« 「ビーフ竹牛」ブランド展開 | トップページ | 作って楽しむホワイトデー「手作りトマトソースピザ」「リーフといちごのサラダ」 »

2019年3月13日 (水)

「モンターニュ モンブラン」、そして「米麹を使った調味料のレシピ」

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 作家にとって、作品の登場人物をどう名付けるかは、時に一大事らしい。小説家の夢野久作は随筆に書いている。<創作の出来不出来は、その作中に活躍する人物の名前の選(えら)み方一つに在(あ)ると云(い)ってもいい。いい名前ができると…筋がおもしろく変化して来る>
▼「明智小五郎」などを挙げて、服装までも眼前に浮かぶような名前があるのだと書いた。名前に筋書きを導くような力があるからこそ、命名に悩み、苦しまずにいられない。そんな心中も明らかにしている
▼想像の世界のことではある。が、現実の世界でも、その名前が「王子様」となれば、なんでもないはずの場面で、筋書きが変化する場面が訪れよう
▼店で会員証をつくろうとして偽名を疑われ、自己紹介で笑われるのだという。山梨県の十八歳の男子高校生が、王子様の名を改めたいと申し出て、甲府家裁に認められた
▼母親が願いを込めて付けた王子様だったそうだが、高齢になったときにどうなるのかという心配を含め、男性の不安は理解できる。改名後の「肇」は『貧乏物語』で知られる経済学者河上肇にちなむらしい。悩みを離れて別の筋書きを生きられそうだ
▼個性的な名前を表すキラキラネームという言葉が目立つようになったのはこの十年ほどのことだろうか。社会で活躍する人物もこれから増えよう。同じような境遇にある人たちの存在を想像する。

https://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2019031302000118.html

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「世界的名所の周りをぐるり1周さんぽ」「京都府 京都市」「平等院」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/73336/800058/
<平等院鳳凰堂>
 1052年、関白 藤原頼道が建てたお寺
 中心に位置する鳳凰堂は極楽浄土の宮殿をイメージして作られた。中には阿弥陀如来像が安置されている。平等院鳳凰堂は日本的な美しい建物の象徴として硬貨などに描かれるようになった。平等院鳳凰堂は4つで1つの建物を表している。
♪ 花咲く旅路 原由子(1991年)
♪ 春風 くるり(2008年)
<宇治川>
 琵琶湖から水が来ている
<宇治公園>
 宇治さくらまつり 2019 4/6(土)・7(日)10:00~16:00
 夏の風物詩 鵜飼
《鮎宗》
・鰻いいむし 450円
<縣神社>安産・子宝
 平等院の鎮守社
《堀井七茗園》
*宇治茶:室町時代に宇治で初めて抹茶が造られた。
 室町時代から続く茶園「奥の山」
・抹茶「成里乃」プレミアム 20g 5,400円(税込)
*キーワード:値段もプレミアム
<ミュージアム 鳳翔館>
 国宝 梵鐘
 11世紀 国宝 初代 鳳凰
 国宝 雲中供養菩薩 北25号

 「昼めし旅」は、「長野県 長野市」。1/24の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1232232/
 味噌は7世紀頃、中国から伝来
 サバの味噌煮、味噌ラーメン、五平餅、味噌きゅうり
《すや亀》味噌、明治35年創業
☆こがね(粒) 300g 440円(税別)
・なめこと小松菜のお味噌汁
・白うり粕漬
・門前みそ漬(ゴボウ、キュウリ、ダイコン)
※小澤さん
 ほうれん草のくるみ味噌和え、豚肉の粕漬け
※北澤さん
 ウインナーの味噌漬ポーク巻き(味噌ロースでウインナーを巻く)、きざみ味噌漬
※古畑さん
 味噌入り餃子
<西之門町 餅つき大会>
<渡邉さん>
・甘味噌
①信州玄米 山吹味噌 90g、日本酒 大さじ2、みりん、白砂糖 90gを入れて、火にかける。
・サバの味噌煮
・こねつけ
①ごはん、小麦粉、水を入れて混ぜる。
②中に甘味噌を入れ包む。170℃の油で5分揚げる。
※昔、貴重なお米に小麦粉でカサ増ししたのが始まり。
・根菜の味噌汁

 先日の「ヨエロンス尋」は、「世界一ってほんマカオ?ツアー」。
https://ameblo.jp/kamiya-erina/entry-12269676011.html
<香港>
*世界一長い<港珠澳大橋(こうじゃおう)>
 2018年10月開通の香港とマカオ・珠海(中国)を結ぶ全長42kmの世界一長い海上橋
*港珠澳大橋シャトルバス
 6:00~23:59 65香港ドル(約850円)、24:00~05:59 70香港ドル(約910円)
<グランド・リスボア・カジノ>
*世界一臭い《榴香園》
・ドリアンアイス 30香港ドル(約450円)
 マンゴーアイス 30香港ドル(約450円)
《》
・タピオカ
<ウィン・マカオ前>
 パフォーマンス・レイク:音楽に合わせ、水が躍りだす大迫力の噴水ショー!誰でも無料で楽しめる!

 『 やすらぎ通信 』 第725号 2019.3.12より、「やすらぎのお料理動画」♪
 3月から養生館の小針先生の後を引き継いで、養生館の館長としてがんばっている「はるか先生」が、やすらぎのお料理動画をアップしてくれました。
「自然の恵みケーキ」

http://www.y-sato.com/youjoublog/23123.html
 ドライフルーツやナッツなど、自然の素材そのものの優しい味わいのケーキです。
■ 養生館のイケメン王子「心のやすらぎブログ」

http://www.y-sato.com/blog/category/youjoublog

「モンターニュ モンブラン」、そして「米麹を使った調味料のレシピ」

 今朝のモーニングコーヒーは、「NESCAFE GOLD BLEND」。
ポリフェノール習慣 1日3杯
 レギュラーソリュブルコーヒー
 挽き豆包み製法
40杯分(80g)
”淹れたての香りと味わい”ネスカフェレギュラーソリュブルコーヒー
 微粉砕したコーヒー豆を包み込むネスカフェ独自の「挽き豆包み製法」が、コーヒー豆の酸化の原因となる空気に触れにくくし、いつでも1杯ずつ淹れたての上品な香りとマイルドな味わいをお届け。
ネスレ日本株式会社
神戸市中央区御幸通7-1-15
TEL 0120-00-5916

http://nestle.jp/

 「床屋」に電話して、散髪の予約をしたヨ!

「モンターニュ モンブラン」、そして「米麹を使った調味料のレシピ」

 仕事を終え、帰宅して「ケーキ モンブラン」で日本酒↑↑↑・・・これが、合うんです♪♪♪
「やさしさと出あいー菓子工房 モンターニュ」
http://www.montagne-rusk.jp/

「モンターニュ モンブラン」、そして「米麹を使った調味料のレシピ」

 さらに、先日、100g73円で買った「チリ産 ぶどう」♪
チリ産 種無し ぶどう 2色 MIX
 皮ごと食べられます

 さらに「白菜、ニンジン、大根、豆腐の味噌汁」♪
「モンターニュ モンブラン」、そして「米麹を使った調味料のレシピ」

 豆腐は、「木綿とうふ」。
濃厚しっかり
 濃厚な豆乳で造った本格にがり仕立て木綿豆腐
内容量 320g
100g当たり 72kcal
販売者 株式会社ベイシア BEF22
群馬県前橋市亀里町900
TEL 0120-047-803

 ここで、『田舎暮らしの本』2016年1月号より、「安田家の 米麹を使った調味料のレシピ」の引用♪
 麹づくりは冬の仕事。1月~2月に米麹を仕込み、そのまま味噌をつくり、残った米麹でみりんや塩麹、甘酒などをつくっています。
 菌の働きは衰えそうですが、調味料づくりで足りなくなったとき用に、少しだけ冷凍もします。
【調味料のもととなる 米麹のつくり方】
POINT
 保温する際に熱過ぎると、麹菌が死んだり、雑菌が増えてしまうので要注意。コツは赤子を見るような感じで、小まめにチェックすることです。
『材料』
・米(白米か五分づき)・・・10kg
・種菌・・・10~20g
・米袋・・・10kg用を2枚
①米を1日水に浸したあと、蒸します。
②大きい金ダライやザルなどの上で米をほぐし、人肌より少し熱いくらいまで冷まします。
③ボウルに米の一部をとり、種菌を振ってよく混ぜます。これを米全体にいきわたるようにもみ込みながら混ぜます。
④2枚の米袋に分けて入れ、口をくるくる巻いて、結びます。毛布や保温シートなどをかけて、人肌くらいの温度を保ちます(我が家は寒いので、さらに豆炭アンカを使用しています。湯たんぽやこたつなどで温めてもいいかと思います)。
⑤様子を見て、熱過ぎるならかき混ぜて、熱を逃がしてください。
⑥1日経ったら袋の口を緩めて、振るようにしてほぐします。
⑦袋の口を軽く折るだけにして、麹を平たく延ばして様子を見ます。
⑧麹のよい香りやふわふわした感触になったら、袋を破って麹をほぐし、完全に冷まします。そのまま1日放置して完成です。

【塩麹】
 ダイコン菜やカブ、ハクサイ、キュウリなど何でも塩麹漬けにするとおいしい漬物ができます。そのほか、あらゆる料理のお塩代わりに。シカ肉を塩麹に漬けてから焼くだけでもうまい!のせ、肉や魚を焼く際に仕えますよ。
『材料』
・米麹・・・塩麹を入れる容器の7~8割
・塩・・・米麹の3割
・水・・・適量
①ボウルに米麹と塩を入れて、まんべんなく混ぜます。
②容器に移し、麹全体が水面に隠れる程度に水を入れて、よくかき混ぜます。
③暖かい部屋に置いて発酵させます。1日1回はよくかき混ぜてください。このとき、常に水がひたひたになるように、麹の表面が出てきたら水を足してください。
④1週間~10日程度、発酵のよい香りがしたら完成です。完成後は冷蔵庫で保管してください。

【みりん】
 煮物などによく使います。甘味があるので、料理に砂糖を使う機会が減りました。塩も入っているので、塩加減も調節してください。
『材料』
・米麹・・・900g
・もち米・・・6合
・焼酎・・・1.8L(アルコール度数35%)
・塩・・・分量の2%
①もち米を水に浸し、蒸します(炊飯器で炊いてもOKです)。
②粗熱がとれたら瓶などの容器に入れ、焼酎も入れて混ぜます。
③温度が人肌くらいに冷めたら、ほぐした米麹と塩を入れて、混ぜます。
④密閉した状態で半年ほど寝かせて、発酵させます。
⑤ザルでこします。このとき、布でもう一度こせば、きれいなみりんになりますが、面倒なので我が家ではしていません。こしたあとの粕は粕漬けなどに使えます。

【味噌】
 我が家では2年前につくった味噌を使っています。長く寝かせたほうが、うま味が熟成しておいしくなります。自家製味噌のおいしさを感じるのは、やっぱり味噌汁にしたときですね。
『材料』
・米麹・・・4~6kg
・大豆・・・4kg
・塩・・・1.6kg
①大豆をよく洗ってからたっぷりの水に浸します。
②大豆が軟らかくなるまで煮ます。このとき、大豆が常にお湯から出ないように注意してください。大豆を煮ている間に、米麹と塩をよく混ぜ合わせておきます。
③大豆が軟らかくなったら、すり鉢やミキサーで細かく潰して、米麹と塩をよく混ぜ合わせます。
④空気が入らないように、こぶし大に丸めて樽に投げ入れていきます。
⑤表面に塩を軽く振り、ラップや布をピチッと張って密閉し、寝かせます。
⑥半年寝かせれば食べられますが、熟成させればさせるとほおいしくなります。

本日のカウント
本日の歩数:9,785歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:56.0kg、7.5%
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「ビーフ竹牛」ブランド展開 | トップページ | 作って楽しむホワイトデー「手作りトマトソースピザ」「リーフといちごのサラダ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「モンターニュ モンブラン」、そして「米麹を使った調味料のレシピ」:

« 「ビーフ竹牛」ブランド展開 | トップページ | 作って楽しむホワイトデー「手作りトマトソースピザ」「リーフといちごのサラダ」 »