« 「カレースープ鍋」「まるごとカマンベールのとろけるトマト鍋」「かきのズンドゥブチゲ」「白菜のポタージュ」「塩もみ白菜の豆乳鍋」 | トップページ | 「いただきます 簡単おつまみ」 »

2019年3月 6日 (水)

「いただきます お手軽おもてなし料理」

 今日は、3月6日、「啓蟄」。

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 子どもたちのためにと求められて、朝永振一郎博士は色紙にこう書いている。<ふしぎだと思うこと/これが科学の芽です/よく観察してたしかめ/そして考えること/これが科学の茎です/そうして最後になぞがとける/これが科学の花です>
▼心に浮かぶ不思議を大切に育てること。損得、利害を離れた科学の本質や喜びを表しているだろう。博士のノーベル賞に至る研究人生にも重なっていようか
▼「進化論」のダーウィンも論争し百年以上謎とされてきた生物学の不思議であるらしい。「なぜシマウマには白黒のしま模様があるのか」。その難問に対して、有力な答えとなりそうな研究成果が先日、発表され、報じられた
▼世界の動物園などで、多くの幼い心を捉えてきた不思議の一つでもある。子どもの素朴な疑問に一流科学者らが答えて話題になった『世界一ときめく質問、宇宙一やさしい答え』(河出書房新社)にも、採用されている
▼成果によると、アブなど血を吸う虫がしまで目をくらまされて、体にうまくとまれなくなるそうだ。肉食獣を欺くため、体温を下げる効果があるなどの説に対し、虫よけ説が有力になる。長年この問題に取り組む英国人らがものにした
▼われわれの生活に恩恵のある研究ではないだろうが、目を輝かせて聞く子もいよう。新たな不思議の芽を育てる美しい花のような成果にも思える。

https://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2019030602000116.html

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「春の房総半島!絶景さんぽ」「千葉県 君津市」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/73317/1243181/
「笹」
<亀岩の洞窟>
♪ 快盗ルビイ 小泉今日子(1988年)
<亀山湖>
<亀山温泉ホテル>入浴料 1,000円
*かぼす
《大竹いちご園》2,000円
 恋みのり、かおり野、紅ほっぺ、淡雪、おいCベリー
♪ ミニ。ストロベリ~パイ ニミモニ。(2020年)
《手打ちそば茶屋 九拾九坊》
 地下530mの水
・穴子天せいろ 2,000円

 「昼めし旅」は、「群馬県 下仁田町」。1/17の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1230321/
 下仁田ネギ:かつて江戸の将軍家に献上されていた事から「殿様ネギ」とも呼ばれる。
《恵比寿屋》
☆下仁田ねぎ茶 650円(税込)
☆下仁田ねぎ 八味唐辛子 500円(税込)
☆下仁田ねぎ ボールペン 390円(税込)
☆下仁田ねぎ メモ 380円(税込)
☆下仁田ねぎ タオル 650円(税込)
《森川商店》明治34年創業、森川さん
☆聖徳銘醸(せいとくめいじょう)別撰 1,730円(税込)
・下仁田ネギの天ぷら
①下仁田ネギを大きめにカット。
②小麦粉を溶き、衣にマヨネーズを入れる。
③衣にネギを入れ、180℃の油で4分揚げる。塩で食べる。
・すき焼き
①原木しいたけ「スーパージャンボ」を切る。
②鍋に豚肉を入れ焼く。ネギを入れ焼く。シイタケ、糸こんにゃくを焼く。
③具材が焼けたら、みりんと醤油の万能ダレをかける。
・別撰 聖徳カップ 215円(税込)

 先日の「江戸前の旬」第2貫「伝統の味 アナゴ」。
https://www.bs-tvtokyo.co.jp/edomaenoshun/story/02.html
・穴子
※上半身は皮を表、下半身は身を表に握る。
 煮汁で温め直す。ツメではなく、煮汁のタレをかける。
・汐っ子(ショッコ)→ヒヨ→カンパチ
『江戸前の旬』原作 九十九森、劇画 さとう輝(日本文芸社)

 「幕末グルメ ブシメシ!2」第二話「味噌にぎり食べてミソ」。
http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/bushimeshi2/
 南海藩上屋敷
・山椒辛味噌の焼飯(やきいい)

 「キリン」より、メール。「串揚げキッチンだん 中目黒店」店長 小林 学
https://www.kirin.co.jp/products/beer/ichiban/topics/article59/?utm_source=ismn&utm_medium=email&utm_campaign=own-IS_ismn_190306_b&utm_content=1&agechk=1
 「地鶏広場 8010のとりやさん」より、楽天メール。
◆美肌作りにはビタミン類が1番 !(^o^)
 冬の間、寒さや乾燥に耐えてきたお肌。あたたかくなってくると、お肌のかさつきやくすみが気になってきますよね!美肌作りには、なんといってもバランスのよいお食事です。
 特にビタミン類はお肌によく、しっとりした若々しいお肌を作り、皮脂の過剰分泌を抑え、栄養分を行き渡らせるんですって!ビタミン類をバランスよく食べて、体の中からお肌をきれいにしましょうね.+:\(^o^)/
・・簡単レシピをご紹介♪・・
【簡単コラーゲンたっぷり! お肌がプッルプッル♪鶏の中華煮込み】
『材料』(2人分)
・鶏手羽元・・・10本
・てんめんじゃん・・・大さじ1
・しょうゆ・・・大さじ2
・酒・・・大さじ1
・砂糖・・小さじ2
・塩、こしょう・・・少々
・ごま油・・・大さじ1
・長ねぎ・・・1/4本
①鶏手羽元に塩・コショウをふる。
②フライパンにゴマ油大さじ1を熱して、お肉に焼き目をつける。
③(2)にてんめんじゃん、水、酒、砂糖を入れて、中火で15分煮込む。
④器に盛り。千切りしたねぎを散らします。
 とっても簡単で食欲のわく一品です! ご飯が進みすぎて ご注意下さいね (^^;)
 おススメですよ! (*・∀-)
http://www.rakuten.co.jp/e8010/?scid=rm_191968&scid=rm_191968

 『田舎暮らしの本』2019年4月号の「全国の市町村をご案内!ゆるナビ」第26回「三重県 紀北町」より、引用。
 民謡をもとにしたユニークな「種まき権兵衛祭り」が開催される。海も山も満喫できる温暖なまち。まちの魚・マンボウのグルメを片手に、春を楽しもう!
・面積 257km
・人口 1万5834人(平成31年1月1日現在)
・アクセス
 東京から名古屋まで新幹線で1時間40分ののち、名古屋駅から特急ワイドビュー南紀で約2時間20分。
・紀北町マスコットキャラクター きーほくん
・ミカン
 温暖な気候のなか、多品種のミカンを栽培。畑は山を切り開いた斜面に多く、日当たり抜群のため、糖度の高いミカンが育つ。
・マンボウの串焼き
 まちの魚として親しまれるマンボウ。やわらかい鶏肉のような、クセのない味わいと弾力が魅力。道の駅「紀伊長島マンボウ」では、土曜・日曜・祝日に屋台で販売!
・種まき権兵衛祭り
 三重県に伝わる民謡「種まき権兵衛」の主人公で、実在の人物をされる権兵衛を弔う供養祭。権兵衛踊りや仮装行列、神楽などユニークな催しがいっぱい!毎年3月の春分の日に、宝泉寺(ほうせんじ)と種まき権兵衛の里で開催。
 権兵衛が種まきゃ~♪カラスがほぜくる(ほじくる)~♪
・高塚山展望台からの眺望
 「紀伊の松島」と称される絶景が広がる。展望台近くの豊浦(とようら)神社には、樹齢約1000年のクスノキや、三重県内最大級といわれるバクチノキがある。
・片上池(かたがみいけ)周辺のサクラ
 サクラの見ごろは3月下旬~4月上旬。周囲2.2kmの片上池を1周できる散策コースで、のんびりウォーキングを楽しもう!
・熊野古道の馬越峠(まこぜとうげ)
 尾鷲ヒノキの林のなか石畳が続く標高325mの峠。歩きやすいコースのため、山歩きの初心者にもオススメ!途中には天狗倉山(てんぐらさん)へのハイキングコースもある。
※石畳は滑りやすいので注意。
紀北町の観光のお問い合わせ:
紀北町観光協会
TEL 0597-46-3555

 「「横断歩道でクルマが停まらない問題」どうすべきか? JAF調査結果、各地に波紋
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-00010000-norimono-bus_all

「いただきます お手軽おもてなし料理」

 仕事を終え、帰宅して「香味小夜子 国産白菜 キムチ」で一杯♪
増量 +20g
100g当たり 41kcal
内容量 250g+20g
製造者 株式会社 香味小夜子
名古屋市天白区道明町71番地
TEL 0120-866054

http://www.koumisayoko.co.jp/

「いただきます お手軽おもてなし料理」

 さらに、昨日の「キムチ鍋」に「うどん」を入れましょう♪
TOPVALU BESTPRISE QUALITY AND TRUST
 ゆで うどん
 コシがあり、のどごしのよいうどんです。
1食(200g)当たり242kcal
【お召し上がり方】
「ざるうどん」
 沸騰したお湯で1~2分お好みの硬さにゆで、冷水で冷やし、よく水をきってから器に盛ります。お好みのつゆと薬味(ねぎ、しょうがなど)でお召し上がりください。
「かけうどん」
 沸騰したお湯で約1分ゆで、湯切りをして器に入れます。お好みのかけつゆ、具材でお召し上がりください。
※めんはお湯の中に入れ、しばらくしてからゆっくりとほぐしてください。無理にほぐすとめんが短く切れることがあります。
「焼きうどん」
 フライパンに油(大さじ1)をひき、肉、野菜など、お好みの具材を軽く炒めます。うどんを入れ、水(約30ml)を加え、ほぐしながら炒め、お好みの調味料(ソース、しょうゆ、ケチャップなど)で味付けしてください。
販売者 イオン株式会社
千葉県千葉市美浜区中瀬1-5-1
TEL 0120-28-4196
A584
(A333:奈良県、A584:三重県) 

「いただきます お手軽おもてなし料理」

 デザートは頂いた「バウムクーヘン」♪

 2018年4月29日の「いただきます お手軽おもてなし料理」は【和風ローストビーフ】(172kcal)。
『主な材料』(4人分)
・牛もも肉(かたまり)・・・300g
・バター・・・10g
・ゆずこしょう・・・小さじ1/2
・クレソン・・・2枝
『作り方』
①肉は冷蔵庫から出して約30分おき、室温に戻す
②肉に塩小さじ1/2、こしょう少々をすり込む。フライパンに油小さじ1を温めて肉を入れ、焼き面を変えながら中火で約10分焼く。熱いうちにアルミホイルで包み、約10分蒸らす
③同じフライパンにバター、しょうゆ大さじ1と1/2、酒・みりん各大さじ1、ゆずこしょうを合わせ、ひと煮立ちさせる。肉を戻し入れさっとからめて火を止める
④肉を薄く切る。器に移した③の煮汁とクレソンを添え、皿に盛る。

 2018年4月30日の「いただきます お手軽おもてなし料理」は【キャベツのもりもりサラダ】(111kcal)。
『主な材料』(4人分)
・キャベツ・・・200g
・ピーマン・・・1個
・タマネギ・・・小1個(150g)
・スモークサーモン・・・50g
『作り方』
①キャベツは芯を除いて2~3mmの細切り、芯は薄切りにする。ピーマンは細切り、タマネギは薄切りにする。野菜を合わせて塩小さじ2/3をもみ込み、5~10分おく
②サーモンは3cm角に切る
③酢・油各大さじ3、こしょう少々を合わせ、①の水気をしぼって入れる。サーモンを加えて混ぜ、冷蔵庫でなじませる。彩りがよく、1時間以上おくと、野菜とサーモンがなじんでさらにおいしくなる。ポリ袋を使うと合わせやすい。冷蔵庫で2~3日保存可能。

 2018年5月1日の「いただきます お手軽おもてなし料理」は【鶏手羽中の南蛮漬け】(210kcal)。
『主な材料』(4人分)
・鶏手羽中(ハーフカット)・・・500g(20本)
・紫タマネギ・・・1/21個
・サラダ菜・・・1株
『作り方』
①手羽中に塩小さじ1/2、酒大さじ1と1/2をもみ込む。
②砂糖小さじ2、しょうゆ・酢・水各50ml、一味唐辛子少々を合わせる。
③フライパンに油大さじ1/2を温め、手羽中の汁気をきって入れ、中火で両面を焼く。焼き色がついたら弱火にし、ふたをして4~5分蒸し焼きにする。
④手羽中を(2)に入れ、30分ほどつける。
⑤紫タマネギは薄切りにし、水にさらして水気をきる。サラダ菜を敷いて紫タマネギをのせ、(4)を盛る。手羽中を調味料につけて焼くだけ。気軽な集まりのおつまみにどうぞ。

 2018年5月2日の「いただきます お手軽おもてなし料理」は【鮭の混ぜずし】(453kcal)。
『主な材料』(4人分)
・すし飯・・・660g(米2合分)
・いりごま(白)・・・大さじ1
・甘塩鮭・・・2切れ
・キュウリ・・・2本
・甘酢ショウガ・・・20g
・卵・・・2個
・イクラ・・・20g
『作り方』
①キュウリは小口切りにし、塩小さじ1/4をふって5~10分おき、水気をしぼる。甘酢ショウガはみじん切りにする。
②鮭はグリルで焼き、皮と骨を除いてほぐす。
③卵は割りほぐし、砂糖小さじ1を加えて混ぜる。フライパンに油少々を中火で温め、薄焼き卵を2枚焼く。冷めたら細切りにする。
④すし飯にごまをふり入れ、(1)(2)をさっくりと混ぜる。器に盛り、卵とイクラをのせる。手軽に作れる、彩りのよい混ぜずし。

 2018年5月3日の「いただきます お手軽おもてなし料理」は【スペアリブのマーマレード煮】(662kcal)。
『主な材料』(4人分)
・スペアリブ(5~6cm長さ・・・800g
・マーマレード・・・100g
・長ネギ(緑の部分)・・・10cm
・ニンニク・・・1片(10g)
・ショウガ・・・1かけ(10g)
・クレソン・・・4枝
『作り方』
①長ネギはつぶし、ニンニクとショウガは薄切りにする
②厚手の鍋に肉を入れ、ひたるくらいの水を入れる。強火にかけ、沸騰したらアクを取る
③マーマレード、①、酒100ml、しょうゆ60mlを加え、煮汁が少なくなるまで中火で約40分煮る
④器に肉を盛り、煮汁をかける。クレソンを添える。煮る時間はかかるが、調理は簡単。前日に煮て冷蔵しておき、当日温め直して盛り付けても。

 2018年5月4日の「いただきます お手軽おもてなし料理」は【イカとセロリのレモンマリネ】(132kcal)。
『主な材料』(4人分)
・冷凍ロールイカ・・・400g
・タマネギ・・・1/2個
・セロリ・・・60g
・レモン・・・1/2個
・はちみつ・・・大さじ1/2
『作り方』
①タマネギは薄切り、セロリは筋を取って4~5cm長さの薄切りにしる
②ボウルに酢大さじ2、はちみつ、塩小さじ1/3、こしょう少々、オリーブ油大さじ2を合わせる
③イカは半解凍し、3~4cm長さ・1cm幅に切る。鍋に湯を沸かし、1~2分ゆでてざるにとる。水気をしかりきって、熱いうちに②につける。粗熱が取れたら、①を加えて混ぜる。冷凍イカならさばく手間がなく手軽。セロリのさわやかな味がポイント。
(ベターホームのお料理教室)

本日のカウント
本日の歩数:7,808歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:55.8kg、13.2%
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:2個

|

« 「カレースープ鍋」「まるごとカマンベールのとろけるトマト鍋」「かきのズンドゥブチゲ」「白菜のポタージュ」「塩もみ白菜の豆乳鍋」 | トップページ | 「いただきます 簡単おつまみ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「いただきます お手軽おもてなし料理」:

« 「カレースープ鍋」「まるごとカマンベールのとろけるトマト鍋」「かきのズンドゥブチゲ」「白菜のポタージュ」「塩もみ白菜の豆乳鍋」 | トップページ | 「いただきます 簡単おつまみ」 »