« はままつフルーツバーク時之栖 | トップページ | 今月のおいしい1品!「自然のあしあと。バナメイえび」、そして「からし高菜」 »

2019年3月 9日 (土)

「若竹 立春朝搾り」「田丸屋のわさび漬」、そして「[佐久間しんぶん]伊豆名産 わさび漬け作り挑戦」

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「春の房総!絶景さんぽ」「千葉 館山市」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/73317/1243997/
「洲宮」
♪ 明日、春が来たら 松たか子(1997年)
<房総フラワーライン >日本の道100選
<ポピーの里 館山ファミリーパーク>
・入園料 550円
*ポピー:和名 ヒナゲシ、花言葉 恋の予感
♪ ひなげしの花 アグネス・チャン(1972年)
・ポピー摘みとり 10本 200円
・ハーバアリウム
<たてやま温泉 千里の風>
・入浴料 1,000円(平日)
<相浜漁港>
《相浜亭》
・うつぼ丼 1,000円(うつぼのつみれ汁)
・海鮮丼 950円
<常楽山 萬徳寺>
・拝観料 500円
♪ 青春の坂道 岡田奈々(1976年)
*釈迦涅槃仏
 1982年完成、長さ16m、重さ30トン
 3周するとお釈迦さまのおみあしに到着し、丸い部分に手を添え額を当てお参りすると願い事がかなう
♪ ガンダーラ ゴダイゴ(1978年)

 「昼めし旅」は、「千葉県 富津市」。1/22の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1231689/
<長内さん>
・生海苔の味噌汁
①生海苔を洗い、切る。
②粉末だしの入ったお湯に入れ、味噌を溶く。
・焼き海苔(手巻き寿司)
・ビール
<酒井さん>
 菜花、白菜、大根、ブロッコリーなど6種類
・鉄砲巻き
①海苔を弱火で炙る。
②鰹節に醤油を入れて混ぜる。
③海苔にご飯を広げ、鰹節をのせて巻く。切る。
・菜花とカニカマのごま和え
・イカの刺身

 「ちょもキッチン」は、「食べたら最後!魅惑の最強ポテサラ」。
http://www.sut-tv.com/blogvillage/sae/2019/01/post-35.php
https://twitter.com/hashtag/%E3%81%A1%E3%82%87%E3%82%82%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3
http://spora.jp/dragongate/posts/612842
<クリナップ 静岡ショールーム>
『材料』(4人分)
 男爵いも 小6個、ベーコン 70g、玉ねぎ 1/2個、卵 2個、マヨネーズ 大さじ6、粒マスタード 大さじ2、砂糖 小さじ6、バター 10g、ポテトチップス 10枚程度、イタリアンパセリ 適量、粗挽きこしょう適量
①ゆで卵を作る。
②玉ねぎは薄切り、ベーコンは一口大に切る。
③ゆで卵を氷水に入れ冷やす。プロテインシェイカーに水8割をいれ、卵を入れ軽く振ると、殻が剥ける。
④男爵いもは皮をむく。切ってフライパンに入れ、水から茹でる。アクは取る。
⑤別のフライパンでベーコン、玉ねぎを炒める。
⑥じゃがいもに竹串が刺さるようになったら、水を切り、砂糖、バターを混ぜる。滑らかになるまで潰し、ボウルに入れる。
⑦マヨネーズ、粒マスタード、炒めたベーコンと玉ねぎ、ゆでた卵を細かく刻んで入れる。
⑧お皿に盛り、イタリアンパセリを飾り、周りにポテトチップスをのせ、粗挽きこしょうをふりかける。

 先日の「タモリ倶楽部」は、「日本発のグローバルグルメ!新大久保で阿j輪う世界カップ麺紀行」。
https://matome.naver.jp/topic/1Lwdi
「新宿区 大久保」
《アジアン スーパーストア》タイ・アジア食品専門店
☆揚げ豚皮 350円
※ママー:タイの4大メーカーのトップブランド
・トムヤムクン味(ママー) 228円
・ガーリック味(ママー) 228円 ビーフン
・グリーンカレー味(ヤムヤム:2番目に人気のメーカー) 231円
・フォーパクチー(プレジデントライス) 253円
※「アロイ」=おいしい
《韓国広場》
※農心(ノウシン):韓国を代表するメーカー。辛ラーメンが有名。
・ユッケジャン 172円(農心)
・辛ラーメ111円(農心)
・キムチラーメン 192円(宗家)
・サリコムタム麺 163円(農心)
《華僑 服務社》中国・アジア食材
※桶麺:ビッグサイズが人気。
・重慶小面 麻辣味(ツォンチィンシャオメン)(光友) 145円
・重慶小面 牛肉味 145円
・川北凉粉 紅油味(ツァンベイリャンフェン) 321円
※「好吃(ハオツー)」=おいしい

 ちょっと前の「江戸前の旬」は、第四貫「接待の心 アワビとウニ」
https://www.bs-tvtokyo.co.jp/edomaenoshun/story/04.html
・小鰭(コダハ)
・鮪の湯霜ヅケ
・雲丹の軍艦巻き

 それに「幕末グルメ ブシメシ!2」は、第四話「栗の五目煮でびっクリ」。他に自国の秘密を握られてるのばバレたら、「間者」がいるって、もっと早期に思わないのかね???・・・まあ、ドラマだから、面白くしているんだろうね!
http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/bushimeshi2/
・栗の五目煮

 「楽天」より、メール。「ピザ・寿司など 出前半額!」。
https://delivery.rakuten.co.jp/campaign/supersale/?scid=mi_grp_gmx_ssale1903_dlv_0308_b
 「得する確定申告のコツ
http://staff.livedoor.blog/archives/51959166.html

 出掛けましょう!!!
「若竹 立春朝搾り」「田丸屋のわさび漬」、そして「[佐久間しんぶん]伊豆名産 わさび漬け作り挑戦」

 コンビニにて「TOTO BIG」を買いましょう!

 今日も昼食は、「Sugakiya」にて。
「若竹 立春朝搾り」「田丸屋のわさび漬」、そして「[佐久間しんぶん]伊豆名産 わさび漬け作り挑戦」

 「ピリ辛ネギラーメン」430円のところ、半額で210円♪
 お箸が、割り箸になっていた・・・何かあったんだろうな!
http://www.sugakico.co.jp/

 病院にお見舞いに行く。

 ちょっと遠いけど、スーパーに買い物に行きましょう!
 売り出しの「ぶどう」100g73円、「チリ産 トラウトサーモン」100g192円、それに「中国産 うなぎ蒲焼」710円を買い帰宅。

 一旦、帰宅してから、もう一つのスーパーに行きましょう!
 売り出しの「明治ブルガリアヨーグルト」138円、「田丸屋 わさび漬」70g289円を買う。「わさび漬」は、もっと高いものもあったが、新聞の折り込みチラシには載っていなかったね!

 「酒&FOOD かとう」に行き、「若竹 立春朝搾り」3,456円を伝票にて買い、帰宅。
https://slowkato.hamazo.tv/
「若竹 立春朝搾り」「田丸屋のわさび漬」、そして「[佐久間しんぶん]伊豆名産 わさび漬け作り挑戦」

 「開運祈願 福銭」を頂いた。
島田市大井神社
 大井恵比寿神社

「若竹 立春朝搾り」「田丸屋のわさび漬」、そして「[佐久間しんぶん]伊豆名産 わさび漬け作り挑戦」

 夕方は「若竹 立春朝搾り」で一杯♪平成31年は、区切りの年だからね!!!
若竹 純米吟醸
 清酒 平成三十一年己亥二月四日
製造元 株式会社 大村酒造場
静岡県島田市本通一丁目1番の8
原材料名 米(国産)、米こうじ(国産米)
精米歩合 55%
アルコール分 17度

http://www.oomuraya.jp/index.html

「若竹 立春朝搾り」「田丸屋のわさび漬」、そして「[佐久間しんぶん]伊豆名産 わさび漬け作り挑戦」

 おつまみは「田丸屋のわさび漬」。
創業明治8年
 熟成酒粕使用
100g当たり 175kcal
名称 わさび漬
原材料名 わさび、漬け原材料(酒かす、砂糖、食塩、からし粉、還元水飴)、調味料(アミノ酸)
内容量 70g
製造者 株式会社 田丸屋本店
静岡市駿河区下川原5-34-18

http://www.tamaruya.co.jp/

「若竹 立春朝搾り」「田丸屋のわさび漬」、そして「[佐久間しんぶん]伊豆名産 わさび漬け作り挑戦」

 さらに、「チリ産 サーモントラウト」♪

 ここで、2018年3月18日の朝刊[佐久間しんぶん]より、「伊豆名産 わさび漬け作り挑戦」の引用♪
◆ちびり酒の友 ぴりり乙な味
 伊豆市を担当しているため、世界農業遺産に認定されたワサビについて取材をする機会が最近多い。お酒の好きな記者にとってなじみ深いのが加工品の「わさび漬け」だ。実際に作ってみたいと思い、「わさびの大見屋」(同市地蔵堂)の浅田姫美子さん(52)から指導を受けて体験した。
◆細かく刻むと辛みアップ 
 わさび漬けは、ワサビの茎と根を細かく刻み、酒かすに漬けたもの。大見屋では、自社のわさび田で収穫した新鮮なものを使用する。浅田さんから「細かく刻んで細胞を壊すと、辛みが増しますよ」と聞き、茎を輪切りに、根茎と根をみじん切りにする作業に取り掛かった。
 普段あまり料理をしていないため、どうも包丁の扱いがぎこちない。しかし、ツンとした香りが漂ってくると食欲がわき、包丁を動かす手にも勢いが出てきた。
 輪切りにした茎は塩をふって十分間ほど置いた後、水洗いし、ペーパータオルで水分をとる。茎を塩に漬けている間に根茎と根を刻み、ポリ袋に入れてすりこぎで三十回ほどたたく。さらに細胞を砕き、辛みを引き出すのが狙いだ。
 仕上げに茎、根茎、根を酒かすと混ぜ合わせる。「素早く混ぜ込み、辛みを逃さず閉じ込めるのがおいしく仕上げるポイントです」と浅田さん。二等分してラップに包み容器に入れたら完成だ。
 わさび漬けは冷蔵庫で一、二日寝かせ、味がなじんだら一カ月ほど楽しめる。ちくわやかまぼこといった練り物、ご飯と合わせて食べる定番のほかに、マヨネーズに混ぜたり、バタートーストに塗ったりするのもおすすめだという。
 私の食卓でも早速、手作りしたわさび漬けが活躍している。風味豊かで、酒かすのほのかな甘みとワサビの辛みがマッチした味わいはたまらない。世界農業遺産の認定を機に、わさび漬けにも注目が集まってほしいところだ。
 「わさびの大見屋」でのわさび漬け作りの体験は一人千五百円(税別)。店では生ワサビやわさび漬け、わさびこんぶなどを販売している。水曜休み。(問)わさびの大見屋=0558(83)2900
◆東海道線開通 全国に広まる
 わさび漬けは、主に安倍川の流域や伊豆天城山麓周辺で生産されている。県漬物商工業協同組合(静岡市葵区)によると、江戸時代中期の宝暦年間に駿府の行商人が、安倍川上流の産地でワサビの茎をぬかみそ漬けにしたものを地元の村人にごちそうしてもらい、おいしかったことから商品化を考えたのが由来とされる。1889(明治22)年の東海道線の全線開通以降、全国に広まった。
 静岡市葵区の駿府城公園南側の内堀には、県山葵漬工業協同組合(現在の県漬物商工業協同組合)が1968(昭和43)年に設置したワサビをモチーフにした石像「わさび漬発祥の地」がある。
佐久間博康(さくま・ひろやす)
 名古屋市出身の33歳。三島に赴任して1年半、ジオパークの取材をきっかけに山や崖、滝などの地質や地形、歴史に関心を持つようになった。4月のユネスコ執行委員会で伊豆半島ジオパークが世界認定されるのを心待ちにしている。

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/shizu_area/namaeshinbun/list/2018/CK2018031802000211.html

本日のカウント
本日の歩数:10,335歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:55.1kg、12.5%
本日の割箸使用量:1本
本日の餃子消費量:0個

|

« はままつフルーツバーク時之栖 | トップページ | 今月のおいしい1品!「自然のあしあと。バナメイえび」、そして「からし高菜」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「若竹 立春朝搾り」「田丸屋のわさび漬」、そして「[佐久間しんぶん]伊豆名産 わさび漬け作り挑戦」:

« はままつフルーツバーク時之栖 | トップページ | 今月のおいしい1品!「自然のあしあと。バナメイえび」、そして「からし高菜」 »