« 「司牡丹 純米酒」、そして「ブラウンスイス牛コンビーフ」 | トップページ | 「がんばりすぎない 毎日のおいしいごはん」(13)「ボリュームサラダ」 »

2019年9月30日 (月)

「いただきます 作りおきできるおかず」

 昨日のテレビ「ごちそうカントリー」は、「高濃度トマト」。
https://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/archive/?seq=65470
「小山町」
*横井文人
*アメーラ(桃太郎系トマト)
 水ヲギリギリまで絞って濃縮した実にすると甘みが増す。
「袋井市」
*前田隆広
・スイートピュア
※溶液ワンポット栽培
「JA遠州夢咲」
*石谷さん
*待ってたトマト
「おいしいをつくりましょ。」
【スイートピュアのグラタン】
『材料』(2人分)
・スイートピュア・・・4~5個
・玉ネギ・・・1個
・ベーコン・・・40g
・マカロニ・・・30g
・ピザ用チーズ・・・20g
・バター・・・40g
・小麦粉・・・50g
・牛乳・・・400cc
・生クリーム・・・200cc 
・塩・コショウ・・・少々
・バター・・・10g
・パセリ・・・少々
『作り方』
①タマネギを千切りにする
②スイートピュアは飾り用は少し厚めの輪切りに、中に入れるものはざく切りにする
③鍋にバターを入れてタマネギを炒める
④タマネギがしんなりしたらベーコンを加えて炒める
⑤別の鍋でホワイトソースを作る。バターを入れて溶けたら小麦粉を加えよく炒める
⑥牛乳を少しずつ加え、だまにならないようによく混ぜ合わせる
⑦ホワイトソースを先ほど炒めた野菜と合わせる
⑧スイートピュアとゆでたパスタを加えて塩コショウで味を調える
⑨バターを塗った耐熱皿に盛り付けスイートピュアとピザ用チーズをのせて210℃のオーブンで焼き色がつくまで焼く
⑩刻んだパセリを飾れば完成
【スイートピュアを使ったピザ】
『材料』(1ホール分)
〈ピザ生地〉
・強力粉・・・340g
・砂糖・・・大さじ3
・ドライイースト・・・4g
・バター・・・30g 
・牛乳・・・225cc
・塩・・・小さじ1/2
〈トマトソース〉
・トマト水煮・・・1缶
・スイートピュア・・・2個
・玉ネギ・・・1個
・トマトケチャップ・・・30cc
・オレガノ・・・少々
・塩・コショウ・・・少々 
・ニンニク・・・1片
・サラダ油・・・適量
〈具〉
・玉ネギ・・・1/2個
・ピーマン・・・2~3個
・スイートピュア・・・2個 
・ピザ用チーズ・・・適量
・モッツァレラチーズ・・・1袋
・ハム・・・1枚
『作り方』
①ピザ皮は、ボウルに強力粉、砂糖、塩、ドライイーストを入れ、全体を泡だて器で2~3回ほどかき混ぜる。
②牛乳を人肌に温め(1)に入れる。全体をよくかき混ぜ、バターを入れてさらによくかき混ぜよくこねる。
③発酵させる。2倍位の大きさになったらガス抜きをして、5等分に分けてのばす。
④トマトソースは、ニンニク、玉ネギをみじん切りにして鍋に入れ、サラダ油で炒め、トマト水煮を入れ、塩、コショウ、オレガノ、トマトケチャップ、スイートピュアを入れ煮詰める。
⑤トマトソースをピザ皮に塗る。
⑥具は、ハムとスライスした玉ネギ、ピーマンをピザ皮に散らす。
⑦スイートピュアを薄くスライスしたものをピザ全体に丸く乗せていく。
⑧スライスしたモッツァレラチーズを真ん中に乗せ、その外回りにピザ用チーズを乗せて、230℃で12分ほど焼く。
【スイートピュアのパフェ】
『材料』(1人分)
・スイートピュア・・・4個
・砂糖・・・大さじ2
・生クリーム・・・300cc
・砂糖・・・大さじ3
・バニラアイスクリーム・・・お好み
・コーンフレーク(シリアル)・・・少々
・ミント・・・適量
『作り方』
①スイートピュア3個を湯むきして種を除き、みじん切りにする。
②みじん切りにしたスイートピュアを鍋に入れて火にかけ、砂糖を加えて、ペースト状になるまで煮る。その後冷ましておく。
③生クリームに砂糖を加えてしっかりとホイップする。
④これを2つに分け、一方はそのまま、もう一方はペースト状のトマトを加える。
⑤パフェグラスにコーンフレークを少量入れ、その上にバニラアイス、スイートピュアを角切りにし2~3個乗せる。
⑥その上に更にバニラアイス、トマトを飾り、2種類のホイップを絞り、ミントを乗せる。

 JA静岡経済連から「アメーラ(1箱)」を5名様にプレゼント!
http://group.ja-shizuoka.or.jp/

 「おぎやはぎのハピキャン ~キャンプはじめてみました~」は、「阿諏訪流ブッシュクラフトキャンプ」。
https://www.nagoyatv.com/happycamper/backnumber/entry-18132.html
・山菜の天ぷら
①薄力粉を密閉袋に入れて持ってくる。
②キャンプ場に着いて、水とマヨネーズを入れる。
③②の衣をつけ、カリフラワー、フキ、真竹などを揚げる。
・ホイル焼き
①アルミホイルを2重にして、バターを入れ、とうもろこし、アスパラガスなどの野菜を入れ、包む。
②炭火に入れる。
③醤油をかけて食べる。
・真鯛のアクアパッツア
①鍋に、マダイ、ホンビノス貝、スライスしたニンニク、ミニトマト、オリーブ、スライスしたレモンなどを入れ火にかける。
②食べ終わって残った汁に牛乳、パンを入れ「パングラタンスープ」にする。
③チーズをのせ、パセリをふる。蓋をしてひと煮立させる。

 先日の「まんぷく農家メシ!」は、「山梨県 甲州市勝沼町」「ぶどう」。
https://www.nhk.or.jp/program/manpuku/recipe/dg0_190925.pdf
<大善寺 薬師堂>ぶどう寺
※奈良時代には、すでにぶどうを栽培していたと言われる。
*絶妙な甘みと酸味!勝沼の黒いぶどう 内田利一
※朝晩の気温差が大きい。
 水はけがいい土壌
・黒いぶどう、赤いぶどう、緑のぶどう
 巨峰、ピオーネ、ブラックキング(「山梨46号」と「ピオーネ」の掛け合わせ
*義理の娘と作る 女子力UPレシピ! 辻洋子
*藤稔
【ぶどうサラダ】
『材料』
 ぶどう(8粒)、 サニーレタス(4枚)、トマト(1/2)、モッツアレラチーズ(6個)、 生ハム(10枚)     <ドレッシング>     ぶどう(3粒)、オリーブオイル(大さじ2)、レモン汁(小さじ1)、塩 こしょう(少々)、     バジル(少々)
『作り方』
① 皮をむいたぶどうとモッツアレラチーズをそれぞれ生ハムで包み、野菜の上に トッピング。
② ドレッシング用に、皮をむいたぶどう、オリーブオイル、レモン汁、塩、こしょう、 バジルをフードプロセッサーに入れ、ぶどうの粒がなくなる程度に混ぜ合わせる。
③ ①に②をかければ完成。
【ワインソース添え ぶどうのベーコン巻き】
『材料』
 ぶどう(4粒)、ベーコン (2枚)、油(大さじ1)、ハーブ(適量)
<ソース>
 赤ワイン(大さじ1)、にんにく(5g)、マスタード(小さじ1)、砂糖(小さじ1/2)、塩 こしょう(少々)、バター(5g)
 『作り方』
① 皮が付いたままのぶどうの粒をベーコンで巻き、くしに刺した後、少し焦げ目が 付くまで中火で焼く。
② ①を取り出し、ベーコンのうまみが残ったフライパンで、ワインソースを作る。バターを溶かし、そこに赤ワイン、ニンニク、マスタード、砂糖、塩こしょうを 混ぜたものを入れ、アルコールが飛ぶまで煮詰める。
③ ①に②をかけて、ハーブも添えれば完成。
※ワンポイント:ぶどうのベーコン巻きを焼く際、焦げ目が付いたら弱火にして じっくり焼くと皮が柔らかくなる。
*農家兼劇団座長のぶどうづくし御膳! 三枝栄富
【ぶどうの天ぷら】
『材料』
 ぶどう(適量)、天ぷら粉(適量)、水(適量)、油 (適量)
『作り方』
①軸を少し残し、ぶどうの実を切り取る。
②少し固めに水で溶いた天ぷら粉をぶどうに絡め、160℃くらいの油で揚げる。
※ワンポイント:軸をつけると、ぶどうから水分が出るのを防げる。食べる前に軸を取り除く。 揚げすぎないこと。 
【ぶどう入りほうとう】
『材料』
 ぶどう(適量)、かぼちゃ(1/4)、インゲン豆(5本)、しめじ(適量)、なめこ(適量)、 油揚げ(4枚)ほうとう麺(300g)、煮干のだし汁(適量)、みそ(大さじ2)
『作り方』
① だし汁が沸騰したら、かぼちゃ、インゲン豆、しめじ、なめこ、油揚げを入れる。
② ①が沸騰したらほうとう麺を入れ、10 分ほど煮る。
③ みそを溶き、ぶどうの実を入れて 1 分ほど煮れば完成。
※ワンポイント:ぶどうは煮すぎないのがポイント。
【ぶどう寿司】
『材料』
 ぶどう(4 粒)、米(1 合)、赤ワインビネガー(小さじ 1/2)、すし酢(大さじ1)、     砂糖(大さじ 1/2)
『作り方』
①ぶどうの皮を入れて米を炊く。
②炊きあがったら皮は残したまま、赤ワインビネガー、すし酢、砂糖を合わせたものを ご飯に混ぜる。
③最後に細かく切ったぶどうの実を加えて混ぜる。
④おにぎり大にして、のりを巻く。
【大根のぶどう漬け】
『材料』
 ぶどう(2kg)、大根(2 本)、塩(50g)
『作り方』
①ぶどう、大根、塩を容器に入れ、10日ほど漬け込む。
※ワンポイント:使用するぶどうは、ベリーAがおススメ。

 「ますよね」より、楽天メール。「広島県産ジャンボ牡蠣メガ盛1kg」が、2,222円。送料無料!
https://item.rakuten.co.jp/masuyone/130030-2ps3/?scid=me_ich_pcn_301_20190930_6507586_001
 「海鮮 かに処」より、楽天メール。早割りおせち4,500円OFF!
https://item.rakuten.co.jp/kanidokoro/060/?scid=me_ich_pcn_301_20190930_6507591_001
 「島の人 礼文島の四季」より、楽天メール。「ほっけスティック」が、800g、25%OFFで、2,990円!
https://item.rakuten.co.jp/rebun/bhk_s4/?scid=rm_198862

 今日の仕事・・・。
 H社の定袋の出し方なんて知らないよ!誰も教えてくれなかったんだから・・・。それに、ゴミの処理方法・・・そんなの聞いていないよ!全くこの会社は、新人研修がなってないね!!!
 「社員食堂」・・・この会社の昼食日のテレビは「ヒルナンデス」なんです!今日の、番組は、オバチャンたちが、注目!!!
http://www.ntv.co.jp/hirunan/

 仕事を終え、帰宅・・・。こっちは、信号を右折したい・・・赤になっても突っ込んでくる車がある・・・こっちが右折できないじゃないですか!!!・・・後続車は、どうしたんでしょう???右折できなかったんじゃないんですか???「自分さえよければよい」という自分勝手な運転だ!!!

 「遠鉄ストア」に寄り、『ふれ愛交差点』10月号をもらい帰宅。

 帰宅して、とりあえずビール!今日は、ビールを飲みたい雰囲気なんです!
002_20190930175801

 おつまみは、先日、100g105円のところ半額で買った「国産若鶏砂肝」を、塩コショウで焼きましょう!
スーパー生鮮館TAIGA (株)アイスコ
浜松市中区鍛冶町15
TEL 053(452)2457

 ここで、「いただきます 作りおきできるおかず」の引用♪、
 2017年10月1日の「いただきます 作りおきできるおかず」は、【豚ロース肉のからし風味】(301kcal)。
『主な材料』(4人分)
・豚ロース肉(とんかつ用)・・・4枚(400g)
・タマネギ・・・大1個
・ニンジン・・・1/2本
・白ワイン・・・大さじ2
・練りがらし・・・小さじ2
・パセリ・・・1枝
『作り方』
①タマネギは薄切り、ニンジンは3~4cm長さの短冊切りにする
②肉は赤身と脂身の間にある筋に切り込みを入れ、両面に塩小さじ1/2、こしょう少々をふる
③深めのフライパンに野菜の半量を敷き、肉を並べる。残りの野菜をのせ、白ワインを加える。ふたをして火にかけ、ふつふつしたら弱火にして10~12分蒸し煮にする。冷めたらからしを混ぜる。
 3日保存可能。食べるときに温めなおし、パセリを散らす。

 2017年10月2日の「いただきます 作りおきできるおかず」は、【焼き野菜のマリネ ニンニク風味】(45kcal)。
『主な材料』(4人分)
・カブ・・・2個
・ズッキーニ・・・1本
・パプリカ(黄)・・・1/2個
・エリンギ・・・大1本
・ニンニク・・・少々
・白ワイン・・・大さじ1
『作り方』
①カブは茎を1cmほど残し、葉は切り落とす。皮つきのまま1cm幅のくし形に切る
②ズッキーニは4cm長さに切り、縦に四つ割りにする。パプリカはひと口大に切る。エリンギは長さを半分にし、縦四つか六つに切る。
③ニンニクをすりおろし、白ワイン、酢大さじ1、オリーブ油大さじ1、塩小さじ1/4をボウルに合わせる
④フライパンに油を入れずに野菜を入れ、中火で全体に焼き色が付くまで焼く。熱いうちに③につけてなじませる。
 3日間保存可能。

 2017年10月3日の「いただきます 作りおきできるおかず」は、【蒸し鶏のオイルづけ】(334kcal)。
『主な材料』(4人分)
・鶏むね肉(皮なし)・・・2枚(400g)
・長ネギ・・・20cm
・ショウガ・・・2かけ(20g)
『作り方』
①鶏肉は身の厚い部分に切り込みを入れる。耐熱容器に肉を入れ、塩小さじ1/4、酒大さじ3をなじませ、ラップをして500Wの電子レンジで約8分加熱する(途中上下を返す)。2cm幅に切る
②長ネギ、ショウガはみじん切りに
③深めのフライパンに油150mlを入れて160℃に温める。火を止めて、②を加える。塩小さじ1/2、しょうゆ大さじ1/2、こしょう少々を加えて混ぜ、①にかける。冷蔵庫で30分ほどなじませる。
 3日保存可能。

 2017年10月4日の「いただきます 作りおきできるおかず」は、【イカの甘辛煮】(132kcal)。
『主な材料』(2人分)
・イカ・・・1ぱい(300~350g)
『作り方』
①イカは胴をおさえて足をひっぱり、内臓を引き抜く。軟骨を除き、中を洗って水気をふく。目の下のところで足を切り離し、輪になっている部分を開く。丸い形をしたくちばしを除き、吸盤は指でしごきとるか、切り取る
②胴は1cm幅の輪切りにする。足は2~3本ずつ切り離し、5~6cm長さに切る
③深めのフライパンに水・しょうゆ各大さじ2、みりん・酒各大さじ1と1/2を入れて煮立て、イカを加え、混ぜながら強めの中火で1~2分煮る。
 汁ごと容器に入れて3~4日保存可能。

 2017年10月5日の「いただきます 作りおきできるおかず」は、【切り干し大根と牛しゃぶのマリネ】(126kcal)。
『主な材料』(4人分)
・牛もも肉(しゃぶしゃぶ用)・・・100g
・切り干し大根・・・30g
・ニンニク・・・小1片(5g)
・ショウガ・・・小1かけ(5g)
・いりごま(白)・・・大さじ1
『作り方』
①ニンニク、ショウガはみじん切りにし、ごまはきざみ、砂糖・酢・ごま油各大さじ1、しょうゆ大さじ2を合わせる
②切り干し大根は洗って、熱湯でさっとゆでる。粗熱が取れたら水気を絞って4cm長さに切り、①につける
③熱湯で、肉を1枚ずつゆで、水気をきって②につける。
 3日間保存可能。
④食べるときはプリーツレタス(材料外)などと合わせてボリュームサラダに。

 2017年10月6日の「いただきます 作りおきできるおかず」は、【生揚げとレンコンの煮物】(132kcal)。
『主な材料』(4人分)
・生揚げ・・・1枚(200g)
・レンコン・・・200g
・サヤインゲン・・・5本
・赤唐辛子・・・1/2本
『作り方』
①レンコンは、7~8mm厚さに切り、水にさらす。インゲンは3~4cm長さに切る
②生揚げは熱湯をかけて油抜きをし、縦半分に切り、1cm幅に切る。唐辛子は種を除く
③鍋にごま油大さじ1/2を温め、レンコンと唐辛子を入れて炒める。生揚げと水100ml、砂糖・酒各大さじ1、しょうゆ大さじ1と1/2を加えて、ふたをして中火で7~8分煮る
④インゲンを加えて、煮汁がなくなるまで煮る。
 3日間保存可能。
(ベターホームのお料理教室)

本日のカウント
本日の歩数:9,656歩
(本日のしっかり歩行:0歩)
本日:50.8kg、7.9%
本日の割り箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個

|

« 「司牡丹 純米酒」、そして「ブラウンスイス牛コンビーフ」 | トップページ | 「がんばりすぎない 毎日のおいしいごはん」(13)「ボリュームサラダ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「司牡丹 純米酒」、そして「ブラウンスイス牛コンビーフ」 | トップページ | 「がんばりすぎない 毎日のおいしいごはん」(13)「ボリュームサラダ」 »