのくさと2019 夏の恵み大豊作&採れたてをすぐ食べる」。
http://www.ntv.co.jp/megaten/backnumber/index.html
・ジャガイモ(キタアカリ、とうや、レッドムーン)
・エダマメ
 アルミホイルでくるんだエダマメとジャガイモを竹炭の中に入れて蒸し焼きにする。
*養蜂
 『ミツバチ一覧』:1800年代に描かれた。江戸時代のニホンミツバチの養蜂技術を紹介。
※ハチノスツヅリガという蛾の幼虫
※素落ち防止棒を入れる
・蜜ロウ:
 日本では奈良時代からロウソクとして使われてきた。甘い香りにリラックス効果があるといわれている。

 昨日のテレビ「ご飯ジャパン」は、「長野県 下栗(しもぐり)」。
https://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0029/
*熊谷 喜八《KIHACHI》
*野牧 武
*下栗いも:
 江戸時代から続く在来種のジャガイモ。小粒でホクホク、味が濃厚。
《下栗の里 ゲストハウスやまでら》
・下栗いもの味噌田楽
①ジャガイモを茹で、皮ごと串に刺す。
②エゴマ味噌を塗り、囲炉裏で焼く。
<下栗総合交流会館>
KIHACHI流コロッケ(肉じゃがコロッケ)
 下栗いもに煮汁を含ませることで水分調整。ホクホク感にしっとり感をプラス。煮汁は少なめにする。ホクホク感が残るよう粗めに潰す。全体を混ぜたら冷ます。衣をつけ揚げる。
★信州牛ロースのココット焼き 青山椒ソース

 先日のテレビ「相席食堂」は、「和歌山県 白浜町」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/abc/91749/849350/
 アドべンチャ―ワールド、円月島
<白良浜>
・露天風呂しらすな 200円
《磯野水産》
・イカ焼き串 450円
*メッセージ花火 1発6,000円
《おんせん民宿 望海》
《イコラパークス》BBQとサバゲ―
<白浜エネルギーランド>トリックアート、3Dシアター
《ムーンライト》スナック
「台湾裏相席」
<龍山寺>台北最古の寺院
「新北市板橋区 江子翠」
《四海豆漿 大王》豆乳
※台湾では冷たい豆乳は飲み物。温かい豆乳は朝ごはんで食べられる。肉のフレーク、干しエビ、揚げパン、切り干し大根を入れて食べる。
・鹹豆漿 30元(約100円)
<嘉成理髪>
・山本頭 300元(約1,000円)
 海軍の山本五十六から来ている。丸刈り
・日本平頭 300元(約1,000円)角刈り
・刺蝟頭

 「おぎやはぎの ハピキャン キャンプはじめまし」は、「自然の中で優雅に過ごそう!井上流 グランピングのススメ」。
https://www.nagoyatv.com/happycamper/
<藤乃煌 富士御殿場>御殿場市
・1人3100円~(2食付き)
・カードゲーム
 ハゲタカのえじき、キャット チョコレート、コインタイル
<御殿場カルチャーファーム>
・体験乗馬 1人 5400円(30分)
・曳き馬 700円(1周) ※要予約

 「クラブツーリズム」より、メール。「全出発地催行決定!黄色い新幹線「ドクターイエロー」が登場!JR東海浜松工場 新幹線なるほど発見デー」♪
出発日:10月5日(土)・6日(日) (日帰り)
旅行代金:5,980円
https://tour.club-t.com/tour/relation?p_from=870000&p_baitai=940&p_baitai_web=XX001&r=KAN93752&waad=6dbwtb2s
 「水郷のとりやさ」より、楽天メール。「秋の味覚の王様《松茸》」の案内♪
https://m3.rakuten.co.jp/suigodori/matutake-2/%253fscid%3drm_197493/-/2/48dx/cixjy/1/76mi0/
 「北国からの贈り物(北海道グルメ)」より、楽天メール。「インカのめざめ」3kg3,280円(税込)
https://item.rakuten.co.jp/snowland/105035/?scid=rm_190841

(▲▽▲)☆*:;;:*★Happy Halloween★*:;;:*☆(▲▽▲)

 買い物に行きましょう!
 スーパーにて、売り出しの「レタス」105円、それに「木綿豆腐」41円、「納豆」48円、「ブロックベーコン」278円を買う。今日もWAONで支払うと5%引きだった↑↑↑
 もう一つのスーパーに行く。売り出しで100g105円の「巨峰」414円のもの、「ビフィズスヨーグルト」105円、それに「丸文 別格揚げ」半額で123円、「豆かまぼこ」半額で128円、「昔ながらのお揚げ」半額で52円、「三元豚ロースとんかつ」267円を買う。
 帰宅途中、ガソリンスタンドに入る車が行列で歩道まで停車していて、歩道が通れなかった・・・。店員さんは、対応をするべきだろう!?

 一旦帰宅して、ボールペンを買いに行く。
 まず、ホームセンターを覗く。ボールペンを作っている会社ってたくさんあるんだね!ZEBRAの「SK-0.7芯」に対応しているものは高かった。
010_20190908162101

 百均を覘いてみる。「H-0.7芯」に対応しているものしかなかったので、とりあえずそれを買ってみた。
ZEBRA
 Tapli clip タプリクリップ
油性ボールペン
 はさみやすい バインダークリップ採用
タップリ書ける インク40%増量! 当社比

 ボール径 0.7mm
品番:P-BK5-BK
発売元 ゼブラ株式会社
東京都新宿区東五軒町2-9
TEL 0120-555335

 替え芯の何が違うのか調べてみた・・・長さが違うらしい・・・。
「H-0.7芯」
 全長139.0mm
 最大径3.0mm
「SK-0.7芯」
 全長89.8mm
 最大径3.0mm
https://www.zebra.co.jp/pro/listkaesin_yuseiball.html#sk_04

 スーパーに入る。おつとめ品のバナナ「完熟王」108円、40%引きの「子持ち樺太ししゃも」231円、それに売り出しの「北見男爵の牛肉コロッケバーガー」194円を買う。

 コンビニに寄り、ボールペンの確認。300円弱で「SK-0.7」の三色ボールペンがあった!
002_20190908162101

 とりあえず「TOTO BIG」を買う。
 本日2019年9月8日は、縁起が良いとされている「大安日」、「天赦日」、「一粒万倍日」という3つの吉日が重なっています。
 天赦日(てんしゃにち)は日本の暦の上で最高の吉日といわれており、年に5、6回しかない貴重な開運日。新しいことを始めたり、躊躇していたことに挑戦するにはもってこいの日といわれています。
 一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)は「一粒のモミが万倍もの稲穂に実る」姿に由来し、昔は種まきに適した日とされてきました。一粒の種をまけば万倍にもなって実るという意味から、お金も何倍にも膨らむとされ、金運アップにつながる日といわれています。
 また、一粒万倍日と別の吉日が重なると、開運効果が倍増されるといわれています。
 「大安日」、「天赦日」、「一粒万倍日」という3つの吉日が重なる本日、BIGを購入されてはいかがでしょうか。

 帰宅して、メガネ屋さんに電話。まだ、レンズが届いていないのでメガネができていないとのこと。

012_20190908162101

 昼食は、今日買った「北見男爵の牛肉コロッケバーガー」と「コーヒー」♪

 午後13:04に、メガネ屋さんから電話あり。眼鏡ができたということで持ちに行く。
 風が強い・・・台風の風だね!!!!
006_20190908162101

 お店に到着。ちょうど、空いていた♪
 メガネを受け取る。今回は、ジョン・レノン風のメガネにしてみました。
 サングラスも作りたいな!
https://www.meganeichiba.jp/

 帰宅途中、ドラッグストアーに寄り、「ピーナッツ」と売り出しの「ケチャップ」を買おうとも考えたが、ガマン!

 一旦帰宅して、「酒&FOOD かとう」に行く。「マルスウイスキー」を買うためだ。
 なかったので、「赤 霧島」25度2,574円、「焼きそば」302円のところ213円を買い帰宅。

 草取りの続きをしましょう・・・まだまだ、取り切れません。

 そんなわけで、喉が渇いたから、夕方は「とりあえず」ビール。
004_20190908162101

 そして「赤霧島」↑↑↑久しぶりの「芋焼酎」は、美味しいねぇ~♪
くつろぎの 霧島
あかきりしま
KIRISHIMA BRILLIANT
本格焼酎25 アルコール分25度以上26度未満
アルコール分/25%
内容量/1800ml
原材料/さつまいも、米こうじ(国産米)
南九州産さつまいも100%使用
芳醇絶天下 百花爛漫
霧島酒造株式会社
宮崎県都城市下川東4丁目28番1号
TEL 0986-22-8066
1802XL 1513

014_20190908162101

 おつまみは、「焼きそば」♪
「酒&FOOD かとう」
浜松市西区神ヶ谷町7873-1
TEL 053(485)3536
http://eshoku.com/

016_20190908162101

 それから「三元豚ロースとんかつ」♪
008_20190908162101

 付け合わせは、いつも通り「レタスとタマネギとミニトマトのサラダ」♪

 「080-0300-3543」から電話・・・時候の挨拶をする・・・「そんなのは言い方端的に言って下さい」と言っても、くどくごとマニュアルを読むごとき話してくる・・・迷惑だから電話を切った!
 ネットで調べると、「コミュファ光のテレビ」勧誘らしい・・・長々と時候の挨拶をして、そんなところまで、言っていなかったぞ!!!
https://www.telnavi.jp/phone/08003003543
https://www.jpnumber.com/freedial/numberinfo_0800_300_3543.html

 飲んでいたら、「ペンキ屋のおっちゃん」より、釣ったばかりの「ハゼ」が届いた・・・ありがとうございます!とりあえず「冷凍」!
https://pennkiyasan.hamazo.tv/

 ここで、今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「あぶり鮎」(群馬県)の引用♪
おかずにも、骨酒にも
 川魚を代表するアユは、漁解禁の6月頃から晩秋までが旬。釣りや、食堂などで味わう料理、さまざまな加工土産が季節を彩る。各地にそんなアユ名所は多いが、日本三大河川に数えられ”坂東太郎”とも呼ばれる利根川も、流域に名物スポットがそろう。
 水源のある群馬県では、利根川の支流・薄根川沿いで、この時期のみ営業する味処「鮎茶屋巴」も人気店のひとつ。経営は”鮎匠巴”の商標で、アユをはじめ川魚の加工を手掛けるトモヱ。
 70余年の歴史を持ち、沼田市の本社工場では、一夜干し、甘露煮、昆布巻き、子持ちの丸干し、潤香(うるか:塩辛)といったアユ製品や、岩魚の炙り焼きなどを製造。各種の食品コンテストで受賞した商品も多く、いずれも県の優良県産品に推奨されているほど。
 なかでもアユの風味を堪能できる「あぶり鮎」は好評。「伯方の塩に漬けたアユの一夜干しを軽く焼き真空パックにしました。そのまま食べてもいいですし、こんがりと焼いて熱燗を注げば骨酒として楽しめます」と、代表の大島みよ子さん。
 ちなみに鮎茶屋は9月末まで営業し、釜飯や押しずし、にぎりずし、塩焼き、フライ、骨酒などを賞味できる。
●トモヱ・魚匠巴
群馬県沼田市戸鹿野町267
TEL 0278(22)2432
FAX 0278(22)6238
あぶり鮎(2尾入り・1尾約40g)税込み1080円(送料別途)
http://www.numata-cci.or.jp/tokusan/tomoe/tomoe2.htm
http://r.goope.jp/tomoeayu
http://tomoeayu.shop-pro.jp/?pid=99737292

 さらに「旬の魚介 あれこれ」より、「カワハギ」の引用♪
ビリリと一気に
 オスとメスの見分けは背びれに注目!第二背びれに糸状に伸びた部分があるのがオスだそうです。
・科属:フグ目カワハギ科カワハギ属
・漢字名:皮剥、鮍
 薄べったい菱形のような形に、つぶらな目とおちょぼ口。うちわのような丸っぽい尾をパタパタさせて泳ぐ姿は、なんとも愛嬌がある。巧みにエサをつついて逃げていくから、釣り人の間ではエサ取り名人やエサ泥棒の異名も。カワハギは、見て楽しく、釣って面白く、そして食べておいしい魚だ。
 形はだいぶ違うが、フグの仲間で、そういえば顔はどこか似ている。身の質も似て、くせのない白身ながら、うまみは十分。刺し身はふぐ刺しのような味わいだが、それだけではない。カワハギは肝も楽しめるのだ。
 カワハギの肝は、酒飲み好みの珍味あん肝、つまりアンコウの肝と並び称されるほどの美味。蒸し物や煮物にしてもいいが、生の肝を溶かした醤油でいただく刺し身は格別だ。
 30cmにもなる大きなものはなかなかの高級品だが、値段が安い小ぶりのものでも、わりと食べでがあってうれしい。丸ごと鍋やみそ汁に入れいると、驚くほど旨みが出る。
 丸ごとといっても、皮は硬いから、必ずはながくてはならない。でもそれも簡単。背びれや尾びれと頭の先を切り落とし、指をかけて尾まで引っ張ると、ビリリと一気にむけるのだ。名前の由来もそこにある。地方によってはハゲとかマルハゲなどと呼ばれるが「禿」ではなく「剥」が語源なので、念のため。

本日のカウント
本日の歩数:11,692歩
(本日のしっかり歩行:0歩)
本日:51.4kg、10.3%
本日の割り箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個

|

« 「完熟王」「純輝鶏」、そして「土井善晴の料理は楽し」(10-4)「鶏肝の生姜煮」 | トップページ | 「小田原蒲鉾」、そして「浜松夜話」第8話「その男、飛び込め新天地」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「完熟王」「純輝鶏」、そして「土井善晴の料理は楽し」(10-4)「鶏肝の生姜煮」 | トップページ | 「小田原蒲鉾」、そして「浜松夜話」第8話「その男、飛び込め新天地」 »