« かわいい料理でおもてなし!楽しい、クリスマスメニュー | トップページ | 味噌汁ファスティング(fasting) »

2018年12月25日 (火)

フカボリ 美味なるご当地グルメ「三平汁」「山親爺」

 「サンタさん追跡プログラム NORAD SANTA TRACKS」が今年も始まっているね↑↑↑
https://www.noradsanta.org/

 「サンタさん」が、なぜ「赤い衣装」かって???・・・コカ・コーラのコマーシャルのせいだと聞いたことがある。
 “大きな身体に真っ赤な衣装をまとい、白いあごひげをたくわえた陽気なサンタクロース”が、コカ・コーラの広告に登場したのは、1931年のことでした.。米国の雑誌「サタデー・イブニング・ポスト」の広告が、初のお披露目となりました。
 サンタクロースは、4世紀ごろトルコに実在した守護聖人、聖ニコラスの伝説にもとづいた伝説上の人物です。クリスマスには欠かせないキャラクターとして広く知られていたものの、共通のイメージはなく、その姿は、愉快な老人の小人や妖精、恐ろしげな子鬼まで、さまざまに描かれていました。
 1931年、コカ・コーラ社のクリスマスキャンペーンのために、画家ハッドン・サンドブロムが描いたサンタクロースは、赤い服に白いあごひげをたくわえ、見るからに陽気で楽しいサンタロース。 その人間味あふれる表情やしぐさは、たちまち人びとの心をとらえました。
 1931年から1964年までの間、コカ・コーラのためにサンドブロムが描いたサンタクロースの作品は40点以上にのぼります。 コカ・コーラが国を超えて人びとに愛される飲みものになるとともに、 サンタクロースを使った広告も世界中に広がり、サンドブロムの描いたサンタクロースは、クリスマスのシンボルとして、また人気のあるサンタクロース像として、世界中で親しまれるようになりました。
 “白いあごひげに真っ赤な衣装の陽気なサンタ”。今でこそおなじみのその姿、実は画家ハッドン・サンドブロムがコカ・コーラ社のクリスマスキャンペーン用に描いた絵がきっかけになっています。1931年から1964年まで、40点以上描かれたサンタは、クリスマスシーズンのシンボルとして、世界中で愛され続けています。

https://www.cocacola.co.jp/history_/story/santa

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「富士山の見える街さんぽ」「神奈川県 箱根芦ノ湖」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/73317/1224407/
♪ コバルトの季節の中で 沢田研二(1976年)
※箱根駅伝は98年前から。
《茶屋本陣 湖畔ほとりや》
*《NIPPON ICHIBAN》《ちん里う本店》明治4年創業
☆梅密シロップ(270g) 875円
☆梅しぐれ(80g) 540円
※十郎梅
・三年漬梅干 130g(カップ入り) 1,200円
・梅ブラウニーセット(9本入り) 1,500円
☆梅納糖
*《しいの》明治27年創業
☆うにいか(130g) 702円
☆しょうが大根(200g) 540円
・かつお酒盗(130g) 540円
・箱根七福漬(ひょうたんのしば漬け) 864円
<仙石原>
《ベーカリー&テーブル 箱根》
・足湯 無料(38度)
☆塩麹チキンとレンコンのフォカッチャ 324円
☆ほうじ茶マスカルポーネ 302円
☆チョコマロンデニッシュ 237円
・箱ね 216円(野菜を練り込んだデニッシュパンで、表面のモザイク柄は寄木細工をイメージ)
☆米粉のカレードーナツ 345円
・わさびフランス 356円
<平井化粧店>
<箱根神社>
 石段は89段、「厄」を落とせるとされる
*九頭龍神社 新宮 平成12年に建立
♪ つ・き・あ・い・た・い RCサクセション(1982年)
・開運みくじ 200円(1回)
*今日のキーワード:富士山

 「湯のまち放浪記 ~ちょいと、ひとっ風呂」は、「~外湯とクラッシック旅館 湯田中渋温泉郷~」。
https://www.bs-tbs.co.jp/yu/
「湯田中温泉」
*外湯
☆白樺の湯
☆わしの湯
・大湯
 雪ちるや わき捨ててある 湯のけぶり 一茶
<湯田中 湯本>下高井郡山ノ内湯田中
《よろづや》
 桃山風呂
「渋温泉」
・巡浴手拭い 300円
◇一番湯 初湯
◇二番湯 笹の湯
《松本製菓》
・胡麻そばまんじゅう 75円
◇三番湯 綿の湯
《米龍》下高井郡山ノ内平穏
・とうふラーメン 680円
◇四番湯 竹の湯
◇五番湯 松の湯
《つばたや旅館》下高井郡山ノ内渋温泉
《ひしや寅蔵》下高井郡山ノ内渋温泉
 佐久間象山:洋楽、砲術を学び開国論を唱え、勝海舟、坂本龍馬、吉田松陰ら多くの俊才を教育した。
◇六番湯 目洗いの湯
《歴史の宿 金具屋》下高井郡山ノ内町平穏
 斉月楼(登録有形文化財)
 浪漫風呂
 鎌倉風呂
 龍瑞露天風呂
・朝食 麦とろ御膳
◇七番湯 七繰の湯
◇八番湯 神明滝の湯
◇九番湯 渋大湯
<神明山 薬師庵>

https://www.bs-tbs.co.jp/yu/contents/026/026.html

 「二軒目どうする ~ツマミのハナシ~」は、「品川区 旗の台」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/73577/1214326/
《うなぎ 佐ゝ木》
《釣り魚の店 舟武》
・生小 540円
☆オキナヒメジ 1404円
・日本酒 810円
・カジキ酒盗 410円
・くろしびカマス焼 2000円
・黒ムツ煮 2565円
《鳥樹 本店》1973年創業
・芋焼酎ソーダ割り 450円
・芋焼酎水割り 450円
・レモンサワー 400円
・日本酒 690円
*ツマミのハナシ①:店長は旗の台三丁目商店街の会長。最近した仕事は地域の皆さんで行く「御殿場バスツアー」。
・ももたたき 810円
・茶碗蒸し 600円

 「俺の旅番組」は、「ベテラン俳優のテンションで旅がしたい」。2016年5月の放送分。
https://www.twellv.co.jp/program/tabi/oretabi.html
*ロバート秋山
「谷中銀座商店街」
《谷中満点ドーナツ》
《栗菓子処 和栗や》茨城県笠間の栗
・栗薫モンブラン 700円(税抜)
《食彩わいわい村》
・ハムカツ 150円
「三崎坂」
 タチアオイの花
<朝日湯>
・入浴料 大人460円
《サンドイッチ サンゴダール》
・シベリア 145円
《軽食 甘味 花家》
・焼き餃子 550円(1人前)
・ラーメン 550円

https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/67895/526016/

 「今日の料理」は、「藤岡弘、ふるさといただきます」「石川 能登」。
https://www.osarai-kitchen.com/tag/%E8%97%A4%E5%B2%A1%E5%BC%98%E3%80%81/
<禄剛埼灯台>珠洲市狼煙町
 鰤、鱈、ズワイガニ
「蛸島漁港」珠洲市蛸島町
 オス:ズワイガニ、メス:香箱ガニ(外子 卵、内子 卵巣)
*白田満広さん
・めぎすのだんご汁(4~5人分)
①めぎす 300gの頭と尾を切り落とし、腹を開いて、ワタを除き、きれいに洗う。フードプロセッサーなどでミンチ状にする。
※めぎすがない場合は、いわし、あじ、とびうおなどでも作れる。
②①をすり鉢で細かくペースト状にする。卵 1コ、長芋 100gをすりおろし加え、みそ 50g、かたくり粉 10gを加えてすり混ぜる。
③昆布だし カップ4~5に酒 大さじ1を加え、すり身を一口大にして鍋に入れる。
④だんごに火が通ったら、塩 小さじ1で味を調える。
⑤ねぎ 適量の入ったお椀に入れる。
・たらの子付け
※子付けはメス、刺身の身はオス
①脂ののったオスを切り身にする。
②メスの卵を酒、砂糖で味を付け炒め、オスの切り身にまぶす。
③炒めたたらの卵の絞り汁をしょうゆと混ぜたタレをつけて食べる。
・香箱ガニ
・かにみそ卵
①カニみそを炒めて、味噌と鶏卵を混ぜる。
②ご飯の上にのせていただく。
「小木漁港」能登町小木
 するめいか
※日本三大イカ漁港:函館(北海道)、八戸(青森)、小木(石川)
*坂東 博一さん
・するめいかの刺身
*宮下 正信さん、順子さん
・するめをたたくと味が出る
・いかの鉄砲焼き(4人分)
①するめいか 4はいのワタと足を抜き、軟骨を取った後、胴の中を洗う。
②ワタと足を切りわけ、目と口を取り除く。
③いかの足を細かく切り、ワタは粗く刻み、鍋の中に入れる。酒 大さじ4、みそ 大さじ2、ねぎ 3~4本、しょうが 20g、いかの足を入れて弱火で3~4分炒める。
④いなの胴の中に炒めた具を適量入れる。
※焼くと膨らむので、入れすぎないよう注意。
⑤楊枝でとめ、魚焼きグリルで焼く5分焼く。ポンと音がしたら、いかを裏返し、表面に焼き色がつくまで焼く。
・いかのゴロ炊き
①いかのゴロ(内臓)を粗く切り、白菜の古漬けとイカと一緒に炊く。
・いかとんびの串焼き
・いかと高菜の漬物
・かまど(いかの足のなんこつを酒と醤油で煮る)
・いかの酢漬け

https://mitsuneta.com/?p=12633

 「島の人(礼文島の四季)」より、楽天メール。「日頃の感謝をカタチに!年に一度の大感謝祭」の案内♪
https://www.rakuten.ne.jp/gold/rebun/ss/?scid=rm_198862
 「釜庄」より、楽天メール。「タラバガニ」の案内♪
https://item.rakuten.co.jp/kamasho/c/0000000625/?scid=rm_192960
 「よなよなの里 エールビール醸造」より、楽天メール。
 2018年も残すところ、あと7日になりましたね。
 寒さが増す日々ですが、冷えた空気のキリっとした寒さも冬らしくて、この寒さ、待ってました!とワクワクします。
 私は「~といえば!」といった定番が大好きです。特に、季節の定番は必ず体験しないとそわそわして気が済みません。
 体験したいことのチェックリストを脳内につくり、ガツガツとこなしていきます。
 例えば、冬なら
ロ雪を見る
ロイルミネーションスポットに行く
ロ温泉に入る
ロこたつで寝る
ロお鍋を囲む
ロ温かい部屋で冷えたビールを飲む
ロお正月におせちを食べる etc.
 後半、食べて飲んで、欲望ばっかり(^-^;
 チェックリストをこなしていくと冬を満喫してやった!と冬に勝った気がするんです。(三の宮は負けず嫌いです。)
「よなよなエールの金賞ギフト」

https://m3.rakuten.co.jp/yonayona/c/0000000235/%253fscid%3drm_100064/-/2/257k/c7c4k/2/76mi0/

 『田舎暮らしの本』2019年1月号の「全国の市町村をご案内!ゆるナビ」第23回「千葉県芝山町」の引用♪
 町の面積の大半が農地で、「大根祭り」の名で親しまれる「あらい祭り」が行われるまち。成田国際空港に近く、航空にまつわるスポットがアツイ!
・面積 43.2km
・人口 7349人(平成30年11月現在)
・芝山町キャラクター しばっこくん
・レストラン「FUWARI」
 まちは肥沃な土地に恵まれ、多様な農産物が穫れる。「空の駅 風和里しばやま」にあるレストラン「FUWARI(ふわり)」では、旬の地元野菜中心のバイキングが大人気!
・成田国際空港に近い「空のまち」ッコ!
・ひこうきの丘
 成田国際空港A滑走路から600mの近さの観光スポット。上空を飛行機が飛び交うさまを一望できる。間近で体感する飛行機の離着陸は大迫力!
・あらい祭り
 毎年12月14日に行われる無病息災、火盗難除、五穀豊穣を祈る祭り。昼に祭りの当番の家に集まり「神の食」を食べたあと、子どもたちによる「大根投げ」が始まる。大宮神社へ向かう宮司めがけて子どもたちがダイコンを投げ、元気に育ていることを証明するユニークな神事。
・神の食
 ダイコンでつくられた「神物(しんぶつ)」を獅子が新妻の前に出し、子孫繁栄を願う。
・航空科学博物館
 航空ファンにはたまらない展示がいっぱい!飛行機の疑似操縦や管制塔の雰囲気も体験できる。講演会などさまざまなイベントを開催している。
※現在リニューアル工事で休館中。2019年1月1日(火・祝)から会館予定。

 昨日の竹切りのせいか、筋肉痛だ・・・。

 今日の仕事は、日直だ。
 仕事を定時に終えたかったのだが、ペアの手順が悪い・・・これなら、「戸締りに、自分が行く」と言えばよかった・・・この仕事は、「コンビニのレジ」とか、「パート感覚」じゃあできない仕事ですよ!

 仕事を終え、大根の収穫!
 「三平汁」で一杯といきましょう!
フカボリ 美味なるご当地グルメ「三平汁」「山親爺」

 大根の収穫・・・「大根」に「鬆(す)」が入っている!!!
「もくれんの暮らしの知恵ノート」
https://mulanmagnolia.net/2377.html
「捨てないで!鬆(す)の入った大根でもおいしく食べられる!!」
https://matome.naver.jp/odai/2148524312994846501

フカボリ 美味なるご当地グルメ「三平汁」「山親爺」

 この間買った「北海道産 塩秋鮭(新巻鮭)切身 あら」を使いましょう!
 臭い消しに、生姜と味噌も入れてみたよ!

フカボリ 美味なるご当地グルメ「三平汁」「山親爺」

 先日買った「千葉県産 にんじん」を入れましょう!
【にんじんとピーマンのきんぴら】
『材料』(2人分)
・にんじん・・・1本
・ピーマン・・・3個
・ごま油・・・大さじ3
・いりごま・・・適量
・A
 酒・・・小さじ1
 みりん・・・小さじ1
 しょうゆ・・・小さじ1
 オイスターソース・・・小さじ2
①にんじんとピーマンはそれぞれ細切りにする。
②Aを混ぜ合わせておく。
③ごま油を熱し、にんじんを炒め、ピーマンも加えて炒める。
④しんなりしてきたら混ぜたAを加え、汁気が無くなるまで炒める。
⑤火を止めたらいりごまを加え、さっと混ぜる。

フカボリ 美味なるご当地グルメ「三平汁」「山親爺」

 さらに、「木綿とうふ」♪
濃厚しっかり
 濃厚な豆乳で造った本格にがり仕立て木綿豆腐
内容量 320g
100g当たり 72kcal
販売者 株式会社ベイシア BEF22
群馬県前橋市亀里町900
TEL 0120-047-803

 『HOP PEPPER』2018年2月号の「フカボリ 美味なるご当地グルメ」より、「北海道編」の引用♪
 日本各地で愛されるご当地食べもの。毎回1県を決めて、その特徴や意外な一面をリポートしますよ!
【三平汁】
魚のアラと根菜たっぷり 道民はこれで冬あったまる
 なんとものどかなネーミングの由来は「齋藤三平なる人物が考案したから」なんて伝わる北海道の冬の定番料理、三平汁。魚のアラと根菜をどっさり入れて作ります。
 よく使われるのは塩ジャケのアラ。ほかに大根、ニンジン、玉ネギ、ジャガイモをざっくり切って、昆布だしと一緒に煮ていきます。味つけはシャケの塩気、そしてお酒のみ。シンプルでしょう?「これだけでおいしくなるのかな」なんて思いつつ作ってみたら、驚きました。シャケのコクが野菜にしみて、実にうまいんです。シャケではなく塩ダラやニシンと使う人も。切って煮るだけの手間いらずがうれしい、北海道らしい豪快な料理です。
【山親爺】
地元に熱烈なファン多し!おみやげにもおすすめ
 北海道といえばご当地スイーツの宝庫。空港でおみやげ選びに悩んだ人も多いでしょうね。そんな中、地元民から愛され続けるお菓子の「山親爺」をご存知ですか?
 牛乳とバターをぜいたくに使った洋風のおせんべいで、発売は昭和5年というロングセラー。サクサクとした食感が楽しく、食べだすとつい「また一枚・・・」と止まらなくなるんです。「地元菓子で好きなものは?」と道民に取材して、多くあがったもののひとつが「山親爺」でした。「帰省したとき自分用のおみやげにする」という声も多かったですよ。ちなみに山親爺とは熊の愛称で、スキーをはいたかわいい熊がおせんべいには描かれています。
*「案内人」白央篤司
 郷土料理を研究するフードライター。著書に『にっぽんのおにぎり』(理論社)や『ジャパめし』(集英社)などがある。
「メシ通」

https://www.hotpepper.jp/mesitsu/

本日のカウント
本日の歩数:6,401歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.3kg、10.3%
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« かわいい料理でおもてなし!楽しい、クリスマスメニュー | トップページ | 味噌汁ファスティング(fasting) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フカボリ 美味なるご当地グルメ「三平汁」「山親爺」:

« かわいい料理でおもてなし!楽しい、クリスマスメニュー | トップページ | 味噌汁ファスティング(fasting) »