« 鍋のシメ、この味いかが 糖質低めで満足感十分 | トップページ | ジャイアンツ(GIANT) »

2018年12月 7日 (金)

忘年会 工夫さまざま 時代に合わせ進む多様化

 今日は、「大雪」。
 二十四節気の一つ。雪が降り積もる頃を表す言葉で、ちょうど冬の半ばといったところです。ぶりやたらなどの魚がおいしくなる時期でもあります。

 今朝の静岡新聞のコラム欄より、引用。
http://www.at-s.com/news/article/column/daijizai/574767.html
 スーパー店頭のミカン売り場がだんだん広がっている。品不足で高値になった2017年産と違い、今年は値ごろのようだ。ミカンの三大産地は和歌山、愛媛、静岡だが、昨年の本県は裏年に不作が重なり生産量で熊本に抜かれ4位に後退した
 ▼今販売されているのは早生[わせ]品種。JA静岡経済連の11月の取扱数量は16年とほぼ同じで、平均単価は1割ほど安かった。来週14日には普通品種で県内栽培面積の半分強を占める主力「青島」の出荷が始まる予定で、需要喚起に余念がない
 ▼今年は、糖度は平年並みだが酸が低く、食味に自信とか。冬はこたつと、買いやすい値段でおいしいミカン。冷え込みが予想される週末に、そろそろ出番か
 ▼需給バランスで形成される農産品の価格に対し、適正かどうか見当がつかない価格がある。武田薬品工業の大型買収は約7兆円。政府が米国からまとめ買いする最新鋭ステルス戦闘機F35は1機約150億円とされる
 ▼破格の値段の話は落語にも。江戸の大商家の若旦那が病気になり、真夏なのにミカンを食べたいというので、番頭が探し回ってようやく一つ見つかる。代金は演目通り「千両みかん」
 ▼では、芥川龍之介の短編「蜜柑[みかん]」は。奉公先に向かう娘が走る汽車の窓から、町はずれの踏切まで見送りに来た弟たちに投げた〈暖な日の色に染まって〉いた5、6個のミカンは、乗り合わせていた「私」(芥川)を〈或得体[あるえたい]の知れない朗[ほがらか]な心もち〉にさせた。価格ではなく価値。そう言えば、昔話「わらしべ長者」でミカンは反物に交換された。

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「平成で話題になった街さんぽ」「新宿区 新大久保」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/73336/771308/
*韓国ドラマ「冬のソナタ」、平成15年から日本で放送開始。韓流ブーム
♪ ハッピーライフ 175R(2003年)
「イケメン通り」300mに50軒以上のお店が並ぶ
<韓国コスメ 美&知>
 シミ・しわ。毛穴。たるみ専門店
・ラヘル エッセンス 5,378円(ヒアルロン酸)
・豚皮コラーゲン・ゼリーパック 2,980円
・BBクリーム
《春川鶏カルビ》
※ヤンニョム:コチュジャンや唐辛子、野菜などを混ぜた調味料
・ヤンニョンチキン 300円
♪ 世界に一つだけの花 SMAP(2003年)
「大久保通り」
<韓流百貨店>
♪ TT-Japanese ver. TWICE(2017年)
<盛好堂>本屋、大正13年創業
♪ 地上の星 中島みゆき(2000年)
 六本木ヒルズ OPEN、マニュフェスト、毒まんじゅう、「バカの壁」400万部!、ヌーブラ
♪ なんでだろう テツandトモ(2003年)
《アリランホットドッグ》
※チーズホットドッグ:チーズが伸びる様子がインスタ映え
・ポテトレーラ 480円
♪ Hot Stuff DONNA SUMMER(1979年)
「職安通り」
《アジアンスーパーストア》タイ食材
☆青パパイヤ 840円
☆生胡椒 360円
・干しバナナ お菓子 650円
・ドリアングアン(ドリアのお菓子、ドリアンペースト) 480円
*今日のキーワード:ヨン様

 「昼めし旅」は、10/19の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1206142/
*東京湾フェリー(久里浜⇔金谷)昭和35年、東京湾フェリー就航
 片道 720円
 しらはま丸:1989年就航
*鋸山、大仏(薬師瑠璃光如来)、地獄のぞき
「富津市 金山」
 恋人の聖地
<高堀さん>《the Fish》
★ザ・フィッシュ名物 海鮮丼 1500円(税抜)
★ザ・フィッシュセット 2000円(税抜)
<>
・マグロ(ホホ肉、サンカク)
<松井さん>
・ミョウガの酢漬け
・酢タマネギのサラダ
・刺身

 「居酒屋 ぼったくり」は、第6話「汗かき職人の夏」
https://www.twellv.co.jp/bottakuri/ryouri/boryo006.html
・ビール+レモンサワー=ラドラー
・朝日酒造 朝日山百寿盃
新潟県長岡市朝日880-1
・豆腐の揚げっぱなし
『材料』
・絹ごし豆腐 1丁
・片栗粉 少々
①まずは豆腐を水切りします。
②よく水を切った豆腐をサイコロ状にして、片栗粉をまぶして180℃の油で揚げていくだけの、簡単レシピ。こんがりキツネ色になるまで揚げるのがポイントですよ。
③お好みで、擦った生姜か大根おろしと一緒に、お醤油でいただきます。揚げ出し豆腐のように出汁をかけずに、揚げっぱなしのアツアツのうちにお召し上がりください。
・なすの田楽
・豚肉の味噌巻き
①豚肉に田楽味噌を塗る。
②大葉をのせて巻き、フライパンで焼く。味付け。
・手羽先スペシャル風
①手羽先に塩・コショウをして油で揚げる。
②タバスコ、醤油、酒のタレを塗る。粉末ガーリックを振り、オーブンで焼く。
・キュウりの1本漬け
・小林酒造 北の錦 北斗随想
北海道夕張郡栗山町錦3丁目109番地

 「楽天」より、メール。「半額セール」の案内♪
https://delivery.rakuten.co.jp/campaign/supersale/?scid=mi_grp_gmx_ssale1812_dlv_1207_b
 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「2018クリスマス特集」♪
https://www.rakuten.ne.jp/gold/suigodori/xmas-top.htm?scid=rm_197493

 今日の仕事・・・。
 頭に来るな!!!・・・パワハラで発言権のない者をいいようにしておいて、人の落ち度にする!!!最低だね!!!!!やってられないな!!!管理職が責任をとればいいジャン・・・管理職って、部下をフォローするんじゃないの???部下を攻撃しておいてどうするの???・・・部下は攻撃するものじゃなく、育てるものでしょう!!!・・・自分のわがままのために、役員会で自分の意見を主張しているように感じた!!!
 こっちは、管理職の為に仕事をやっているんじゃないんだよ!!!管理職のために、一生懸命やってやろうなんて絶対に思わなくなったよ!!!こちは、子供たちの為に一生懸命やっているんだよ!!!・・・仕事は定時に終わり帰らせてもらう!!!

 帰宅して「フランクフルト」で一杯♪
忘年会 工夫さまざま 時代に合わせ進む多様化

 油は、先日買った「オリーブオイル」♪
EXTRA VIRGIN OLIVE OIL BOSCO
 早摘み グリーンオリーブ フレッシュで豊潤
Green & Fresh
 100% Pure Olive Oil
456g
 GENUINE ITALIAN TASTE
BOSCO ボスコ
 ボスコ エキストラバージン・オリーブオイル
産地の風味をそのまま食卓に!
 早摘みグリーンオリーブと本場職人の技にこだわりました。産地から食卓まで開封するまで、酸素にふれない独自製法で、一番搾りのフレッシュな香り、豊潤な味わいが楽しめます。健康を維持するために必要なオレイン酸をたっぷり含んだオイルです。
大さじ1杯(14g)当たり 126kcal
製造者 日清オイリオグループ株式会社
東京都中央区新川1-23-1
製造所 神奈川県横浜市磯子区新森町1
TEL 0120-016-024

 付け合わせは、「玉ねぎ」と「ジャガイモ」♪これが、ケチャップとからしに合うんだよね↑↑↑
忘年会 工夫さまざま 時代に合わせ進む多様化

「北海道産 ホクレン マチルダ」

 12月は忘年会シーズンだね。
 ここで、2018年12月3日の朝刊より、「忘年会 工夫さまざま 時代に合わせ進む多様化」の引用♪
忘年会 工夫さまざま 時代に合わせ進む多様化

 師走の風物詩、会社の忘年会が多様化している。最近は、働くママたちも参加できるようランチ会にする会社が増えているが、「お酒が入った方がいい」という女性社員の声を受け、帰宅時間に配慮しつつ、酒を酌み交わす忘年会を復活させる会社もある。一方、深酒して翌日に響かないよう二次会は禁止、一次会も時間制限付きという企業も。「飲み会は無駄」という声も聞かれる中、忘年会の意義を明確にする工夫をした会社もある。
 子育て中の女性社員のため、今年から忘年会を一新するのは、コンサルティング会社「サイエスト」(東京都港区)。開始を例年の午後七時から二時間早め、全部署合同で開催することに。会場も会社の会議室にして出前を取ったり、ビールを買ってきたり。
 同社は社員三十五人のうち約二十人が子育て中のママ。これまでは彼女たちが参加しやすいよう、昼休みに酒なしで忘年会を開く部署もあったが、「あまり接点がない他の部署の人とは、お酒があった方が打ち解けやすい。普段は夜の飲み会に参加しにくいからこそ、お酒の席がいい」とのリクエストがあった。
 そこで帰宅時間が遅くなりすぎないよう、午後五時開始にして全部署合同に。会場も社内にすれば「二時間制」など制約もない。
 当日は、会社員の夫(42)に長男(6つ)を預けて参加するという営業職の町田花奈さん(35)は「二カ月前に日にちが決まったので、調整しやすかった」と歓迎。同社広報室は「社員みんなでねぎらい合うのが忘年会。母親の女性社員も努力をねぎらってもらえるようにと考えた」と説明する。
 総合商社「伊藤忠商事」(同区)は二〇一四年、「一次会は午後十時まで。二次会はなし」という社内ルールを定め、ホームページで公表している。忘年会も例外ではない。夜遅くまで残業する慣習を見直すためで、取引先との飲食も一次会のみでお開きとするよう、先方に説明している。
 同社広報部は「二次会、三次会と深酒して翌日の仕事に響くのは非効率的。商社といえば、飲み会が当たり前という時代ではありません」ときっぱり。
 世の中に社内飲み会を敬遠する雰囲気もあるが、忘年会の意義を明確にすることで参加を促す社も。金属加工の「恵那金属製作所」(岐阜県中津川市)は一六年から、社員約百五十人から一年間最も頑張った社員をMVPとして表彰している。選考は役員が担い、一六年は現場教育、一七年は品質保証の国際認証取得への貢献度というように、選定理由は毎年変えている。
 取締役の市岡真二さん(45)は「表彰される社員を見て、『来年は自分も』と思ってもらえれば。忘年会は、来年に向けてモチベーションを高める場でもあると思うので」と説明する。
 働く人たちも忘年会の変化を感じている。かつて一部の会社では、幹事を任せた若手の才覚を見極める場が忘年会という因習もあった。よい店を選び、場を切り盛りして盛り上げるのは必須だった。今は、そんな考えは少数派になってきたが、名古屋市緑区の銀行員男性(46)は「店の予約やスケジュール調整、当日の進行などがテキパキできないと一人前と認められない。段取りが重要な仕事もあって、忘年会はそうした力を磨く訓練の場でもあるのでは」と話す。
 (添田隆典)

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2018120302000002.html

本日のカウント
本日の歩数:8,463歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.6kg、10.3%
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 鍋のシメ、この味いかが 糖質低めで満足感十分 | トップページ | ジャイアンツ(GIANT) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/67459211

この記事へのトラックバック一覧です: 忘年会 工夫さまざま 時代に合わせ進む多様化:

« 鍋のシメ、この味いかが 糖質低めで満足感十分 | トップページ | ジャイアンツ(GIANT) »