« 「魚べい」、そして「土井善晴の料理は楽し」(1-4)「牡蠣フライ」 | トップページ | 「はま寿司 博多とんこつラーメン」、そして「いただきます 春の魚介料理」 »

2019年3月27日 (水)

「うなぎ大嶋」「グランドホテル浜松 別館 聴涛館」、そして「遠州屋」

 昨日のテレビ、「朝の!さんぽ道」は、「再開発で変わる!話題の街さんぽ」「渋谷区 千駄ヶ谷」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/73317/1248941/
<新国立競技場><東京体育館>
♪ WAKU WAKUさせて 中山美穂(1986年)
<鳩森八幡神社>平安時代 創建
 御祭神 応神天皇
 ご利益:勝負運、健康成就など
・鳩みくじ 100円(1回)
*富士塚 1789年築造
*将棋堂(将棋の起源は、古代インドのチャトランガ)
《ローランズ ソーシャル&スムージーショップ原宿店》花屋&スムージー
☆濃厚ガトーショコラ 734円
☆バースデーケーキ 1,080円
☆ドライカレー 1,080円
☆ローズブーケ 1,296円(1杯)スムージー
☆季節のフルーツ オープンサンド 561円
<国立音楽堂>昭和58年建立
《カフェレストラン 泥人形》ドラマのロケ地
※レンガ=泥、イスの生地がフランス人形の洋服に似ている=人形
・オムライス 950円
♪ 僕等の時代 オフコース(1980年)

 「昼めし旅」は、「新名所を探して・・・」「港区 高輪ゲートウェイ駅」。2/7の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1236070/
<スリランカ大使館>
《真水とうふ店》
☆絹豆腐 1丁 180円(税込)
<高輪消防署 二本榎出張所>昭和8年
《Maho's Table》2010年オープン、料理教室とカフェ
☆南海チキンライスセット 1200円(税込)
☆ボルシチセット 1500円(税込)
・揚げ出し豆腐
 大根おろし2種:鷹の爪の種を取って、大根おろしとたたく。大根おろしに万能ネギ。
 薬味は対角線に置く。
・小松菜と桜エビの煮浸し
 干しシイタケの出汁、出汁、白醤油
 他の物は一緒に煮て、冷めてから小松菜を入れる。
・ブリ大根

 「おばあちゃんの台所」は、「シヅヨおばあちゃんのどてめし」。
https://www.webtsc.com/prog/obaachan/recipe/
 岡山県勝央町
<津山きもの学院>井並シヅヨ
【どてめし】
『材料』(5人分)
・八丁みそ・・・500g ・
・ゴボウ巻き・・・5本
・ニンジン・・・2本
・コンニャク・・・1枚
・ちくわ・・・2本
・焼き豆腐・・・1丁
・ダイコン・・・1/2本
・豚大腸・・・500g
・二黄卵(ゆで卵)・・・5個(勝央町の「勝福卵」)
・ざらめ・・・300g
・水・・・2L
・米・・・3合
・粉サンショウ・・・お好みで
『作り方』
①豚大腸をお湯に入れ、2分下ゆでしザルにあげる。
②ダイコンは3cm幅に切り、皮をむいて4等分に切る。
③2Lの水を火にかけ、乱切りにしたニンジン、①、②、8等分にした焼き豆腐とコンニャク、二黄卵のゆで卵、ゴボウ巻き、1/3にカットしたちくわを加え中火で煮る。
④③が煮立ったら、アクを取って八丁みそを加える。
⑤ざらめを数回に分け加え、アクを取りながら3日間煮込む。
 「おいしくなれ、おいしくなれ」と呪文を唱える。
⑥⑤をご飯にかけ、お好みで粉サンショウをふりかけて頂く。
《国際喫茶 和の館》
https://www.webtsc.com/prog/obaachan/recipe/1695/

 今日は、仕事のけじめ。
002_13

 花を頂いた。
Dendrobium
テンダーラブ ゆいな
デンドロビューム
大将園オリジナル

 たくさんの御餞別を頂いた。(ありがとうございます。)
 食べて消えるものが多かったが、残るものもあった。
008_12010_9

◆QUO クオカード 5000
004_13006_13

◆図書カード 1000
014_5

◆小銭入れ
016_4

「印傳屋の栞」
甲州印伝(こうしゅういんでん)
 「いんでん」とは、印度伝来を略して印伝となったと伝えられています。400余年の伝統を誇る鹿革工芸品です。鹿革に模様をつける「いんでん」などの皮工芸は、遠く奈良時代に作られた文庫箱(東大寺蔵・国宝)などにもみられ、また戦国武将たちの鎧や兜などをきらびやかに飾りました。やがて江戸時代になると、遠祖 上原勇七(現十三代)が、鹿皮に漆付けをする独自の技法を創案、ここに甲州印伝が始まったといわれています(別名・地割印伝、松皮印伝)。この技法により作られた巾着・莨入れ・早道などは、当時の上層階級にたいへん珍重されました。以後この印伝技法は、家伝の秘法として代々の家長「勇七」のみに口伝されてきました。江戸後期に数軒あったといわれる印伝細工所のうち、時の流れの中で、「印傳屋勇七」すなわち の印傳屋だけが唯一残ったのは、たえまない研鑽と継承があったからだといえましょう。「いんでん」の伝統伎は、現代にも受け継がれ、生活を彩る実用美として多くの人々から愛されると同時に、希少な日本の革工芸の文化を伝える担い手となっています。
    印傳屋 十三代 上原 勇七
印伝革
 鹿のなめし革を、黒・紺・茶・ワイン・エンジなどに染色し、荒裁断したあと型紙(和紙)をのせ、上から漆で模様付けします。そして数日間陰室で乾燥させます。強く、柔らかく、軽い鹿革と、時とともに色が冴える漆との調和により、使い込むほど肌ざわり、しなやかさがどの独特の風合いが出てきます。
・バッグ類(ショルダー、ポシェット、手提げ、ハンド、ボストン)、メンズ類、袋物、財布、メガネケース、小銭入、蟇口、印鑑入などのカタログを進呈いたします。
・全国発送も承っております。
◎甲州印伝は「経済産業大臣指定伝統的工芸品」に指定されています。
「印伝の特徴」
・漆は時がたつほど色が冴え、色合いが変化します。
・漆は長時間日光(紫外線)などにあたると、光沢が失われることがあります。
・漆はご使用中に、割れたり剥がれたりすることがあります。また強く折り曲げたり、引っ掻いたりした場合も同様です。
・鹿革は角ズレなどによる傷が多数あり、自然の模様として活かされます。
・鹿革はご使用中に、表皮が起きる場合があります。
・革は擦ったりすると傷がつくことがあります。
・鹿革は一枚ごとに性質が微妙に異なるため、浸染による色調に多少差異が生じます。
・鹿革の染色した一枚革は部分的に色ムラが生じることがあります。
・染色した鹿革は日光や照明により、また経年変化により変色したり、色あせたりすることがあります。
・水ぬれや摩擦などにより、衣服に色移りすることがあります。
・鹿革は汗や汚れがしみこみやすく、汚れなどが取れにくい性質があります。
「ご注意とお願い」
・陰室(むろ)にて完全に乾燥させていますので、漆にほるカブレはほとんどありませんが、体質等によりごくマレにカブレが生じることがあります。その場合は使用を中止して、医師にご相談ください。
・鹿革本来の持ち味を活かすため特別の色止め加工は施しておりません。雨や水に濡れると風合いが変化したり、衣服へ色うつりすることがあります。
「お手入れ方法」
・濡れた場合はこすらずに、乾いた布で軽くたたいて水分をとり、陰干しにしてください。
・ベンジン、クリーナー、ワックスでの汚れ落としやツヤ出しはなさらないでください。
池田屋 甲州印傳
浜松店 浜松市中区砂山町323-16
TEL 053-456-8851
印傳屋 十三代 上原勇七
山梨県甲府市川田町アリア201
TEL 055-220-1660
FAX 055-220-1666
http://www.inden-ya.co.jp
012_7

◆Towelling Home Colledtion マフラー
 ウォーキング用 綿100% 外出用
018_2

◆DARKS タオルハンカチ
020_1

 綿100%
昭和西川株式会社
TEL 0120-711-033
022

HARMONIOUS LIFE IN ORIBE
024

希望と器
 四季の巡りと営みの折節に、「器」を託して真心を送る・
ご使用にあたって
 日本人の心と言われる”やきもの”は、土と炎にほる伝統工芸品です。より親しんで使い込んで頂くために、下記の点をご注意ください。
・”やきもの”の技法上の関係で器の底面は、釉薬が施せず土のままの状態になっています。食卓等に傷がつかないように処理してあるものもありますが、更にサンドペーパー等で研磨の上ご使用していただければ幸いです。
・燗瓶、薬土瓶など直接火にかけて使用するものは、底の部分はよく乾燥させてから、トロ火でご使用ください。また、直火用表示のない陶磁器は、火にかけないでください。
・絵柄に金を使用した陶磁器は、電子レンジ、オーブンで使用しないでください。ただしレンジOKシールのあるものは可能です。
・クレンザーや金属製のたわしのご使用は、絵柄をいためますのでおひかえください。
・土物製品は、吸水性があるためカビ、シミの原因になります。よく乾燥させてから、収納、保管してください。
    株式会社 マルヨシ陶器
伝統の器 織部
器で彩る暮らしのシーン
 伝統に培われた技と心が つくりだすアートフルな器で あなたのくらしを彩りたい。
本社 岐阜県多治見市旭ヶ丘10丁目6番地
TEL 0572(27)3730
FAX 0572(27)3639
http://www.oribe-minoaki.com

028

 昼食は、「うなぎ 大嶋」にて、「うな丼 吸物 香の物」3,300円也。
 ここは「共水(きょうすい)うなぎ」で有名なんだよね!大井川のうなぎなんですね!
http://plaza.across.or.jp/~seiya-k/
 12時ちょっと前に到着。もう人が何人か入っていた。
 サインがいくつも飾ってある。「CBC花咲かタイムス」の取材が2019年3月22日にあったらしい。新しいね!
 「お茶」と「骨せんべい」が出てきた。これを食べてウナギが焼き上がるのを待てということなのかな?
 昔から「うなぎ屋」は焼き上がるまで時間がかかるため「日本酒」と年季の入った「香の物」で出来上がりを待つ・・・そんな方が多かったそうです。
 現代で言う「スローフード」かもしれませんが「うなぎ」と「日本酒」も大切な日本の文化。
 時代に流されることなく、大切にしていきたいと思います。

026

 やがて「うな丼」が配膳される。ふっくらしていておいしい↑↑↑
 「飛騨山椒」をかける。
030

 食べ終え、支払いを済ませ、外に出ると、平日にもかかわらず行列ができていた!

全国でも30店舗しか食べられない「幻のうなぎ」
 幻の共水うなぎ 本物のうなぎの旨さをご堪能ください
 あなたが食べているのは、ニホンウナギですか?
本物のうなぎの旨さを追求するうなぎ職人
 2代目店主 大嶋 茂樹
 旨いうなぎをとことん極めた30年の職人技!ぜひ、ご堪能ください。
■共水うなぎとは?
 天然うなぎにしかない甘い香りと味を養殖うなぎでももたせることに成功した幻のうなぎです。
■うなぎ大嶋 3つのこだわり
①幻の「共水うなぎ」:ニホンウナギの中でも幻の「共水うなぎ」を使用。日本でも30件ほどしか扱っていないブランドうなぎです。
②朝採れうなぎ:養鰻場からその日の朝採れを直送。新鮮、活きがいい。
③伝統の味と技:一度蒸し上げてから焼き上げる匠の技で絶妙な焼き加減に仕上げます。「共水うなぎ」本来のもつ旨みが凝縮され、脂身の甘さが引き立ちます。
本物のうなぎの旨さで「元気」と「笑顔」を!
 修行後、家業に入って30年。10数年前までは、浜名湖産のうなぎを使用していましたが、通常の仕入れでは池により、うなぎの品質がアラバラで良い物を安定的に仕入れることができませんでした。日本全国の養鰻場を探し歩き、ますます手に入りにくくなった、昔から日本人が食べていたニホンウナギで、しかも天然うなぎにしかない脂の甘い香りと味を持つ「共水うなぎ」に出会うことができました。
 その旨さを最高の状態で召し上がって頂ける様に長年うなぎと向き合ってきた職人だからこそできる技と、創業当時から継ぎ足し継ぎ足しで使い続ける秘伝のタレで、共水うなぎの旨みを引き立たせます。
 当店のうなぎを召し上がっていただいて、元気と笑顔が広がっていくよう精進いたします!

うなぎを極める
 うなぎ 大嶋
うなぎを味わう
 幻と呼ばれるうなぎ「共水」にこだわり、焼きにこだわり、タレにこだわる大嶋のうなぎ料理。
 昭和41年創業の自慢の味を、じっくりとご堪能ください。
幻のうなぎを食す。
 全国30数軒でしか味わえない、希少な国産うなぎ「共水」。
 静岡県大井川河口付近は日本でも有数のうなぎ養殖地。なかでも「共水うなぎ」は南アルプスの雪解け水が湧き出ているとされる大井川の伏流水を養殖池に引き、徹底した水質管理と最高級の餌で愛情いっぱいに育てられた最上質の逸品です。天然うなぎに近い甘い香りと味を持ち、栄養分や食感についてもうなぎ本来の質にひけをとらない味自慢ですが、生産量が少なく市場に出回る量も限定されるため幻のブランドと呼ばれています。
すべてのこだわりは うなぎ本来の旨さを守るため。
 うなぎ一筋名代の味、「うなぎ大嶋」の蒲焼きは、知る人ぞ知る大井川の共水うなぎを使用。一度蒸してから、皮はパリッと、中はふっくらと焼きあげる関東焼で、天然うなぎに近い食感にこだわっています。また白焼きはうなぎ本来の良質の脂の旨さをお楽しみいただくため、さばいてからすぐ直火で焼く地焼に。創業以来の秘伝のタレも、歳月を重ねた味わいが絶妙です。
※うなぎをタレ壷のの中につけて炭火で焼く、それを繰り返す事
お客様への思いを味わいに込めて
 「うなぎ大嶋」では焼きやタレはもちろん、お客様にうなぎ本来の美味しさをお楽しみいただくために日本最高峰「共水うなぎ」を使用しています。脂ののりが良く小骨が気にならず召し上がっていただけます。もちろんご提供する味は蒲焼きや白焼きばかりではありません。お酒やビールのおつまみとしても人気の高い共水うなぎ山椒煮や、甘辛いタレが絶妙の肝焼き、100%共水うなぎのうなぎハムもぜひ一度ご賞味いただきたい自慢の味です。
・うな丼  吸い物・香の物
・うなぎ御膳 肝吸い、うなカマ、ミニサラダ、香の物、甘味
・共水うなぎ山椒煮 ビールのおつまみに!!お茶漬けにも。
・共水うなぎハム(限定商品)1週間に1~2本の商品です。
・共水まぶし茶漬け
 一杯目は、そのままお召し上がり下さい。
 二杯目は、薬味をのせて。
 三杯目は、薬味をのせてお茶漬けに。後はご自由にお召し上がりください。

本物のうなぎの旨さをご自宅で!
 こだわりの養殖法で育てられた”共水うなぎ”を食べられるのは全国でもわずか30数店舗。幻のブランドうなぎと老舗の技をご自宅でもご堪能ください。
「幻のブランド 共水うなぎ」
 南アルプスから湧き出た大井川の伏流水で、天然うなぎと同じように四季を体験させて育てることにより、天然うなぎにしかない甘い香りを味を実現しています。
 そのため生産量も少なく全国30数店舗でしか味わえない幻のブランドと呼ばれています。
「朝採れうなぎ」
 養鰻場からその日の朝採れを直送。新鮮、活きがいいうなぎのみを使用しています。
「うなぎ本来の旨さを活かす匠の技」
 うなぎを知り尽くした職人ならではの技で一匹一匹丁寧に手さばき。一度蒸してから、皮はパリッと、中はふっくらと焼き上げる関東焼きにすることで、天然うなぎに近い食感を再現しています。創業から継ぎ足し継ぎ足しで使い続けるタレは、旨味が凝縮され、幻の共水うなぎを引き立たせ、うなぎ本来の旨さを堪能いただいています。
「通販人気ランキング」
 ご自宅で!知人へのプレゼント!お世話になった方への贈り物として!お中元、お歳暮、内祝いに!
・1位 共水うなぎ
 蒲焼き2尾、白焼き1尾、共水うな蒲鉾1本 9,800円(税込)
・2位 共水うなぎ
 蒲焼き1尾、白焼き1尾 各1人前 3,000円(税込)
・3位 うなぎ大嶋自家製 共水うなぎ山椒煮 3,000円(税込)
家庭でもお店の味を再現できるの?と不安な方へ―
 お湯で温める、電子レンジで温める方法もございますが、当店ではオーブントースターで焼く方法を推奨しております。詳しい方法を商品に同梱してご案内しておりますので、ご自宅でもお店に近い味で召し上がっていただけます。
※すべて合成保存料、合成着色料、合成甘味料は一切使用しておりません。
うなぎ大嶋は通販でご購入いただけます。

やっぱり食べるなら!安心安全な国産ブランド鰻
 全国でも30軒余りでしか食べられない、幻のうなぎこと『共水うなぎ』をご賞味あれ
幻のうなぎこと「共水うなぎ」うなぎの国産ブランドうなぎ
 浜松で50年以上の歴史がある「うなぎ大嶋」は、昔からの伝統の味と技を守り抜き、日本人が慣れ親しんだ「日本うなぎ」にこだわっています。幻のうなぎこと「共水うなぎ」は、TVでも紹介され、注目を集めている国産ブランドうなぎのお店です。味、栄養価ともに優れた絶品の「共水うなぎ」を、炭火でじっくり。匠の技で絶妙な焼き加減に仕上げます。鰻本来の甘みや旨みと良質な脂をぎゅっと閉じ込めた「江戸焼」をご堪能ください。店内には掘りごたつのお座敷も完備。お祝いの席から、大切なお客様のおもてなしまで「うなぎ大嶋」におまかせを。
・うな重(並) 肝吸い 香の物 3,950円
・うな丼 吸物 香の物 3,300円
・うなトロ丼 吸物 香の物 2,700円
・炭焼き豚バラ蒲丼 940円
・大志満重(白焼き重)肝吸・香の物・甘味 4,800円
・まぶし茶漬け 香の物・甘味 4,200円
・白焼き 3,150円~
・豚かば皿 850円
  ほか、メニュー多数
CHECK!「うなカマ」も大人気!
 「共水うなぎ」を使用した、贅沢なカマボコです。お酒のおつまみや、ちょっともう一品というときにぴったり!
「人気メニュー」
・大志満重(白焼き重) 4,800円(おおしまじゅう)
 素材の味・焼き加減、職人の業がひかる、ごまかしのきかない逸品です。
「共水うなぎ」とは・・・
 大井川の南アルプス伏流水、自然豊かな環境で、愛情をもって育てられた幻のブランドうなぎ。天然うなぎのような甘い香りと味わいが特徴です。栄養価も大変優れ、体に良いとされるDHAやEPAは一般の養殖うなぎの4~5倍!そして、美容に良いコラーゲンも豊富に含んでいます。
 創業当時から引き継がれている秘伝のタレをたっぷり絡めて召し上がれ。
「うなぎ大嶋」昭和41年創業
浜松市南区東若林町645
TEL 053-447-3656
営 11:30~L.O. 14:00 ※金曜は昼のみ営業
  17:00~L.O. 20:00
休 月曜 ※祝日の場合は11:30~L.O. 14:00のみ営業、翌火曜休み
http://www.umaiunagiya.net/

 夕方は、送別会。
 バスに乗り、開場に向かう。ちょっと前のバス停で降り、歩いて会場に行く。途中、「市長選挙」の選挙カーが通った。女性が窓から身を乗り出して手を振っていた・・・それって、道路交通法違反じゃないの???
034

グランドホテル浜松 別館 聴涛館」に到着。
036

 そして、開宴。
040

042

浜松市中区東伊場1-3-1
TEL 053-454-6311
https://grandhotel.jp/hamamatsu/

032

 帰宅途中、「韓国の家庭料理 遠州屋」に寄る。
038

・生ビール 520円
・ビビンバ 870円
静岡県浜松市中区鴨江4-18-18
TEL 053-528-7070
https://guide-jp.com/hamamatsu/enshuya
https://www.facebook.com/遠州屋-152068268150153/

 バスに乗り、帰路に就く。
 例によって、コンビニにて「チョコモナカ ジャンボ」151円を買い、食べながら帰宅。
MORINAGA
パリパリッ!
内容量 150ml
1個当たり302kcal
販売者 森永製菓株式会社
東京都港区芝5-33-1
製造所 森永デザート株式会社
佐賀県鳥栖市藤木町字若桜5-2
TEL 0120-560-162
http://jumbo-net.jp

 メモに「京都 ほんだみそ」と書いてあったが、何だろう???
http://www.honda-miso.co.jp/index.html

044

 内ポケットから箸袋が出てきたが、どこのだろう???「遠州屋」かなぁ?「ビビンバ」は、「スッカラ」で食べたと思うんだけどな。

本日のカウント
本日の歩数:26,717歩
(本日のしっかり歩数:12,587歩)
本日:54.6kg、12.6%
本日の割箸使用量:2本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「魚べい」、そして「土井善晴の料理は楽し」(1-4)「牡蠣フライ」 | トップページ | 「はま寿司 博多とんこつラーメン」、そして「いただきます 春の魚介料理」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「魚べい」、そして「土井善晴の料理は楽し」(1-4)「牡蠣フライ」 | トップページ | 「はま寿司 博多とんこつラーメン」、そして「いただきます 春の魚介料理」 »