« 「国の光」「茶遊里」、そして「矢堅目の塩」 | トップページ | 「NANBURYU SATORU. HIBINO」、そして「早うま!家ごはん「牛肉と大根の香味すき煮」」 »

2018年12月 3日 (月)

<食卓ものがたり> モヤシ

 昨日のテレビ「バナナマンのせっかくグルメ!」は、「秋田県 秋田市」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tbs/46591/1218429/
《佐藤養助商店 秋田店》稲庭うどん
・二味せいろ(醤油だれ、ごま味噌だれ) 880円(税込)
★カレー味のつけ汁 レッドカレー 378円(税込)
★カレー味のつけ汁 グリーンカレー 378円(税込)
<土崎神明社>
<土崎みなと伝承館>曳山
《白帆》
☆ハタハタの炭火焼き 880円(税込)
☆お刺身の盛り合わせ 1,500円(税込)
・てっさ(トラふぐ刺) 2人前 5,600円 ※北限のとらふぐ
・ふぐの唐揚げ定食 1,200円(税込)
<八橋(やばせ)油田>
《柳麺 多むら》(《鳴龍》東京)
☆醤油らぁ麺 780円(税込)
☆塩らぁ麺 780円(税込)
☆味噌らぁ麺 800円(税込)
・坦々麺 780円(税込)

 「ごちそうカントリー」は、「富士市 大淵」「カリフラワー」。
https://www.tv-sdt.co.jp/gochisou/archive/?seq=60660
*渡辺 正章さん
「おいしいをつくりましょ。」
【カリフラワーソース】

『材料』(4人分)
・茹でたカリフラワー・・・120g
・豆腐・・・80g
・塩こうじ・・・小さじ2
・オリーブオイル・・・小さじ2
・塩・・・少々
『作り方』
①材料の茹でたカリフラワーや豆腐、調味料などを全てミキサーに入れ、混ぜ合わせるだけ
②十分に混ざり合ったら、カリフラワーの旨み・甘みが詰まった、何にでも合う、カリフラワーソースの完成!
※水を入れないのがポイント
※野菜ステックや揚げ物などお好みの料理に付けてお召し上がりください
【カリフラワーの茎のきんぴら】
『材料』(4人分)
・カリフラワーの茎・・・5個分
・ニンジン・・・1/3本
・ごま油+サラダ油・・・適量
・砂糖・・・10g
・しょう油・・・大さじ2
・鷹の爪・・・1本
『作り方』
①カリフラワーの茎は厚めに皮をむき、太めの千切りにする
②熱したフライパンに油を引き(ごま油+サラダ油)、カリフラワーの茎を炒める
③水気が無くなり、茎がシンナリしてきたら、しょう油、砂糖、鷹の爪を加え再び炒める
④あらかじめ軽く炒めておいたニンジンを加え、全体が馴染むように炒めながら混ぜ合わせる
⑤器に盛りつけ、カリフラワーの茎のきんぴら完成!
【カリフラワーのクリスマスツリー】
『材料』(作る大きさにより調整)
・茹でたカリフラワー
・茹でたブロッコリー
・茹でたジャガイモ
・パプリカ
『作り方』
①茹でたジャガイモをつぶし、ツリーの土台を作る
②カリフラワー、ブロッコリー、パプリカをお好みで土台に飾り付け、カリフラワーのクリスマスツリー完成!
※観賞後いただく場合は、土台のジャガイモに塩コショウなどの味付けを施しておく

 「レイチェルのキッチンノート(Rachel Khoo's Kitchen Notebook London)」は、「ロンドン ~乗り物~」。
https://www4.nhk.or.jp/P3894/22/
*ハムホック(豚の足)のお弁当
①ハムホック(燻製にした豚の足)を鍋で下茹でする。ザルに上げ洗う。
②ニンジン、セロリ、タマネギを切る。
③鍋に水、①、②、ローリエ、コショウの実を入れ、3~4時間煮る。
※汁は、煮詰めて冷凍にしておく。スープやリゾットに使う。
④新ジャガを茹でる。ザルにとる。ジャガイモと潰す。
⑤チャイブ、フランスの生クリーム クレーム・フレッツ、レモン汁を入れ、混ぜる。
⑥スナップえんどうを茹でる。
⑦①を弁当箱に盛り、イングリッシュ・マスタードを添える。⑤、⑥も盛る。
⑧チョコレートバークを作る。ダークチョコ(ミルクチョコと半々でも可)を溶かし、バットに広げる。ピスタチオ、ミックスシードを振りかけ、クランベリーを乗せる。割って、⑦に盛る。
《地下鉄レストラン(BASEMENT GALLEY UNDERGRUOUND DINING)》
イチジクのロースト】
①イチジクに、切り離さないように2つ切れ目を入れる。間にシュロップシャーチーズを挟む。
②オーブンで5ふにゃく。
③別のイチジクをバターでソテーする。
④バジル、オレンジ果汁、オリーブオイルを混ぜて、ビネグレットソースを作る。
⑤皿に炒めたホウレン草をのせ、その上にイチジクをのせ、④をかければ完成。
【地下鉄エクレア】
 この筒型のシュー菓子は、ロンドンの強い味方、地下鉄をかたどったものです。人工着色料を使わずに私の好きな路線の色を表現するために、新鮮なフルーツをのせてみました。
『材料』
・水 65ml
・牛乳 65ml
・バター(角切りにしたもの) 50g
・塩 小さじ1/2
・砂糖 小さじ1/2
・強力粉 85g
・卵(中くらいのサイズのもの) 2コ
<カスタードクリーム>
・牛乳(脂肪分の多いもの) 500ml
・上白糖 80g
・卵黄 6コ
・コーンスターチ 40g
<アイシング用>
・フォンダンまたはロイヤルアイシング 100g
・卵白 1/2コ分
・レモン果汁 数滴
<果物>
・いちご(セントラル線用) 5コ
・キウイ(ディストリクト線用) 1コ
・パイナップル(サークル線用) 1/4コ
・ラズベリー(ハマースミス&シティ線用) 片手1杯分
『作り方』
①オーブンを180°Cに予熱する。
②水と牛乳を鍋に入れ、バター、塩、砂糖を加える。鍋を強火にかけてバターを溶かし、沸騰させる。
③弱火にし、強力粉を加える。
④強く混ぜる。この時点では、ごろっとした塊のあるマッシュポテトのような状態。
⑤生地が塊になり、鍋肌に貼りつかないくらい滑らかになるまで混ぜる。
⑥鍋を火からおろし、生地がさわれるぐらいの温度に冷めるまで混ぜ続ける。
⑦卵を1コずつ生地に加える。卵を加えると生地がだまになるが、混ぜ続ければ滑らかになる。卵2コ分を加え、生地が滑らかになったら、20mmの口金を付けた絞り袋に入れる。
⑧大きな天板にクッキングシートを敷き、シートの裏側の四隅に生地を少し絞って天板にくっつける。
⑨絞り袋を45度の角度で持って、シュー生地を10cmの長さに絞り出す。同じように残りの生地を絞ってエクレア8コ分を作る。
⑩こんがりサクサクになるまで25分焼く。
⑪エクレアを焼いている間にカスタードクリームを作る。
⑫卵黄に上白糖を加え、白っぽくふんわりするまで泡立ててから、コーンスターチを加えてよく混ぜる。
⑬バニラのさやを割る。バニラビーンズをさやから取り出して牛乳に加え、沸騰させて火からおろす。
⑭卵などを混ぜた液に13の牛乳をゆっくりと加える。加えながらしっかり混ぜ続ける。
⑮きれいにした鍋に混ぜ合わせた液を戻し、中火にかけて混ぜ続ける。焦げ付かないよう、鍋のまわりや底のクリームはこそげ取る。
⑯クリームが濃くなって、泡が1つ2つ出てきたら火からおろす。
⑰ボウルに注ぎ、ラップをかける。ラップを軽くたたいてクリームの表面にぴったりくっつけて、膜ができないようにする。最低1時間、冷蔵庫で冷やす。
⑱冷やし終えたクリームをしっかり混ぜて滑らかにする。絞り袋かビニール袋に入れる。
⑲エクレアに切り込みを入れて開き、クリームを入れる。ふたをしてアイシングを作る。
⑳粉砂糖に卵白、レモン果汁を加え、どろっとしたペースト状になるまで混ぜる。ゆるすぎてくっつかない場合は、砂糖を少し足す。
㉑エクレアのふたの上にアイシングを細い線状に塗る。
㉒フルーツを薄く切って、アイシングでくっつけるようにシューの上に並べていく。
㉓パイナップル、いちご、ラズベリー、キウイで、それぞれ2つずつエクレアを飾る。
《運転手のcafe》
・ソーセージとマッシュポテト
【即席ヌードル】
*豆腐の燻製、ヤングコーン、唐辛子、ネギを切り、ポットに入れる。ビーフンを半分に切り、入れる。コリアンダーと干ししいたけのうす切りを入れる。七味を入れ、冷凍ブイヨンを入れる。
*紫キャベツ、ブロッコリー、スプラウトを切る。ビーフンとポットに入れる。調理済み肉を切って入れる。カレーペーストを入れる。冷凍ブイヨンを入れる。
 熱湯をかけて食べる。

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%81%8A%E3%81%84%E3%81%97%E3%81%84%E6%97%85%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%94-%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%BC/dp/4418183248

 「COMVITA」より、楽天メール。「コンビタマヌカハニー」って、何だ?
https://item.rakuten.co.jp/comvita/111-3/?scid=me_ich_pcn_301_20181202_99_010
 「美味しい海の幸専門店 海鮮かに処」より、楽天メール。「迎春おせち」の案内♪
https://item.rakuten.co.jp/kanidokoro/330/?scid=me_ich_pcn_301_20181203_6406758_001

 年末だから、仕事が忙しいね・・・。
 仕事を終え、帰宅して、「焼きうどん」で一杯♪
 「サイコロステーキ」「タマネギ」「キャベツ」「大根の葉」、そして「もやし」を入れたよ!
<食卓ものがたり> モヤシ

長野県産 緑豆もやし
TOPVALU BEST PRICE トップバリューベストプライス
 QUALITY AND TRUST
200g
100g当たり14kcal
【緑豆もやしとにらの豆腐中華サラダ】
『材料』(3人分)
・緑豆もやし・・・200g
・絹ごし豆腐・・・1丁
・にら・・・1束
『作り方』
①もやしは熱湯でさっとゆがき、ざるに取る。にらは同じ熱湯で色よくゆでて冷水に取り、水けをしぼって3~4cmの長さに切る。豆腐は1cmくらいの厚さの食べやすい大きさに切り、器にもやしとにらを敷き、豆腐を盛り付け冷蔵庫で冷やす。
②お好みのドレッシングをかける。(中華ドレッシングがよく合います。)
販売者 イオン株式会社
千葉県千葉市美浜区中瀬1-5-1
TEL 0120-28-4196

<食卓ものがたり> モヤシ

 デザートは、頂いた「干し芋」♪
 あれっ???デジカメの本体が開いてしまう???・・・修理に出した方がいい???

 ここで、2017年9月30日の朝刊より、「<食卓ものがたり> モヤシ(埼玉県深谷市)」の引用♪
 安い野菜の定番といえばモヤシ。スーパーでは一袋(二百グラム)二十~三十円、特売ならそれ以下も珍しくない中、一袋百六十円前後の高級品がある。ほとんどが手作業のため値が張る。肝心の味は? 創業約六十年の「飯塚商店」のある埼玉県深谷市を訪ねた。
 JR深谷駅から車で約十分。郊外にある小さな体育館ほどの栽培場で、タオルを頭に巻いた生産者の飯塚雅俊さん(53)が迎えてくれた。いきなり「生で食べてみて」と勧めてきた。
 そのモヤシは、普段スーパーでみる太いモヤシに比べると細身。長さは十センチほどで、同じ長さの根っこまである。根を残すのにも意味がある。新鮮さを保ち、風味が残る、という。
 ただ見た目は普段の方が良さそう。言われるまま口の中に放り込むと、歯応えはシャキシャキ、みずみずしく甘みもある。さらに飯塚さんは「このモヤシは煮るとだしがとれる」と、さっと煮たお湯を出してくる。半信半疑で口にすると、しっかり野菜のうま味が出ていた。
 モヤシは豆の持つ栄養分で成長する。飯塚さんは「種から発芽する生命力をいただくのがモヤシ。本来持っているものをできるだけ妨げないこと」と語る。
 作業の流れは他のモヤシと変わらない。暗い部屋で栽培。水を与えて発芽させ、水洗いして出荷するまで約一週間かかる。
 ただ作業の一つ一つにこだわりと手間をかけるのが飯塚さん流。水やりは温度や湿度、成長具合を見て調整。水で太ってしまうのを避けるため「モヤシが『もう少しほしい』と思う手前までしかあげない」。出荷前の水洗いも、傷つけないように丁寧に手で洗う。
 こうした作業のほとんどは、先代が一九五九年に創業して以来変わらない。太いモヤシが流行した時、廃業間際まで追い詰められたことも。しかし信じて続けてきたら「おいしい」と消費者からほめられた。今も経営は楽ではないが、東京都内や横浜市の百貨店も取り扱うまでになった。飯塚さんは「モヤシ本来のありのままの味を広めたい」とやり方を貫く覚悟だ。
 (文・写真、寺本康弘)
◆体験
 飯塚商店では毎月、第2、4日曜日にモヤシの収穫と袋詰めができる体験会を開いている。
 モヤシを育てるコンテナからモヤシを洗うためのプールに移動させる作業や、収穫したモヤシを袋詰めする作業を体験できる。モヤシがどのように生産されているかの過程を解説を聞きながら見学できる。また家庭でモヤシを栽培できるキットももらえる。
 時間は1時間半から2時間程度。参加費は1500円。事前予約が必要。問い合わせは同店=電048(571)0783=へ。

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2017093002000005.html

本日のカウント
本日の歩数:6,500歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.5kg、12.6%
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「国の光」「茶遊里」、そして「矢堅目の塩」 | トップページ | 「NANBURYU SATORU. HIBINO」、そして「早うま!家ごはん「牛肉と大根の香味すき煮」」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/67446111

この記事へのトラックバック一覧です: <食卓ものがたり> モヤシ:

« 「国の光」「茶遊里」、そして「矢堅目の塩」 | トップページ | 「NANBURYU SATORU. HIBINO」、そして「早うま!家ごはん「牛肉と大根の香味すき煮」」 »