« 「Sugakiya」「喜平」、そして「味付け極しょうが」 | トップページ | 「いただきます 野菜たっぷり鍋」【飛鳥鍋】 »

2019年2月18日 (月)

「つかさ製菓」、そして「<食べきりのすすめ−食材編−>(上)魚のあら」

 昨日のテレビ「バナナマンのせっかくグルメ!」は、「静岡県 伊東市」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tbs/46591/1238956/
 伊東温泉
<月のうさぎ>露天風呂
<伊豆月ヶ崎梅の里>
《磯料理 はるひら丸》
☆1人様 舟盛 3,456円(税込)
☆あわび踊り焼 3,564円(税込)
☆いか姿造り定食 1,944円(税込)
・あじのまご茶 1,404円(税込)
《駅弁の祇園》創業73年、伊東駅
☆かけそば 360円(税込)
・いなり寿し 6ヶ入り 620円(税込)
《スイートハウス わかば》
☆ホットケーキ 600円(税込)
☆クリームあんみつ 680円(税込)
☆苺クレープ 780円(税込)
・コーンソフトクリーム 300円(税込)
<大室山 火口部分アーチェリー体験>
・1時間 大人(中学生以上)道具代込み 1,000円
《》
★うずわめし
 宗田鰹のタタキを青唐辛子醤油で頂く。
《支那そば 福々亭》
・塩ラーメン(豚バラ) 750円(税込)

 「ごちそうカントリー」は、「東伊豆町」「いずのはる」。
https://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/archive/?seq=61738
*鈴木 和実さん
*いずのはる:
 品種名は「はるひ」、ニューサマーオレンジなどを掛け合わせた品種
「おいしいをつくりましょ。」《カフェ オルテンシア》河津バガテル公園
【ニューサマーオレンジを使った“レアチーズケーキ”】
『材料』(1台分)
・いずのはる・・・5~6個
・クリームチーズ・・・150g
・生クリーム・・・200cc
・砂糖・・・110g
・粉ゼラチン・・・15g
・水・・・60cc
・レモン汁・・・大さじ1と1/2
・オレンジリキュール・・・大さじ2
<飾り用>
・いずのはる・・・1個
・オレンジリキュール・・・少々
・エディブルフラワー・・・適量
『作り方』
①“いずのはる”を搾る
②ボウルにクリームチーズを入れてホイッパーでクリーム状になるまで混ぜる
③砂糖を加え滑らかになるまでよく混ぜる
④先ほど搾った“いずのはる”の果汁を数回に分けて加え果汁がなじむまで混ぜ合わる
⑤レモン汁とオレンジリキュールを入れて混ぜ、水でふやかしたゼラチンを湯せんにかけながら液体になるまで溶かす
⑥溶けたゼラチンを先ほどのボウルに加え七分に泡立てた生クリームも加え、氷水で冷やしながらとろみがつくまで混ぜる
⑦型に流して冷蔵庫で1時間冷やす
⑧オレンジリキュールで和えた“いずのはる”などお好みの飾りを盛りつけたら完成

 先日の「相葉マナブ」は、「お店の道具で作ってみよう!食パンの名店」。
https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/story-backnumber/190210/
《銀座 に志かわ 本店》
《考えた人すごいわ》
《VIKING BAKERY F》
《高級「生」食パン専門店 乃が美 麻布十番店》去年11月オープン
・ミキサー(KANTO MIXTER) 165万円
・ホール 18万円
・フック 8万円
・台車 8万円
「プロの道具で食パン作り」
*材料を混ぜる
 小麦粉をミキサーに入れる。イースト菌を入れ、混ぜる。(20秒)
 水、生クリーム、はちみつを入れ、材料が均一になるまで混ぜる。バターなどを加えて、練り上げる。ボウルについて、伸びてちょうど1周するくらいまで混ぜる。
*発酵
 スケッパー(1285円)で生地を半分にカット。
 上に2つに折る。横を持って真ん中に包む。上から下へ持ってくる。
 バットに入れ、パンマット(1307円)と呼ばれる布をかけ、約1時間発酵。
 パンチ:中のガスを抜く。まな板の上でたたく。再び15分発酵させる。
*分割作業
 カットして決められた分量にする。上皿さおはかり(7万4520円)で210gにする。切り目を内側に入れて丸める。
*形成&発酵
 モルダー(形成機)(93万9600円)で成形する。2回通す。
 2斤で4本、型に入れる。
*焼く
 ホイロ(発酵機)(89万6400円)に入れ、1時間発酵させる。
 オーブン(257万400円)に1列6本入れる。2列で3段、合計36本焼く。
 焼けたら、ふたを叩いて出す。ひっくり返す。
※常温で1日置くとより風味が強くなる。
「美味しい食べ方」
・玉子サンド
①ゆで卵を潰し、マヨネーズ、塩、粗びきこしょうを加え、混ぜる。
②パンに挟んで切る。

 「お買い物して応援しよう 北海道 うまいもん、てんこもり市」より、楽天メール。「お刺身OK!カット済み生トゲズワイガニ」が、送料無料3,980円(税込)~」。
https://item.rakuten.co.jp/kitauroko/c/0000000247/?scid=me_ich_pcn_301_20190218_6433213_001
 「キリン」より、メール。「My KIRIN会員限定 新!「本麒麟」をプレゼント!」♪
 鮮やかな赤いパッケージと力強いコクと飲みごたえが特長の「本麒麟 [リキュール(発泡性)1]」がリニューアル!これを記念して、「本麒麟」350ml缶×6缶パックを抽選で100名様にお届けいたします!奮ってご応募ください♪
応募締切:2019年2月28日(木) 24:00

http://click.mailinfo.kirin.co.jp/?qs=21b0a7e41a2888dad5a66f275f245f16a83a9bcd22ee5b819928ad7319b5c8d4f10dc9ac7ff5d47830d26c7220c1cab24b0ae65f2fa6351c

 今日の仕事は、内で2時間ほどしてから、外回り・・・忙しいよ。
 いろいろな高等営業所に置いて、回る・・・。順調だね・・・これなら、お昼には戻れる・・・と思っていたら、「南高等営業所」で40分以上待たされた!!!たった、5つの提出なんですよ!!!なんでそんなに待たすの???上から目線だね!!!イジメとしか思えない!!!

「つかさ製菓」、そして「<食べきりのすすめ−食材編−>(上)魚のあら」

 ついでに、「つかさ製菓」に寄り、「つかさの みそまんじゅう」を職場にお土産で買って帰る。6個520円也。1個から買えるが、6個で買うと割安になる!
 ちょっと前の新聞に載っていたのが気になっていたからだ。
芳醇な味わい「バターどら焼き」新登場
 しっとりフワフワの生地に、ほど良い甘さの粒餡とバターが見事にマッチした「バターどら焼き」(1個200円・税込み)が新登場。バターの塩味が餡や生地の甘さを引き立て、抜群の美味しさ。バター子コクもプラスされ、すべてが一体となった贅沢な味わいの逸品です。どら焼きはバター入りのほか定番の「極み」や「餅入り」もあります。
浜松市南区法枝町615-1
TEL 053-545-4582
営業/10:00~18:00

休み/火曜
http://www.rakuten.ne.jp/gold/tsukasaseika/
http://animesugar.jp/

  外回りをして、帰社したが、他を回っている管理職がまだ戻っていない・・・???9時前から出て、4つしか回っていないはず???なぜそんなに時間がかかるの???
 「高等営業所に、書類を置いていて、次に行って、回収して戻って下さい」とお願いしてあったのに、聞く耳を持たずに、全てのところで待っていたらしい・・・そんな、聞く耳を持たない人をなぜ管理職にしたの???しわ寄せを食う下の者が迷惑わくするよ!!!任命権人の責任は大きいな!!!

 「0338318988」なるところから電話。だいぶ前にもあった。「有限会社白十字看護婦家政婦紹介所」らしい・・・何の用だろう???
https://www.telnavi.jp/phone/0338318988
 「09093040585」なる電話もあった・・・誰だ???
https://denwam.com/tel/09093040585
https://meiwakucheck.com/search?tel_no=09093040585

 仕事を終え、帰宅。
「つかさ製菓」、そして「<食べきりのすすめ−食材編−>(上)魚のあら」

 「LOTO 7」と「TOTO BIG」が、キャリーオーバー中だね。

「つかさ製菓」、そして「<食べきりのすすめ−食材編−>(上)魚のあら」

 帰宅して、今日買った「つかさの みそまんじゅう」で日本酒♪♪♪日本酒が合うよねぇ~!
「つかさのみそまん」
 この度は当店の製品をご利用 下さいましてありがとうございます。当店の製品にお気付きの点がございましたら、何なりとお申し出下さい。
 今後共末広く ご愛顧の程申し上げます。
◆つかさのみそまんじゅう
 遠州に古くから親しまれている饅頭です。良質のこしあんに しっとりとした皮が独特の風味をご賞味下さい。
◆栗むし羊かん
 良質の大粒の栗を使い竹皮で包んた甘さ控えめの羊かんです。
※生菓子につきお早めにお召し上がり下さい。
「つかさ製菓」
静岡県浜松市南区法枝町615-1
TEL 053-545-4582
TEX 053-545-4583

「つかさ製菓」、そして「<食べきりのすすめ−食材編−>(上)魚のあら」

 そして、先日、429円のところ40%引きの257円で買った「もつ煮込み」♪
おいしさを 創る 彩る FOODLIER
温めるだけのもう一品
 こくと旨みの味噌味
2人前(1袋入り)
 豚もつと野菜、こんにゃくを豆乳とこんぶの旨みでコク深いいそ味に仕上げたもつ煮込みです。
1パック(330g)当たり191kcal
販売者 株式会社フードリエ
大阪府高槻市春日町7番16号
製造者 エスフーズ株式会社 船橋第二工場
千葉県船橋市浜町3丁目2番3
TEL 0120-010-305

http://www.foodlier.co.jp

 昨日、茹でておいた「大根」を入れましょう!
「つかさ製菓」、そして「<食べきりのすすめ−食材編−>(上)魚のあら」

 さらに「木綿とうふ」も入れましょう!!
濃厚しっかり
 濃厚な豆乳で造った本格にがり仕立て木綿豆腐
内容量 320g
100g当たり 72kcal
販売者 株式会社ベイシア BEF22
群馬県前橋市亀里町900
TEL 0120-047-803

 ここで、2019年2月14日の朝刊より、「<食べきりのすすめ-食材編->(上)魚のあら」の引用♪
 魚をおろしたり、野菜の皮をむいたりするとき、食べられる部分まで取り除いてしまっていないだろうか。捨てるべきは、魚の頭や野菜の皮ではなく、われわれの「食べられない」という先入観。食材を余すところなく使い切る術を、2回に分けて探る。
 「あらをおいしく食べるには、とにかく生臭さを取ることです」。ベターホームのお料理教室講師の鈴木京子さん(63)は話す。
 まずは水でしっかりと洗い、うろこやえらを取り除く。「一番、生臭く感じるのが血のかたまりの部分。意識して洗い流しましょう」。その後はキッチンペーパーなどで水分を拭き取り、振り塩をする。まんべんなく塩がかかるよう、三十センチほどの高さから振るのがポイント。十五~二十分置いておくと水分がにじみ出てくるが、これが臭みの元だ。
 さらに臭みを抜くには、さっと湯通しする「霜降り」と呼ばれる技が有効。振り塩をした後のあらを湯に入れ、霜が降りたように表面が白っぽくなったら、すぐに冷水につける。火を通すことで、生の状態では落としきれなかった汚れなどが浮いてくる。水で再びよく洗い、ペーパーで水気を拭き取れば、下ごしらえは万端だ。ちょっと面倒かもしれないが、この一手間を掛けるかどうかで、臭みが消えるかどうかは大きく違ってくる。
 焼く場合は「霜降り」の作業は省き、振り塩後に出てきた水分をよく拭き取ってから調理すればいい。オレガノやタイムなどの乾燥ハーブとオリーブオイルを混ぜ、あらに塗ってグリルで焼いたりすれば臭みが消え、見た目も豪華なごちそうになる。
 おかずとして食卓に上ることが多いアジは、三枚おろしにすると真ん中の中骨の部分の使い道に困ってしまう。油で揚げて食べる手もあるが、電子レンジで加熱して水分を飛ばすだけでパリパリした食感のせんべいができあがる。
 「みんながあらの食べ方を覚えれば、食べられる頭や骨の部分が捨てられることも減る。あらはスーパーなどで安く売られているので、給料日前にはうれしい一品になります」と鈴木さんは話す。
 (河郷丈史)
【タイのうしお汁】
『材料』
・タイのあら・・・300g
・塩・・・小さじ2
・水・・・カップ4と1/2
・こんぶ・・・15cm
・酒・・・大さじ2
・A(塩 小さじ1/4、薄口しょうゆ 小さじ1/2)
『作り方』
①鍋に水とこんぶを入れて約30分置く
②あらはさっと洗ってざるに取り、塩を振って約20分置く
③あらを熱湯に入れ、色が変わったら水に取り、もう一度洗う
④鍋にあら、酒を加えて火にかける。煮立つ直前にこんぶを取り出し、あくを取りながら8~10分煮る。Aで味を調える
【アジの中骨せんべい】
『作り方』
①中骨は両面に塩を振り、10分ほど置いた後、ペーパータオルで水気を拭く
②クッキングペーパーを45センチ程度に切り、半分に折り曲げて中骨を挟む
③耐熱皿にのせ、電子レンジ(500W)で3分加熱。中骨を裏返してさらに3分加熱し、香ばしくなるまで乾燥焼きにする
④中骨を取り出し、お好みでこしょうやカレー粉、七味唐辛子を振り掛ける

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2019021402000002.html

本日のカウント
本日の歩数:7,350歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.3kg、11.9%
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「Sugakiya」「喜平」、そして「味付け極しょうが」 | トップページ | 「いただきます 野菜たっぷり鍋」【飛鳥鍋】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「つかさ製菓」、そして「<食べきりのすすめ−食材編−>(上)魚のあら」:

« 「Sugakiya」「喜平」、そして「味付け極しょうが」 | トップページ | 「いただきます 野菜たっぷり鍋」【飛鳥鍋】 »