« 「宗玄 初しぼり」、そして「いわしの塩茹で」 | トップページ | 「開運 純米酒粕」、そして「ブイヤベース」「たらのブイヤベース風」「ロウス」「じゃがいもとたまねぎの豚汁スープ」「ジャガイモとチキンのドフィノワーズ」「根菜の豚汁」 »

2019年1月15日 (火)

あのとき、それから しずおか平成史「B級グルメ(3)静岡おでん<上>」

 今日は、1月15日、「小正月」。
 15日を中心とした数日を指し、元日から7日までの「大正月」に対しての呼び名です。年始に忙しかった女性たちが、この日に新年のあいさつ回りをすることから「女正月」と呼ぶ地域も。1年の邪気を払うとされる小豆がゆを食べる風習があります。

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 その学生は友人と話し込んでいたそうだ。その時、空襲を受けた。学生は本来入るべき防空壕(ごう)ではなく、友人の入る防空壕にやむなく逃げた
▼空襲後、自分が入るはずだった防空壕を見に行った。中にいた者は死んでいた。「ばかやろう。こんな戦争はやめだ、ばかやろう、ばかやろう」。学生は涙を浮かべながら怒鳴っていたという
▼一九四四年十二月、名古屋での空襲。学生とは九十三歳で亡くなった、哲学者の梅原猛さんである。「あるときは歴史学者、あるときは国文学者、あるときは宗教学者」。ご自身の評だが、幅広い分野を哲学という一貫した視点で包み込む。その手法で独特にして奥行きある梅原日本学を築き上げた
▼法隆寺は聖徳太子の怨霊を鎮魂するための寺であるとした『隠された十字架』など権力に恨みを抱えた怨霊が研究上の大きなキーワードになっていた
▼「世阿弥やオオクニヌシの怨霊に乗り移られ、毎日楽しく仕事をしている」。十年ほど前、本紙連載の「思うままに」に書いていらっしゃったが、自身もやはり「知の怨霊」だったのかもしれぬ。おそらくそうなったのはあの「ばかやろう」と叫んだ日ではなかったか
▼むごい戦争。生と死。日本人とは、人間とは何か。それが知りたい。その情念が長きにわたる研究へといざなったのだろう。そして知の怨霊は残した成果の中で永遠の存在となる。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2019011502000099.html

 もう1つのコラムも引用!
 「ソ、ソ、ソクラテスか、プラトンか」。テレビCMが歌った1970年代半ば、学生街の古書店で哲学書は手持ちぶさたそうだった。通説を懐疑する若者の道標としての哲学思想は、抵抗の時代の終息で古色を帯びたのか
▼哲学者の梅原猛さんが亡くなった。93歳。万物に命が宿るとする日本的な哲学に、自然を支配する西洋哲学が生んだ近代文明の行き詰まりを打開する思想の潜在を説いた
▼聖徳太子怨霊説の奈良・法隆寺論や柿本人麻呂の流罪水死説など大胆な論考を提示し、独自の史観は「梅原日本学」と呼ばれた。通説を疑い、仮説を立て証明し、新しい体系を構築する。実証主義的な歴史学に相反し、ソクラテスやデカルトの哲学的手法を展開した
▼哲学を志した背景には、学生時代の戦争体験をめぐる思索が色濃い。「犠牲者の方たちの存在によって、自分は生き延びたという後ろめたさ」「死に対する不安を人間の本質と捉えたハイデッガーの哲学に引かれた」。戦後70年を前にした本紙掲載インタビューで語った
▼縄文文化を基底とした思想「草木国土悉皆成仏[そうもくこくどしっかいじょうぶつ]」を指針に、自然と共存の文明回帰を唱えた。静岡、山梨両県知事ら共同代表の「富士の国づくり推進会議」で最高顧問を務め、富士山は思想を体現する「日本そのもの」と位置付けた
▼柔和な笑顔とユーモアあふれる語り口は、哲学の入り口を低くする一方、平和や反戦の思いは厳しかった。思想の冒険者を自任した独創は、「越境の均一化」と「第一主義」の両極が台頭する現代社会への教示でもある。

http://www.at-s.com/news/article/column/daijizai/588255.html

 昨日のテレビ、「朝の!さんぽ道」は、「年間900万人!沖縄に並ぶ観光地 埼玉・秩父長瀞で札所巡り」「埼玉県 秩父」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/73317/1229447/
♪ 若い季節 ザ・ピーナッツ(1963年)
秩父札所1番<誦経山 四萬部寺(ずきょうざん しまぶじ)>
 ご本尊 観世音菩薩
 納め札
 札所巡りアイテム
・元禄八重紅梅
・御朱印帳 1,500円
・初穂料 300円
  右に 山号
  左に お寺の名まえ
  真ん中に ご本尊を意味する言葉
・巡礼服
♪ ロンリィ・ピーポー2 太田裕美(1983年)
<アクアファーム秩父>卵
・輝 1個 500円
 卵かけご飯
<寺坂棚田>
《ふらわー*えっぐ》
・日替わりごはん定食 1,000円
  絶品シチュー、古代米
・いちごデコレーションケーキ 4,200円
<平沼農園>
・キウイフルーツ
・ブロッコリー
秩父札所7番<青苔山 法長寺(せいたいさん ほうちょうじ)>
 牛伏堂
 平賀源内ゆかり
※平将門の乱で、お侍が亡くなった。牛に生まれ変わった。
・初穂料 300円

 「昼めし旅」は、「東京・銀座」。11/13の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1213041/
 木村屋 あんぱん、煉瓦亭 エビフライ、銀座久兵衛 寿司
『第二次大戦回顧 録抄』ウィントン・チャーチル 著、毎西新聞社 訳(中公文庫)
《カフェ パウリスタ 銀座本店》
 芥川龍之介
※「銀ブラ」という言葉の発祥の店:
 慶応大学からカフェーパウリスタまで歩き、ブラジルコーヒーを飲みながら会話をすること。
☆モンブラン・紅茶セット 1,180円(税込)
・ピザトースト風サンド
①食パンの端にトマトソースやチーズをのせトースターで焼き、ベーコン、ピーマン、タマネギ、ゆで卵をのせ、カットする。
<山野楽器 銀座本店>
☆メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲 カラヤン指揮、ヴァイオリン ムター
☆ビバルディ ヴァイオリン協奏曲 四季
《治郎長》
☆下関産 最上級ふぐ刺し
☆明石産 天然の真鯛
・戻り鰹のはらんぼの刺身
・湯豆腐
・しめじ・なめこ・まいたけの山椒煮

 「二軒目どうする? ~ツマミのハナシ~」は、「世田谷 梅丘」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/73577/1216307/
《すし 美登利総本店》
《洒落亭》
創業50年目
・生ビール 600円
・蛸葱ジャコポン 650円
*ツマミのハナシ①:お店に飾られているお神輿は、前オーナーがボロ市で購入したもの。
*ツマミのハナシ②:お神輿の平均的な値段は、約1千万円。
・刺盛 時価 ※仕入れにより、内容・値段が変わります。
・芋焼酎水割り 550円
・芋焼酎ソーダ割り 600円
・日本酒 550円
・生ビール 600円
・イカとズッキーニのゴルゴンゾーラソース 900円
《もつ焼き かる小屋》
*ツマミのハナシ③:「元祖レモンサワーの店」と言われている中目黒の「ばん」。焼酎を炭酸で割ったものを最初に”サワー”と呼んだ
*ツマミのハナシ④:中目黒「ばん」直伝の三軒茶屋「久仁」で10数年修行したのが、こちらのオーナー。
・レモンサワー 518円
・ぱい 216円
・豚尾 464円
*ツマミのハナシ⑤:豚のおっぱいは7対14個。子供に吸われている箇所が一番美味しいらしい。

 もう4年も同じ部署にいると、「もうやった」と思って間違えちゃうよ・・・。仕事に定位置を付けちゃあいけないね!!!

 仕事を定時に終え、帰宅・・・。
 「野菜たくさん 焼きうどん」で一杯といきましょう!
 「緑豆もやし」、「大根の葉」、「キャベツ」「玉ねぎ」、「豚肉」を入れましょう!
あのとき、それから しずおか平成史「B級グルメ(3)静岡おでん<上>」

 「緑豆もやし」は、先日、買ったもの。
Mung been sprauts
200g
 FRESH VEGETABLE
100gあたり 14kcal
生産地 茨城県
生産者 株式会社 大祐
茨城県龍ヶ崎大徳町字上羽根木1186
TEL 0800-800-3914

あのとき、それから しずおか平成史「B級グルメ(3)静岡おでん<上>」

 デザートは頂いたお菓子」♪
本格かきもちもち こがねはずみ
新宿 中村屋

 ここで、2019年1月5日の朝刊より、「B級グルメ(3)静岡おでん<上>」の引用♪
◆しぞーか文化守れ
 二〇一八年十二月下旬。平成最後の師走も、静岡市葵区の「青葉横丁」は酔客であふれていた。のれんの先に、あつあつの「静岡(しぞーか)おでん」がある。
 客の一人は手始めに黒はんぺんを頼んだ。サバやイワシをすりつぶし、蒸してある。静岡おでんの主役だ。客は、これでもかと卓上のだし粉と青のりを振りかけた。
 横丁で一、二を争う人気店「おばちゃん」。真っ黒のだし汁から、店主の杉浦孝さん(44)が串に刺さった牛すじや大根を取り出し、客に手渡した。どれも税込みで一本百八円。
 酔客の多くは、入れ立ての緑茶で焼酎を割った「静岡割り」を頼んだ。静岡おでんと相性がいい。
 静岡おでんが全国に名を広めたのは、平成も半ば、二〇〇二(平成十四)年に発足した「静岡おでんの会」の功績が大きい。
 その前年、市職員だった杉山幸信さん(68)は講座「静岡おでん考」を企画した。世間を席巻し始めていたコンビニおでんの存在が脳裏にあった。
 ファミリーマートの一九七八年ごろを手始めに、コンビニ各社は、おでんの店頭販売に参入。杉山さんが幼少期に通った駄菓子屋おでん、つまり静岡おでんの影は薄くなる一途だった。
 「コンビニおでんが一般的になったら、静岡おでんの食文化を知る人がいなくなってしまう」
 有志約六十人が「静岡おでんの会」を結成。初代会長には、漫談家で、グルメ愛好家の大石正則さん(70)=現顧問=が選ばれた。
 静岡おでんを紹介するマップを作成するため、九カ月で食べ歩いた店は約百二十。カロリーが低く、ダイエット食としても紹介されるおでんだが、六キロは太ったという。この間、テレビに雑誌、新聞と四十社強の取材を受けた。
 いくつか取り決めた。「静岡」は方言で「しぞーか」と発音。「黒はんぺん入り」などの「5か条」も定めた。一つでも満たせば静岡おでんと認める。
あのとき、それから しずおか平成史「B級グルメ(3)静岡おでん<上>」

「静岡おでん5か条(静岡おでんの会定義)」
 1.黒はんぺんが入っている
 2.黒いスープ
 3.串に刺してある
 4.青のり、だし粉をかける
 5.駄菓子屋にある
※条件は、いずれか一つを満たすこと
 〇二年十一月のマップ発表会では、千人近くにおでんを振る舞った。全国からマスコミが駆け付け、大石さんは立ったまま六時間、取材を受けた。
 〇六年にはビールのCMに取り上げられ、翌年のB-1グランプリで三位に輝く。〇六年から毎年、青葉横丁近くで開く「おでん祭(現在はフェア)」では金沢や石巻など全国のおでんが一堂に会する。横丁はドラマ化された漫画「孤独のグルメ」に登場した。
 室町時代、豆腐を串に刺し、みそを付けて食べる「田楽」が発祥とされるおでん。会によると、静岡おでんは大正期、牛すじや豚モツを廃棄せず、煮込んだことに始まる。焼津や由比など練り物の産地も近く、黒はんぺんがセットに。
 戦後、市役所前に並んだ二百の屋台は静岡国体(一九五七年)を契機に、青葉横丁などに移った。
 「昔は学校帰りに駄菓子屋や公園で食べた」と大石さん。小腹をすかせた子どもにも愛された。
 大石さんによると、静岡おでんを扱う店は市内に約千軒ある。平成に入り、街中から子どもの姿が少なくなり、駄菓子屋は減っていった。しかし、杉山さんが子どものころに親しんだ駄菓子屋おでんがなくなったわけではない。

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/shizuoka_heisei/list/2019/CK2019010502000064.html

本日のカウント
本日の歩数:7,050歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.5kg、12.3%
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「宗玄 初しぼり」、そして「いわしの塩茹で」 | トップページ | 「開運 純米酒粕」、そして「ブイヤベース」「たらのブイヤベース風」「ロウス」「じゃがいもとたまねぎの豚汁スープ」「ジャガイモとチキンのドフィノワーズ」「根菜の豚汁」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/67594185

この記事へのトラックバック一覧です: あのとき、それから しずおか平成史「B級グルメ(3)静岡おでん<上>」:

« 「宗玄 初しぼり」、そして「いわしの塩茹で」 | トップページ | 「開運 純米酒粕」、そして「ブイヤベース」「たらのブイヤベース風」「ロウス」「じゃがいもとたまねぎの豚汁スープ」「ジャガイモとチキンのドフィノワーズ」「根菜の豚汁」 »