« 「キャトルウール」じゃなくて「LOLO Cafe(ロロカフェ)」 | トップページ | 「いわきゅう」、そして「7月 旬の食材「とうもろこし」「桃」「うなぎ(蒲焼き)」」 »

2019年7月28日 (日)

「SAPPORO 北海道〈生〉」「ジャンボアジフライ」、そして「柿田川名水ところてん」

 昨日のテレビ、「ごはんジャパン」は、「築地の鮨職人 八丈島を握る!」。
https://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0024/
「神湊(かみなと)漁港」
*前田康衛《築地青空三代目》
*赤間憲生(明丸)
※トローリング(ハネ竿、疑似餌)
 海底の水温が高いと魚は温度が低い深場に移動。水温が低いと浅場に上がってくる。
 キハダマグロ、ヒラマサ
※素潜り漁
 カンパチ
《ラ・キメラ》ペンション
・刺身(カンパチ、サワラ) 島とうがらし
☆島寿司
☆くさや
《創彩 島割烹 粋や》
★天然シマアジの握り(隠し包丁、煮切り、すだち)
★アオダイの昆布〆
★金目鯛の炙り
★カンパチの握り 島とうがらしをのせて
★キハダマグロの平漬け
※平漬け:しょう油に軽く漬けてから握る。

 「相席食堂」は、「広島県 呉市」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/abc/91749/836638/
《森田食堂》
・タコの刺身 500円
・小イワシの煮つけ 300円
<両城>200階段
<ジャングルジム>1993年に作られた
<重要伝統的建造物群保存地区 御手洗>江戸時代の建造物
<平野理容店>
<夕呉クルーズ>サンセットクルーズ
「台湾裏相席」高雄市
<龍虎塔>
 龍から入り虎から出ると災いが消えるというパワースポット
*台湾裏カルチャー:飼い犬に手綱をつけない人が多い。
《》伝説のかき氷
・くだものかき氷×20 1500元(約5000円)
 マンゴー、パイナップル、スイカ、グァバ、メロン、バナナ、ブドウ
「多納村」ルカイ族
*台湾裏カルチャー:風通しをよくするために石板で隙間を作る
<多納国民小学校>
*台湾裏カルチャー:小学校は日本と同じく6学年制
*台湾裏カルチャー:日本と違って正解の印はレ
*台湾裏カルチャー:学習内容は日本とほぼ同じ
・給食(焼きそば、骨付きチキン)

 先日の「男子ごはん」は、「女性でも手軽に楽しめるBBQ料理!」。
<WILD MAGIC -The Rainbow Farm ->東京・豊洲
*風森美絵(外ごはんスタイリスト)
【鯛とハーブのオーブン蒸し】
『材料』(4人分)
・鯛(下処理済) 1尾
・ミニトマト 10個
・玉ねぎ 1個
・ズッキーニ 1本
・にんにく(みじん切り) 1片分
・白ワイン 100cc
・タイム 6枚ほど
・イタリアンパセリ 4枝
・レモン(輪切り) 1/2個分
 ・塩 適量
 ・黒コショウ 適量
・オリーブオイル 適量
『作り方』
①鯛は鍋の大きさに合わせて切り、鍋の底に網を敷き、真ん中に入れる。
②ズッキーニは乱切りにし、鍋に加える。
③ヘタを切ったミニトマトを加える。
④玉ねぎは皮付きのまま4等分に切り、鍋に加える。
⑤にんにく(みじん切り)を加える。
⑥塩・黒コショウ・オリーブオイルを加える。
⑦タイム・白ワインを加え、フタをする。
⑧鍋を網の上にのせ、フタの上にも炭を置く。
※上下から熱するダッチオーブンの効果で鯛が蒸され、ふっくら仕上がる。
⑨30~40分蒸し焼きにする。
⑩鯛に火が入ったら、輪切りにしたレモン・イタリアンパセリを加える。
⑪フタをして10分蒸す。
【豚バラ肉の塊焼き】
『材料』(4人分)
・豚バラ肉(ブロック) 400g
・豆苗 適量
・クレソン 適量
《タレ》
 ケチャップ 大さじ4
 ウスターソース 大さじ4
 しょうゆ 大さじ1
 砂糖 小さじ1
 にんにく(チューブ) 大さじ1
 しょうが(チューブ) 大さじ1
『作り方』
①豚バラ肉にフォークなどで全体に穴をあける。
②密閉袋にケチャップ・ウスターソース・しょうゆ・しょうが・にんにく・砂糖を加え、混ぜ合わせる。
③豚バラ肉を加え、よく揉み込み、30分以上漬けおきする。
④炭の量を調節し、弱火にする。
⑤漬けおきした豚バラ肉を焼き、表面を焼く。
⑥深型のアルミプレートをさかさまにしてかぶせ、20分焼く。
※豚バラ肉にアルミプレートをかぶせることで蒸し焼き状態になり、やわらかジューシーに仕上がる。
⑦焦げないように注意しながら、じっくり火が通るように全面を焼く。
⑧肉全体に漬けダレを塗る。
⑨1cm幅に切り、盛り付ける。
⑩豆苗・クレソンを添える。
【ホットワイン】
『材料』
・赤ワイン 適量
・シナモン、八角、クローブなどお好みのスパイス 適量
・レモンシロップ、またはオレンジシロップ 適量
・炭酸水 適量
<レモンシロップ&オレンジシロップ>
 レモン・オレンジと同僚の砂糖を合わせて1カ月ほどつけて完成
※はちみつ(適量)を加えてもGood!
『作り方』
①鍋に赤ワインを入れ、2つに折ったシナモン、八角、クローブを加えて火にかける。
②スパイスの香りがワインに移ったら火からおろす。
③レモンシロップまたはオレンジシロップをカップに入れる。
④ワインを注いで、炭酸水で割ったら完成です。
【丸ごとりんごのシナモンケーキ】
『材料』(1個分)
・りんご 1個
・砂糖 5g
・バター 小さじ1
・レモン汁 小さじ1
・ホットケーキミックス 大さじ4
・牛乳 40ml
・シナモンパウダー 小さじ1/2
・ミント 適量
 ・粉糖 適量
『作り方』
①ホットケーキミックスに牛乳を加え、よく混ぜる。
②りんごは上部を切り落とし、スプーンで中身をくり抜く。
③くり抜いた果肉は(1)のボウルに加える。
④りんごに(3)のタネを詰め、シナモンパウダー・バターを加える。
⑤砂糖・レモン汁を加える。
⑥2重にしたアルミホイルでりんごを包む。
⑦遠火になるよう、炭を枠に沿って置く。
⑧りんごを真ん中に置き、20分以上蒸し焼きにする。
⑨火が通ったら粉糖をふり、ミントを添える。
https://www.e-recipe.site/tv/danshi190707_bbq/
https://nowkore.net/archives/50097

 「サッポロ」より、メール。
【ゴーヤと豚しゃぶのごまポン酢サラダ】
ほろ苦さと食感が魅力
 豚肉を茹でるときは、湯を沸騰させないのがコツ。表面がゆらゆら揺れるくらいの湯で火を通すと、肉がやわらかくなります。また、角切りトマトをポン酢しょうゆのドレッシングに合わせると、うまみと酸味のバランスが絶妙で、ゴーヤのほろ苦さとよく合いますよ。
『材料』(2人分)
・ゴーヤ 1/2本
・豚ロース肉(しゃぶしゃぶ用) 150g
・絹ごし豆腐 1/2丁
・サニーレタス 2~3枚
・トマト 1個
・塩 適量
<ドレッシング> 
 白すり ごま大さじ1
 ポン酢しょうゆ 大さじ1
 ごま油 小さじ1
 砂糖 小さじ1/2
『作り方』
①ゴーヤは縦半分に切ってわたと種をスプーンでかき出し、薄切りにしてボウルに入れる。塩をふってよくもみ、水に数分さらしてざるに上げる。豆腐は食べやすく切り、サニーレタスはおおまかにちぎる。
②トマトを1センチ角に切ってボウルに入れ、ドレッシングの材料を加えて混ぜ合わせる。
③鍋に湯を沸かし、ゴーヤをさっと茹でて冷水にとり、ざるに上げて水気をきる。弱めの中火にし(表面がゆらゆら揺れるくらい)、豚肉をさっと茹でて取り出し、ざるに上げて冷ます。器にサニーレタス、豆腐、豚肉を盛り合わせ、ゴーヤをのせて2をかける。
POINT
 お好みでドレッシングをかえてみましょう!きゅうりドレッシング 材料(作りやすい分量)と作り方:きゅうり(1本)をボウルにすりおろし、はちみつ(大さじ1/2)、ごま油(大さじ1/2)、ゆずこしょう(小さじ1/2)を加えて混ぜ合わせる。
https://www.sapporobeer.jp/feature/recipe/0000001592/?utm_source=official-mail&utm_campaign=19OMM&utm_medium=email
【うなぎのちらし寿司】
栄養豊富なうなぎをお手軽ちらし寿司で!
 かば焼きのたれは、すし飯の酸味ととてもよく合います。今回ご紹介するのは、うなぎのかば焼きを使ったちらし寿司。青じそ、みょうがを散らすと、彩りも香りもアップして食欲をそそられる一品に。急なお客さまにもさっと作れて、おもてなしにも活躍します!
『材料』
・温かいご飯 400g
・うなぎのかば焼き 1串
・みょうが 1個
・青じそ 2枚
・焼きのり 1枚
・かば焼きのたれ(好みで) 適量
・おろしわさび 小さじ2
<錦糸卵>
・卵 1個
・サラダ油 小さじ1
・A
 砂糖 小さじ1
 水 小さじ1
 片栗粉 小さじ1/2
 塩小さじ 1/4
<すし酢>
 酢 大さじ1
 砂糖 小さじ1
 塩 小さじ1/4
『作り方』
①錦糸卵を作る。ボウルに卵を溶きほぐし、Aを加えて混ぜる。フライパンにサラダ油を中火で熱し、卵液を流し入れる。両面焼いて取り出し、冷めたら長さ4センチのせん切りにする。
②うなぎのかば焼きは串を外して4等分に切り、耐熱の器に入れる。ラップをかけて電子レンジ(600W)で1~2分加熱する。みょうがは縦半分に切り、さらに斜め薄切りにする。青じそは縦半分に切り、横向きにしてせん切りにする。焼きのりは長さ4センチの細切りにする。すし酢の材料を混ぜ合わせておく。
③温かいご飯にすし酢を回しかけ、さっくりと混ぜて水分をとばす。器に盛り、のり、錦糸卵、みょうが、青じそを散らし、かば焼きをのせる。好みでかば焼きのたれをかけ、わさびをのせる。
POINT
 缶詰のいわしやさんまの蒲焼きでも同じように作れます。缶詰をストックしておけば、ランチや時間のない時でもささっと作れて便利です。
https://www.sapporobeer.jp/feature/recipe/0000001590/?utm_source=official-mail&utm_campaign=19OMM&utm_medium=email

014_20190728162001

 今日の朝食は、「ふじっ子 塩こんぶ」。納豆が無くなったんです!
素材の味わい
北海道産昆布100%使用
 「味つけこれだけ!抜群のおいしさ」
 厳選北海道昆布をこだわり醤油でやわらかく炊きあげました。
 うま味たっぷり、簡単に味がきまります。
炒めてかんたん ゴーヤチャンプルー
内容量 52g
100g当たり 230kcal
製造者 フジッコ株式会社W
神戸市中央区港島中町6-13-4
TEL 0120-078126
http://www.fujicco,co,jp/

 「ミニトマト」の収穫。
 買い物に行きましょう。
 「WAON」に1,000円チャージ。スーパーにて「納豆」45円、「木綿豆腐」38円、「レタス」79円を買う。
 もう一つのスーパーに行き、「ヨーグルト」105円、「きざみ白菜」127円のところ88円、「都田油揚げ」148円のところ74円、「アジフライ」213円を買い帰宅。

 「ウェルシア」に行き、売り出しの「キッコーマン 濃いだし 本つゆ」213円を買う。
 病院にお見舞い・・・外は暑かったけど、中はエアコンが効いていて涼しいね!

008_20190728162001

 そのまま「LOTO 6」と「TOTO BIG」を買いに行く。
 「Club toto」のカードを出しているのに、店主はカードを確認せず発券してしまった!!!「カードは手渡して」とか言って文句を言ってきたが、発券の前に「カードはありますか」と聞くのが普通じゃないのかな???

006_20190728162001

 「吉野家」に行き、「牛丼(並)」380円のところJAF割引券で330円で食べる。ここは、いつもおつゆが少ないから「つゆだく」で注文しないといけないお店だ!
 「つゆだく」をオーダーして丁度良い汁加減だった。今日の肉は、肉厚だったね。
 「夏休み お子様半額」というセールをやっているらしい。
https://www.yoshinoya.com/

010_20190728162001

 帰宅して「香りのおもてなし 緑茶」を飲む。喉がカラカラだよ!
エルビー 豊かな香り
 丁寧に自家抽出しています。
 緑茶の豊かな香りをお楽しみください。
200ml
 丁寧に抽出しました。渋みが少なくすっきりしたおいしさです。
100ml当たり 0kcal
製造者 株式会社エルビー
埼玉県蒲田市大字黒浜3469-1
製造所 株式会社エルビー 東海工場
愛知県東海市加木屋町白拍子69-2
TEL 0120-01-3171
http://www.elbee.jp

 草取りをする。草がだいぶ大きくなっている・・・だいぶ取ったと思ったが、ほんの一部・・取り切れない・・・。
 あれっ!?「ミニトマト」がまた赤らんでいる。収穫しましょう!赤らむのは日照と関係がありそうだね。
 それにしても、今年は「冬瓜」が発芽しない・・・。これも天候のせいかな???

012_20190728162001

 夕方は、「SAPPORO 北海道〈生〉」で一杯♪
限定醸造
HOKKAIDO DRAFI BEER MALT AND HOPS LIMIED BREW
ALC. 5.5%
北海道産 大麦麦芽・ホップ使用
100ml当たり 44kcal
生ビール
※北海道産大麦麦芽および北海道産ホップを50%以上使用
 北海道以外の国内工場でも製造しています。
内容量 350ml
製造者 サッポロビール株式会社
東京都渋谷区恵比寿4-20-1
TEL 0120-207-800
http://www.sapporobeer.jp/

004_20190728162001

 おつまみは、「ジャンボアジフライ」♪
 「アジフライ」には、醤油か?ソースか?・・・半々にしてみました。それぞれ特徴がありますね!

002_20190728162001

016_20190728162001

 それに「レタスとタマネギ、ミニトマトのサラダ」。

 ここで今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「柿田川名水ところてん」(静岡県)の引用♪
付き棒付き、つるんど涼やか
 伊豆半島の入り口に当たる静岡県清水町。町を流れる柿田川は、富士山の伏流水が水源としてしられる。名水百選にも選ばれており、間近に豊かな湧水群を眺めることができる清水公園が、町の名所になっているほど。
 この貴重な地下水と、伊豆半島周辺海域で海女さんが手摘みしたテングサを使い、1869(明治2)年からトコロテンを作り続けているのが栗原商店。150年を数える老舗である。
販売店兼食事処の「伊豆河童」も運営しているが、創業以来の製法を伝承する「柿田川名水ところてん」は今やこの地の名物。「昔ながらの手作業を守り、時間をかけて煮溶かしたテングサを濾して型に流し込みます。さらにゆっくりと自然冷却することで、ムラや濁りのない製品が完成」と、社長の栗原康浩さん。ほどよい歯ごたえと、つるりとした涼やかなのど越しは格別だ。
 数食分のトコロテンに、そのブロック状の製品を突く細く押し出す”突き棒”と、タレが付くセット商品がメインで、お薦めは「六食セット」。タレは13種類から6種類を選べる。9食セット、15食セットもあるほか、角切りところてんのあんみつも好評。
●(株)栗原商店
静岡県清水町伏見184の3
TEL 055(975)0100
FAX 055(972)5223
柿田川名水ところてん6食セット(ところてん3食×2+突き棒1+タレ6種)税込み2646円(送料別途)ほか
https://www.tokoroten.co.jp/

 「旬の魚介 あれこれ」より、「ムール貝」の引用♪
バケツいっぱい
 まれに貝毒が問題になることがありますが、商品として出荷されているものは、検査体制が確立しているので、御安心を!
・科属:イガイ科イガイ属
・漢字名:紫貽貝(むらさきいがい)
・英名:mussel
 黒光りする濃い紫色の、ふっくらした涙形の二枚貝。つつましやかに開いたその間にのぞくのは、ぷっくりしたオレンジ色の身。ムール貝は、どこかあやしげな果実のようだ。
 ムール貝の名はフランス語に由来し、和名はイガイ。幾つか種類があり、食用は主にムラサキイガイとされている。三陸ではシュウリガイの呼び名がなじみ。東京湾や相模湾ではカラスガイとも呼ぶらしいが、これはやや種類が違うだろうか。
 日本ではしゃれたパエリアやパスタに入っているイメージが強いが、欧米の海辺ではもっと身近な食材で、食べ方もダイナミックだ。最も一般的なのがワイン蒸しで、バケツやボウルいっぱいの殻付きムール貝を、手づかみでせっせと口に運ぶ。
 特にフランスのブルターニュやノルマンディー地方、ベルギーでは郷土食とされている。山盛りのフライドポテトを添えた「ムール・フリット」が定番らし。旬は7月からで、夏の味覚として親しまれている。
 と聞いて、昔の三陸沿岸の夏休みを思い出した。バケツいっぱいのシュウリガイ=ムール貝を大鍋で湯がいておやつにしたと記憶している。実は古来の海産物ではなく、大正時代に移入されたものというが、日本の片田舎の漁村とフランスの海辺の街が、同じ食材でつながっていたのだと思う炉面白い。

本日のカウント
本日の歩数:9,589歩
(本日のしっかり歩行:0歩)
本日:52.0kg、10.3%
本日の割箸使用料:0膳
本日の餃子消費量:0個

|

« 「キャトルウール」じゃなくて「LOLO Cafe(ロロカフェ)」 | トップページ | 「いわきゅう」、そして「7月 旬の食材「とうもろこし」「桃」「うなぎ(蒲焼き)」」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「キャトルウール」じゃなくて「LOLO Cafe(ロロカフェ)」 | トップページ | 「いわきゅう」、そして「7月 旬の食材「とうもろこし」「桃」「うなぎ(蒲焼き)」」 »