« 「いただきます 電子レンジ料理3」 | トップページ | 「アベンジャーズ エンドゲーム(Avengers Endgame)」、そして「もち米しゅうまい・女鶴秀米」 »

2019年4月27日 (土)

あのとき、それから しずおか平成史(上)日本酒

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「平成最後!皇居周辺さんぽ」「千代田区 半蔵門」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/73317/1257467/
<半蔵門>
 服部半蔵の屋敷がこのあたりにあったことから。
♪ PUFFY 愛のしるし(1998年)
<バン・ドゥーシュ>銭湯
<平河天満宮>江戸の守護神
 御祭神:菅原道真
 ご利益:勉学、商売繁盛など
<麹町 消防署>
<日本カメラ博物館>入館料300円
☆ダン 35Ⅱ 昭和23年発売
☆ロールライト 昭和12年発売
☆ジルー・ダゲレオタイプ・カメラ 1839年製造フランス製 世界最初のカメラ
☆O型ライカ No.110 1923年(大正2年)製造
♪ 今はもうだれも アリス(1975年)
《鶴屋八幡 東京麹町店》
☆百楽(つぶ餡) 194円(1個)※時季によって変わります
☆どらやき(白小倉) 237円(1個) ※時季によって変わります
☆あんみつ(1個) 594円
・干し琥珀 山清水(5個入)675円
<SEI SHOP(セイ ショップ)>防災のセレクトショップ
☆カムイワッカ麗水 15年保存水 2L(6本) 4,860円
・サバイバルRフーズ 洋風とり雑炊(大缶) 9,180円
☆聞こえる耳栓 クリオネ 1,620円

 先日の「バナナマンのせっかくグルメ」は、「夜な夜なディープな街で 絶品グルメ探し!」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tbs/46591/1250704/
「沖縄 安里(あさと)」
《栄町ミート》
《牛たんあそび処 KAZU》
☆トロトロ牛たんすじ肉・味噌煮込み 500円(税込)
☆ゆでたん赤ワイン煮 800円(税込)
☆たん先 コリコリガーリック炒め 600円(税込)
・牛タンカレーうどんトマトスパイシー 900円(税込)
・窯焼き特選牛タン厚切り 1,900円(税込)
《かのう家》
☆ゴーヤチャンプル 100円(税込)
☆もずく天ぷら 1個 50円(税込)
☆ポーク玉子 1個 100円(税込)
★ジーマミー豆腐 揚げだし
《貝専居酒屋 ひいき屋》
☆つぶ貝・ホッキ貝・ホタテ 貝刺身3点盛り 1,200円(税込)
☆5種貝の水炊き 750円(税込)
☆5種貝のガーリックバター 850円(税込)
・貝ごはん 650円(税込)ホタテ、アサリ、ムール貝
・夜光貝のお刺身 790円(税込)
《昭和茶屋》
《おかずの店 便利屋 玉玲瓏(イウリンロン)》
TEL 32-0009
・泡盛ソーダ割り
・小籠包 650円(税込)
「京都 西院」
《折鶴会館》
*《才》、《若扇》、《カラオケ居酒屋 よりみち》
*《さすらいのカンテキ》
・片野桜 日本酒
・さすらいの五種盛り 1,570円
 黒牛カルビ、ハラミ、ホルモン3種
《京野菜と創作料理 中家》
☆葱入りだし巻き 630円(税込)
☆特大とろ鯖塩焼き 780円(税込)
☆鶏の黒七味焼き 800円(税込)
・お造り盛り合わせ 1,780円(税込)
 サゴシ、シメサバ
《ぶった》
・豚肉の月見つくね 260円(税別)
《麺処 鶏谷》
・鶏そば(あっさり醤油) 750円(税込)
★熟成鶏そば(こってり醤油) 750円(税込)

 「東京絶品グルメ 乃木坂46の食べるだけ」。
https://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/v2597/
《代々木上原 おこん》渋谷区西原
・おこんお任せコース 5,000円~
 贅沢三昧 土鍋ご飯
《銀座 料亭 美登里》
☆シャンパン鍋コース 10,000円 ※シャンパン代別途
 シャンパン鍋の絶品リゾット
《新宿 SALON BAKE & TEA》
 夜パフェ
☆パフェ・アフォガード・ティラミス 1,300円
《原宿 ワーキングホリデーコネクション》渋谷区神宮前
 新感覚かき氷
・抹茶マンリーメス 1,500円
・トロピカルマンリーメス 1,500円
・オリジナルマンリーメス 1,300円
・マンゴーマンリーメス 1,300円
※「メス」MESS=ごちゃまぜ
《築地 ウオカメ》
 北海道産 生ウニ山盛りパスタ
☆生ウニのパスタ 3,000円(フルサイズ)
《渋谷 ホルモン千葉》渋谷区宇田川町
 肉汁しみ込む濃厚焼きうどん
・焼きうどん 450円
・ホソ 780円
・ハラミ 1,580円

 昨年度末の職場で「給与明細」を渡したいから来て欲しいとの連絡があり、出掛ける。GWなんだけど、今日は特別にやっているんです!!!(代休があるから10連休は、間違いなし!)
 懐かしい顔に合った。「4月分給与明細」を頂いた。去年までの仕事の確認も聞かれた。近いんだから、呼ばれたら、すぐに行きますよ♪17:20には、行けますよ!!!
 Sさんに、仕事をしていた時の写真を頂いた。Sさんの笑顔がステキでしたよ・・・。写真は、懐かしいです!!!未練が残ります!!!・・・もっと、自己中じゃない仕事をすればよかったな、と反省してしまいました。

 そのまま、銀行に出掛ける。「車検代」と「フォークリフト講習代」を入金↑
 買い物に出掛ける。スーパーにて「長ねぎ」95円、「納豆」50円、「木綿豆腐」38円、「米久ベーコンブロック」321円を買う。

 一旦帰宅して、いただた写真のCDを見る。懐かしいです!!!

 病院にお見舞い。
 そのまま、「眼鏡市場」に行き、曲がったフレームを直してもらう。(ありがとうございます)
https://www.meganeichiba.jp/

002_43

 昼食は「吉野家」にて、「牛丼」(並)380円のところ、定期券を使って、80円引き♪
https://www.yoshinoya.com/

 「イーオン」に行く。1,000円チャージ!
 「KALDI」にて、コーヒーをもらい、店内散策。
 「エデュオン」に行く、デジカメのビスが、いつのまにか抜けて、無くなっていたので、その注文・・・しかし、「キャノン」は、自分で注文しないといけないらしい・・・。
TEL 050-555-90002
https://cweb.canon.jp/kiss

 お酒売り場で「サッポロ黒ラベル」1,099円を買う。
 食品売り場で「新たまねぎ」41円、「お徳用おろし生わさび」321円を買う。

 スーパーに寄る。売り出しの「明治ブルガリアヨーグルト」138円、「CGC はごろもシーチキン」213円、それにおつとめ品の「バナナ」54円を買う。

 さらに、「百均」に寄り、「タブレット用の袋」と「白いTシャツ」がないかリサーチ。
 洋品店で、Tシャツをリサーチ。
 ホームセンターで、Tシャツをリサーチ。

004_42

 帰宅して、タケノコ掘り。今年はあまり出ていないね・・・。でも、1週間ぶりだと大きくなりすぎているね!
 でも、掘ったタケノコは食べきれないので「酒&FOOD かとう」に届けて、消費してもらいましょう!

 またまた一旦帰宅して「酒&FOOD かとう」に行く。「むぎ焼酎 壱岐」40度3,240円を伝票にて買う。
 「無リンいわしはんフライ」257円のところ170円、「おでん」378円、「鰹と豆腐の揚だし」300円のところ267円、「うの花サラダ」181円をget!(ありがとうございます)
https://slowkato.hamazo.tv/

 タケノコのアク抜きをしましょう!
 先週買った「タブレット」の設定・・・これが時間がかかる・・・↓↓↓
https://www.commufa.jp/step/howto/lan/
https://www.commufa.jp/step/howto/lan/tablet.html?type=b

 「メモ帳」をダウンロードしたいが、タブレット上では、見つからない。パソコンから検索!
「使いやすいメモアプリのおすすめ人気ランキング10選」
https://my-best.com/1963

 夕方は、お惣菜で一杯♪♪♪
012_21

「鰹と豆腐の揚だし」
 鰹、国産大豆のこだわり豆腐、南瓜、ピーマン、なす、無農薬玉ねぎ、だし醤油、ゆず醤油、その他
008_31

「無リンいわしはんフライ
 丸又無リンいわしはんぺん、パン粉、小麦粉、鶏卵
010_26

おでん」
 こだわり(練り製品 がんも コンニャク)、玉子、国産昆布、丸大豆  醤油、三河みりん、鰹削り節、純米酒
006_36

「うの花サラダ」
 三才おから、低農薬(りんご、キューリ)、こだわりツナ、無農薬(人参、じゃがいも)、玉子、松田マヨネーズ、木次ヨーグルト、海の精食塩、三温糖、コショー

  2019年4月18日の朝刊「あのとき、それから しずおか平成史」に、「日本酒(上) 品質本位」という特集があった。
首脳酔う美味脚光
 二〇〇八(平成二十)年七月、北海道のホテルに米国のブッシュ大統領やロシアのメドベージェフ大統領、フランスのサルコジ大統領らが集った。洞爺湖サミット(主要国首脳会議)での夕食会だ。
 会議の行く末を左右しかねない宴席で、主催者の福田康夫首相は焼津市の地酒「磯自慢」を手に乾杯の音頭をとった。みずみずしく、淡麗な飲み口を世界が味わった瞬間。直後から製造元には取材や注文が殺到することになる。
 その製造元、磯自慢酒造の寺岡洋司社長(63)に外務省から「酒を送ってほしい」と依頼があったのは、サミットの一カ月前。磯自慢を含め、全国の酒蔵から十社ほどの酒が集められた。
 寺岡社長が厳選した「磯自慢 中取り純米大吟醸35」は米と麹(こうじ)、水のみで造る純米酒。雑味を除くため、米を六割以下に精米した吟醸酒でもある。大吟醸35は35%まで米を磨き上げている。
 料理人や政府関係者らによる二度の審査会で、一次、二次ともに堂々たる一位。焼津の酒蔵の最高技術を結集した酒は、海外での日本酒評価に詳しい「はせがわ酒店」(東京)のお墨付きも得て、乾杯酒に選ばれた。
 サミットの後も、注文の電話は鳴りやまなかった。「(〇八年九月の)リーマン・ショックで経済がどん底の時に、酒を全く知らない人からも問い合わせがあった。世界に静岡の地酒を知ってもらえた」と寺岡社長は振り返る。
Sake1

 既に当時、磯自慢はじめ、県内の蔵元のほとんどが鑑評会で受賞歴を誇った。吟醸や純米など高品質な酒の比重が八割超まで右肩上がりに増え、左党の間では「吟醸王国」とも呼ばれていたが、灘(兵庫県)や伏見(京都府)に比べ、一般にはなじみがなかった。
 本来、温暖な気候は酒造りに不向き。戦後から高度経済成長期は、アルコールやブドウ糖などでかさ増しした酒を主力としていた。「酒造後進県」とさげすまれ、着任した杜氏(とうじ)に「島流し」とまで言われた。
 負のレッテルを覆したのは、造り手たちの選択と決断。戦後の「質より量」を求める時代のニーズから脱却し、品質本位にかじを切った。県内の酒蔵はほとんどが小規模。その分、小回りが利いた。
 高品質路線の先駆けは「開運」で知られる土井酒造(掛川市)。直近十回の全国新酒鑑評会で八回入賞を果たすなど、今も昔も、地元の酒蔵仲間から一目置かれる存在だ。
 土井清愰(きよあき)会長(79)は一九七八(昭和五十三)年、東京の飲食店主のひと言から「蔵の未来に希望を見いだした」と言う。
 「一升五千円から六千円くらいかな」。イベント用に少量造った吟醸酒に値段をつけてもらった時のこと。主力にしていた普通酒の五倍以上の価格だった。
 「当時、吟醸酒は鑑評会用に蔵の名誉をかけて造る酒だった。売り物になるとは考えなかったし、値段の検討もつかなかった」と土井会長。
 八年後、八六年の全国新酒鑑評会。土井酒造に続けとばかりに、品質本位に転換した県勢は二十一社が出品、うち十七社が入賞し世間をあっと言わせた。
 (首脳の肩書は当時)
   ※    ※
 ミネラルを適度に含む水と、県内の酒蔵だけに使用を許された酵母。静岡の地酒が昭和の終わりから平成にかけ、名声と独自の地位を確立する歩みに迫る。
https://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/shizuoka_heisei/list/2019/CK2019041802000096.html

本日のカウント
本日の歩数:12,371歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:55.0kg、8.0%
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「いただきます 電子レンジ料理3」 | トップページ | 「アベンジャーズ エンドゲーム(Avengers Endgame)」、そして「もち米しゅうまい・女鶴秀米」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「いただきます 電子レンジ料理3」 | トップページ | 「アベンジャーズ エンドゲーム(Avengers Endgame)」、そして「もち米しゅうまい・女鶴秀米」 »