« 「赤 霧島」、そして「あぶり鮎」 | トップページ | 9月の食材「かぼちゃ」「ぶどう」「さんま」 »

2019年9月 9日 (月)

「小田原蒲鉾」、そして「浜松夜話」第8話「その男、飛び込め新天地」

 今日は、9月9日、「重陽(ちょうよう)の節句」。
 「重陽の節句」は、人日(じんじつ)の節句(1/7)、上巳の節句(3/3)、端午の節句(5/5)、七夕(しちせき)の節句(7/7)と並ぶ、五節句の一つです。中国ではこの日は縁起が良いとされる陽数(=奇数)が二つ、それも最大の「9」が重なることからとてもめでたい日とされ、盛大なお祝いが行われました。この習わしが日本の宮中に伝わり、庶民にも広まったようです。
 重陽の節句は別名「菊の節句」ともいわれています。生命力が強く、邪気をはらうとされる菊の花を観賞し、菊の花びらを浮かべた菊酒を飲んで、長寿を願いました。また、栗の収穫時に重なるため、「栗の節句」と呼ぶこともあります。生気に満ちた栗を栗ごはんにして食べ、五穀豊穣を祈る風習も残っています。
【菊とほうれん草の酢のもの】(24kcal)
『材料』(3~4人分)
・食用菊・・・1/2パック(50g)
・ほうれん草・・・1束(250g)
・A
 酢、だし汁(または水)・・・各大さじ2
 砂糖、しょうゆ・・・各小さじ1
 塩・・・少々
『作り方』
①菊はガクから花びらをはずす。鍋に4カップの湯を沸かし、酢大さじ1(材料外)を加えて菊を入れ、浮かないように箸で押さえながら2分ほどゆでて冷水にとり、水気をよくしぼる。
②再び5カップの湯を沸かし、塩小さじ1/2(材料外)を加えてほうれん草を根元から入れる。1分ほどゆでて水にとり、流水で手早く冷ます。水気をよくしぼり、長さ3cmに切る。
③ボウルにAを入れて混ぜ、1、2を加えてあえる。
http://cgc-kitchen365.jp/search/detail/5d48f7cc3ae008b307d54ed8
【なすと鶏むね肉の揚げびたし】(394kcal)
秋なすを使ったごはんに合うおかず
『材料』(2人分)
・鶏むね肉・・・1枚
・なす・・・2本
・塩、こしょう・・・各少々
・薄力粉・・・適量
・A
 だし汁・・・1/2カップ
 しょうゆ・・・大さじ1
・サラダ油・・・大さじ4~5
・かいわれ菜(食べやすい長さに切る)・・・適量
『作り方』
①鶏肉はひと口大のそぎ切りにし、塩、こしょうをふり、薄力粉を薄くまぶす。なすは縦半分に切り、幅1.5cmの斜め切りにする。Aはバットに混ぜ合わせる。
②フライパンに油を中火で熱し、なすを返しながら2分~2分30秒揚げ焼きにして、1のバットにつける。続けて鶏肉を返しながら3分揚げ焼きにし、1のバットにつける。すぐに食べられるが、10~15分おくと味がなじむ。器に盛り、かいわれ菜を添える。
http://cgc-kitchen365.jp/search/detail/5d48f7cc3ae008b307d54ee7

「重陽の節句」
 「重陽の節句(旧暦の9月9日)」は中国で陽とされる数字の”9”が重なるおめでたい日として、神聖な植物とされる菊の露を飲んで長寿を願ったことが始まりと言われています。
 この風習は日本にもたらされ、平安時代の宮中では菊の花を愛でる「菊の宴」が催されました。江戸時代には庶民の間ににも広まり、菊の花を観賞したり、菊酒が飲まれました。
 古代中国で不老長寿の力を持つと信じられた菊の花にあやかろうと、日本の一部の地域では、菊花茶や菊酒、菊と使った料理などをいただく風習があります。
https://washokujapan.jp/
*IDEA.01「菊で重陽を楽しむ!」【浮かべるだけアレンジ】
 難しいテクニックを使わず、お花を楽しみませんか?茎を短く切った菊を、水を張ったお皿に浮かべるだけ。邪魔にならないので食卓や玄関などにどうぞ。
①お好きな菊の花とグリーンの茎を短く切ります。
②少し深さのある小鉢などに水を張り、バランスよくお花を浮かべます。マグカップなどを使う場合は茎を少し長めに切ると◎。
「こんな楽しみかたも」【菊花茶の代わりにカモミールティー】
 手に入りづらい菊花茶の代わりに、同じキク科のカモミールのお茶はいかが?カモミールティーはスーパーマーケットなどでも手に入りやすいハーブティー。眠れない、冷えるといった女性に多い悩みにうれしいお茶です。
*IDEA.02「菊で重陽を楽しむ!」【甘栗でできちゃう栗ご飯】(334kcal)
『材料』(4人分)
・むき甘栗・・・2袋(1袋55g) 
・米・・・2合 
・A
 水・・・2カップ 
 酒・・・大さじ1 
 塩・・・小さじ1/2 
『作り方』
<下準備>
〇米は洗って水けをきり、炊飯器に入れ、Aを入れて30分ほどおく。
『作り方』
①炊飯器に甘栗を入れ、炊飯する。
②炊き上がったら全体を混ぜ、茶わんに盛る
http://recipe.ajs.gr.jp/recipe/2019kr09-23

 昨日のテレビ「ごちそうカントリー」は、「静岡市」「洋菊 マム」。
https://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/archive/?seq=65039
*海野 大夢
*洋菊 20品種(クリセンセマム)
 ジェイミー:ポンポン咲き
 八重:デコラ咲き
 ヘッジホッグ:スパイダー咲き
 苗をうえてから3か月ぐらいで収穫。丈が90cmぐらいで満開になってから出荷。

 先日の「まんぷく農家メシ!」は、「秋田県秋田市」「比内地鶏」。
https://www.nhk.or.jp/program/manpuku/recipe/dg0_190904.pdf
 国の天然記念物 比内地鶏のオス×ロードアイランドレッドのメス
 比内地鶏の飼育期間 150日以上
*うまみと歯ごたえ! ささいな変化を常に観察 後藤 久美
 1mあたり5羽以下。
 羽に光沢があるってことは、健康。弱ってくると羽を下げる。
 歩く速さ、顔色を常に観察
 つつくのでトタンの壁にする。
・比内地鶏のコロコロ焼き
『材料』
 比内地鶏のもも肉・むね肉(適量)、塩・コショウ(お好みで)
『作り方』
①油はひかずに、食べやすい大きさに切った肉をホットプレートで焼く。
※最初は塩・コショウせず、素材のうまみを味わって食べるのがおすすめです。
*「輝け★青年部 究極の親子丼&きりたんぽ鍋 杉渕 渉、小野 泰成、成田 晴茂
・究極の親子丼
『材料』
 比内地鶏のむね肉・もも肉(各 100g)、たまねぎ(1/2 個)、比内地鶏の卵(5個)、 鶏ガラスープ(150mL)、和風だしのつゆ(大さじ3)、せり(お好みで)、 ごはん(あきたこまち)
『作り方』
① 比内地鶏のむね肉・もも肉は、ひと口大に、たまねぎは薄切りにする。
② フライパンに鶏ガラスープと和風だしのつゆを入れ、軽く沸騰したら、 むね肉・もも肉・玉ねぎを投入。フタをして玉ねぎが半透明になるまで煮る。
③ ボウルに卵を割り入れ、軽くと溶きほぐす。
④ ②に③を6割ほど入れ、フタをして、卵が半熟になるまで煮る。
⑤ 残りの③を入れ、火を消して、20秒ほど蒸す。
⑥ ごはんに⑤を乗せ、お好みでせりをのせたら完成。
※卵を2回に分けて入れると食感の違いが楽しめます。 ※鶏ガラスープの作り方は、「究極のきりたん鍋」のところで紹介しています。
・究極のきりたんぽ鍋
『材料』
  鶏ガラスープ:比内地鶏の鶏ガラ(3羽分)、水(5L)、昆布(50g)、にんじん 1 本、たまねぎ(小・5 個)     きりたんぽ鍋:鶏ガラスープ(1.2L)、しょうゆ・和風だしのつゆ(各 35mL)、     比内地鶏のもも肉・むね肉・皮など(300g)、ごぼう(1 本)、きりたんぽ(13 本)、 まいたけ(70g)、せり(100g)、長ねぎ(1本)
『作り方』
① 沸騰したお湯に比内地鶏の鶏ガラを入れ、アク抜きをする。(鶏ガラはお湯に入れたら、すぐとりだしてください)
② 鍋に水、①、昆布、にんじん、たまねぎを入れ、弱火で 6 時間以上煮込む。
③ ②をザルで濃したら、自家製鶏ガラスープの完成。
④ 比内地鶏のもも肉・むね肉・皮は食べやすい大きさに、ごぼうはささがき、せりは 5 センチに切り、長ねぎは斜め切りに、まいたけはほぐしておく。
⑤ 鍋に鶏ガラスープ、しょうゆ、和風だしのつゆを入れ、ひと煮立ちさせる。
⑥ ⑤にごぼうを入れ、ひと煮立ちさせた後、比内地鶏の肉を加え、さらに ひと煮立ちさせる。
⑦ ⑥にきりたんぽを入れ、もう一度ひと煮立ちしさせたら、まいたけ、せりの根本、長ねぎを入れ、最後に、せりの葉を加えて完成。
※きりたんぽのスープは味見をしながらお好みの味に仕上げてください
※きりたんぽは囲炉裏で全面焼きました。自家製のため小さめです。13本という量はご参考までに
*パラグアイ~オーストラリア~北秋田 夢追い夫婦のアウトドアレシピ 加藤 吉弘
・砂肝のスープ
『材料』
 比内地鶏の砂肝(4 個)、にんにく(2かけ)、マッシュルーム(4 個)、ローリエ1枚、 鶏ガラスープ(2L/1L ずつ使用)、比内地鶏の脂(少々)、たまねぎ(大・1個)、 塩(適量)、ライム(お好みで)
『作り方』
① 比内地鶏の砂肝の筋を取り、食べやすい大きさに切る。熱湯に砂肝をサッと通し、アク抜きをする。さらに冷水で洗う。
② にんにくは半分に、マッシュルームは 1/4 に切り、たまねぎは薄切りにする。
③ 鍋に鶏ガラスープ1L、①の砂肝、ローリエを入れ、30分程度やわらかくなるまで煮込む。
④ にんにく、マッシュルームを加え、さらに煮る。
⑤ フライパンに比内地鶏の脂を熱し、たまねぎを弱火で炒める。
⑥ ⑤に鶏ガラスープ1L を加え、よく煮込む。
⑦ ④に⑥をクッキングペーパーを敷いたザルでこしながら入れる。
⑧ 塩で味を整えたら完成。
・まるごとローストチキン
『材料』
 比内地鶏(1羽)、サラダ油・塩(適量)
『作り方』
① 味が染みこみやすく、また肉質をやわらかくするため、比内地鶏の表面全体をフォークで刺し、穴をあける。
② サラダ油、そして塩を全体にもみ込む。
③ BBQ用のコンロなどで1時間~1時間半かけて、数回ひっくり返しながら、じっくりと中まで火を通す。
※塩は多めに揉み込むのがオススメです。
※Rico = スペイン語「おいしい」

 「キリン」より、メール。「新・一番搾りファンの皆様に一番搾り歴代売上No.1感謝の気持ちをこめて!抽選で新・一番搾りを200名様にプレゼント♪
https://www.kirin.co.jp/products/beer/ichiban/campaign/rekidai_201909/?utm_source=ismn&utm_medium=email&utm_campaign=own-IS_ismn_190909&utm_content=2&agechk=1

 仕事を定時に終え帰宅。
 前年度までの職場の営業所長より電話があったらしい・・・携帯を見ると、お昼と5時過ぎに着信履歴有・・・でも、職場は、携帯はマナーモードにしておかないといけないです。おまけに、「誰かが仕事中に携帯やスマホをいじっていたら、全員持ち込み禁止」なんていう小学生用のルールみたいのがある職場なんです!!!???・・・・該当者だけ、罰すればいいじゃないのかな???
 明日の午後電話が欲しいということなので、明日電話します。(今、電話してもこちらは何も問題ないんですけどね・・・。)

 晩酌をしましょう!
002_20190909175501

 おつまみは、先日半額の128円で買った「小田原かまぼこ」を「わさび醤油」で頂きましょう!
豆かま
 小田原かごせい
無でんぷん仕上げ
※「小田原かごせい」は、(株)籠清の登録商標です。
※「小田原蒲鉾」「小田原かまぼこ」は地域団体商標です。
内容量 120g
100g当たり 87kal
製造者 株式会社 龍清S
神奈川県小田原市本町3-5-13
TEL 0120-22-5375
http://www.kagosei.co.jp

 それに、「レタスとタマネギのサラダ」、「ジャガイモと魚肉ソーセージ炒め 塩コショウで」♪

 ここで、2019年8月17日の朝刊より、「浜松夜話第8話「その男、飛び込め新天地」の引用♪
 いつの間にか梅雨は明け、本格的な夏である。七月末、浜松市から三重県伊賀市に転勤することになった後輩のK(25)から「最後に飲みませんか」と連絡が来た。「最後とか寂しいこと言うなよ」。浜松市中区田町の居酒屋「稲作」でもてなした。
 平日だが常連客でにぎわっている。寡聞な私が知る限り、街中で最も歴史ある店ではなかろうか。店主で二代目の山内正夫さん(80)によると、戦前の一九三七年に千歳町で開店した。戦争を挟み、四九年に田町で仕切り直し、九〇年から現在の店になった。
 お薦めは、御前崎の漁港から仕入れた新鮮な魚料理。焼き鳥もうまい。冬にはおでんも好評だ。
 われわれ二人は焼き鳥に、唐揚げ、手羽先を頼み、ビールで乾杯する。座敷からカウンターから、至る所で注文の声。額に汗する山内さんだが、テレビのナイター中継でひいきの巨人の攻撃が盛り上がるたび、手が少し止まる。今宵の相手は広島だが、中日新聞社員としては巨人は永遠の仇敵である。負ければいいのに。
 Kはこれから忍者の里・伊賀で記者として羽ばたく。忍者に襲われないか不安なのか、いろいろアドバイスを求めてくるが、私だって日々、五里霧中、暗中模索なのだ。あんまり偉そうなことは言えない。「まあ、いつか一緒に仕事ができたらいいな」と手羽先を頬張る。
 野球中継が騒がしくなったと思ったら、劣勢だった巨人が七回で1点差まで詰め寄っていた。山内さんが「よしっ!」と右手に握りこぶしをつくった。
 実は、ただの野球好きのおやじではない。浜松商や中央大で水泳の飛びこみ選手として国体にも出場したアスリートだった。その後は地元浜松で後進の指導に専念し、全国で初めて小学生の飛び込みの大会を創設した立役者でもある。
 新たな新天地に“飛びこむ”Kへのアドバイス。浜松の飛び込み界のレジェンドに聞いてみた。「一生懸命やれば、人生、何とかなりますよ。後ろを振り返らずね」。そういえば、なぜか注文したのは鳥料理ばかり。結局前へ、飛ぶしかないってことだな。 
【今回の出費 二人で約六千円】
(鎌倉優太)
https://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/shizu_area/shizu_serial/list/2019/CK2019081702000217.html

本日のカウント
本日の歩数:10,402歩
(本日のしっかり歩行:0歩)
本日:51.5kg、10.4%
本日の割り箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個

|

« 「赤 霧島」、そして「あぶり鮎」 | トップページ | 9月の食材「かぼちゃ」「ぶどう」「さんま」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「赤 霧島」、そして「あぶり鮎」 | トップページ | 9月の食材「かぼちゃ」「ぶどう」「さんま」 »