« 長年受け継がれている地元の野菜 伝統野菜 | トップページ | 海谷眼科医院20周年記念 わかりやすい「緑内障」「白内障」講座 »

2018年11月18日 (日)

「協働センターまつり」「雨垂れ石を穿つ」、そして「巻鰤」

 昨日のテレビ「ごはんジャパン」は、「横浜市 泉区」「太秋柿(たいしゅうがき)」。
https://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0167/
《創作和菓子 手毬》御園井裕子(上生菓子)
☆乙女菊
☆紫陽花
☆さくら貝
☆市松手毬
*干し柿:砂糖が日本に伝わったのは、約1200年前の奈良時代。干し柿の甘さが日本人の味覚の基準。
<長谷川果樹園>長谷川 勝行さん
*横浜ブランド 浜柿(伊豆柿、新秋柿、太秋柿などの種類をを販売)
 富有柿、平核無柿(ひらたねなしがき)、次郎柿、陽豊柿
※条紋(じょうもん):
 収穫時にできる黒い筋。糖度が上がった証
※日本に古来よりあったのは渋柿。
 柿にある渋味=水溶性タンニン。
 干し柿:タンニンは水に溶けない不溶性に変化し、渋味を感じにくくなり甘味が増す。
・太秋柿:1995年、品種登録。
 色付きを良くし、甘くるすために日光をさえぎる葉を落とす。
★晩秋の柿園
★実りの秋(太秋柿)
★市松手毬
★手毬
 刻んだ柿をぬるま湯で、約1時間、湯銭。
 インベルターゼ酵素:ショ糖を果糖とブドウ糖に変える酵素。ショ糖が果糖とブドウ糖に変わると上品な甘さになる。インベルターゼ酵素が最もよく働く温度は、40℃~45℃。
※干し柿の白い粉=柿霜(しそう)
 インベルターゼ酵素の働きで生まれたブドウ糖やショ糖の結晶
★太秋柿のお汁粉

 「もらい酒 みなと旅2」は、「宮川大輔と京都へ…銀幕スターが愛した店」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/68391/1208846/
「丸太町」
《八起庵》1970年創業
*高倉健
・ビール
・鶏すき焼き 1人前 8,100円
 シメのうどん
「祇園」
《盛京亭》京風中華
*勝新太郎
・紹興酒
・炒飯 880円
・かに玉 1,090円
・麻婆豆腐 1,090円

 「バービーのしずおかごはんが食べたい!」。
http://www.sut-tv.com/show/shizuokagohan/backnumber.php?id=cat41621
「清水町」
《しゃり工房》
駿東郡清水町新宿55
TEL 055-983-2800
・おむすび 緑米 160円
<柿田川 湧水の道>
駿東郡清水町伏見
・柿田川富士山百年水 ペットボトル 60円
《柿田川 豆腐館》
・柿田川百年水豆腐
《キッチン かわせみ》
駿東郡清水町伏見86
TEL 055-973-7700
・湯豆腐 400円
「函南町」
<道の駅 伊豆ゲートウェイ函南>
田方郡函南町塚本
*《オラッチェ》
・濃厚ソフトクリーム 350円
《酪農王国 オラッチェ》
田方郡函南町丹那349-1
TEL 055-974-4192
*《ティールーム 花の温室》
・バター作り体験 500円
*《レストラン オラッチェ》
・ゴーダチーズ
・オラッチェ 風の谷ビール ヴァイツェン 400円
「伊豆の国市」
《だるま寿司》
《寿司割烹 だるま》
伊豆の国市古奈77
TEL 055-948-0818
☆伊豆山海おぼろ寿司 870円
・若舎人太巻寿司 1,300円
「伊豆市」
《割烹 四季》
伊豆市柏久保605-2
TEL 0558-72-3135
*イズシカ
・伊豆の里の恵み膳 1,980円

 「TVチャンピオン極 ~KIWAMI~」は、「缶詰料理王決定戦!」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/82940/1214157/
<日本菓子専門学校>
◆SEMI FINAL「定番缶詰 5分でアレンジ対決」
*植村美香
※ホテイフーズ やきとり たれ味 75g
・はんぺんと焼き鳥缶の茶巾焼き
①ボウルにやきとり缶を入れる。マヨネーズを入れ混ぜる。
②油揚げの中に入れ、爪楊枝で止め、フライパンで焼く。
※さば水煮
*クック井上。(缶詰料理芸人)
・焼き鳥のカシューナッツ炒め
①ゴマ油でピーマン、タマネギを炒める。やきとり缶を入れる。
②カシューナッツを投入。しょう油、塩、こしょうを入れる。
*高垣智里
※いなば ライトツナ スーパー ノンオイル
※紅ずわいがに
※極洋 さけ水煮
・ザクとろポテトとサケの黄身酢焼き
①さけ缶の水をボウルにうつし、さけ缶の上にポテトチップをのせ、つぶす。
②卵白をかける。バーナーで炙る。
*稲垣直也
・サケ缶の詰めパイ包み風
①さけ缶をフライパンに入れ、シチューの素を入れ、煮る。
②別のフライパンで餃子の皮を焼き、バターを投入する。
③シチューを缶に盛り、②をのせる。
◆FINAL「缶詰豪華ディナー対決 缶詰でスープ・前菜・メイン・デザートの4品を作る」制限時間1時間
*クック井上。「缶詰で世界の旅」
・サバ缶とカニ缶のトムヤムクン
①マルハニチロ月花さば水煮とマルハニチロまるずわいがにほぐしみを鍋に入れる。調整豆乳、コチュジャン、レモン汁、桜エビを入れて煮る。
②マッシュルームを入れる。
・オイルサーディーンとあさり缶のアクアパッツァ
①マルハニチロ オイルサーディン(米油使用)をフライパンに入れる。ミニトマト、マルハニチロ あさり缶を入れて煮込む。
②梅干しを入れる。
・ホタテ缶とツナ缶のセビーチェ
 ほたて貝柱、いなばライトツナ、いなば もぎたてコーン
・あずきとW桃&Wチーズの春巻き パイアラモード
 桜桃、白桃、ゆであずき
*稲垣直也「三ツ星レストランの味を缶詰で」
・ホワイトアスパラのソテーと鯖のネギマリネ
①長ネギをフライパンで焼く。さば水煮缶を入れる。
②別のフライパンでホワイトアスパラを焼く。
③カニ缶のほぐし身を使い、タルタルソースを作る。
・牛肉とあん肝でロッシーニ レタス包み
①マルハニチロ あん肝、マルハニチロ TINNED 牛肉のシェリー酒煮込みを湯通ししたレタスの上にのせ、バターをのせ、包み、爪楊枝でとめる。
②フライパンで焼く。極洋 マッシュルーム ランダムスライスを入れる。
③生クリームを入れる。ホテイフーズ じゃがベーコン ブラックペッパー味 90gを入れ、煮込む。
・ミックスビーンズのトマトスープ
 ほたて貝柱、あさり水煮、食塩無添加ミックスビーンズ、いなばレッドキトニー
・ピーチメルバ ~マンゴーのわらび餅とともに~
 マンゴー、白桃、ナタデココ

 「贈り物本舗じざけや」より、楽天メール。
 酒造が本気で作ったら、梅酒だってこんなに旨い!
http://item.rakuten.co.jp/sake-gets/c/0000000853/?scid=rm_208627
 今年、今の時期しか飲めない…そんな贅沢な地酒、ご存知でしたか?
  その名も… 頸城酒造 越後杜氏の里 完熟純米 ひやおろし1800ml [新潟県]

https://m3.rakuten.co.jp/sake-gets/10000657/%253fscid%3drm_208627/-/2/4gz7/c5elg/1/76mi0/

 ネギの収穫をしましょう!今日の「協働センターまつり」の「うどん」の薬味用です。
 ネギを収穫し、ちょっと刻んでパックに入れる。大部分のネギは、刻まずに新聞紙に包み、協働センターに向かう。8時集合なんです。
 テントの設営、売店の準備。10時に販売開始なんですけど、9時にはもうスタンバイできた・・・販売時間を早めてくれないかね・・・。
 暇だったので、残りのネギも刻んでいました。
「協働センターまつり」「雨垂れ石を穿つ」、そして「巻鰤」

 10時営業開始。自分は「うどん」担当。半人前50円、1人前100円!!!・・・10時じゃあ、うどんは売れないよね。
「協働センターまつり」「雨垂れ石を穿つ」、そして「巻鰤」

 11時を回ると忙しくなった!!!
 ボランティアの中学生には、「うどん半人前」50円は、無料で食べさせた。
 今年は、11:38に売り切れ!お昼前に売り切れちゃいますよ!!!・・・お早めにお買い求めください。・・・売り切れてから「うどんありますか」と来たお客さんもいますよ!!!
 「天かす」500gを助言されたけど、足りないといけないから1kgにしましょうと言って1kgを買った・・・半分以上余った・・・助言は聞くものだ・・・「足りないといけないから」という発想が「赤字」を招くのでしょうね!
 「うどん」のつゆも美味しかったけれど、それにつけても「磯辺焼き」が美味しかったね↑↑↑
 「協働センターまつり」
https://blogs.yahoo.co.jp/akatsuchi06

 そんなわけで、全てのブースで1時前に完売!!!
「協働センターまつり」「雨垂れ石を穿つ」、そして「巻鰤」

 片付けをして、余った生の「フランクフルト」10本500円で買い、「ボールペン」をもらって帰宅。

 「酒&FOOD かとう」に行き、「雨垂れ石を穿(うが)つ」3,002円を伝票にて買い帰宅。
http://slowkato.hamazo.tv/

「協働センターまつり」「雨垂れ石を穿つ」、そして「巻鰤」

 夕方は、「雨垂れ石を穿つ」で一杯♪やっぱり、生酒は旨いな!!!
萩乃露 特別純米 十水仕込
 感動、興奮、驚きを表す感嘆符「!」は、日本語で「雨垂れ」と読みます。確かに「!」の形は雨滴の落ちる様を思わせます。
 この「雨垂れ石を穿つ」は、江戸時代に行われていた「十水仕込」という手法で造っています。この古の手法が生み出す味わうは、一言で言えば「!」。現在用いられている手法では生み出すことの出来ない、濃密にして爽やかな、鮮烈な美味しさです。味わいの濃い料理など幅広い料理との相性の良さやつめたく冷やしても熱めの燗でも楽しめる懐の深さにも驚かされます。
 酒造りの神秘、そして今も昔も変わらない、心に響く美味しさを追い続ける造り手の情熱に思いをはせながら、お楽しみいただけますと幸いです。
要冷蔵 生酒
 お早目にお召しあがり下さい
アルコール分 15度
精米歩合 60%
原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米)
株式会社 福井弥平商店
滋賀県高島市勝野1387-1

http://www.haginotsuyu.co.jp/

 おつまみは、「豚汁」。大根、里芋を入れましょう!ゴボウ、人参がないな・・・。
 汁物、鍋物を作ると、翌日「うどん」、3日目「雑炊」と3度楽しめるね!!!
「協働センターまつり」「雨垂れ石を穿つ」、そして「巻鰤」

 コンニャクは「群馬のあく抜きこんにゃく」。
250g
100g当たり5kcal
GUNMA NO KONNYAKU
・煮物やおでんに
・田楽や炒め物に
製造者 株式会社ヨコオデイリーフーズ
群馬県甘楽郡甘楽町小幡204-1
TEL 0274-70-4002

「協働センターまつり」「雨垂れ石を穿つ」、そして「巻鰤」

 それに、昨日買った「豆腐」を入れましょう。
丸守 もめん
 昔ながらの生とうふ
創業明治30年 老舗の技
内容量 300g
株式会社 丸守
浜松市東区有玉西町790-10
TEL 0120-88-4112

 ここで、今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「巻鰤」(石川県)の引用♪
京まで運ぶ見事な技
 晩秋から初春にかけて北の海から群れをなして日本近海を南下するブリは、大きさによってイナダ、ハマチなど呼び名が変わる出世魚。とくに冬の能登は脂ののった寒ブリで名高い。
 食べ方も刺し身、すり種、塩焼き、照り焼きなどいろいろあるが、能登では江戸時代から寒ブリを金沢や京へ運ぶために保存用の巻鰤が生み出された。
 この技法を伝承するのが能登半島先端の珠洲市で創業58年になる浜野水産の看板商品「巻鰤」である。
 工場長で企画開発課長の中谷春一さんが「ブリを三枚におろして3週間ほど塩漬けしたあと乾燥し、藁に包み熟練した職人が縄で巻いたもの」と語る奥能登に昔から伝わる保存食だ。
 薄くスライスして酒のおつまみもしたり、温かいご飯にのせると、しっかり締まった歯応えのよさとちょっぴりの塩辛さがなじみ合って食欲を促す。サラダやパスタに入れても、軽く炙りお茶漬けにしてもいい。
 藁と縄の手巻きの見事さとともに、仕入れから製造・販売まで一貫体制による安全と安心の徹底ぶりに感心する。関西では正月に塩ブリが欠かせない。
●(株)浜野水産
石川県珠洲市飯田町12の88の2
TEL 0768(82)0195
FAX 0768(82)6219
8時~17時30分、日曜休
1個(70g)税込み864円
※常温で宅配。送料別途

http://okunoto-hamano.com/

 そして、「旬の魚介 あれこれ」より、「ワタリガニ」の引用♪
「ヘラ」使い 海渡る
 身がおいしいとされるオス、内子が珍重されるメス。
 ハサミが長く鋭いのがオスで、「ふんどし」と呼ばれる腹の部分が幅広いのがメスです!
・科属:ワタリガニ科ガザミ属
・漢字名:渡り蟹(ガザミ=蝤蛑
・英名:swimming crab
 魚介の名前には時として混乱させられる。同じ名前で呼ばれているにも違うものだったり、名前が違うのに同じものだったり。ワタリガニとガザミもそうだ。呼び方は違っても、だいたい同じものらしい。古来、日本の各地で親しまれてきたカニだ。
 標準和名はガザミだが、ワタリガニの名も一般的。同じ科のタイワンガザミやイシガニなどもワタリガニと呼ばれることがある。一番後ろの第五脚がヘラ状になっているのが特徴で、これを巧みに使って海中を泳ぎ渡ることから名づけられた。
 ガザミの語源のほうは、鋭く強力なハサミに由来するといわれている。ひし形を引きのばしたような甲羅もギザギザして、なるほどガザミの語感がぴったり。青銅めいた色だが、加熱すると鮮やかな朱色に変わる。
 店頭に安く出回るのは小ぶりのものが多い。食べるところが少なく、鍋や汁物のだしのイメージがあるが、味は濃厚だ。大きなものは甲羅の幅が20cm超になり、たっぷり詰まった白い身に、ミソや内子(卵巣)も美味。一番の旬は晩秋とされる。
 愛知県や福岡県が名産地として知られるが、東日本大震災後に突然、宮城県で漁獲量が急増。日本一になり話題になった。海底の変化によるものというが、今後の展開やいかに。身近ながら、まだまだ謎があるワタリガニなのだ。

本日のカウント
本日の歩数:11,359歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.9kg、11.1%
本日の割箸使用量:1本
本日の餃子消費量:0個

|

« 長年受け継がれている地元の野菜 伝統野菜 | トップページ | 海谷眼科医院20周年記念 わかりやすい「緑内障」「白内障」講座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/67393619

この記事へのトラックバック一覧です: 「協働センターまつり」「雨垂れ石を穿つ」、そして「巻鰤」:

« 長年受け継がれている地元の野菜 伝統野菜 | トップページ | 海谷眼科医院20周年記念 わかりやすい「緑内障」「白内障」講座 »