« 「いただきます お手軽おもてなし料理」 | トップページ | はままつフルーツバーク時之栖 »

2019年3月 7日 (木)

「いただきます 簡単おつまみ」

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「春の房総半島!絶景さんぽ」「千葉県 富津市・鋸南町」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/73317/1243439/
「千葉・富津市」
♪ 春だったね よしだたくろう(1972年)
《野口製菓》
・バカ最中 180円
(バカ貝を模した最中)
<古船浅間神社>
・御神水
*夏季大祭 羯鼓舞奉納(かっこまい)
♪ 海 サザンオールスターズ(1984年)
<天然温泉 海辺の湯>
・入浴料 780円(平日)
「安房郡 鋸南町」
*鋸山
 鋸山の南=鋸南
♪ 花のように ベッツィ&クリス(1970年)
*頼朝桜(河津桜)
*水仙の日本三大群生地 江月水仙ロード
<いぼ神様>

 「昼めし旅」は、「岐阜県 高山市」。1/18の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1230601/
<住真商店>昭和49年創業
☆木版手染ぬいぐるみ 790円~
*エゴマ(あぶらえ)
 油が取れるエゴマ→あぶらえ
 血中の中性脂肪を下げ、生活習慣病の予防や美肌効果があると言われている。
《福太郎》
☆あぶらえ五平餅 250円(税込)
《飛騨 えごま本舗》高橋さん

http://hidaegoma.jp/
☆えごま油 1本(100g) 2900円
《御宿 萬里》
・じゃがいものエゴマ和え
①エゴマを煎る。
②すり鉢でする。、しょうゆ、三温糖、みりんを入れる。
③ゆでたじゃがいもを入れ、和える。
・五平餅
①エゴマのペーストを五平餅に塗る。
①オーブンで1分焼く。
・漬物ステーキ
※冬場、凍った漬物を食べるために始まった飛騨高山地方の郷土料理。
①オリーブオイルをフライパンで熱し、豚バラ肉を焼く。
②白菜の切り漬けを入れる。溶き卵を入れる。
・蓬莱(日本酒)
・ダイコンとさつま揚げの煮物
・ゼンマイとこも豆腐の含め煮(《古川屋》)
・自家製ヨーグルトにブルーベリー、えごま油

 「本能Z」の「辛ゾンドットコム」。
https://twitter.com/hashtag/%E6%9C%AC%E8%83%BDz
<靴屋 KEDOMORI(けどもり)>岐阜市
《Monkey SPICE(モンキースパイス)》岐阜・各務原市
・チキンレッグ 1,220円
(《おにくダイニングX》)
《池田屋》愛知・犬山市
・どんでん丼&餃子 950円
※どんでん丼:豚の肩ロースを秘伝のテリヤキソースで焼いた池田屋の名物丼
・小龍包+もち団子
・生ビール
<セントラルホテル>
・6800円

 「キリン」より、メール。
【豚肉のビール煮】(553kcal)
お肉はやわらかく、そして深みのある味わいに
『材料』(2人分)
・豚もも肉(厚切り) 300g
・玉ねぎ 1個
・ビール 50~100ml
・顆粒コンソメ 小さじ1
・バター 30g
・塩、こしょう 少々
・レモン輪切り 2枚
①玉ねぎはせん切りにする。豚肉は食べやすいサイズに切り分け、塩・こしょうをふる。
②フライパンにバターを熱して玉ねぎを炒め、きつね色になったら肉を加え、肉に焼き色をつける。
③フライパンにビールを加え、コンソメを入れ、煮立たせて煮汁がほぼなくなるまで煮詰めていく。
④お皿に盛り、レモンを飾ったらできあがり。
POINT
 ビールは豚肉がひたひたになる量でOK。少量でおいしくできます。
 ビールの代わりに「のどごし〈生〉」を使ってもおいしくできます。

https://recipe.kirin.co.jp/a03453.html?utm_source=kcmemn&utm_medium=email&utm_campaign=own-KC_kcmemn_190306
 「アサヒ」より、メール。
【かまぼことセリと三つ葉の柚子コショウ和えサラダ】(71kcal)
柚子コショウ香るさっぱり和風サラダ。
『材料』(2人分)
・かまぼこ 80g
・セリ 40g
・三つ葉 30g
・A ドレッシング
 オリーブオイル 大さじ1/2
 柚子コショウ 小さじ1/2
 薄口しょうゆ 小さじ1/4
 砂糖 ひとつまみ
『作り方』
①セリ、三つ葉は根元を切り落として4cm長さに切り、冷水にサッとさらしてから水気をしっかりきる。
②かまぼこは薄切りにする。
③大きめのボウルにAのドレッシングの材料を混ぜ合わせる。
④食べる直前にセリ、三つ葉、かまぼこ、Aのドレッシングを加えて和え、器に盛る。

https://www.asahibeer.co.jp/enjoy/recipe/search/recipe.psp.html?CODE=0000002435
【鯖缶ユッケ】
『材料』
 鯖缶(水煮)、コチュジャン、醤油、生卵(黄身のみ)
『レシピ』
 汁気を軽くきった鯖缶の水煮にコチュジャンを加えて混ぜ、醤油を少々たらす。器に盛りつけたら真ん中をくぼませ、そこに生卵の黄身をのせる。

https://www.asahibeer.co.jp/enjoy/recipe/column/vol-087/
【ソーセージのカレーガーリック焼き~簡単3stepおつまみ~】
いつものソーセージにひと手間くわえるだけで、さらにおつまみ感アップ♪
『材料』(2人分)
・ソーセージ 5~6本
・ニンニク 1片
・カレー粉 小さじ1/3
・オリーブオイル 大さじ1
『作り方』
①ソーセージは両側から細かく切り込みを入れる。ニンニクはスライスする。
②フライパンにオリーブオイルをひき、ニンニクを入れて弱火で熱する。オイルにニンニクの香りが移ったら、ソーセージを入れて中火にして、軽く焼き目がつくまで炒める。
③仕上げにカレー粉をふり、炒め絡める。

https://www.asahibeer.co.jp/enjoy/recipe/search/recipe.psp.html?CODE=0000002526
「春野菜の和風おつまみ」
https://www.asahibeer.co.jp/enjoy/recipe/special-recipe/washoku/spring/
【アスパラの豆乳グラタン】(133kcal)
小麦粉、バター不使用のホワイトソース。やさしい味のグラタンです。
『材料』(4人分)
・アスパラガス 12本
・木綿豆腐 2/3丁(200g)
・A
 豆乳 1/2カップ
 マヨネーズ 大さじ1
 味噌 小さじ2
・溶けるチーズ 40g
・粉チーズ 大さじ1
『作り方』
①アスパラガスは根元の硬い部分を切り落とし、下半分の皮をピーラーでむいて半分の長さに切る。
②豆腐はペーパータオルに包んで耐熱皿にのせ、ラップをせずに電子レンジ(600w)で1分半ほど加熱して水切りする。(★お使いの機種により、調理時間は異なります。)ボウルに移して泡立て器で滑らかになるまで崩し、Aを加えて混ぜ合わせる。
③耐熱皿に2の豆腐の半量を入れ、1のアスパラガスを並べ、残りの2をかけ、溶けるチーズ、粉チーズをふり、オーブントースターで焼き色がつくまで焼く。
POINT
 豆腐を泡立て器で、滑らかになるまで崩せば、舌触りの良いソースに仕上がる。

https://www.asahibeer.co.jp/enjoy/recipe/search/recipe.psp.html?CODE=0000001751
【彩り豊かな春野菜とサーモンのタルティーヌ】(209kcal)
『材料』(2人分)
・バゲット(厚さ1cmの斜め薄切り) 6枚
・空豆 6個
・スナップエンドウ 2本
・アスパラ 1本
・グリーンピース 20粒
・スモークサーモン 2枚
・ディル 1枝
・カッテージチーズ 大さじ3
・塩、粗挽きコショウ 各少々
・オリーブオイル 大さじ1
『作り方』
①バゲットはトースターでこんがり焼く。スナップエンドウはへたと筋を取る。アスパラは根元の皮をむいて半分に切る。空豆、グリーンピース、アスパラ、スナップエンドウは塩ゆでしてキッチンペーパー等で水気を拭きとる。空豆は薄皮をむき、アスパラは斜めに3~4つに切る。サーモンは3~4つに切る。ディルはちぎる。スナップエンドウは半分に割って斜め切りにする。
②バゲットにチーズを塗り、塩ゆでした野菜とサーモンをのせて塩、コショウをふり、オリーブオイルをかけてディルを散らす。
POINT
 柔らかな春野菜はゆですぎないように注意。グリーンピースはゆで汁に浸しておくと冷めてもシワになりません。

https://www.asahibeer.co.jp/stylefree/500recipe/recipe/A155.html

 「越前かに問屋「ますよね」」より、楽天メール。
 \極上うなぎ&ホタテ貝柱&毛ガニ!上級いくら・数の子・甘えびも!半額多数!楽天スーパーSALE開催中!/
https://www.rakuten.ne.jp/gold/masuyone/201903.html?scid=rm_195745
 「JAF」より、メール。「気になる鉄道ネタをPick Up!」♪
 2020年にJR横須賀線・総武線快速に導入される新型車両は「E235」系! もちろん、カラーリングは「スカ色」
http://fofa.jp/jafmate/c.p?02cDW9m2H9S
 次世代新幹線で最高速度・時速360kmを目指すJR東日本。その試験車両「ALFA-X」の開発が進行中!
http://fofa.jp/jafmate/c.p?12cDW9m2H9S
 東海道新幹線の最新車両次期モデル「N700S」にディープにたっぷりと迫る!!
http://fofa.jp/jafmate/c.p?22cDW9m2H9S
 山手線の最新車両E235系のスタイリッシュデザインの秘密は新開発の透明フィルムにあった!
http://fofa.jp/jafmate/c.p?32cDW9m2H9S
 飲んだら座るなっ!?恐怖の首都圏長距離列車乗り越しランキングJR編#1!
http://fofa.jp/jafmate/c.p?42cDW9m2H9S

 「さわやかウォーlキング」の2019年4月~6月のコースが発表になった!
https://walking.jr-central.co.jp/news/_pdf/2019_4-6_ichiran.pdf
https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000039415.pdf

 仕事を終え、帰宅して「ツナとアボカドのわさび醤油和え」で一杯♪
http://fmv2006.cocolog-tnc.com/fmv/2018/01/post-4f9a.html
「いただきます 簡単おつまみ」

DelMonte
 Quality
メキシコ産アボカド

「いただきます 簡単おつまみ」

 さらに、頂いたお菓子♪
ごま
TOKYO Disney RESORT

「いただきます 簡単おつまみ」

 その上、「皮付き ピーナッツ」♪
大容量
 甘くて香ばしい 自然の美味しさ
杏林堂は静岡県内の企業を応援!
 この商品は静岡県内の工場で加工されています。
NET 360g
100g当たり 623kcal
原産国 中国
加工者 株式会社 豆久商店
浜松市東区白鳥町638-2
TEL 053-545-4989

 2016年6月5日の「いただきます 簡単おつまみ」は、【アボカドのカニグラタン】(403kcal)。
『主な材料』(2人分)
・カニ缶詰・・・小1/2缶(約45g)
・アボカド・・・1個
・万能ネギ・・・2本
・マヨネーズ・・・大さじ2
・ピザ用チーズ・・・20g
・フランスパン薄切り・・・8枚
・ニンニク・・・少々
『作り方』
①アボカドは半分に切り、種をとる。万能ネギは小口切りにする
②カニの身を粗くほぐし、万能ネギ、マヨネーズ、塩・こしょう各少々を混ぜる
③パンを薄く切り、ニンニクをパンの表面にこすりつける
④アボカドに②をのせ、チーズをのせる。アルミホイルを敷いたオーブントースターで約5分、チーズが溶けて焼き色がつくまで焼く。③のパンもアボカドと一緒に焼いて添える。

 2016年6月6日の「いただきます 簡単おつまみ」は、【カブの韓国風あえもの】(41kcal)。
『主な材料』(2人分)
・カブ・・・1個(100g)
・ちくわ・・・1本
・韓国のり・・・適量
・すりごま(白)・・・大さじ1
・長ネギ(みじん切り)・・・5cm分
・ニンニク・・・小1かけ(5g)
・ショウガ・・・小1かけ(5g)
・粉唐辛子・・・小さじ1(または一味唐辛子小さじ1/3)
『作り方』
①ニンニク、ショウガはすりおろし、長ネギ、砂糖大さじ1、すりごま、しょうゆ大さじ3、ごま油大さじ1、粉唐辛子を混ぜる
②カブは8等分のくし形切りにし、さらに斜め半分に切る。ちくわは乱切りにする
③①のタレ大さじ1で②をあえる。器に盛り、のりをちぎって載せる。
※タレは作りやすい分量。冷蔵庫で10日ほどもつ。冷やっこやギョーザのタレに。

 2016年6月7日の「いただきます 簡単おつまみ」は、【ツナ入りベイクドポテト】(374kcal)。
『主な材料』(2人分)
・ツナ缶・・・小1缶(80g)
・ジャガイモ・・・2個(300g)
・タマネギ・・・1/4個(50g)
・パセリ(みじん切り)・・・2枝分
・マヨネーズ・・・大さじ3
・牛乳・・・大さじ2
・粉チーズ・・・大さじ1
『作り方』
①ジャガイモは洗って、ぬれたまま丸ごと500Wの電子レンジで約7分加熱する。縦半分に切り、周りを5mmほど残して中身をくりぬく
②タマネギはみじん切りにして水にさらす
③くりぬいたジャガイモの中身、②、ツナ、パセリ、塩小さじ1/4、酢小さじ1、こしょう少々、マヨネーズ、牛乳を混ぜる
④①に③を詰めてチーズをふる。オーブントースターで焼き色がつくまで約5分焼く。

 2016年6月8日の「いただきます 簡単おつまみ」は、【ささみとアスパラのわさびじょうゆ】(53kcal)。
『主な材料』
・鶏ささみ・・・大1本(80g)
・グリーンアスパラガス・・・2本(40g)
・練りわさび・・・小さじ1/2
『作り方』
①ささみは筋があればとり除き、耐熱皿にのせて酒大さじ1/2、塩少々をふる。ラップをかけて500Wの電子レンジで1分30秒加熱し、裏返して20秒加熱する。そのまま冷まし、粗熱がとれたら手で細かくさく
②アスパラガスは根元を1~2cm切り落とし、根元に近い方の皮をむく。ラップで包んでさらにのせ、1分加熱する。冷めたら5mm幅の斜め切りにする
③しょうゆ大さじ1/2、練りわさび、酢小さじ1を混ぜ合わせ、食べる直前にささみとアスパラガスをあえる。

 2016年6月9日の「いただきます 簡単おつまみ」は、【豆苗の焼き春巻き】(165kcal)。
『主な材料』
・豆苗・・・1/2パック
・焼き豚・・・50g
・長ネギ・・・10cm
・ニンジン・・・30g
・すりごま(白)・・・大さじ1/2
・春巻きの皮・・・3枚
『作り方』
①焼き豚は5mm角に切る。豆苗は根元を切り落とす。長ネギは長さを半分にして細切り、ニンジンも細切りにする
②みそ大さじ1、みりん大さじ1/2、砂糖小さじ1/2、すりごまを合わせる
③春巻きの皮の手前1/3に②を塗り、①を巻く。巻き終わりに小麦粉・水各小さじ1/2を混ぜたものを塗り、はがれないようにする。残りの皮も同様に巻く
④フライパンに油小さじ1/2を温め、春巻きを並べて弱火で全体に焼き色がつくように動かしながら焼く。半分に切る。

 2016年6月10日の「いただきます 簡単おつまみ」は、【タコとキュウリのザーサイあえ】(50kcal)。
『主な材料』(2人分)
・キュウリ・・・1本
・ゆでダコ(生食用)・・・50g
・味つきザーサイ・・・15g
・長ネギ・・・3cm
『作り方』
①キュウリは1.5~2cmの長さの乱切りにする。塩小さじ1/6をふって軽く混ぜ、5分ほどおいて水気をしぼる。長ネギは縦に1本切り込みを入れ、芯の部分はみじん切りにする。残りは縦に千切りにし、水にさらして、水気をきる
②ゆでダコは5mmの厚さのそぎ切りにする。ザーサイは細切りにする
③砂糖小さじ1/3、しょうゆ小さじ1、酢小さじ2、ごま油小さじ1/2、長ネギのみじん切りを合わせ、キュウリとタコ、ザーサイをあえる。器に盛り、長ネギの千切りをのせる。
(ベターホームのお料理教室)

本日のカウント
本日の歩数:8,420歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:55.1kg、12.6%
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「いただきます お手軽おもてなし料理」 | トップページ | はままつフルーツバーク時之栖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「いただきます 簡単おつまみ」:

« 「いただきます お手軽おもてなし料理」 | トップページ | はままつフルーツバーク時之栖 »