« 「Sugakiya」「生食用菜の花にしん」、そして「いただきます あったか汁もの」 | トップページ | 「つかさ製菓」、そして「<食べきりのすすめ−食材編−>(上)魚のあら」 »

2019年2月17日 (日)

「Sugakiya」「喜平」、そして「味付け極しょうが」

 昨日のテレビ「ごはんジャパン」は、「山形県 鶴岡市」「マダラ」。
https://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0003/
*飛塚 裕実
*近藤 文夫《てんぷら 近藤》
「日本海寒鱈まつり」
・紅ずらいがに 1杯 500円
・さざえ 10個 1300円
・寒鱈汁
「鼠ヶ関港」
<萬龍丸>
*活〆タラ
※底引き網漁:
 2本のロープで長さ30mの網を引き、海底を移動させて魚を捕る。2ノット(時速 約3.7km)で進める。
 真鯛、オニカサゴ、カレイ、マダラ、ハタハタ
※血抜き:船上活じめタラ
 産卵に向け、冬に栄養を蓄える。鍋物、ムニエルに
「鶴岡市 あつみ温泉」《末広寿司》
・真鯛の天ぷら
 厚めに切って、170℃で約1分30秒。塩で。
・ヤリイカと甘エビのかき揚げ
 170℃で約2分
・マダラの天ぷら
 タラの身を3日間昆布締めした、170℃で1分半
・白子の天ぷら
 味噌床(信州みそ、みりん、酒)に3日間漬ける。170℃で約3分30秒
 浸透圧で水分が抜け、ぬめりが取れ、大豆たんぱく質が生臭さを吸収する。
 衣を薄めにつけて、油の温度を170℃にキープする。それ以上になると破裂しやすい。
・マダラの身と白子の天丼

 「もらい酒 みなと旅2」は、「北区 十条」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/68391/1229422/
《居酒屋かつら》
☆フグの白子 540円
☆マグロの生ハム 620円
※全国から厳選した100種類以上の日本酒があるお店
・岩手 純米生 タクシードライバー 810円
・めふん(青森県産) 450円 鮭の内臓の塩辛
・熊本 蝉 純米吟醸
・かつお腹皮(鹿児島県産) 510円 お腹の身を一夜干し
・新潟 鮎正宗 610円
・塩きり(三重県産) 480円 ムロアジの塩漬け
《やきとり まるま》
・レモンサワー
 フローズン状の焼酎と炭酸を混ぜたお酒。
☆からし鍋(からし焼きが鍋になった)
・味噌漬けチーズ 281円
・肉の燻製盛り合わせ(タン・豚トロ・鶏皮・きんかん) 422円
*アポロン山崎
 「伝説の王国オラクルカード」発売元:ライトワークス

 「よゐこ濱口の”2人乗り”イイモノ探し旅 一緒にペダルこぎませんか?」は、「愛知 篠島」。
https://tv-aichi.co.jp/hamachari/
(《辻商店》ワカメ味噌)
 濃いめの味噌汁でワカメをしゃぶしゃぶする
《太次平商店》
・ワカメしゃぶしゃぶ
《ヤマシン商店》
・タイラガイ
・ナマコ
 このわた:ナマコの内臓の塩辛。日本三大珍味の一つ。
(《丸万》)
《とねさん家》
・タイラガイのバター醤油炒め
<恋人の聖地>
<キラキラ展望台>

 「TVチャンピオン 極 ~KIWAMI~」は、「チョーク看板職人選手権」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/82949/792819/
SEMI FINAL「お店の看板対決」
<ペットの専門店コジマ ベイタウン横浜本牧店>
FINAL「愛の告白対決」
<東京都中野区宝仙学園中学・高等学校>

 「バービーのしずおかごはんが食べたい!」。
http://www.sut-tv.com/show/shizuokagohan/
「沼津市」
<三島スカイウォーク>
<宮澤農園>
*三島ニンジン
※箱根西麓三島野菜:
 古くから箱根の西側、標高50m以上で栽培されている主に大根や馬鈴薯などの露地栽培。
・自家製ニンジンジュース
《森のキッチン》
三島市笹原新田313 三島スカイウォーク内
TEL 055-972-0084
・季節野菜カレー 1,000円
<三島大社>
《山本食品 門前せせらぎ店 》
三島大社町1-28
TEL 055-983-1108
・農兵漬 500円
(白うり、大根、きゅうり、わさび漬け)
《ころっけスタンド 蘖(ひこばえ)》
・みしまコロッケ 150円
「沼津市」
《浜焼きしんちゃん》
沼津市千本港町83
TEL 055-954-0605
・駿河湾深海おまかせ盛り 1,480円
 (メヒカリ、小金目、デン、メギス、深海エビ)
《桃屋》惣菜
沼津市町方町5
TEL055-962-7824
☆ハムフライ 30円
・メンチカツサンド(甘いたれ) 210円
《餃子専門店 中央亭》
沼津市大手町4-4-7
TEL 055-962-4420
・餃子 中(8個) 864円

 「水郷のとりやさん」より、楽天メール、「送料無料!一人暮らし応援セット」♪
https://item.rakuten.co.jp/suigodori/hitori/?scid=rm_197493
 同じく、「水郷どりイタリアンローストチキン」!!
https://m3.rakuten.co.jp/suigodori/italian/%253fscid%3drm_197493/-/2/48dx/c9nww/1/76mi0/

 今日は、日曜日にも拘らず、早朝から仕事・・・しかも、無休↓↓↓
 仕事を終え、スーパーに向かう。
 売り出しの「たまねぎ」1個19円(これが思ったより大きい!)、「さばの水煮缶」105円、「チリ産刺身用 トラウトサーモン」100g213円、それに「マルトモだしの素」105円、「納豆」50円、「こんにゃく」48円、「木綿豆腐」38円を買い、一旦帰宅。

「Sugakiya」「喜平」、そして「味付け極しょうが」

 「Sugakiya」に行く。
 今日は、昨日より、人出がある・・・昨日「パスポート」を手に入れて、今日も来たというパターンなのか?
「Sugakiya」「喜平」、そして「味付け極しょうが」

 「肉入ラーメン」を半額の200円で買う。しまった!WAONではなくて現金で支払ってしまった!!

 「酒&FOOD かとう」に行く。「琉球泡盛 瑞泉」43度3,240円、それに「純米吟醸 喜平」3,056円を見つけた!!!「喜平」だなんて、久しぶりだね♪♪2つを伝票にて買い帰宅。
 今月は、ツケが多いな!・・・飲み過ぎだね・・・!
http://slowkato.hamazo.tv/

 持ち帰り仕事と書類の記入をする。
 仕事が回らないね・・・。

「Sugakiya」「喜平」、そして「味付け極しょうが」

 夕方は「静岡蔵謹醸純米新酒 喜平」で一杯♪・・・しまった、酒米が「誉富士」ジャン!!!見落としていた↓↓↓誉富士って、美味しくないんだよね!!!ツンツンしているんだよ!!!
純米吟醸 無濾過生原酒
アルコール分/16度以上17度未満
原材料名/米(国産)・米麹(国産米)
精米歩合/55% 誉富士100%使用
製造者 静岡喜平酒造株式会社
静岡県静岡市駿河区丸子新田1-1

「Sugakiya」「喜平」、そして「味付け極しょうが」

 おつまみは、今日、100g213円買った「チリ産刺身用サーモントラウト(養殖)解凍」、238円のもの♪腹側を選んだよ♪♪
 脂が乗っていて、旨いね!!!
 ワサビが付いている。
生わさび
三和食品株式会社
群馬県太田市清原町1-7

「Sugakiya」「喜平」、そして「味付け極しょうが」

 デザートは、頂いたチョコレート♪
Lindt TEDDY
 HIER OPENEN

HAVE A GOOD DAY
 thankful for you
 I HOPE YOU LIKE IT.
 MAY YOUR DAYS SPECIAL GIFT FOR YOU.
 BE FILLED WITH HAPINESS.
SINCE 1960

 ここで、今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「味付け極しょうが」(高知県)の引用♪
使い道いろいろ 体ポカポカ
 繊維質で強い芳香と辛みをもつショウガは、胃液分泌を促し、血管を広げて血液循環をよくし、殺菌や消臭作用などがある健康的な食材で知られている。
 その生産量日本一の高知県で、栽培から加工、製造、卸売り、出荷まで一貫体制で商う坂田信夫商店は、創業70年余の老舗食品会社。
 数ある商品の中でのおすすめにカツオだしと黒酢で風味豊かに仕上げた「味付け極しょうが」がある。
 ご飯にのせて口に運ぶと、約3mm角に刻んだショウガのシャキシャキの食感から辛みと旨みがはじけて、あれれという感じで食が進む。マイルドな辛みと香りの味わい深い生ふりかけである。
 「白飯はもちろん、チャーハンやお好み焼きの具材、納豆や冷ややっこの薬味、焼き魚の付け合わせなどいろいろに」と営業本部の笠谷大輔さん。おにぎりにまぜてもおいしい。手軽な値段で応用万能な味付けショウガとアピールする。
 原材料は辛み、香り成分を多く含むブランド品種の国産黄金ショウガ。ショウガは血行を良くし、体をポカポカと温める健康によい野菜。風邪の予防の期待して、ぜひ取り寄せてみたい一品である。
●(株)坂田信夫商店
高知県香美市土佐山田町宝町4の91の4
TEL 0887(53)2576
FAX 0887(52)2498
9時~17時、土・日曜、祝日休
1袋税込み399円
ネットショップ販売もある。
※常温で宅送

http://www.kochi-sakata.co.jp/

 さらに、「旬の魚介 あれこれ」より、「カサゴ」の引用♪
多彩な地方名
 「磯のカサゴは口ばかり」ということわざがあります。頭が身体のわりに大きいカサゴに引っかけて、口先ばかりの人を揶揄した言葉です。
・科属:メバル科カサゴ属
・漢字名:笠子、
瘡魚
・英名:marbled rockfish
 昔から全国各地で親しまれてきたカサゴ。沿岸の岩礁域に生息する、いわゆるロックフィッシュの代表格で、釣り魚としても人気が高い。根魚だけに旬は決めにくいが、概ね冬から春先が一番美味と言われている。
 複雑なまだら模様で、ごつごつした印象。背びれも鋭く、ギロリとにらむ目に大きな口と、いかにも武骨で勇猛そうだ。それゆえ、かつては端午の節句の祝い魚とされていたという。
 一方で名前の由来は少々気の毒なものがある。大きな頭が三度笠をかぶったようだから「笠子」とか、瘡蓋に覆われているように見えるから「瘡魚」とか。
 地方によっても呼び名が違う。関西のガシラ、九州北部のアラカブなどは、カサゴという標準和名より一般的。ほかにも徳島のガガネ、瀬戸内のホゴ、九州南部のガラカブなどなど。地元で愛されてきた証しだろう。
 それはもちろん味の良さがあってこそ。外見とは裏腹に、身はきれいな白身で、上品な味わい。ごく新鮮なら刺し身がいいし、丸ごと煮漬けや唐揚げにしてもおいしい。南仏料理のブイヤベースやイタリア料理のアクアパッツァでも人気だ。
 市場にあまり出回らない高級魚だが、わりと釣りやすい魚とされている。自分で釣り上げて味わうのは楽しい。ただし、背びれのトゲには毒があったりするので気をつけて。

本日のカウント
本日の歩数:11,565歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.5kg、11.7%
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「Sugakiya」「生食用菜の花にしん」、そして「いただきます あったか汁もの」 | トップページ | 「つかさ製菓」、そして「<食べきりのすすめ−食材編−>(上)魚のあら」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「Sugakiya」「喜平」、そして「味付け極しょうが」:

« 「Sugakiya」「生食用菜の花にしん」、そして「いただきます あったか汁もの」 | トップページ | 「つかさ製菓」、そして「<食べきりのすすめ−食材編−>(上)魚のあら」 »