« 「夏越の祓」、そして「島だこ冷やし唐揚げ」 | トップページ | 「長崎壱岐 山乃守」、そして「滋賀・米原の里山とオオムラサキを守る」 »

2019年7月 1日 (月)

「清香探撮(せいこうたんさつ)」アウトドア(2)「たきや亭」捕れたて 揚げてゆでて

 今日から7月、「壁紙」を変えましょう。
 2019年7月の壁紙カレンダー『 弟子屈町 摩周湖 』。撮影は、北海道の写真家 大柳雅資さんです。
 ここの景色は、摩周岳へ向かう、登山道の道中。霧の摩周湖と言われていますが、快晴の摩周湖の青色はとても神秘的に映ります。
https://item.rakuten.co.jp/snowland/kagebami-kitaguni/

 昨日のテレビ「ごちそうカントリー」は、「牧之原市」「メロン」。
https://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/archive/?seq=63847
*加藤久雄
 メロンを3つ実らせて、その中の一番いい実1つだけを残し、あとは摘果。残したメロンに栄養を十分に蓄えておいしいメロンを生産している。
 止め葉が黄色になったら収穫。
「おいしいをつくりましょ。」
【メロンの水まんじゅう】
『材料』(10個分)
・メロン・・・1/2個
・水まんじゅうの素・・・35g
・グラニュー糖・・・100g
・水・・・270ml
・こしあん・・・250g
・メロン果汁・・・20g
※「水まんじゅうの素」は製菓材料専門店やインターネットなどで購入可能です
『作り方』
①スプーンなどを使ってメロンを丸く切り抜いて10個分作る
②鍋に水まんじゅうの素と砂糖を入れてよく混ぜる
③水を少しづつ加え、だまにならないようによく練る
④鍋を火にかけとろみがつくまで混ぜる
⑤メロンの種の部分を裏ごしにした果汁を加える
⑥型に生地を少し入れてメロンとあんこを入れてさらに生地を流し入れる
⑦粗熱を取って冷蔵庫で2時間冷やせば完成
【メロンゼリー】
『材料』(3個分)
・メロン・・・適量
・ゼリーの素・・・70g
・水・・・300ml
『作り方』
①鍋に水を入れ、沸騰したら火を消し、ゼリーの素を加えよく溶かす
②適当なカップに注ぎ、メロンを入れ固める
※室温でも固まりますが、冷蔵庫で冷やすと一層おいしくお召し上がりいただけます。

 「本気プリ」は、「夏の情報超先取りSP」。
https://hicbc.com/tv/magipri/backnumber/190630/
<ナガシマスパーランド>
・白鯨
・ジャンボ海水プール 6/29(土)プール開き
《猿 Cafe 名駅桜通店》
☆小エビ&アボカドの手ごねハンバーグ(チーズ付き)
☆濃厚生クリームのチョコバナナシフォンケーキ
・牛肩ロースステーキプレート 1,180円
「マジ旅 in マカオ」
<マカオタワー>高さ338m
・バンジージャンプ スタンダードパッケージ 約5万2460円
 高さ223m
<セナド広場>世界遺産
 美しい石畳やパステルカラーの建物に囲まれた広場
《KIKA》ジェラード
・猫山王(ドリアン)

 先日の「まんぷく農家メシ!」は、「宮崎県宮崎市」「マンゴー」。
https://www4.nhk.or.jp/program/manpuku/recipe/dg0_190626_2.pdf
*究極の贈答品!宮崎完熟マンゴーを召しあがれ 黒木栄寿
※太陽のタマゴ:重さ350g以上、糖度15度以上などの基準を満たしたもの。
【マンゴーの切り方】
① マンゴーは果実の真ん中に、平たく大きな種がある。 そのため、切る人から見て、マンゴーのヘタがない方を手前に置き、 切る人からヘタが見えるようにする
② ヘタの両脇3㎜程度のところを、魚を3枚におろすように3つに切る。
③ カットした両端の部分を、皮まで切らないよう縦横に切れ目を入れて、 角切りにする
*マンゴーにフォーリンラブ?1年中楽しめるビネガーレシピ 児玉浩敬
【マンゴービネガー】
『材料』
 マンゴー・お酢・氷砂糖(各500g)、レモン(1個)、はちみつ(大さじ2)
『作り方』
①煮沸消毒した瓶に、氷砂糖、カットしたマンゴー、スライスしたレモン、はちみつ、 お酢を入れる。
② ①を 1 日 2 回くらい、逆さにして混ぜる。
③10日ほど置き、氷砂糖が溶けたら完成。
※マンゴー、お酢、氷砂糖は1:1:1の比率。約1年、保存できます。
【マンゴービネガーのソーダ割り】
 マンゴービネガーとソーダを混ぜ合わせる。 お好みでミントを飾れば、ソーダ割りのできあがり。
【ドライマンゴーと切り干し大根の酢の物】
『材料』
 ドライマンゴー(適量)、切り干し大根(100g)、きゅうり(1本)、 かにかまぼこ(60g)、塩(少々)、マンゴービネガー(大さじ6)、しょうゆ(少々)
『作り方』
① 切り干し大根を水で戻し、きゅうりはカットして塩もみしておく。
② ボールに①を入れ、ほぐしたかにかまぼこを入れる。
③ ②に、キッチンばさみで細かく切った、ドライマンゴーを入れる。
④ ③にマンゴービネガー、しょうゆを入れて混ぜ、1時間ほどなじませれば完成。
※ドライマンゴーがふやけるまで、1時間ほどおく。
*「目にもおいしい!ぜいたくマンゴープレート 鬼塚高幸
【マンゴーの照り焼きチキンバーガー】
『材料』
 鶏もも肉(300g)、塩(少々)
 マンゴーソース:マンゴー(40g)、 しょうゆ・みりん・酒(各大さじ1)
 タルタルソース:きゅうり(1本)、マヨネーズ(60g)
 バーガー具材:マンゴー(150g)、バンズ(4個)、クリームチーズ(適量)、 金時草(適量)、きゅうり(1本)
『作り方』
① マンゴーの種の部分の果肉をそぎ取り、しょうゆ、みりん、酒と一緒に ミキサーにかけて、マンゴーソースを作る。
② 鶏もも肉に塩をまぶし、皮を下にしてフライパンで両面焼く。
③ 鶏肉に火が通ったら①のソースをかけ、弱火でからめれば照り焼きチキンの完成。
④ 細かく刻んで水分をしっかりしぼったきゅうりを、マヨネーズと混ぜて タルタルソースを作る。
⑤ バーガー具材用のマンゴーを、スライスしておく。
⑥ バンズにクリームチーズを塗り、カットしたきゅうり、タルタルソース、マンゴー、 タルタルソース、金時草をはさみ、さらにタルタルソースを塗る。
⑦ ⑥に照り焼きチキン、タルタルソース、マンゴーをのせる。
⑧ 上にのせるバンズにクリームチーズを塗って、ピックではさめば完成。
※タルタルソースは糊代わりに使用、たっぷりつけるのがポイント。
【マンゴーパフェ】
<マンゴーゼリー>
『材料』
 マンゴー(220g)、水(200mL)、ゼラチン(5g)、水(少々)
『作り方』
① マンゴーをミキサーにかけてドロドロにし、裏ごししてマンゴーピューレを作る。
② ゼラチンを、水でふやかしておく。
③ 沸騰したお湯に②を入れ、しっかり溶かす。
④ ③に①を入れて、しっかり混ぜる。
⑤ バットに流し入れ、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。
<マンゴーチーズケーキ>
『材料』
 マンゴー(250g)、クリームチーズ(200g)、生クリーム(200mL)、 卵(2個)、小麦粉(大さじ3)、砂糖(90g)
『作り方』
① マンゴーをプロセッサーにかけて、マンゴーソースを作る。
② ボールにクリームチーズ、生クリーム、溶き卵、小麦粉、砂糖を入 れ、しっかり混ぜ合わせる。
③ ②を炊飯器に入れ、上から①をマーブル状に流し入れる。
④ ③を60分ほど、炊飯すれば完成。 (やわらかいときは、もう1回炊飯する)
<マンゴープリン>
『材料』
 マンゴー(500g)、グラニュー糖(60g)、水(200mL)、 植物性生クリーム(150mL)、ゼラチン(15g)、水(少々)
『作り方』
① ゼラチンを、水でふやかしておく。
② 鍋に水を入れ沸騰したら、グラニュー糖を入れてしっかり溶かす。
③ ②に①を入れ、沸騰しない火加減でしっかり溶かしてから、粗熱を取る。
④ カットしたマンゴーをボールに入れ、ゴロゴロ感を出すため粗くつぶす。
⑤ ③に④を入れ、しっかり混ぜる。
⑧ ⑤に生クリームを 2 回に分けて入れ、混ぜる。
⑦ バットに入れて、冷蔵庫で 3 時間ほど冷やせば完成。
※マンゴーは粗めにつぶして、ゴロゴロ感を出すのがポイント。
※マンゴーの果肉 500gは、マンゴー100gとマンゴー100%ジュース 400mLでも 代用可能。
<マンゴーパフェ>
『材料』
 マンゴー・マンゴーゼリー・マンゴーチーズケーキ・マンゴープリン・生クリーム (各適量)、ミント(お好み)
『作り方』
① グラスにマンゴーゼリー、ホイップした生クリーム、カットしたマンゴーを入れて、 隙間に生クリームを詰める。
② ①の上にマンゴーチーズケーキ、マンゴープリンを入れる。
③ スライスしたマンゴーでバラを作り、②の上にのせてミントを飾れば完成。
※その他、お好みでアレンジしてお楽しみ下さい。

 「海の幸なのにTAMATO」より、楽天メール。「三陸産秋刀魚」3kg4,480円の案内♪
https://item.rakuten.co.jp/sfd-ymt/sa-00005/?scid=me_ich_pcn_301_20190701_6509604_001
 「西野屋食品株式会社」より、楽天メール、「珍味しじみ」が、30g×5袋1,000円。しかも送料無料!
https://item.rakuten.co.jp/nishinoya-k/10-0-46/?scid=me_ich_pcn_301_20190701_6509614_001
 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「水郷どりの蒲焼き」♪
https://grp03.id.rakuten.co.jp/rms/nid/login?service_id=c23&return_url=%2FgetCoupon&coupon_key=1143133199

 今日の仕事・・・・
 やっと「健康保険証」が届いた。2か月と3週間かかったよ・・・なんで、こんなに時間がかかるの???「公務員」でももっと仕事が早いよ!!!・・・「怠慢」なのは、誰なんでしょう???
 黒ボールペンを使い切った・・・就職してから、2回目だね!仕事を、モーレツにやっているからすぐにインクが無くなるね!!!
 昔、農業を手伝っていた時に、コンテナを持ち上げるのに力がいったよね・・・楽な仕事なんてないんだよね!!!
 昼食が塩分多めなのか・・・喉が渇く。職場はエアコンが効いているのに・・・。「食堂」は、エアコンが切ってある!!!

 仕事を終え、「酒&FOOD かとう」に寄る。「長崎壱岐 山乃守」35度2,786円を伝票にて買い帰宅。これは、珍しい焼酎だよね♪♪♪
https://slowkato.hamazo.tv/

 帰宅して、「とりあえずビール」!・・・喉が渇いていたんです!!!「ビール」が旨い!!!

008_20190701180901

 おつまみは、「すっぽん」スープの鍋♪
 料亭向けにお作りしていりものをご家庭でも味わえるよう少量パックにしました。
内容量 250g
※薄める際は、塩で味を整えて下さい。
製造者 ハママンフーズ(株)
新潟県長岡市新産2-9-7
TEL 0258-46-6868

004_20190701180901

 「長野県産白菜」を入れましょう。
002_20190701180901

 「えのきだけ」も入れましょう。
 えのき茸は低温でじっくり栽培することで品質が高まります。
 日持ちが良く、歯ごたえのある食感にこだわりました。
【えのきの天ぷら】
『材料』(2人分)
・えのき・・・1袋
・天ぷら粉・・・適宜
・水・・・適宜
『作り方』
①えのきは石突きの部分を切り、食べやすくスライスする。
②ボールに天ぷら粉・水を入れ、さっくりと混ぜる。
③①に②の衣をつけ、170度に熱した油で、カリッとするまでゆっくり揚げる。
※このえのき、茎の部分がしっかりしているので、カリッと揚げると末広がりになります。
名称 えのきだけ
生産地 長野県
JA中野市
長野県中野市三好町1-2-8
TEL 0269-22-4195
http://www.ja-nakanoshi.iijan.or.jp/blog/

006_20190701180901

 豆腐は「富士山の伏流水 もめん」。
300g
100g当たり72kcal
販売者 静流食品株式会社 MF3
静岡県富士市大渕字元篤3800-50
TEL 0120-71-8323

 もう7月だね・・・「浜名湖」の「たきや漁」に行きたいね!これが面白いんだな♪♪♪4人セットで1艘の船を借りるんだよ!
 「焚き矢漁」をいう字を書くという人もいる!
http://www.geocities.jp/je2fmv2011/takiya.html
「たきや漁」
・1隻(4名マデ)、調理なし 27,000円
※獲れた獲物は全てお持ち帰りいただけます。
※管理は自己責任にておねがいします。
・調理(たきや亭使用)1隻につき(4名マデ)3,000円加算、30,000円となります。
※獲ってきた獲物を食材とします。
※余ったものはお持ち帰りいただけますが、管理は自己責任でお願いします。
静岡県浜松市西区雄踏町宇布見9985-3
TEL 053-592-2260
FAX 053-592-2260
https://takiyaryou.jp/

 2018年7月24日の朝刊、「清香探撮(せいこうたんさつ)アウトドア(2)「たきや亭 捕れたて 揚げてゆでて」の引用♪
 車通りも少なくなり静まりかえった浜名湖大橋へとつながる雄踏大橋を歩いていると、暗い浜名湖の湖上にひときわ輝きを放つ「たきや亭」が目に飛び込んできた。たきや亭は水中灯を使って浅瀬を照らし獲物をモリで突く浜名湖独特の「たきや漁」を体験した後、捕ったエビやカニなどを食べるための「いかだ」だ。
 いかだは十一基あり、そのうちの一つ「TAKIYA BASE(タキヤベース)」はソファや木目調のテーブルが並ぶ。椅子に座りテーブルを囲む姿はリゾート地のカフェのようだ。
 いかだの横では各船の船頭が捕れたばかりのエビや魚、カニを調理する。魚やエビは天ぷら、カニはゆでたり、みそ汁に。食欲を誘う香りでいかだが包まれ、出来上がった料理がテーブルに並ぶ。少人数のいかだでは、ござに座り目の前で魚をさばく演出も。金原勝二たきや組合組合長(69)は「さばき方を手ほどきすることもあります」という。
 湖面に輝く明かりを眺めていると潮の香りと天ぷらの香りやゆで上がるカニの香りが橋の上にも漂ってきそう。これからの季節、湖上に吹く風で涼みながら漁を体験し、捕れたての魚を使った料理は格別だ。
写真・文 斉藤直純
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/photograph/list/201807/CK2018072402000265.html

本日のカウント
本日の歩数:9,081歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.4kg、11.3%
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「夏越の祓」、そして「島だこ冷やし唐揚げ」 | トップページ | 「長崎壱岐 山乃守」、そして「滋賀・米原の里山とオオムラサキを守る」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「夏越の祓」、そして「島だこ冷やし唐揚げ」 | トップページ | 「長崎壱岐 山乃守」、そして「滋賀・米原の里山とオオムラサキを守る」 »