« 「いわきゅう」、そして「7月 旬の食材「とうもろこし」「桃」「うなぎ(蒲焼き)」」 | トップページ | <食卓ものがたり> 曲げわっぱのおひつ »

2019年7月30日 (火)

「ローストビーフ」、そして「中部9県 オススメ パワースポット(下)」

 昨日のテレビ、「朝の!さんぽ道」は、「涼しげな夏の風景がある街さんぽ」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/73336/842579/
「長野県 木曽」
<赤沢自然休養林>森林浴発祥の地
♪ 蒼氓 山下達郎(1988年)
・森林鉄道 乗車料金 800円
♪ スタンド・バイ・ミー Ben E.King(1961年)
・呑曇渕(どんどんぶち)
 「木1本 首1つ」1665年おふれ
※1982年 日本初の森林浴イベント
「岐阜県 馬籠宿」
《大黒屋茶房》
・栗こわめし 700円(栗おこわ)
♪ スパイダー スピッツ(1994年)
《四方木屋(よもぎや)》
☆ヒノキの灯り 30,000円~
・わらびもち抹茶セット 890円
<永昌寺>
 恵那山
☆1泊2食付き 8,000円

 「昼めし旅」は、「茨城県 結城市」。6/24の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1274079/
 結城袖<つむぎの館>、見世蔵
<宮田さん>
*味来(みらい):トウモロコシ、糖度18度
・トウモロコシジュース
①トウモロコシをラップに包み、10分蒸す。
②少し冷まし、粒を芯から取る。
③スロージューサーにかける。
・ナスとトマトの味噌炒め
・酢豚(タマネギ、ピーマン、ニンジン)
・宇都宮ギョウザ
<斉藤商店>明治30年創業、玩具花火、齋藤さん
・鶏ムネ肉とナスの梅サラダ
①ナスを縦半分に切り、お湯を張った鍋に入れる。火が通ったらざるに上げる。
②鶏ムネ肉を大きめにカットし、片栗粉をまぶし、茹でる。
③梅干しと減塩梅干しの種を取り、細かく刻み、ゆずポン酢、ゴマ油を加える。
④ナスを手で捌く。茹で上がった鶏肉とタレで絡め、すりおろしたショウガを加える。
・キムチチャーハン
①豚ひき肉をフライパンで炒め、刻んだキムチを入れる。
②ご飯を投入。醤油を加える。
・手作りワンタンスープ
・ピリ辛キュウリのたたき(醤油、ゴマ油、豆板醤)
・納豆オムレツ

 「2軒目どうする? ~ツマミのハナシ~」は、「江東区門前仲町」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/73577/1263888/
《回折原商店》
《富岡水産》《富水》
☆サバ定食 850円
・生ビール 756円
・梅酎ハイ 486円
・刺身盛り合わせ(2人前) 3240円
・子ヤリ煮 648円
・丸にんにく揚 756円
・アジフライ 1080円
・芋焼酎水割り 486円
・芋焼酎ソーダ割り 486円
*ツマミのハナシ①:女将さんと社長の出会いのきっかけは、築地市場でお店が隣同士だったから。
《やきとり 庄助》
☆焼き飯(和風) 756円
・瓶ビール 702円
・生酒 637円
・芋焼酎水割り 648円
・芋焼酎ソーダ割り 648円
*ツマミのハナシ②:中国や韓国からわざわざこの店のつくねを食べる来るほど人気。
・つくねとピーマン 366円
 半分に切った生のピーマンにつくねを潰して入れて食べる。
*ツマミのハナシ③:余ったピーマンとつくねを持ち帰った常連の創作メニューとして生まれた。
・信玄袋(2コ) 432円
・わがままど~ふ 648円
・レバー 194円

 「JAF」より、メール。
「東京キャンピングカーショー2019」
 軽キャンピングカーの新型をピックアップ!
http://fofa.jp/jafmate/c.p?12cDWey3eO5
「お盆の渋滞予測2019
 首都高速では前週にピーク。
http://fofa.jp/jafmate/c.p?22cDWey3eO5
「電車の混雑率ランキング最新版が発表!」
 最も混むのは東西線。
http://fofa.jp/jafmate/c.p?32cDWey3eO5

 今日の仕事・・・。
 出庫伝票の追加が再三再四来る・・・相手企業は、そんなに追加を出しているの???今までこんなことなかったじゃないですか!!!???・・・いつも「出庫」している品番の出庫がないから変だなと思っていたんです・・・それが追加でドンと来たんです・・・「路線」の伝票の印刷を忘れていたんじゃないんですか???・・・中央部がミスると、下層部は大変だ・・・2回、3回と無駄な動きをしないといけなくなる・・・中央部の方は、安定した職業で、きちんとした給料をもらっている人でしょう???しわ寄せを下層部に与えないでください!!!
 午後、他の課の方から、「アイスクリームの差し入れがあった♪♪♪ありがとうございます!!!美味しかったです♪↑↑↑
 「入庫は全員でやる」「端数戻しは全員でやる」はずなのに・・・S社の「端数戻し」が取り残されていたので、自分でやった・・・結局、S社の出庫が終わらなかった・・・↓

002_20190730174801

 仕事を終え、帰宅して、「ローストビーフ」で一杯♪
Hang ハング
 Hand made ham SauSage
MADE AND PACKED BY Hang
 WE WANT TO PRESENT YOU "THE WORK OF ART" OF SMOKING WITH CNFIDENCE.
内容量 300g
製造者 株式会社 ハング
兵庫県姫路市南条436番地

004_20190730174801

 添付の「ローストビーフソース」を掛けました!

 それに、例によって「レタス、タマネギ、ミニトマトのサラダ」♪

 ここで、2019年5月5日の朝刊より、「中部9県 オススメ パワースポット(下)」の引用♪
【雨晴海岸(あまはらし)】富山・高岡市
移ろう景色は一期一会
 日本三霊山に数えらえる館山連峰の標高3000m級の山々を富山湾越しに望む風光明媚な景勝地。万葉歌人大伴家持や俳人松尾芭蕉が和歌や俳句の題材にするなど時代を超えて人々を魅了してきた。
 天気の良い冬の朝には、海面から湯気のように立ち上る霧「気嵐(けあらし)」が見られることもあり、朝日が一帯を赤く染める。海面には小岩が連なり、子を持つ母親のような「女岩」のシルエットが浮かぶ。
 日中は雪化粧した館山連峰が青空と富山湾の狭間で映え、日没が近づくと赤みがかかる。波が穏やかになれば、海面には女岩の影が映り、幻想的な雰囲気に。季節や時間によって移ろう景色は一期一会。多くの人が見えない力に引き付けられる。
(山中正義)
JR高岡駅から氷見線で20分の雨晴駅下車。駅から徒歩5分。道の駅「雨晴」前から海岸へ。
問 雨晴観光協会
TEL 0766(44)6200
【元城町東照宮】浜松市
訪れた人を出世へ導く
 戦国の覇者、徳川家康を祭るだけでなく、豊臣秀吉にもゆかりがある。訪れた人を出世へと導く。
 1880年代、引間城の跡地に旧幕府の井上延陵が建てた。その引間城は家康が最初の居城とし(浜松城として西方にも拡大)、天下人への道のりを歩んだ。
 一方、秀吉は城を整備した飯尾氏の家臣である松下家に仕え、若き日に浜松の地で過ごしていた。城主の飯尾豊前守の宴会に連れられ、猿の物まねで気にいられたといの逸話が残る。
 東京から浜松市に来て以来、週1回は参拝している秋元健一さん(56)は「二人の交差点。出世のパワースポット」と語る。秋元さん自身も上皇さま(当時の天皇陛下)に食事を提供したことのあるほどの料理人。御利益は侮れない。
(糸井絢子)
入場無料。JR浜松駅から遠鉄バスで「浜松城公園入口」下車、徒歩3分。
問 市観光インフォメーションセンター
TEL 053(452)1634
【赤目四十八滝】三重・名張市
鎌倉時代に山伏が滝行
 大阪湾の最上流部で、仏教文化が花開いた奈良に近く、古くから山岳修業の聖地としてあがめられてきた。鎌倉時代には300~400人の山伏が滝に打たれている。
 赤目の名の由来は古代、「役の小角(えんのおづぬ)」という行者が滝に向かって行を修めていると、不動明王が赤い目の牛に乗って現れたという伝説に基づく。「四十八」とは「数が多い」という意味で、実際に名前のある滝は23カ所。ともに落差15mの不動滝や千手滝は仏教にちなみ名付けられた。
 川に沿って遊歩道が整備されている。1300万円前のマグマが冷えて固まった岩の割れ目から100種類以上のコケが自生し、紅葉も美しいイロハモミジとともに新鮮である。
(帯田祥尚)
最寄りの近鉄赤目駅と滝の入山口を結ぶ路線バスがある。運賃は片道360円。滝の入山料は500円(中学生以下は250円)。
問 赤目四十八滝渓谷保勝会
TEL 0595(63)3004
【カエル館】長野・根羽村
「ビリビリ」で元気回復
 館内にある石に手をかざすとビリビリくる。ベンチに座るとポカポカする。方位磁針が北を指しあぐねてくるくる回る。鉄の棒を長く置いたら棒磁石になる。
 こうした現象は、磁気の異常な強さや磁場の変動によるらしいが、原因は分かっていない。冷え性や肩凝りに効くとされるパワースポットとして、愛知県などから多くの観光客が訪れる。
 2010年、観光客から「ビリビリする」と言われたのがきっかけ。12年から椙山女学園大(名古屋市)の山根一郎教授が調査。磁気の値の変動や皮膚温の上昇をデータ化している。
 熊谷聖秀館長(69)は「静電気を感じやすい人が反応する傾向がある。元気回復や癒やしを求める方はどうぞ」と話す。
(石川才子)
車で中央自動車道飯田山本インターチェンジ(IC)から60分、茶臼山高原スキー場から3分。入場料は大人400円、小中学生300円。
問 カエル館
TEL 0265(49)2580
【良縁の樹】福井・大野市
気に触れるとご利益が
 根元が結合したケヤキとスギが、夫婦のように寄り添って立つ「良縁の樹」。春日神社の境内にあり、樹齢は100年超とされる。良縁に恵まれなかった息子を持つ親が気に触れたところ、優しい娘を迎えることができたという伝説を持つ。
 ハート柄の絵馬やハート形のおみくじ結び所に願を掛けた人の中には、病気が治ったり、子宝に恵まれたりした例もあるとか。
 初めて訪れた富山市の会社員は妻と木に触れ「家族みんながいつでも仲良くいられるように」と願っていた。
 門前の春日通り商店街は15年前から、良縁の樹の枝でキーホルダーなどを作っている。斎藤隆英会長は「にぎわいをもたらす起爆剤になれあ」と御利益に期待する。
(薮下千晶)
JR越美北線の越前大野駅から徒歩10分。無料。
問 大野市観光振興会
TEL 0779(66)1111

本日のカウント
本日の歩数:10,381歩
(本日のしっかり歩行:0歩)
本日:52.7kg、12.4%
本日の割箸使用料:0膳
本日の餃子消費量:0個

|

« 「いわきゅう」、そして「7月 旬の食材「とうもろこし」「桃」「うなぎ(蒲焼き)」」 | トップページ | <食卓ものがたり> 曲げわっぱのおひつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「いわきゅう」、そして「7月 旬の食材「とうもろこし」「桃」「うなぎ(蒲焼き)」」 | トップページ | <食卓ものがたり> 曲げわっぱのおひつ »