« 「愛と青春の旅だち(An Officer And A Gentleman)」、そして「塩昆布・鰹昆布」 | トップページ | 「パテドカンパニュ」そして「<Life around the World>夏にいただきます!」 »

2019年7月22日 (月)

「赤ワイン FRANZIA」、そして「いただきます ナスを食べつくす」

 昨日のテレビ「ごちそうカントリー」は、「富士市」「しきみ 菊」。
https://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/archive/?seq=64191
*髙瀬真弘
*しきみ(根付き)富士市が生産量日本一!
*渡邉敬一朗
*菊
「おいしいをつくりましょ。」【枝豆入り 塩カステラ】
『材料』(パウンド型 25cm×8cm 8切分程度)
・枝豆(塩ゆで・むき身)・・・50g
・強力粉・・・60g
・卵・・・3個
・砂糖・・・30g
・塩・・・3g
・ハチミツ・・・大さじ2
・ザラメ・・・10g
・バター・・・適量
『作り方』
①あらかじめ型にバターを塗り、クッキングシートを敷いておき、ザラメ・枝豆を底に散らす。オーブンは170℃に予熱する。
②卵は、卵白と卵黄に分ける。ボールに卵白と塩を入れて白っぽくなるまで泡立て、砂糖を2、3回に分けて入れ、角が立つくらいのメレンゲを作る。
③(2)に黄身とハチミツを入れ混ぜ合わせる。
④ふるいにかけた強力粉を(3)に少しずつ入れゴムベラで優しく混ぜ合わせる。
⑤(1)に(4)を流し込み、温めたオーブンで170℃10分、140℃で20分程焼く。
⑥焼き上がったカステラは、ラップに包み常温で半日ほど寝かせるとしっとりする。
⑦好みの大きさに切り分け、器に盛りつければ完成。

 先日の「相葉マナブ」は、「マナブ!ご当地粉もの博」。
https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/story-backnumber/190609/
*山形県「どんどん焼き」
①小麦粉、ネギ、かつお節、ダシが入った生地に紅ショウガをいれ、鉄板に縦長にのばす。
②えび粉、青のり、海苔、魚肉ソーセージをのせ、ひっくり返す。
③ソースを塗る。割り箸に挟んで巻く。中濃ソースをかける。
*埼玉県「フライ」
①水で溶いた小麦粉にすりおろした大和芋、豚ひき肉、鶏がらスープの素、刻みネギを入れ、混ぜ合わせる。
②生地を薄く伸ばし焼く。3分ほど焼き、裏返す。
③しょう油ベースのタレを塗る。裏返す。タレを塗る。半分に折り畳み、青のりをかける。
*静岡県「しぐれ焼き」富士宮焼きそばが入ったお好み焼き。お好み焼きの上に麺が時雨のように落ちることから命名。
①富士宮焼きそばを炒める。ダシ汁、ソースを入れ、炒める。
②隣でお好み焼き粉を水で溶いた生地を焼く。トングで焼きそばをのせる。
③キャベツ、肉かす、干しえびをのせる。生地をかける。卵をのせ3分焼く。
④裏返し、ちょっと押す(生地と麺をカリカリに焼く)。もう一度裏返し、切れ目を入れる。ソースをかける。イワシのだし粉をかける。
*長野県「にらせんべい」
①ニラを2cmに切る。小麦粉を入れる。大根の味噌漬け、お味噌、砂糖、水、卵を入れよく練り合わせる。
②鉄板で小さめに焼く。引っくり返す。焦げ目がつくまで焼く。
*岡山県「カキオコ」牡蠣入りお好み焼き
①小麦粉、ダシ、キャベツの入った生地に卵を加える。天かすをいれてサクッと混ぜ生地を入れる(卵と天かすをキャベツ生地で挟む)。真ん中をあけ、卵を入れる。
②混ぜるようにして鉄板にのせる。
③牡蠣を動かさずに片面のみを焼く。
④焼いた面を下にして、生地にのせる。天かすをのせる。裏返す。
⑤下面にオリーブオイルを入れ、カリッと焼く。裏返す。ソースを半分の麺に塗る。半分は塩。
⑥かつお節、青のり、紅ショウガをのせる。
*愛知県「あんまき」旅人にふるまうお菓子として考案。
①生地を薄く均等に焼く為の型で生地を鉄板にのばす。
②生地に気泡ができたらあんこをのせる。手で生地を巻く。

 「KinKi Kidsのブンブブーン!」は、「これから流行るお店を紹介したい」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/cx/50474/1269526/
<渋谷ヒカリエ>
*《ダンプリングタイム 餃子時間》
・小籠包 キングダム (黒酢、赤酢)
・チーズチャーシューパオ
《FORTUNER tea-box》チーズティー専門店
・林檎ほうじ茶チーズミルクティー
・ストロベリーチーズティー
・鉄観音チーズティー
・チーズ抹茶オレ
《タイ屋台 999(カオカオカオ)》
・チーズ火山鍋
 ブルーマグマ
・豚の串焼き ~ムーピン~
・タイの鶏の唐揚げ ~ガイトード~
・海老トースト ~カノムパンナークン~
・バケツドリンク
 パクチーハイボール
 レインボー1(ノンアルコール)
 生ビール
・バケツパクチー

 「JAF」より、メール。
 フィットネス展で見つけた高タンパク低脂肪の「ちくわ」と「めん」を食べてみた。
http://fofa.jp/jafmate/c.p?32cDWed3dlB
 「キリン」より、メール。「お待たせしました!夏のクイズです!!『ビールとホップの関係クイズ』開催中!
 日本産ホップの試験栽培開始から100年!ということで、ビールとホップの関係をテーマにしたクイズ。ビールの魂ともいわれるホップについてどれだけ知ってるか、日ごろの勉強の成果、試してくださいね。
 キリン一番搾り生ビール350ml 缶 6本パックを100名様にプレゼントです!
https://click.mailinfo.kirin.co.jp/?qs=3b4ad3dc80f492ea73230ab9e879179f311f0fd90a4d0d501bf52a8c35b684c3beca51f5127078afed55b0ec4a3b467a00932e96a12bcad8
 「夏にぴったり!アロマホップの爽やかな香りが楽しめる「淡麗グリーンラベル[発泡酒]」1ケース(350ml缶×24本)が抽選で20名様に当たるチャンスです!」
 糖質70%オフなのに、満足感のある飲みごたえをぜひお楽しみください。
https://click.mailinfo.kirin.co.jp/?qs=2a22941f86f48c700f9be6c668c2eafaf88f3d2e49c1212157440a22c91683f05647a410b6210771b31ed1e7fd3e51a607e84fb2aca65e49

 今日の仕事・・・。
 月曜日の仕事は忙しいね・・・。「入庫」が終わり「出庫」しようとしたら、自分の置き場に、キープしておいた「バケット」がない!!!この職場は、人の物を勝手に持って行く盗人がいるらしい・・・!!!

 仕事を終え、帰宅途中「酒&FOOD かとう」に寄り、「むぎ焼酎 壱岐」40度3,240円を伝票にて買う。
https://slowkato.hamazo.tv/

 道路工事をしているね・・・5時を回ってもしているのはなぜ???

002_20190722181001

 帰宅して、昨日買った赤ワイン「FRANZIA フランジア赤」で一杯♪
CALIFORNIA RED Fresh & Fruity
3L
 Enjoy fresh taste and frutiy feel, every time.
WORLD’S MOST POPULAR WINE[
 1978年、「最後の一杯まで新鮮」という、革新的なワインがアメリカで発売されました。それがフランジア バック・イン・ボックス。ワインを注ぐたびに箱の中の袋が収縮し、空気との接触を最小限に抑えます。そこが瓶との大きな違いであり、バッグ・イン・ボックスの最大の特長です。
 気軽にいつでも、一杯だけでも。ワインは一度に飲みきらなくてもいいのです。
 フランジア バック・イン・ボックスは「開けてからおいしさ長持ち約1カ月」
輸入者 メルシャンワイン株式会社
東京都中野区中野4-10-2
TEL 0120-676-757
http://www.mercian.co.jp

 おつまみは、「焼きナ」♪
 焼きナスには、「七味醤油」をつけるのがいいのか、「ショウガ醤油」をつけるのがいいのか?・・・「ショウガ醤油」に軍配だな!!!
004_20190722181001

TOPVALU 豊かな風味 七味唐がらし
 唐がらし、ちんぴ、黒ごま、けしの実、麻の実、山椒、青のりを程よくブレンドした七味唐辛子です。
 うどん、そば、やきとり、みそ汁、鍋物、豚汁などにご利用ください。
内容量 27g
販売者 イオン株式会社 J101
千葉県千葉市美浜区中瀬1-5-1
TEL 0120-28-4196

 また雷がなっているよ・・・天気予報が当たらない天気だな・・・。
 一瞬停電・・・雷の影響のようだ・・・。

 2017年8月27日の「いただきます ナスを食べつくす」は、【ナスのペースト】(34kcal)。
『主な材料』(2人分)
・ナス・・・2個(140g)
・ニンニクのすりおろし・・・2g
・アンチョビー・・・2枚(10g)
『作り方』
①ナスはへたのまわりに切り目を入れ、がくを取る。グリルかオーブントースター(なければ220℃のオーブン)で、全体が軟らかくなるまで15分ほど焼く
②アンチョビーはみじん切りにする
③ナスはあら熱がとれたら、へたをとって皮をむく。包丁でペースト状になるまでたたき、ボウルに入れる
④③にニンニク、アンチョビー、オリーブ油小さじ1/2を加えて混ぜる。塩・こしょう少々で味を調える。パンにのせて食べるとおいしい。お酒のおつまみにも。

 2017年8月28日の「いただきます ナスを食べつくす」は、【ナスのレンジ蒸し】(60kcal)。
『主な材料』(2人分)
・ナス・・・2個(140g)
・タマネギ・・・20g
・ベーコン・・・1枚
・ナンプラー・・・大さじ1/2
・(あれば)香菜・・・少々
『作り方』
①ナスはへたを落とし、皮むき器で皮をしま目にむく。縦六つか八つに切る。耐熱皿にのせてラップをふんわりかけ、500Wの電子レンジで2~3分、軟らかくなるまで加熱する
②タマネギは薄切り、ベーコンは5mm幅に切る
③フライパンにベーコンを入れて中火で炒める。脂が出てきたらタマネギを加えて炒め、しんなりしたらナンプラー、水大さじ2を加える。ひと煮立ちしたら火を止める
④器にナスを盛り、③をかける。香菜を粗くきざんで散らす。

 2017年8月29日の「いただきます ナスを食べつくす」は、【ナスとジャコの混ぜごはん】(300kcal)。
『主な材料』(2人分)
・ナス・・・2個(140g)
・ミョウガ・・・1個
・シソの葉・・・5枚
・チリメンジャコ・・・大さじ2
・ごはん・・・300g
・いりごま(白)・・・小さじ1
『作り方』
①ナスはへたを落として縦半分に切り、薄い半月切りにする。水200mlに塩大さじ1/2を加え、ナスを5分ほどつける
②ミョウガは小口切り、シソはせん切りにし、一緒に水にさらし、水気をきる
③ジャコは熱湯に通し、ざるにあげる
④ナスの水気をしぼり、②を混ぜ、しょうゆ大さじ1と1/2をかけて水気をしぼる
⑤ごはんに③、④、いりごまを混ぜ、味を見て塩少々で調える。ナスは色が変わるので、食べる直前に混ぜる。

 2017年8月30日の「いただきます ナスを食べつくす」は、【ナスのココット】(162kcal)。
『主な材料』(1人分)
・ナス・・・1個(70g)
・タマネギ・・・1/4個(50g)
・トマト・・・1/2個(100g)
・バター・・・5g
・卵・・・1個
『作り方』
①ナス、タマネギはさいの目に切る
②トマトは種を除き、さいの目に切る
③フライパンにバターを溶かし、ナス、タマネギ、トマトを軽く炒め、塩・こしょう各少々をふる
④耐熱容器に入れ、卵を割り落として塩・こしょう各少々をふる
⑤竹串で卵黄を数ヵ所つついて膜に穴をあけ、ラップをかけて500Wの電子レンジで約1分30秒(オーブントースターなら、アルミホイルをかぶせて約10分)加熱する。
 ナスの代わりに、シイタケやズッキーニなどでも。

 2017年8月31日の「いただきます ナスを食べつくす」は、【ナスタコ揚げ】(196kcal)。
『主な材料』(2人分)
・ナス・・・3個(210g)
・ゆでダコ・・・100g
・長ネギ・・・5cm
・揚げ油・・・適量
・赤唐辛子・・・1/2本
『作り方』
①ナスはへたを落とし、縦半分に切る。皮面に2~3mm間隔で斜めに切り込みを入れ、三つに切る。赤唐辛子は小口切りにする
②砂糖大さじ1/2、しょうゆ・酢各大さじ1、赤唐辛子を合わせる
③タコはひと口大のそぎ切りにし、水気をよくふく。小麦粉大さじ1/2をまぶす
④揚げ油を170℃に熱し、ナスを揚げて熱いうちに②に漬ける。続けてタコを20秒ほど揚げ、②に漬ける。10分ほどおいて、味をなじませる。

 2017年9月1日の「いただきます ナスを食べつくす」は、【焼きナスの肉みそ青ユズ風味】(185kcal)。
『主な材料』(2人分)
・ナス・・・3個(210g)
・青ユズの皮(すりおろし)・・・少々
・鶏ひき肉・・・50g
・みそ・・・大さじ2
『作り方』
①ナスはへたを落として縦半分に切り、切り口をフォークでつつく
②フライパンに油大さじ1を温め、ナスを皮側から焼く。裏返してふたをし、中火で5分ほど焼く。耐熱皿(またはアルミホイル)に取り出す
③フライパンの油をあけ、残った油でひき肉を炒める。パラパラになったら、酒大さじ2、みそ、砂糖・みりん各小さじ2を加えて混ぜる。ナスにのせる
④グリルまたはオーブントースターで、表面に焼き色がつくまで焼く。ユズの皮をふる。
(ベターホームのお料理教室)

本日のカウント
本日の歩数:9,244歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.9kg、13.1%
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:1個

|

« 「愛と青春の旅だち(An Officer And A Gentleman)」、そして「塩昆布・鰹昆布」 | トップページ | 「パテドカンパニュ」そして「<Life around the World>夏にいただきます!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「愛と青春の旅だち(An Officer And A Gentleman)」、そして「塩昆布・鰹昆布」 | トップページ | 「パテドカンパニュ」そして「<Life around the World>夏にいただきます!」 »