« くず粉を生かし 介護食 | トップページ | 「大庭英子のおいしい家ごはん」(4-3)「たけのこのそぼろ煮」 »

2019年5月19日 (日)

「さの寿司」5月いっぱいで閉店、そして「おととせんべい」

みんな初めての人生をやっている。
 学生時代にいただいた言葉です。シンプルで短い言葉の中に温かみが詰まっていて心に響きました。おかげで、明るく前向きに行動できるようになりました☆ ー神奈川県「フラワーガーデン」さん(28歳)

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 ホトトギスの聞きなしは「特許許可局」の方が今では有名だが、古さでいえば「テッペンカケタカ」の方であろう。なぜ、「テッペンカケタカ」なのか。言い伝えがおもしろい
▼もとはといえば、同じ野鳥のモズのせいらしい。ホトトギスとモズはかつて仲良しだったそうだが、ある日、モズはホトトギスに何か大きな借りをつくってしまい、それを返済する代わりにカエルやバッタなどのエサを小枝に掛けておくことを約束してしまった
▼約束をちゃんと守らせるために、ホトトギスはモズに「(エサを)テッペンカケタカ」とか「トッテカケタカ」と催促して鳴くのだそうだ。エサを串刺しにしておくモズの「はやにえ」の習性はホトトギスへの借財返済の一部だったか
▼事実はホトトギスのためではないらしい。大阪市立大の西田有佑特任講師(進化生態学)らの最近の研究によると、「はやにえ」は繁殖期に雄が雌に求愛する際、より魅力的にさえずるための「栄養食」の役割があることが分かったそうだ
▼「はやにえ」をたくさん食べる雄はその栄養によって速くさえずることができ、その効果で雌をよりひきつけ、つがいになる確率が高くなるという。不気味なカエルの串刺しにまさかそんなロマンチックな理由があったとは
▼モズの聞きなしは「キチキチ」。「はやにえ」の効果を「吉吉」と鳴いているのかもしれぬ。
https://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2019051902000114.html

 昨日のテレビ「ごはんジャパン」は、「佐賀県 唐津市」「真鯛」。
https://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0015/
 唐津くんち特別巡行 5番曳山 魚屋町「鯛」1845年製作
*小林雄二《青華こばやし》
*吉田善秀さん
※ごち網漁:
 魚を見つけたら、網の付いたロープで囲み巻き取りながら掬う。
 発祥は瀬戸内海。鯛を獲るために行われてきた漁法。真鯛などの魚は障害物に沿って泳ぐ習性がある。網の部分が障害物になって沿って泳ぐことで中へと入る。
※空気抜き:
 水圧の変化で浮き袋が膨らみ死んでしまうが、空気を抜くことで生かしておける。
・真鯛のお造り
 カキの養殖、稚魚の放流
★小林流 真鯛の姿焼き
①一晩寝かせた真鯛を頭と中骨を残して3枚におろす。
②タコ糸でヒレ・口を縛って固定。串を打って固定。塩を振る。
③遠火で1時間かけてゆっくりと焼き上げる。みりんでてりを出す。
④身に串を打つ。塩を振り、炭火で焼く。真鯛の上品な脂を落とさないために、皮目に小さな穴を開ける。
⑤串を抜き、お頭に盛りつけて完成。
★小林流 鯛めし
①真鯛のアラをしっかりと焼き上げ、醤油、かつおだしに入れて、香り・うま味を足す。
②お米の入った土鍋へ①を入れ、焼き上げた鯛と一緒に炊く。
③炊き上がったらネギをふり、身をほぐしならが混ぜる。

 「バービーのしずおかごはんがもっとたべたい!」は、「静岡市清水区」。
http://www.sut-tv.com/show/shizuokagohan/
《魚河岸 どんぶり君》
・二色丼セット 950円
・黒はんぺんフライ カレーライスセット 790円
《河岸の市》
・釜あげしらす 200g 680円
・とろ鯵ひもの 1尾 390円
<水上バス>エスパルスドリームフェリー・
 江尻~三保 片道400円
《川村農園》
・ミニトマト アイコ
※清水区三保:
 温かい気候と豊富な日照量により、大正時代から続くハウス栽培発祥の地
《川村農園CAFE》
☆トマトジュース 280円
・トマトパフェ 1,280円
<コスプレスタジオ ノンタウン>
《なだかアイス》
・ソフトクリーム 150円
・スペシャル 200円
《金の字 本店》
・もつカレー煮込み 1本 150円
・生ビール

 「相席食堂」は、「富山県 氷見市」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/abc/91749/817457/
氷見漁港《魚市場食堂》
・土鍋の漁師汁(氷見浜丼についてくる)
・氷見浜丼 はんさ盛り(大盛) 2,290円
《茶房 三左衛門》しずおさん(元アニメのプロデューサー勘右衛門母母座)
《勘右衛門 母母座(かんえもん ははざ)》
・ダンコチンコパフェ
※ダンコチンコとは外山弁で「互い違い」
<上日寺(じょうにちじ)>
・ごんごん祭り
「台湾裏相席」裏グルメ、裏スポット、裏カルチャー
「龍口町」
・ココナッツジュース 5元(約18円)
《》フォーの店
・牛肉のフォー(台湾バジル入り) 70元(約250円)
<三水街市場>
《》ヘビ料理
・ヘビの血、ヘビの肝、ペニス、毒、漢方薬 5種類を混ぜて頂く
・コブラのスープ
《》
・コーリャン酒 58度

 先日の「Kinki Kidsのブンブブーン!」は、「趣旨 おいしいからあげを食べたい!!」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/cx/50474/1236620/
*一般社団法人 日本唐揚協会 会長 やすひさてっぺい
《吉吾》中津からあげ専門店
TEL 03-6905-4233
☆からあげ弁当 600円
☆とり唐タルタル弁当 650円
☆吉吾デラックス弁当 750円
☆油淋鶏弁当 650円
・元祖からあげ(にんにく入り)100g 260円 マヨネーズ付け
・中津産ヒノヒカリ
*料理研究家 野口英世
《鶏の宮川》塩水に1時間漬ける
・白いからあげ 880円
 自家製ぽん酢、完熟赤山椒、宮川オリジナル焙煎黒八味で味変
・すごい卵かけごはん
 メレンゲ、やきとりのタレに5時間漬けた黄身
*からあげライター 松本壮兵
《新宿 からげんき》
・特製 鶏のから揚げ 570円
*フォーリンデブ はっしー
《とりなご》恵比寿・三軒茶屋
※みちのく味わい鶏
・名物からあげ 1ピース 400円

 「~本当は教えたくない~ 切札ツアー!!」は、「全国!絶景カフェ巡り & 絶品 麻婆豆腐の旅」↑
http://www.ntv.co.jp/svf/20181021.html
◆絶景のカフェ巡り
「千葉県いすみ市 太東(たいとう)」
《GAKE》
・ホットティー 550円
・ベイクドチーズケーキ 550円
「北海道 トマム」
《星野リゾート リゾナーレ トマム》
《星野リゾート トマム てんぼうかふぇ》
※雨の日に発生する「悪天候型 雲海」
・マシュマロを溶かして飲む 雲海コーヒー 500円
《星野リゾート トマム 森のレストラン ニニヌプリ》
・海鮮丼
「神奈川県 鎌倉 長谷」
<長谷寺>
 良縁地蔵
 御本尊 十一面観音菩薩(木彫仏では日本最大級)
《グッドメローズ》鎌倉市・坂ノ下
 鎌倉花火大会
・ベーコンチーズバーガー 1,450円
◆絶品!麻婆豆腐の旅
《羊香味坊(やんしゃんあじぼう)》上野・御徒町(おかちまち)
 中国北東部 ラム肉と黒竜江省料理
・ラム肉と長葱塩炒め 1,200円(税別)
・ラム肉入り麻婆豆腐 1,200円(税別)
 クミン、ゴマ、えごま、一味唐辛子を混ぜた特製スパイスとパクチーをかける。
 全粒粉麺に絡める。
「沖縄」
<長瀬島ウミカジテラス>
*《タピオカドリンク専門店 クイックリー》
・パールミルクティー 400円
<那覇・壺屋>
 古き良き町並みが残る
・壺屋うふシーサー
 世界最大(3.62m)
《創作中華 姚姚(ヤオヤオ) 中華廣場》那覇・松山
・紅豚肩ロース肉の汁餃子 5個 900円(税別)
・鮮辣麻婆豆腐 1,500円(税別)
・シェンラー:饅頭の皮を揚げたパン(コースのみセット)
《DOUBLE TREE BY HILTON NAJA》那覇・東町
「東京都港区 麻布十番」
《浪花屋 総本店》
 「およねたいやきくん」のモデルにもなった老舗
《麻布十番 豆源》
 創業1865年の豆菓子専門店
《プリンチピオ》
 2018年 ミュシュラン1つ星のイタリアン
《コロッケ ミミック トーキョー》
 エンターテインメント型レストラン
《洋食屋大越》
 50年以上続く庶民派洋食店
《紫王蘭(しぎょくらん)》東京・東麻布
※中国飯店のカジュアルライン店
・赤麻婆
 名門「中国飯店」と同クオリティー
・緑麻婆
 つぶ貝の出汁にナズナを香草で使用
・黒麻婆
 イカスミや魚介系を使用
・白麻婆
 鶏肉、山芋、マッシュルームを使用
・黄麻婆
 味付けに塩漬け玉子、豆腐の代わりに玉子豆腐を使用
※各 1,450円

 「TOHOシネマズ」より、メール。
●更新手続きは、有効期限の3ヶ月前から受け付けています。また、有効期限が切れた後も1年以内であれば更新手続きは可能です。この期間中に更新がなければ、貯めている未使用ポイントは全て失効しますのでお気をつけください。
●会員専用ページで更新手続きができるようになりました!
更新手続きは、会員専用ページ、もしくは劇場の自動券売機でおこなってください。
http://www.tohotheater.jp/

010_34

 今朝の朝食は、昨日買ったお茶碗を使いましょう!ちょっと大きめだね。
吉祥
 怒って
 泣いて
 笑って
 福来る
 福来朗(ふくろう)

 今日は、「JRさわやかウォーキング」に参加したかったが、「ムラの一斉草刈り」!!!
 「えんばい朝市」のコースだったんだよね!
https://walking.jr-central.co.jp/

 2019年5月15日の朝刊に「浜名湖のりうどん」の記事が出ていたんだよね!
来年 浜名湖のり養殖200周年 加工業者団体 国内外に発信
 二〇二〇年に養殖二百周年を迎える「浜名湖のり」。節目に合わせ、地元特産品の認知度アップを目指し、県西部の加工業者らでつくる「浜名湖のりブランド推進協議会」が、新ご当地グルメ「浜名湖のりうどん」の普及を柱の一つとした二百周年記念プロジェクトを始める。国内最古とされるノリ養殖の歴史を次世代に伝えるとともに、東京五輪パラリンピックを追い風に国内外に発信していく。
うどんで人気どんどん
 「浜名湖のり」は浜名湖で育てられたノリを指し、浜名漁協が特許庁の地域団体商標に登録申請している。協議会は「ノリベーション」と称して、その魅力を伝えブランド化を図ろうと〇九年に発足。申請を後押しした。
  プロジェクトでは、産地ならではの生食文化に着目。食べ方の一つとしてのりうどんを普及させ、特産をアピールする。今後は地元飲食店に協力を呼び掛けるが、これに先立ち、十八日にある舞阪漁港恒例のえんばい朝市で、のりうどんメニューを開発中の浜松調理菓子専門学校の学生が二百四十食販売する。
 このほか、学生記者を募り、のりうどんの感想を会員制交流サイト(SNS)に投稿してもらうといった若者へのPR策に取り組んだり、外国人を含む観光客らが浜名湖のりを味わえる飲食店のリストを作成したりする。関係者が集い先人に感謝するイベントも検討している。
 メンバーら八人は十四日、浜松市役所に鈴木康友市長を訪問。松田和敏会長は今秋にも商標登録される可能性を示唆し、「一九年、二〇年は大事な年。多くの人に知ってもらいたい」と意欲を述べた。
(飯田樹与)
<浜名湖のり>
 1820年に信州ののり商人・森田屋彦之丞と、そのもとにいたのり職人・大森三次郎が伝えたとされる。浜名湖産はアオノリが大半で、特有の磯の香りと滑らかな舌触り、鮮やかな色合いが特徴。年間の生産量は800~1000トンだが、ここ5年は乱高下が激しく、2019年は例年の6、7割と少なかった。
https://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20190515/CK2019051502000033.html

 草取りを終え、帰宅。
 買い物に出掛ける。
 まず、「LOTO 7」を買いましょう!

 ドラッグストアーに寄り、「殻付きピーナッツ」360g入り321円を買う。

 組合の記念品の申し込みを投函。

 イーオンに行く。WAONに2,000円チャージ。
 売り出しの「かつおたたき」100g105円を買う。腹の部分1/4身を買いたかったけど、頭の方はなく、尻尾の方ばかりだった。つまり1/8の部分ということかな。
 それに「愛知県産 新タマネギ」37円、「イタリアンドレッシング」190ml192円を買う。

 一旦帰宅。
 「さの寿司」が5月いっぱいで閉店と聞いたな・・・。これは、行くしかないでしょう!何年ぶりに来ただろう!本当にしばらくぶりだね・・・昔は、出前を取ったり、2階で宴会をしたりしたね。
004_60

 10:50頃到着。駐車場は一杯。
008_43

 11:00開店なのに、11:10頃開店・・・予約ばかりだった・・・なんとか入れてくれた!!!(ありがとうございます)
 皆さん、ランチバイキングは予約しないと入れませんよ~!!!
 バイキングは、メモに書いて注文するシステムらしい。お惣菜やデザートも食べ放題のようだ。
006_49

 「おまかせ」1,080円を食べる。10貫でした。なかなか美味しかったですよ↑↑↑お茶とガリ、わさびはセルフ。(全てさわび抜きで出されるのです)
002_65

 「箸袋」が懐かしい♪♪♪
静岡県浜松市西区大久保町3305
TEL 053-485-8559
営:土、日 限定ランチバイキング (70分食べ放題) 職人が握る寿司・天ぷら・地元野菜料理
 11時~15時30分(14時20分最終入店)
・男性2980円(税込3218円)、女性2380円(税込2570円)、小学生1000円(税込1080円)、幼児無料
・おまかせ 1000円(1080円)
 夕方 16時30分~21時30分頃
https://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22006967/
https://www.facebook.com/sanozushi
https://www.instagram.com/sanoyu_sanozushi/

 夕方は、「タケノコ汁」で一杯♪タケノコが硬いな・・・茹でる時間が短すぎたか・・・?
012_28

 「サバ水煮」のかわりに「味噌煮」を使う。
マルハ さばみそ煮
MARUHA NICHIRO
 国産さば使用
1缶(190g)496kcal
販売者 マルハニチロ株式会社
東京都江東区豊洲3-2-20
TEL 0120-040826
http://www.haruha-nichiro.co.jp

014_14

 豆腐は、「木綿とうふ」。
濃厚しっかり
 濃厚な豆乳で造った本格にがり仕立て木綿豆腐
内容量 320g
100g当たり 72kcal
販売者 株式会社ベイシア BEF22
群馬県前橋市亀里町900
TEL 0120-047-803

 ここで、今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「おととせんべい」(香川県)の引用♪
種類抱負 見た目も楽しい(豊富じゃないのかな???)
 瀬戸内海の沿岸各地。鮮魚はもとより、干物や練り物など加工品が有名だが、特にユニークなのが香川県に多い、魚を用いた風味豊かな煎餅類だろう。いくつかの製法があるなか、大正時代から伝わる、薄く敷いた小麦粉の生地に小魚を乗せて焼き上げたものも評判の一品である。
 その伝統を受け継いだ象屋元蔵(きさやもとぞう)の「おととせんべいは」見た目の楽しさで好評。「乗せる魚やタコは、尾びれや足が欠けたものは極力使わず、自然の姿を追求。また、アオノリを添え躍動感を持たせるなど、アーティスティックな仕上がりを目指しています」と、店長の玉置哲郎さん。
 生地にイリコ、昆布でとっただし汁を使用するなど、味にこだわっているのも人気の一因。ほのかな磯の香りと、パリッとした快い口当たり、そして焼くことで香ばしさを増した小魚などの素材の旨さが、口中にぱっと広がるのもいい。
 季節によっても異なるが、エビ、キス、カレイ、イカ、サバ、エソなど常時十数種類を用意。詰め合わせ商品がメインで、特に「名産のタコの大判焼きを含む、大判(長径約18cm)二枚と小判(同13cm)八枚セットをセットにした十枚入りあごすすめ」という。
●象屋元蔵
高松市藤塚町1の9の7
TEL 087(861)2530
FAX 087(861)2505
詰め合わせ6枚入り 1080円、10枚入り 2160円、15枚入り 3240円(いずれも税込み、送料別途)ほか
https://www.ototosenbei.com/

 「旬の魚介 あれこれ」より、「スズメダイ」の引用♪
あぶるとカモの味
 スズメダイは非常に骨の硬い魚。紀州には、お仙という女性がこのさなかを食べ、喉に骨が刺さって死んだという言い伝えがあり、スズメダイを「オセンゴロシ」と呼ぶそうです!
・科属:スズキ目スズメダイ科スズメダイ属
・漢字名:雀鯛
・英名:pearl-spot chromis / damselfish
 魚といえば食べる魚のことだとばかり思っていた。だから、スズメダイの話を聞いていて、戸惑ったことがある。飼育がどうの、色がどうの?-どうやら見て楽しむ魚のことのようだったようだ。ルリスズメダイやソラスズメダイはじめスズメダイの仲間は観賞魚として人気が高い。
 食用の魚と観賞用の魚は、普通分けて考えられているが、思えばそれは人間の勝手というものだろう。それでも、だいたいは見た目が派手やかな魚はおいしくないものだ。
 スズメダイの仲間でも、食べられているスズメダイは地味で、とても観賞向きとはいえない。十数センチのどの小魚で身も薄いから、食用としても重視されない。東北以南の沿岸に広く生息し、防波堤釣りで簡単に釣れるが、所によっては捨ててしまうという。どうも半端な存在なのだが、実は味がよい魚だ。
 九州北部ではアブッテカモの名で、よく知られている。名の由来は諸説あるが、炙り焼きにするとカモの味がするという「炙って鴨」説が楽しい。カモかどうかはともかく、脂がよくのっていて、丸ごとをジリジリと焼くと、パリパリして美味。旬は主に初夏とされている。
 ちなみにスズメダイの名前は、小さくて茶色っぽいとか、丸い目が似ているとか、スズメに由来。かわいらしい姿形は、食用でも観賞用でも変わらない。

本日のカウント
本日の歩数:7,218歩
(本日のしっかり歩数40歩)
本日:53.4kg、11.8%
本日の割箸使用量:1本
本日の餃子消費量:0個

|

« くず粉を生かし 介護食 | トップページ | 「大庭英子のおいしい家ごはん」(4-3)「たけのこのそぼろ煮」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« くず粉を生かし 介護食 | トップページ | 「大庭英子のおいしい家ごはん」(4-3)「たけのこのそぼろ煮」 »