« <食べきりのすすめ>広がる「フードシェアリング」 | トップページ | 「かつさと」「萩錦」、そして「大庭英子のおいしい家ごはん」(4-1)「親子丼」 »

2019年1月25日 (金)

薬味たっぷり ぽかぽかレシピ

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「都内近郊 1000円で入れる源泉掛け流し温泉さんぽ」「神奈川県 秦野市」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/73317/1232171/
 鶴巻温泉
♪ 負けないで ZARD(1993年)
《芳甘菓》
*落花生栽培:秦野市発祥
・ピーどら焼 216円
<弘法の里湯>
 野菜の直売所、足湯
・入館料 2時間 800円(平日)
 温泉の泉質はカルシウム成分が多くて牛乳並みで世界一
♪ Family Song 星野源(2017年)
<延命坂>
<延命地蔵>
《佐野製菓》
・いの子最中 1個 120円
♪ 365歩のマーチ 水前寺清子(1968年)
 こま参道
 名物”大山こま”
《旅館 ねぎし》
・ししなべ定食 1,900円
 別名”山クジラ”

 「昼めし旅」は、11/27の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1216910/
「群馬県 沼田市」
《お食事処 山小屋》
☆だんご汁 1,350円(税込(
・天ぷらうどん
①うどんをゆで、水でしめる。
②昆布、カツオ節、サバ節の3種類をブレンドのつゆを入れる。
③サツマイモ、ナス、ニンジン、ワサビ菜、カボチャの天ぷらをのせる。
<冨澤さん>
・大根の肉巻き
①大根を短冊切りにし、豚ロース肉で巻く。
②小麦粉をまぶし、フライパンで焼く。砂糖、醤油、みりんで味付け。
・豚汁
①鶏むね肉、白菜、大根、マイタケ、シメジ、エノキタケ、豚ばら肉を加え煮込む。
②麦みそ、みりんを加えて完成。
・大根の葉の炒め物
①大根の葉を鰹節、ごま、ショウガ醤油で炒める。
「山梨県 小菅村」
 ヤマメの養殖に日本で初めて成功した村
 山女魚ときのこのアヒージョ 880円、小菅きのことソーセージのペペロンチーノ 970円、やまめのアンチョビとバジルのピザ 1250円《源流レストラン》
《湯の宿 ひろせ》廣瀬さん
・地野菜の煮物
 里芋、大根、人参、インゲン、鷹の爪
・手作りこんにゃくの刺身
・鶏皮のカレー焼き
・手作りおから

 「アサヒ」より、メール。
○あなたはどっち!? お題に投票して100Gゲット!(お題ごとに1回)
 ビールに合う簡単おつまみ!あなたはどっち?!
 鯖缶の中華風 or モッツアレラキムチスクランブル

http://news.asahi-mailmagazine.jp/?4_--_1905769_--_45153_--_4
【モッツアレラキムチスクランブル】
キムチでパンチを効かせた、トロトロチーズ入りスクランブルエッグ♪
『材料』
・卵 3個
・モッツアレラ 50g
・白菜キムチ 50g
・しょうゆ 小さじ1
・サラダ油 大さじ1
・小ネギ(小口切り) あれば少々
『作り方』
①モッツアレラは1cm角に切る。キムチは大きければ食べやすい大きさに切る。
②ボウルに卵を割り入れ、ほぐして1としょうゆを加えてざっくり混ぜる。
③フライパンに油を入れてよく熱し、2を一気に流し入れる。少し待って、周りがかたまってきたら、木べらで大きく混ぜる。半熟状で器に盛り、あれば小ねぎを散らす。

http://news.asahi-mailmagazine.jp/?4_--_1905769_--_45153_--_6
 「JAF」より、メール。
 野菜をよく食べる子どもは成績が良い?小学校4~6年生の親600人に聞いた「野菜の摂取と成績」の関係。
http://mpse.jp/jafmw/c.p?52cDW9u2FRy
 「松阪牛 いとう牧場」より、楽天メール。「A5等級!松阪牛ロースが半額!!」。
https://item.rakuten.co.jp/ito-bokujou/loin001/?scid=me_ich_pcn_301_20190125_6422293_001
 「雅 日本食肉流通センター」より、楽天メール。「和牛A5A4 カルビ材(バラ)」約1kg3,480円(税込)の案内♪
https://item.rakuten.co.jp/miyabi0298/181026w/?scid=me_ich_pcn_301_20190125_6422299_001
 「日本酒生活研究所」より、楽天メール、「菊水 大吟醸」の案内♪
https://item.rakuten.co.jp/kikusui/201112daigin/?scid=me_ich_pcn_301_20190125_6422302_001

 ┌∩┐            
 ⊂●⊃
 └∪┘ 
 \┃/

+.*‥…∽∽∽…‥*.++.*‥…∽∽∽…‥*.++.*‥…∽∽∽**.++.*‥

 「颯爽流麗(さっそうりゅうれい)」・・・國學院大學栃木高校 女子バレーボール部のモットーだね。今朝のテレビでやっていたよ。
 人の姿や態度・行動がきりっとして、見る人にさわやかな印象を与えるさま。
 よどみがなく美しいさま。詩文・音楽などがなだらかでうるわしいさま。

 今日の仕事・・・。
 慌ただしかったね・・・。
薬味たっぷり ぽかぽかレシピ

 仕事を終え、先日買った「中国産太平洋 刺身用びんちょうまぐろ」で一杯♪これは、アタリだったね↑↑↑
 いつのも「生わさび」が付いている!
三和食品株式会社
群馬県太田市清原町1-7

薬味たっぷり ぽかぽかレシピ

 さらに、「バターピー 大容量」♪
つまみに おやつに
 杏林堂は静岡県内の企業を応援!
NET 400g
100gあたり 592kcal
原産国 中国
加工者 株式会社 豆久商店
静岡県浜松市東区白鳥町638-2
TEL 053-545-4989

 ここで、2019年1月24日の朝刊より、「薬味たっぷり ぽかぽかレシピ」の引用♪
 体の芯から温まる料理がおいしい季節。定番の鍋物以外の料理を探しているという人にお薦めなのが、薬味をたっぷり使った韓国料理や中華料理。料理教室「インターティアラ・お料理サロン」(名古屋市東区)校長で、管理栄養士の伊藤華づ枝さん(67)にレシピを提案してもらった。
 体を温める食材といえば、血行促進効果があるショウガやニラ、ニンニクのほか、発汗作用のあるカプサイシンという成分を含むトウガラシなど。こうした食材を生かしながら、健康維持に欠かせない栄養素も取れるとして、伊藤さんが薦めるのが「石焼きビビンバ」や「カニのかき卵スープ」だ。
 ビビンバは、ニンニクやショウガで味付けした牛肉や、風味豊かなニラをのせ、コチュジャンを添えてピリッとした味わいに。石焼き鍋がなければフライパンでも代用できる。
 かき卵スープはショウガの香りがカニや卵とマッチし、スープにとろみがあるため冷めにくい。「カニは体を冷やす食材とされますが、ショウガを入れることで中和する、という考え方です」
 韓国でよく飲まれるゆず茶も、体がぽかぽかになる。細かく刻んだユズに砂糖をまぶして電子レンジにかけるとジャムができるので、後はお湯を注いで混ぜるだけ。冷蔵庫で保存できるので、常備しておくと便利だ。
 (河郷丈史)
【石焼きビビンバ】
『材料』(2人分)
・ニラ・・・100g
・豆モヤシ・・・100g
・ニンジン・・・80g
・A(すりごま 大さじ1、しょうゆ 少々、塩 小さじ1/2、ごま油 大さじ1/2、水 大さじ1/2)
・一味唐辛子・・・適量
・牛薄切り肉・・・100g
・B(酒 大さじ1/2、しょうゆ 大さじ1/2、砂糖 大さじ1/2弱、おろしニンニク 少々、おろしショウガ 少々)
・ごま油・・・大さじ1/2
・ご飯
・コチュジャン・・・小さじ2
・温泉卵・・・2個
・糸唐辛子・・・少々
・松の実3~4g
・白菜キムチ・・・60g
『作り方』
①ニラは4~5cmに切って塩ゆでにする。
②豆モヤシは多めに塩を入れた熱湯に入れて8~10分ゆでる。
③ニンジンは千切りにして塩ゆでにし、水に取って絞る。
④Aを混ぜ合わせて3等分にして小さなボウルに入れ、それぞれ(1)~(3)を入れてあえる。豆モヤシには一味唐辛子を振る。
⑤牛肉は千切りにして粗くたたき、Bで味付けしてごま油で炒める。
⑥石焼き鍋にごま油を塗ってご飯を盛り、コチュジャンをのせる。(4)と(5)と刻んだキムチ、温泉卵をのせ、糸唐辛子と松の実を振る。
⑦石焼き鍋を中火にかけて、ご飯がパリパリするまで熱して、全体を混ぜながら食べる。
【カニのかき卵スープ】
『材料』(4人分)
・A(水 7カップ、鶏手羽元 4本、ショウガ薄切り 少量、ネギぶつ切り 少量)
・ショウガ・・・10g(大1かけ)
・カニの身・・・40g
・B(酒 大さじ1、しょうゆ 小さじ1、塩 小さじ1、白こしょう 少々)
・水溶き片栗粉(水、片栗粉とも大さじ2)
・卵・・・2個
『作り方』
①鍋にAを入れて火にかける。煮立ったらあくを取り、20分ほど煮出してざるでこしてスープを取る。
②ショウガはみじん切りにして、カニの身は粗くほぐす。
③鍋にスープ800mlとB、みじん切りにしたショウガを入れて煮立てる。
④水溶き片栗粉を加えて混ぜ、溶き卵を少しずつ入れる。
⑤ほぐしたカニを入れて温め、器に盛る。
【ゆず茶】
『材料』
・ユズ・・・(中~小)1個
・砂糖・・・50~55g
『作り方』
①ユズは横半分に切り、種を除いて小さく刻む。
②器にユズを入れ、砂糖をまぶし、電子レンジ(500W)で2~3分。ラップはしない。
③ユズのジャムができあがるので、マグカップなどに入れ、熱湯(1人分100~150ml)を注いで混ぜる。甘さが足りなければ砂糖を足す。

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2019012402000006.html

本日のカウント
本日の歩数:8,809歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.9kg、10.8%
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« <食べきりのすすめ>広がる「フードシェアリング」 | トップページ | 「かつさと」「萩錦」、そして「大庭英子のおいしい家ごはん」(4-1)「親子丼」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/67627409

この記事へのトラックバック一覧です: 薬味たっぷり ぽかぽかレシピ:

« <食べきりのすすめ>広がる「フードシェアリング」 | トップページ | 「かつさと」「萩錦」、そして「大庭英子のおいしい家ごはん」(4-1)「親子丼」 »