« 春きたる もちがつお 舞阪、水揚げ | トップページ | <食卓ものがたり> 樹熟デコポン »

2019年3月19日 (火)

「華都」、そして「いただきます 春のおもてなし料理」

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「変わった駅名の街さんぽ」「世田谷区 九品仏駅(くほんぶつ)」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/73317/1246772/
♪ ひなげしの花 アグネス・チャン(1972年)
<room 316>
・ひなげし 150円~
☆レディーアグネス
《毛利豆腐店》
《大和屋精肉店》
・コロッケ 100円
・蒸しえびギョーザ 50円
<浄真寺>増上寺の別院、奥沢城の跡地
※九品仏の由来は3つのお堂があり各お堂に3体ずつ阿弥陀様がいるから
 上品堂:上品上生(じょうぼんじょうしょう)、上品中生、上品下生
 中品堂:中品上生、中品中生、中品下生
 下品堂:下品上生、下品中生、下品下生
《O RESTO la med》地中海料理
・O RESTO la medコース 2,500円(スープ、前菜、パスタ、メイン、デザート、自家製パン、コーヒー又は紅茶)
♪ ばらばら 星野源(2010年)
<彩花>
☆和ばら 1本 600円~
 <ローズファーム ケイジ>
 國枝啓司さん(ばら作家)
♪ バラが咲いた マイク眞木(1966年)
 みやび、かぜたちぬ、しおり、たまき
《Organic Harmony》トマトジュース専門店
☆手作りトマトジュース 2,350円
・手作りトマトジュース(OH) 2,650円
 「昼めし旅」は、1/30の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1233917/
「千葉県 浦安市」
 山本周五郎の「青べか物語」の舞台、海苔の養殖、アサリ漁、千葉海苔
《宇田川徳雄商店》海苔問屋
※10枚で一帖
*直接火で炙るより、全体をまんべんなく焼けるトースターのほうが美味しい焼き海苔ができる。
①トースターを予熱する(熱くて触れなくなるくらい)。
②閉めたり、開けたりして、海苔の両面を温める(一回だと全体が焼けない)。
《山安商店》
*蒸さずに直焼する関西風の蒲焼が人気
《鮮魚 泉銀》昭和29年創業、森田さん
・塩マグロ
①マグロの赤身の両面に塩を振り、なじませる(10分~15分放置して)。
②塩を洗い流して、ペーパータオルで水分を取る。
③食べやすい大きさに切り分ける。わさびだけでいただく。
・浦安巻き
①三番瀬海苔(干潟や浅瀬で採れ、磯の香りが強く甘い味わい)の上に、ご飯をのせる。
②かつお節、醤油をのせ、巻く。
③端をつぶして落ちないようにする。
※漁師が仕事中に食べていた巻物。
・アサリの佃煮
《丸秀精肉店》昭和30年創業、黒毛和牛専門店、増田さん
☆コロッケ 1個 100円
・酢豚風あんかけご飯
①豚バラ肉、豚もも肉、鶏もも肉を塩で下茹でする。
②フライパンで下茹でした肉、ニンジン、パプリカを炒める。
③自家製タレ(醤油、みりん、酢など)を入れる。水溶き片栗粉でとろみをつける。
④ご飯にかける。
・黒毛和牛のローストビーフ
「茨城県 大洗町」
<しじみ漁師 大谷さん>
《夕日の郷 松川》涸沼のほとりにある施設
・しじみ汁
①冷凍された寒しじみ(地元では7~8時間砂抜きをし、冷凍保存)を沸騰したお湯の中に入れる。
※冷凍すると旨みが増し、より美味しくなる!
 冷凍しじみは沸騰してから入れると身が外れない。
②自家製味噌を溶く
・しじみのバター焼き
①フライパンでしじみを焼く。ふたをして蒸し焼きにする。
②バターを投入。醤油で味付け。
・野菜の天ぷら
・さばと大根の煮物
・大洗産 コシヒカリ
 「世界の居酒屋 10mjn.」は、「アメリカ ニューヨーク・ハーレム」。
http://www.nhk.or.jp/nikui/
《2080 67》
・海と山の宝石箱
 アメリカのおふくろの味 マカロニ&チーズに、ロブスターとトリュフオイルを加え、豪華にアレンジ。
・炎のスッパ辛チキン(ブルーチーズのソース)
・”オレンジの花”のカクテル 花言葉:純粋
・男前カクテル
 香り付きバーボン 43度(スモークガンの穴に葉巻を詰める。ホースを瓶に入れて点火。葉巻の煙が瓶に流れ込む。シャカシャカすれば葉巻の香りがバーボンに付くらしい。)、しょうがのリキュール 28度、薬草ブランデー 40度、甘いワイン、ライ麦ウイスキー 46度、苦み酒、レモンの皮を絞ってできあがり。
・とうがらしテキーラ、紅茶入りのジン、ローズマリーシロップ、シナモンシロップ
※「67」は、ニューヨークで初めて黒人が開いたといわれる酒場の番地
・アボカド チキンバーガー
 チリソース入りマヨネーズ、スライスアボカドをのせ、揚げたチキンを重ねる。
http://www.nhk.or.jp/nikui/column2.html
 「二軒目どうする ~ツマミのハナシ~」は、「不動駅前」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/77621/789651/
《焼肉ベイベー》
《中華 味一》
・緑茶ハイ 390円
・芋焼酎水割り 480円
・芋焼酎ソーダ割り 530円
・チャーハン 680円
 東京5大チャーハン
・特製手羽(1本) 100円
*ツマミのハナシ①:武蔵小山の中華料理屋で完売必至の有名な手羽先の味を見事に再現(現在は閉店)。
*ツマミのハナシ②:チャーハンについているスープは大山地鶏と美桜のブレンド。麺類のスープの素となる鶏出汁スープは約5時間じっくり煮込む。
*ツマミのハナシ③:チャーハンは定食の白飯とは異なり、チャーハン専用にこだわりのブレンド米を使用。
・タンメン 700円 ※野菜増しは無料
《U.TOKYO》
・リモンチェッロサワー 518円
・メンチカツ3種盛り
 獅子唐と花椒のメンチカツ、アンチョビとモッツァレラチーズのメンチカツ、プレーンメンチカツ
・背油焼豚チャーハン 850円
 「YAHOO!」より、メール。「わけありグルメ」♪
https://shopping.yahoo.co.jp/search?p=%28%22%E3%82%8F%E3%81%91%E3%81%82%E3%82%8A%22+%22%E3%83%AF%E3%82%B1%E3%81%82%E3%82%8A%22+%22%E8%A8%B3%E3%81%82%E3%82%8A%22+%22%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%22+%22outlet%22%29&n=50&ei=UTF-8&tab_ex=commerce&oq=&uIv=on&cid=2498&pf=&pt=&X=8&di=&slider=0&used=0&seller=0&elc=1&lcnt=26623&view=list&ync_pid=body17&sc_e=mshp_nc_sale_pc_NC00029363
 今日で、一年の仕事も一段落!
 なんか「草食系」になっているよね・・・それだから、「結婚できない」「結婚しない」なんて状況が出て、出生率が下がっているんじゃ?ないんですかねぇ~???
002
 昼食は、「華都」の「中華弁当」♪
004
 デザートに「杏仁豆腐」も付いている!
静岡県浜松市中区住吉3-12-1
TEL 053-474-0132
https://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22017943/
http://www.h5.dion.ne.jp
https://ameblo.jp/cp-kato/
 「住吉」から「有玉台」に移転したらしい・・・。
浜松市東区有玉台4-7-3
TEL 053-581-3126
 11:30-15:00(L.O.14:30)、17:00-21:00(L.O.20:30)、木曜定休
https://moca.hamazo.tv/e8060663.html
https://ja-jp.facebook.com/katosumiyoshi/
https://guide-jp.com/hamamatsu-gyouza/kato
 仕事を終え、「酒&FOOD かとう」に同僚を案内!ついでに、お惣菜を買おうかなと思っていたが、やめた。
https://slowkato.hamazo.tv/
 帰宅して「ツナとアボカドのわさび醤油和え」で一杯♪
http://fmv2006.cocolog-tnc.com/fmv/2018/01/post-4f9a.html
006
 アボカドは先日買ったもの!
Just RIPE!
 when soft AVOCADE FROM MEXICO * EMP 007
WEST PAK 4046
008
 昨日のおでんの残りに「黒はんぺん」を入れましょう!
焼津 敏 名産 マルト
 駿河湾深層水使用
yaizu
 魚肉練製品
内容量 8枚
100gあたり 123kcal
 毎度敏のはんぺんをお買い上げ戴き誠にありがとうございます。
 黒はんぺんは、新鮮なサバ・イワシを骨もまるごとミンチにし、駿河湾深層水を加え、敏独特の製法を加えてありますので、より一層おいしくなりました。生、又は焼いてしょうが醤油で、フライ・おでん・煮物等お好みに合わせてお召し上がりください。
製造者 (有)丸敏増田商店
静岡県焼津市石津中町1-5
TEL 054(624)4991
FAC 054(623)3238
012
 「群馬のあく抜きこんにゃく」も入れましょう。
250g
100g当たり3kcal
・煮物やおでんに
・田楽や炒め物に
製造者 株式会社ヨコオデイリーフーズ
群馬県甘楽郡甘楽町小幡204-1
TEL 0274-70-4002
010
 デザートは「Calbee かっぱ えびせん」♪
天然えび まるごと・殻ごと カルシム
 やめらない!♪とまらない!
!かっぱえびせん!おいしさの秘密
その①
 天然えびまるごと、カルシウム
 天然えびをまるごと、殻ごと使用しています。おいしい上にカルシウム入り。
 だから・・・やめられない。♪♪とまらない おいしさになるんです
1袋(26g)当たり128kal
 ゆかいな!かっぱえび家
「かっぱえびせんホームページ」
http://www.kappaebisen.com/
製造者 カルビー株式会社
東京都千代田区丸の内1-8-3
TEL 0120-55-8570
http://www.calbee.co.jp/
 ここで、「いただきます 春のおもてなし料理」の引用♪
 2017年3月26日の「いただきます 春のおもてなし料理」は【鶏のハーブロースト】(247kcal)。
『主な材料』(6人分)
・鶏もも肉・・・3枚(600g)
・バジル・・・6枚
・パセリ・・・1枝
・バター・・・30g
・プリーツレタス・・・6枚
・ミニトマト・・・6個
『作り方』
①鶏肉は竹串で皮に穴をあけ、1枚を四つに切る
②バターは室温に出して軟らかくする。バジル、パセリはみじん切りにし、バターと混ぜ、12等分にする
③鶏肉に塩小さじ1/4、こしょう少々をふり、皮を片端を残してはがす。身と皮の間に②をはさみ、皮を上にしてオーブン皿に並べる
④200度のオーブンで約20分、焼き色がつくまで焼く。器に鶏肉を盛り、レタスとミニトマトを添える。パリッと焼けた皮とハーブの香りが抜群のおいしさです。
 2017年3月27日の「いただきます 春のおもてなし料理」は【サーモンのカルパッチョ】(153kcal)。
『主な材料』(4人分)
・サケ(刺し身用さく)・・・200g
・万能ネギ・・・2本
・ケッパー・・・大さじ3
・マヨネーズ・・・大さじ2
・白ワイン・・・大さじ1
・練がらし・・・小さじ1
『作り方』
①万能ネギは小口切り、ケッパーは粗みじん切りに。タマネギは薄切りにし、水にさらして水気を切る。サケは薄く切る
②マヨネーズ、白ワイン、オリーブ油大さじ1、練りがらし、塩小さじ1/4、こしょう少々を合わせる
③器にサケを並べ、タマネギをのせる。ケッパーと万能ネギを散らす
④②をかける。サケは切る前に30分~1時間ほど冷凍すると薄く切りやすくなります。
 2017年3月28日の「いただきます 春のおもてなし料理」は【中華おこわ】(353kcal)。
『主な材料』(6人分)
・もち米・・・3合
・豚もも肉(かたまり)・・・150g
・ゆでタケノコ・・・150g
・ニンジン・・・80g
・干しシイタケ・・・3枚
・ラード・・・大さじ1
『作り方』
①もち米は洗ってたっぷりの水に1時間以上つけ、水気をきる
②豚肉、タケノコ、ニンジンは1cm角に切る。シイタケは戻して1cm角に切る。戻し汁50mlは取りおく
③大きめのフライパンにラードを温め、②を炒める。もち米を加え、全体に油がなじむまで炒める
④炊飯器に③と水200ml、シイタケの戻し汁、砂糖大さじ1、しょうゆ大さじ3、酒大さじ2、鶏ガラスープのもと小さじ2、塩少々を入れて普通に炊く。
 2017年3月29日の「いただきます 春のおもてなし料理」は【セロリのワイン煮】(36kcal)。
『主な材料』(作りやすい分量)
・セロリ・・・大2本(200g)
・タマネギ・・・25g
・ニンジン・・・25g
・ベーコン・・・25g
・白ワイン・・・25ml
『作り方』
①セロリは筋を取って10cm長さに切り、太いところは縦半分に切る。タマネギは薄切り、ベーコンは熱湯に通して1cm幅に切る。ニンジンは2~3mmの輪切りにする
②鍋にタマネギとベーコンを入れて弱めの中火で炒め、タマネギがしんなりしたらセロリ、水100ml、白ワイン、固形スープのもと1個を加え、ふたをして7~8分煮る
③セロリが軟らかくなったら、ニンジンを加えて1~2分煮て火を止める。作り置きのできるつけあわせです。
 2017年3月30日の「いただきます 春のおもてなし料理」は【タイの香草焼き】(273kcal)。
『材料』(4人分)
・タイ・・・1尾(約600g)
・ローリエ・・・5枚
・ローズマリー・・・8枝
(その他セージやフェンネルなど好みのハーブ)
・レモン・・・1/2個
『作り方』
①タイはうろこと内臓を取り、塩小さじ2、こりょう少々をふり20分ほどおく
②タイの水気をふき、厚みのある部分の表側に切り込みを入れ、ローリエをはさむ。腹にもローリエとローズマリーをつめる
③クッキングシートを敷いたオーブン皿に網を置き、ダイをのせてオリーブ油大さじ2を全体にかける。230℃のオーブンで焼き色がつくまで25~30分焼く
④仕上げにオリーブ油大さじ3をかけ、レモンを添える。
 2017年3月31日の「いただきます 春のおもてなし料理」は【鶏肉と卵のピリ辛煮】(300kcal)。
『主な材料』(4人分)
・鶏もも肉(骨付きぶつ切り)・・・800g
・卵・・・4個
・ニンニク・・・1片
・ショウガ・・・1かけ
・赤トウガラシ・・・1本
・粒こしょう(黒)・・・小さじ1
『作り方』
①鶏肉はたっぷりの熱湯でゆで、ざるに取る。卵は固ゆでにする
②ニンニク、ショウガは薄切りにする。赤トウガラシは種を取り、小口切りにする
③鍋に鶏肉、しょうゆ・酒各大さじ4、酢100ml、粒こしょう、②、水200mlを入れ中火にかける。時々、アクを取りながら20分煮る。ふたをずらしてのせ、弱火で30分煮る
④ゆで卵の殻をむき、鍋に加える。煮汁が1/4くらいになったら火を止め、時々混ぜながら冷ます。
(ベターホームのお料理教室)
本日のカウント
本日の歩数:8,239歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:55.1kg、12.1%
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 春きたる もちがつお 舞阪、水揚げ | トップページ | <食卓ものがたり> 樹熟デコポン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春きたる もちがつお 舞阪、水揚げ | トップページ | <食卓ものがたり> 樹熟デコポン »