« 「田原産 宮じいのミニトマト」、そして「生じゅんさい」 | トップページ | 「新居名物 あと引せんべい」、そして「きちんと和食「鯛とほたての和風サラダ」「ほうろく焼き」「キャラメルシロップのわらびもち」」 »

2019年5月27日 (月)

「ブラックニッカ クリア」、そして「がんばりすぎない 毎日のおいしいごはん」(12)「香りを楽しむ料理」

いくつになっても新しいことは始められる。
 高校の同窓会で恩師にいただいた言葉です。子どものころからの夢を捨てきれず、迷っていた私はこの一言で会社を辞めて猛勉強。1年後、念願の医学部へ。今、医師になるため頑張っています。 -東京都「はりもぐ」さん(32歳)

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 「おまえさんはいいよ、コウモリなんてハイカラなものをさしているから。オテントウサマをさえぎってますよ。あたしをごらんなさい。まともに照りつけている」
▼落語の「船徳」にそんな場面がある。暑い盛り、七月の四万六千日様に浅草観音をお参りしようという男性の二人連れ。一人はコウモリ傘を日傘に使っている
▼勘当された若旦那が船頭になる「船徳」は初代の三遊亭円遊が人情噺(ばなし)の「お初徳兵衛浮名の桟橋」を明治期に滑稽な内容に改作した。今でこそ男性の日傘はあまり見かけぬが、当時は珍しいことではなかった様子が想像できる。それ以前の江戸時代には幕府が一時期、男性の日傘使用を禁じていたというからお上が目くじらを立てるほどに広まっていたのだろう
▼時代は変わり、環境省が熱中症対策として男性の日傘使用を呼びかけている。日傘を使えば、帽子の人よりも汗の量を17%抑えることができたそうでその効用に目を付けた
▼実際に使う勇気がなく、ひとまず日傘をさしていると想像してビジネス街を歩く。この雑踏で大勢の男性が日傘を使えば、傘がぶつかり、ストレスが高くなりそうだが、人通りの少ない場所などでは問題なく使えるだろう
▼男性も悪目立ちすると日傘をためらう場合ではないかもしれぬ。四万六千日様はまだまだ先なのに既に暑い盛りを思わせる最近の容赦なき夏である。
https://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2019052702000104.html

 昨日のテレビ「ごちそうカントリー」は、「富士宮市 牛乳」。
https://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/archive/?seq=63239
《佐野牧場 直営店 ティコ》
*低温殺菌ノンホモ牛乳:
 62~65℃で30分殺菌。脂肪の均質処理を行わない。
・牛乳 180円(税込み)
・ソフトクリーム 300円(税込み)
・バナナチョコ生クリームクレープ 500円(税込み)
「おいしいをつくりましょ。」【めちゃうまミルクプリン】
『材料』(5個分)
・牛乳・・・500ml
・卵・・・4個(全卵 2個・黄身のみ 2個)
・上白糖・・・10g
・グラニュー糖・・・40g
『作り方』
①黄身と白身が混ざる程度に、卵を混ぜる
②混ぜた卵に、上白糖10g・グラニュー糖40gを加えよく混ぜる
③人肌程度に温めた牛乳をゆっくり加えながら更に混ぜる
④よく混ざり合ったら、漉(こ)し器で丁寧に漉す(4回程)
⑤好みのカップに注ぎ分け…蒸し器で15分程蒸す(火はとろ火でOK)
⑥蒸しあがったら粗熱を取り、冷蔵庫で冷やす
⑦よく冷えたら、めちゃうまミルクプリン完成!

 「本気プリ」は、「THE 運 in 松阪」。
https://hicbc.com/tv/magipri/backnumber/list.htm
《一升びん 宮町店》
・松阪肉特選 1,200円
・松阪肉カルビ 650円
《丸中本店》
・肉入りコロッケ 108円
・ヒレ串 378円
《松阪まるよし 松ヶ島店》
・松阪牛ロース 芯だけステーキ(150g) 2万520円
「マジ旅 in 香港」
・ケーブルカー 片道 約3,000円~
<ゴンピン・ビレッジ>
 飲食店や土産店が立ち並ぶストリート
・天壇大仏

 「やまと尼寺 精進日記」は、「皐月 竹 青々と 端午の節句」。
https://www4.nhk.or.jp/P4069/
*護摩祈祷
・水ようかん(エンドウマメ、あん)
・干しタケノコ、冷凍タケノコ
*菖蒲とよもぎ:
 軒にのせる。その後、お風呂に入れる。
・ちまきだんご キビ砂糖をかけて。
・中華ちまき
 もち米をゴマ油で炒める。シイタケ、タケノコ、ニンジン、ゴボウを入れる。ギンナン、クリも入れ、竹の皮で包む。蒸す。
・ラーメン

 「王餃子」より、楽天メール。「選べる2個セット」♪
https://item.rakuten.co.jp/cjjapan/cjj039-02cp2/?scid=me_ich_pcn_301_20190527_6467664_001

 腰がヤバい・・・痛い!
 今朝は霧が出ていたね。そんなわけで、ちょっと早めに出勤・・・と・・・出勤時には霧が晴れていた!!!

 今日の仕事・・・。
 午前中は、朦朧としていたね・・・それに暑い・・・なんとか、頑張った。
 仕事のやり方に統一感がない!!!出庫するものを持っていて「お願いします」と持って行ったら「その辺に置いておいて」と言われたので、その通りにした。次に行った時に同じところに置いたら、「台車に置いて」と言われた。毎回、言うことが違うと困るんですけど・・・!!!
 先週、使おうと用意しておいた道具がパクられた。今日、新たな発見!!!道具を隠しガメってる人がいる!!!無くなると困るからだと思うけど、自分の事しか考えていない!!!そんなことより、みんながいつでも使えるようにした方がいいんじゃないのかな?道具がないと仕事が滞るよ!!!みんながいつでも使える状態にしておけば、道具が無いなんてことは無くなるハズだよ!お金と似ているよね。タンス預金していたらお金は回らないから景気が良くならない。クラウディングアウトが起きるでしょう!お金を持っている人は、銀行に預けるとか、積極的に使ってお金を回さないと経済はよくならないよ!

 仕事を終え、帰宅して「ブラックニッカ クリア」で一杯♪あれっ!???「ニッカウヰスキー」って「アサヒ」に吸収されたんですね!
「ニッカ」って、こんな味だっけ???吸収合併されて味が落ちたとか???・・・「マルスウイスキー」の方が美味しいな!!!
002_73

BLACK Clear
 Smooth peatless whisky with a delightful aroma and light finish.
37゜ Vol. 700ml
NIKKA WHISKEY ウイスキー
 KING of BLENDERS Since 1965
<ブラックニッカ クリア>
 やわらかな香りとまろやかな味わい。クセのないクリアな飲み心地のウイスキーです。
 「ブラックニッカ」は1965年、キング・オブ・ブレンダーズ(ヒゲのおじさん)をラベルにデザインしたウイスキーとして発売されました。この”ブラックニッカ クリア”は、ピートを使用せず乾燥させたノンピート
モルトを使用することで。飲みやすく仕上げた革新的なウイスキーとして1997年に誕生しました。
原材料 モルト、グレーン
容量 700ml
製造者 ニッカウヰスキー株式会社
東京都港区南青山5-4-31
販売者 アサヒビール株式会社
東京都墨田区吾妻橋1-23-1
TEL 0120-019-993
http://www.nikka.com

006_53

 オマケが付いている!
NIKKA WHISKEY BLACK Clear ブラックニッカ クリア
 ブラックニッカ クリア オリジナル ステンレス ICE CUBE
グラスに入れて、冷たさが持続する
TEL 03-5846-8123
http://www.nikka.com

004_66

 おつまみは、「まるろく かまぼこ」♪
丸六
 植物性乳酸菌 100憶個入り
内容量 80g
製造者 丸六食品株式会社
静岡市駿河区さつき町5番3号
TEL (054)283-1313
TEL 0120-311-314

 ここで、『JAF Mate』2016年6月号の「がんばりすぎない 毎日のおいしいごはん」(12)「香りを楽しむ料理」の引用♪
 日に日蒸し暑くなってくるこの時季は、さわやかな香りの香味野菜を活用して、食欲を刺激。しっかり食べて、暑さに負けない体を作りましょう。
【薬味ミックスと肉そぼろのっけごはん】
『材料』(作りやすい分量/1人あたり394kcal)
<薬味ミックス>
 青じそ・・・10枚
 長ねぎ・・・1本
 しょうが・・・1かけ
 みょうが・・・3個
<肉そぼろ>
 豚ひき肉・・・200g
 にんにく(みじん切り)・・・1/2かけ
 ごま油・・・小さじ1
 しょうゆ・・・大さじ1と1/2
 みりん・・・大さじ2
 豆板醤・・・小さじ1/3
・ごはん・・・適量
『作り方』
①薬味ミックスを作る。青じそは縦半分に切ってから千切りにする。長ねぎは5cm長さに切って芯を除き、繊維に沿って千切りにする。しょうがは皮をむき、繊維に沿って千切りにする。みょうがは縦に千切りにする。
②それぞれ5分ほど水にさらし、水気を切って混ぜる。
③肉そぼろを作る。フライパンにごま油を熱し、豚ひき肉とこんにゃくを中火で炒める。
④肉の色が変わったら、しょうゆ、みりん、豆板醤を加え、水分がなくなるまで炒める。
⑤ごはんに肉そぼろと薬味ミックスをのせ、混ぜながら食べる。
POINT
 薬味ミックスは湿らせたキッチンペーパーで包んで、密閉容器へ。冷蔵庫で5日ほど保存できます。
POINT
 肉そぼろは冷蔵庫で1週間ほど保存可能。麺類の具にしたり、野菜と炒めたりしてもおいしいです。
【焼き鮭のしそ味噌添え】
『材料』(2人分/1人あたり230kcal)
・生鮭・・・2切れ
<しそ味噌(作りやすい分量)>
 青じそ・・・10枚
 植物油・・・大さじ1
 味噌・・・大さじ2
 砂糖・・・大さじ2
 水・・・大さじ1
 白ごま・・・小さじ1
 くるみ(粗みじん切り)・・・大さじ1
 七味唐辛子・・・少々
『作り方』
①しそ味噌を作る。青じそは縦半分に切ってから千切りにする。
②鍋に青じそと植物油を入れ、中火にかける。青じそがしんなりし、色鮮やかになるまで1分ほど炒める。
③残りの材料を入れ、沸騰したら火を止める。
④生鮭を焼き、しそ味噌を添える。
POINT
 しそ味噌はおにぎりやポークソテーにもよく合います。くるみがない場合は、白ごまを倍量に。冷蔵庫で10日ほど保存できます。
【豚肉とみょうがの炒めもの】
『材料』(2人分/1人あたり317kcal)
・豚こま切れ肉・・・200g
・塩・・・小さじ1/4
・しょうが・・・1/2かけ
・みょうが・・・6個
・植物油・・・大さじ1/2
・しょうゆ・・・小さじ2
『作り方』
①豚こま切れ肉に塩をふる。
②しょうがは薄切りに、みょうがは縦半分に切る。
③フライパンに植物油を熱し、①と②を中火で炒める。
④肉とみょうがに火が通り、色が変わったら、しょうゆを回し入れる。
POINT
 余りがちなみょうがを消費できる、おすすめのメニューです。赤い色が少し薄れ、しんなりするまで炒めましょう。
 薬味ミックスやしそ味噌と常備しておくと、何かと便利。私も日々、活用しています。
*近藤幸子
 料理研究家。管理栄養士。料理学校講師を経て、2004年より東京・清澄白河で料理教室「おいしい週末」を主宰。2児の母。

本日のカウント
本日の歩数:8,799歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.6kg、11.0%
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:1個

|

« 「田原産 宮じいのミニトマト」、そして「生じゅんさい」 | トップページ | 「新居名物 あと引せんべい」、そして「きちんと和食「鯛とほたての和風サラダ」「ほうろく焼き」「キャラメルシロップのわらびもち」」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「田原産 宮じいのミニトマト」、そして「生じゅんさい」 | トップページ | 「新居名物 あと引せんべい」、そして「きちんと和食「鯛とほたての和風サラダ」「ほうろく焼き」「キャラメルシロップのわらびもち」」 »