« くらしの歳時記 11月【海鮮よせ鍋】 | トップページ | 「赤毛のアン(初恋)」。そして「季遊(きゆう)」 »

2018年12月14日 (金)

<食卓ものがたり> 洋梨「ル・レクチエ」

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「年末活気のある街さんぽ」「埼玉県 越谷市」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/73317/1221319/
<越谷レイクタウン>
♪ 男の子女の子 郷ひろみ(1972年)
*<イオンレイクタウン>
*<デコホーム>ニトリ
☆超軽量土鍋 浮雲(8号) 2,490円
☆レンゲ 99円
☆珪藻土スティック 4個セット 299円
☆珪藻土スプーン(2.5ml) 249円
☆レストクッション(柄:キリム)
<大相模調節池>
♪ Isn't She Lovely Stevie Wonder(1976年)
・レイクサイドレギュラー席(道具付き) 1人 2,100円(BBQ)
<越谷市場>
・焼いも(シルクスイート) 100円
☆にっこり(梨)10玉、20玉 2,000円
☆しめじ 350円
・越谷産 ブロッコリー 100円
・越谷産 分葱 200円
☆まぐろ
☆すじこ
☆ふぐ
*《オルタッジョ》イタリアン
・オルタッジョランチ ペペロンチーノ(前菜・ドリンク付き) 1,500円
(赤かぶ、紅化粧大根、リーキ)
<眞大山大聖寺>
*《虹だんご》
・虹だんご(生醤油だれ) 130円
 徳川家康の寝衣
♪ A面で恋をして ナイアガラ・トライアングル(1981年)
 花火 ナイアガラの滝(大晦日24時)
*今日のキーワード:レイクタウン

 「昼めし旅」は、10/29の放送分。
「埼玉県 小山町」
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1208931/
 酒造りの町:酒造りに必要なお米が多く集まった。《松岡醸造株式会社》「帝松(みかどまつ)」
http://www.mikadomatsu.com/
《あけぼの》岩崎さん
☆いそべだんご 72円
☆きな粉だんご 62円
☆あんこ団子 62円
☆ごま団子 62円
★草もち 93円
・パプリカと鶏肉のトマト煮込み
①パプリカ、鶏肉、トマト、タマネギを塩、コショウで炒める。炒めたニンニクが隠し味。
・キュウりの塩もみ
・カニとほうれん草のマヨネーズ和え
・マグロ納豆
「富山県 立山町」
 黒部ダム、白海老から揚げ丼 1,750円《レストラン立山》、黒部ダムカレー:昭和40年から発売、現在ダムカレーは18種類
<立山センター(室堂)>青山さん
・鉄板焼き
①牛バラ肉、牛タン、タマネギ、ナス、かまぼこ(赤巻、昆布巻:富山では渦巻きかまぼこが主流《株式会社 梅かま》)、ウインナーを焼く。
②すりおろしたリンゴ、梨、ネギ、唐辛子、ごま油などが入ったタレをつけて食べる。

 「相席食堂」は、10/21の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/abc/82706/757482/
 長野県 飯田市、人口あたりの焼肉店舗数 日本一
*亀田 興毅

https://twitter.com/hashtag/%E8%82%89%E7%8E%8B%E3%81%B8%E3%81%AE%E9%81%93
https://ameblo.jp/koukikameda/entry-12159643018.html
《桒はら》
・黒毛和牛鉄板焼き 備長炭直火焼き オリエンタルソース 150g 2,916円
《信濃屋食堂》
・ラム 2人前 700円
《ちどり》閉店
《肉のスズキヤ》
☆ウサギ肉 100g 500円
☆猪ジン 200g 800円
・鹿ジン 230g 800円
・クマ肉 100g 950円

 今日の仕事も、午後から外だよ・・・寒かったね!
 仕事を終え、帰宅して、ネギの収穫。
<食卓ものがたり> 洋梨「ル・レクチエ」

 先日買った「ラ・フランス」で一杯といきますか♪ちょっと熟しすぎたね・・・。
 そして、昨日の「おでん」の残りに、豆腐、大根の葉を入れて一杯♪おでんをやると、3日はつまみになるね↑
<食卓ものがたり> 洋梨「ル・レクチエ」

 豆腐は、「木綿とうふ」。
濃厚しっかり
 濃厚な豆乳で造った本格にがり仕立て木綿豆腐
内容量 320g
100g当たり 72kcal
販売者 株式会社ベイシア BEF22
群馬県前橋市亀里町900
TEL 0120-047-803

<食卓ものがたり> 洋梨「ル・レクチエ」

 〆は、「うどん」。イーオンのうどんは腰があっておいしいですね↑
TOPVALU BESTPRISE QUALITY AND TRUST
 ゆで うどん
 コシがあり、のどごしのよいうどんです。
1食(200g)当たり242kcal
【お召し上がり方】
「ざるうどん」
 沸騰したお湯で1~2分お好みの硬さにゆで、冷水で冷やし、よく水をきってから器に盛ります。お好みのつゆと薬味(ねぎ、しょうがなど)でお召し上がりください。
「かけうどん」
 沸騰したお湯で約1分ゆで、湯切りをして器に入れます。お好みのかけつゆ、具材でお召し上がりください。
※めんはお湯の中に入れ、しばらくしてからゆっくりとほぐしてください。無理にほぐすとめんが短く切れることがあります。
「焼きうどん」
 フライパンに油(大さじ1)をひき、肉、野菜など、お好みの具材を軽く炒めます。うどんを入れ、水(約30ml)を加え、ほぐしながら炒め、お好みの調味料(ソース、しょうゆ、ケチャップなど)で味付けしてください。
販売者 イオン株式会社
千葉県千葉市美浜区中瀬1-5-1
TEL 0120-28-4196
A584
(A333:奈良県、A584:三重県)

 「053-413-3913」より、電話・・・出る前に、切れちゃったよ・・・外壁塗装のセールス電話らしい・・・。
https://www.jpnumber.com/numberinfo_053_413_3913.html#comment

 ここで、2017年12月2日の朝刊より、「<食卓ものがたり> 洋梨「ル・レクチエ」(新潟県三条市)」の引用♪
 先月二十二日に販売が解禁された新潟県産の洋梨「ル・レクチエ」。とろけるような食感と濃厚な甘さから「西洋梨の貴婦人」と呼ばれる。同じ西洋梨のラ・フランスより大きく、一玉は約四百グラム。今月下旬までの一カ月しか味わえない希少品だ。
 新潟はコメや日本酒のイメージが強いが、江戸時代から続く日本梨の産地でもある。信濃川や阿賀野川流域の肥沃(ひよく)な土地、夏場の長い日照時間などが栽培に適していた。
 新潟でル・レクチエの栽培が始まったのは一九〇三(明治三十六)年。仕事でロシアに赴いた果樹農家が、数十種類の苗木を取り寄せた。
 だが病気に弱い洋梨の栽培は難しく、大量生産は断念。取り寄せた苗木の中で「一番おいしい」と、数軒の農家の庭先に残されたのがル・レクチエだったとされる。自家消費していたが、一部を料亭などに出すうち、美食家の間で、知る人ぞ知る洋梨として珍重されてきた。
 県の担当者は「百年以上ほそぼそとやってきた。『商売にならなくても、おいしいものを作りたい』のが新潟県人のこだわり。他県の人だとあきらめるのでは」と苦笑する。既に原産地フランスでも、ほぼ栽培されていないという。
 県内の生産者は五百二十七人。同県三条市の梨農家土田広樹さん(41)は「つくるのは難しい。病気に弱く、皮が薄く、傷つきやすい」と話す。
 関係者が接ぎ木に最適な梨の木を探すなど試行錯誤を重ね、平成の初めに安定収穫にこぎつけた。年間生産量は約千六百トンで、国内シェアの八割を占める。
 収穫後、約四十日間もの追熟が必要。傷む果実の割合が増えるため、収穫品のうち六~七割しか出荷できない。希少価値もあって、高品質になると店頭で一個約四千円のものもある。
 「宮崎県のマンゴーに続く高級果物として、地域ブランド化したい」と語る土田さんは四、五年前から香港に輸出している。二〇二〇年の東京五輪では選手村で提供される食材を目指す。「いつか本場フランスでも披露し、新潟県人が大事に育ててきたル・レクチエの成長した姿を見てもらいたい」
 (文・写真 砂本紅年)
◆買う
 ル・レクチエは、多くの西洋梨を栽培していたフランスの有名園芸家の名前にちなんだとされる。お歳暮など贈答用としても年々人気が高まっている。東京都や名古屋市などの百貨店で購入できる。
 新潟県内では、洋菓子店「ガトウ専科」の焼き菓子「キャラメル ル・レクチエ」(写真、ネット販売あり、店名で検索)など、ル・レクチエを使った菓子が販売されている。

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2017120202000003.html

本日のカウント
本日の歩数:15,834歩
(本日のしっかり歩数:2,419歩)
本日:53.4kg、10.2%
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« くらしの歳時記 11月【海鮮よせ鍋】 | トップページ | 「赤毛のアン(初恋)」。そして「季遊(きゆう)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/67483454

この記事へのトラックバック一覧です: <食卓ものがたり> 洋梨「ル・レクチエ」:

« くらしの歳時記 11月【海鮮よせ鍋】 | トップページ | 「赤毛のアン(初恋)」。そして「季遊(きゆう)」 »