« インフル、冬以外も注意 | トップページ | 「宗玄 純米酒 −石川門」、そして「Paul Smitherのガーデンパーティーへようこそ」 »

2018年11月 4日 (日)

「宗玄 純米酒 -能登乃国」、そして「明宝ハム」

 昨日の夕方は、食べ過ぎた・・・気持ち悪い・・・夜中に「仁丹」を飲んだよ!
 起床しても、「仁丹」を飲んだよ!

 昨日のテレビ「ごはんジャパン」は、「長野県 東御市」「信濃くるみ」。
https://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0166/
*伊原靖友《パン焼き小屋 ツオップ》
*花岡 澄雄「日本くるみ会議」会長
 小林 剛、関 泰秀
 矢嶋 征雄(くるみ研究者)
*信濃くるみ:
 テウチグルミとペルシャグルミが自然交雑で生まれた。1本の木から約1500個。
・生くるみ:ミルクのようにクリーミー
※自然乾燥:日光でじっくり水分を飛ばす(3週間)。
 オメガ3脂肪酸(不飽和脂肪酸)を含む。酸化すると本来の風味を損なう。
・くるみおはぎ(すりつぶしたくるみに砂糖)
 すり潰して香りを立てる
《御菓子処 花岡》
★東御ボイゲル
 生地にくるみを練り込み、ブルーチーズを包んだ。ハチミツをかけていただく。
★くるみワインパン(食感)
 信州ワインを生地に混ぜる。信濃くるみ、クランベリー、ブルーベリーを練り込む。一晩発酵させてから220℃で焼く。
★全粒粉パン くるみサラミのせ
★ヌスショコラーデ
★みそパン(香り)
 塩の代わりに信州みそを練り込む。くるみバター(生くるみにバターを加え、ミキサーでペースト状に)をぬって食べる。

 「TVチャンピオン極 ~KIWAMI~」は、「激辛料理人選手権」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/82940/1210295/
◆SEMI FINAL「白飯に合う激辛料理勝負!」
*長尾 翔大《四川料理 天華》下北沢
・激辛三重奏の麻婆豆腐
①豆乳に唐辛子(ハバネロ)を入れる。蒸す。
*内藤 久住《カフェ&ダイニング オーリーズ》幕張本郷
・激辛激旨タコライス
①バーズアイ(南米産)・カルダモン(インド産)を炒める。トリニダード・スコーピオンを入れる。
*メヘラ ハリオム《インド料理 ラニ》横浜
・2色の激辛インドカレー
①30種類のスパイスを配合した調味料、チキンマサラカレー
②青唐辛子ベースとペースト、キーマカレー
*工藤 学《唐辛子 キッチンKaRaKO》大宮
・激辛揚げ肉じゃが
①じゃがいもを蒸し、皮をむき、つぶす。
②唐辛子、ジョロキアを入れ、丸めて油で揚げる。
③かつおダシベースの激辛肉みそあんかけをかけて完成。
◆FINAL「1本目 キャロライナ・リーパーを使った激辛料理」
*ヘラ ハリオム
・死神ドライカレー
①キャロライナ・リーパーを切り、カレーの中に入れる。
②素揚げしたジャガイモを投入。
③オムレツに焼く
*内藤 久住
・レッドホットチリペッパーズ
①挽き肉にキャロライナ・リーを入れ、こねる。ハンバーグにして焼く。
②バーベキューソースにキャロライナ・リーパーを入れ、ハンバーグに塗る。
③スコーピオン入りバンズに死神入りマヨネーズソースを塗る。ハンバーグ、チーズ、キャベツを挟む。
◆「2本目 シメの激辛鍋勝負!」
*ヘラ ハリオム
・激辛スープカレー鍋
①鶏肉と挽き肉を煮る。
②自家製の激辛ペーストにガラムマサラを投入。
③ズッキーニやシイタケなど9種類の野菜エキスを投入。ゆで卵を入れる。唐辛子を散らす。
*内藤 久住
・地獄のアヒージョ鍋
①ハバネロを肉詰めにしてオーブンで焼く。
②鍋にオリーブオイルを入れる。マッシュルーム、カキ、エビ、焼いた肉詰めを入れる。
③別の鍋で3種類の唐辛子を煮て、アヒージョにかける。
《蒙古タンメン中本》白根 誠

 「地鶏広場 8010のとりやさん」より、楽天メール。
 みなさ~ん♪ こんにちは♪8010のとりやさん吉岡です。(#^.^#)
 木々のほんの一部で紅葉が始まってきましたね!そして、暖かい飲み物がとても美味しく感じる季節ですよね♪
 最近 ホットココアに はまっておりまして毎朝、飲んでおります。ココアは調べると栄養面でも充実していて美容や健康に良いんですよ。(*・∀-)
☆⌒☆⌒☆
・・・ココアの効果効能♪・・・
・豊富なポリフェノールで抗酸化作用が高い。
・鉄分が豊富で貧血防止になる。
・カリウムが豊富でむくみ防止になる。
・食物繊維が豊富で整腸作用がある。
・抗菌作用があり、虫歯予防なる。
・記憶力、集中力を高める。
・リラックス効果がある。
・免疫細胞を活性化するため、風邪予防になる。
 ・・・などなど、他にもたくさんの良い効果があるようです!身体を温める効果も高く、温め食材として代表の「生姜」より、ココアの方が温かさが持続するという研究結果もあるそうですよ。(*^▽^*)今年の秋冬、私はココアで健康を維持しようと思っています。寒い日は 是非ココアを飲んでみてくださいね!.+:\(^o^)/

http://www.rakuten.co.jp/e8010/?scid=rm_191968&scid=rm_191968

 今日は、準仕事。

「宗玄 純米酒」、そして「明宝ハム」

 昼食は、「知久屋」の「お寿司」♪これ、いくらなんだろう???
健康と、おいしさ。
TEL o120-37-7555

http://www.chikuya.co.jp

 付いている醤油。
知久屋 本醸造 しょうゆ
1袋(5ml)当たり4kcal
製造者 ヤマモリ株式会社
三重県桑名市森忠465-4

 付いているワサビ。
金印 生おろしわさび
名古屋市中川区五女子町1丁目23
金印物産株式会社 o

 仕事を終え、帰路につく・・・道が混んでいるね!!!
 途中、「LOTO 7」を買いましょう!

 帰宅して、先日の「日本酒大きき酒会 in HAMAMATSU2018」で買ってきたお酒で一杯♪
出品酒076 D
 石川県珠洲「宗玄 純米酒」2,916円
 能登乃国 ― 純米酒

 石川というと「菊姫」が有名だけど、「宗玄」も、おいしいですよぉ~!

「宗玄 純米酒」、そして「明宝ハム」

 おつまみは、割引きで買った「鶏チャーシュー もも肉 切落とし」♪
TOPVALU
 マイルドに味付けし 風味豊かに仕上げました。
 五島灘の塩使用
1パック(100g)当たり188kcal
販売者 イオン株式会社 A403
千葉県千葉市美浜区中瀬1-5-1
TEL 0120-28-4196

 ここで、今朝の朝刊、「全国旨いもん」より。「明宝ハム」(岐阜県)の引用♪
デコボコも職人技の証し
 ハム・ソーセージといえば全国各地に多種多様にあって、名品も多くある。なかでも創業時と変わらぬ味を守り続け、オレンジ色のパッケージで特に岐阜県民におなじみなのが、明宝特産物加工の「明宝ハム」である。
 原材料は国産豚のもも肉(生肉)だけ。「手早く解体し新鮮なうちに筋や余分な脂分を職人の手で取り除き、冷蔵庫内で一定期間熟成。後に塩とスパイスで味付けし、熟練の技で手際よく袋詰めして最後にボイル殺菌室で加熱処理して冷却する」とパンフレットにある。
 「そのほとんどの過程で職人の手技が生かされています。表面のデコボコなどは袋詰めするときの型の模様なんです」という営業課長の山口聡さん。
 桜色した肉の部分と白い脂身がほどよいバランスで濃縮され、しっかりした肉質感と旨みが口に入れるだけで舌先にじわりと伝わる。軽く炙ると脂身が肉質をより滑らかにして、また違ったおいしさがにじみ出る。
 カットしてご飯や弁当のお供、酒のつまみに。また厚めに切ってハムステーキにしてもおいしい。職人の手技が生きた、なじみやすい旨みの逸品である。
●明宝特産物加工株式会社
岐阜県郡上市明宝気良33の2
TEL 0575(87)2454
FAX 0575(87)2453
8時30分~17時。日曜、祝日休。
1本(360g)税込み1134円 ※冷蔵で宅送。送料別途

http://www.meihoham.co.jp/

 さらに「旬の魚介 あれこれ」より、「マグロ」の引用♪
トロだけじゃない
 マグロは口とえらぶたを少し開いて泳ぎ、海水をえらに送って酸素を取りこんでいます。高速で泳ぐ魚に適した方法で、ラムジェット換水法と呼ばれています。だから、常に泳いでいるため血合い筋がとても発達しています。
・科属:サバ科マグロ属
・漢字名:鮪
・英名:tuna
 日本で最も話題に上る魚はマグロだろう。それも、遠洋漁業の漁獲規制といった国際問題から、近海のマグロの一本釣り漁師の技、市場のセリのにぎわい、さらには店頭で開催のマグロ解体ショーなど、内容は幅広い。
 つまりは、日本人はマグロが好きなのだ。それも西日本より東日本の人々が好むとされている。江戸時代に醤油が発達し、生マグロを醤油漬けにする「ヅケ」が江戸の町で広まって、人気が高まったという話も聞く。マグロは傷みやすく味が落ちやすいのが難点だったが、現代に入って保存法が発達。特に冷凍技術の進化は目覚ましく、今ではいつでもおいしい生マグロが味わえる。
 だから旬というものもいまひとつピンとこないが、近海のマグロ漁の最盛期は秋から冬とされる。種類でも異なり、庶民的なメバチは秋、身がやわらかなビンナガ(ビンチョウ)は夏から冬、あっさりしたキハダは夏が一番の旬ともいう。
 それぞれにおいしいが、やはり本マグロと呼ばれるクロマグロは格別だ。体長3m以上にもなる大型魚だけに、部位で味や食感が異なるのも面白い。一口に赤身やトロといっても、背と腹では味が違うし、頬肉や脳天なども希少な美味。
 近頃はそうした繊細な味覚も、広く楽しめるようになってきたようでうれしい。

 本日のカウント
本日の歩数:3,077歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.6kg、10.1%
本日の割箸使用量:1本
本日の餃子消費量:0個

|

« インフル、冬以外も注意 | トップページ | 「宗玄 純米酒 −石川門」、そして「Paul Smitherのガーデンパーティーへようこそ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「宗玄 純米酒 -能登乃国」、そして「明宝ハム」:

« インフル、冬以外も注意 | トップページ | 「宗玄 純米酒 −石川門」、そして「Paul Smitherのガーデンパーティーへようこそ」 »