« 「菊姫 山廃純米酒」、そして「ふわふわっとろとろっ 幸せのたまご」 | トップページ | 新米の季節です!ごちそう炊きたてごはん »

2018年11月 7日 (水)

「いただきます 旬の青魚レシピ」

 今日は、11月7日、「立冬」。
【鶏肉とトマトのキムチ鍋仕立て】(304kcal)
辛さの中にトマトのうまみを感じます
『材料』(2人分)
・鶏むね肉・・・1枚(250g)
・トマト(完熟)・・・2個
・白菜キムチ(ざく切り)・・・80~100g
・れんこん・・・80g
・A
 酒・・・大さじ1/2
 片栗粉・・・小さじ1
・ごま油・・・大さじ1/2
・酒・・・大さじ1
・水・・・3カップ
・鶏がらスープ(顆粒)・・・小さじ1/2
・しょうゆ・・・大さじ1/2
・塩・・・小さじ1/3
『作り方』
①鶏肉はひと口大のそぎ切りにし、Aをもみ込む。トマトは小さめのざく切りにする。れんこんは薄い半月切りにし、酢水(材料外)につけ、水気をきる。
②鍋にごま油を中火で熱し、トマトとれんこんを入れ、サッと炒める。酒を加えてふたをし、弱めの中火で5~6分、トマトからしっかり水分が出るまで蒸し焼きにする。
③材料の水、鶏がらスープ、白菜キムチを加えて、再び煮立ったら鶏肉を加えて4分煮て、しょうゆ、塩で味をととのえる。
「木枯らし吹いて冬の気配」
本格的な冬の到来を実感
 立冬は二十四節気の一つで、立春、立夏、立秋とともに季節の大きな節目となる日です。暦の上では、立冬から立春の前日(節分)までが冬です。気温が下がり、木々の葉が落ち始めて、日に日に冬の気配が感じられます。
 冷たい北寄りの季節風=木枯らしが吹き始めるのもこの頃で、東京地方と近畿地方で、その年の最初の木枯らしが吹いたとき、気象庁から「木枯らし1号」として発表されます。北国からは初雪の便りも届き始めます。
 秋から冬にかけて旬を迎えるれんこんなどの根菜類は、体を温める効果があります。外で冷えた体を、根菜たっぷりの汁もので温めましょう。
【れんこんだんごのけんちん汁】(104kcal)
『材料』(4人分)
・れんこん・・・200g
・にんじん・・・1/4本
・ごぼう・・・1/3本(60g)
・しめじ・・・1パック
・長ねぎ・・・1/2本
・A
 薄力粉・・・大さじ4~5
 塩・・・少々
・B
 だし汁・・・3カップ
 しょうゆ、みりん・・・各大さじ1
 塩・・・小さじ1/2
・しょうが(すりおろし)・・・適量
①れんこんはすりおろし、ざるを重ねたボウルに入れ、軽く汁気をしぼる。しぼり汁は10分ほどおいて、沈殿したら上澄みを捨て、汁気をしぼったれんこんと合わせ、Aを加えて混ぜ、たねを作る。
②にんじんはいちょう切り、ごぼうはささがきにして水にさらす。しめじは小房に分ける。長ねぎは幅1cmの小口切りにする。
③鍋にBを煮立て、①を少量丸めて入れ、だんご状になったら、ひと口大に丸めながら入れ、再び煮立ったら弱火で2分ほど煮る。バラバラになるようなら、たねに薄力粉少々(材料外)を足してかたさを調節する。
④にんじん、水気をきったごぼう、しめじを加えて3分ほど煮て、長ねぎを加えて1分ほど煮る。器に盛り、しょうがをのせる。

 昨日のテレビ、「朝の!さんぽ道」は、「新企画!思い出の地さんぽ」「世田谷区 二子玉川」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/73336/762122/
<二子玉川ライズ>
<関東唯一の蔦屋家電>
 オフィスビルには楽天本社が入る。
♪ 世田谷育ち ダディ竹千代&東京おとぼけCAT'S(1992年)
*柳小路:
 柳・石畳・千年格子など京都の町屋をイメージしたエリア
<BOX&NEEDLE>
 厚紙を組み立てた箱に、様々な模様・風合いの紙を貼った箱
☆コーヒーフィルターホルダー 1,500円
☆写真立て 1,500円
☆マグネットメモパッド 1,500円
☆ネパールパティックペーパー
☆オリジナルペーパー 500×750mm 1,000円~
☆パーティークラウド ピンク&ブルー
※ラスティングペーパー:軽量で耐久性・耐光性に優れ、引き裂いても破れない強度を持つ紙。
※昭和44年 玉川髙島屋 開業
《西河製菓店》
・みたらし団子 97円
♪ 秋の一日 下成佐登子(1978年)
<花みず木通り>
※砧線(きぬた):二子玉川駅から現在の駒澤大学玉川キャンパスの2.2kmを繋いでいた。高速道路や地下鉄の建設を受け、1969年に役目を終え、廃止された。
<大勝庵>
 元蕎麦屋の主人が営む鉄道資料館
《FARMERS MARKET》
*せたがやそだち:世田谷区内の農産物PRとして、平成11年からブランド化。
《のうきょうカフェ ベジテーブル》
♪ キッチン 星野源(2010年)
・ベジサラダランチ 1,000円
 ピー太郎

 「昼めし旅」は、「東京都 青梅市 沢井」。9/13の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1196249/
 御岳渓谷
<韓国人の方々>
・チョッパル(豚足)とニンニクとお味噌を巻いた韓国味噌のサンチェ巻き
・鯖のチゲ
・フキのゴマ和え
・キュウり唐辛子
・エゴマの葉っぱ
<割烹旅館 稲毛屋>昭和8年、田代さん
<師岡洋品店>昭和7年
※昭和4年、御嶽駅が開業
・かき揚げ
①ジャガイモ、ニンジン、ピーマン、山芋を切る。
②小麦粉をまぶし、油で揚げる。
・そうめん
・ゴーヤとキュウりの浅漬け
・小松菜

 「本能Z」の「辛ゾンドットコム」。
https://hicbc.com/tv/honnou-zi/
《情熱ギョーザ》名古屋市・緑区
・大満足ランチ 1,130円
☆すっぽんスープカレー 734円(税込)

 「地鶏広場8010のとりやさん」より、楽天メール。
 今週は、寒くもなく暑くもなくとっても過ごしやすいですね♪この時期になると友人から「八丁味噌」をいただくのですがお味噌汁や味噌煮込みうどんを作って食べています。特にお味噌汁は ほぼ毎日作るようにしていて、体を温めています!
 味が濃いと思われている八丁味噌。使ったことのない方も多いのではないでしょうか?実は塩分控えめのお料理に適したお味噌なのですよ!
 具を変えればいろいろ楽しめますし、お味噌は大豆を発酵させたもので、体にとても良いんですよね!
☆⌒☆⌒☆
・・・大豆成分には こんな効能が・・・
・タンパク質?血圧上昇抑制・肥満防止
・脂質?善玉コレステロールの増加
・糖質(オリゴ糖)?ビフィズス菌増殖作用
・イソフラポン?骨粗鬆症の緩和
・サポニン?抗酸化作用・ガン増殖抑制
・・・などなど、大豆って いいことづくめですね (*´∇`*)
 お味噌をつかった美味しいお味噌汁や、お料理で風邪をひかずに、健康に過ごしたいですね! (*・∀-)

http://www.rakuten.co.jp/e8010/?scid=rm_191968&scid=rm_191968
 「キリン」より、メール。「Twitterキャンペーン」♪
https://www.kirin.co.jp/products/beer/ichiban/?utm_source=ismn&utm_medium=email&utm_campaign=own-IS_ismn_181107_b&utm_content=99&agechk=1
 「カナダビーフ館」より、楽天メール。「カナダビーフ 阿蘇名水仕込み 早炊きすじ串」の案内♪
https://item.rakuten.co.jp/motonland/membrane/?scid=me_ich_pcn_301_20181107_ranking_019
 「日本酒ギフトおつまみのミツワ酒販」より、楽天メール。「瀬戸内 藻塩物語」の案内♪
https://item.rakuten.co.jp/mituwa/seto-moshio1000/?scid=rm_205145
 「TLC」より、メール。
https://tlc.tokai.jp/birthdaycam?utm_source=birthday_181106&utm_medium=email&utm_campaign=birthday

 今日の午後の仕事・・・訪問だったけど、まるで、やっつけ仕事だね・・・!!!管理職の偉い方々が来なかったのは何故???
 ・・・こちらは、普段通りのことをやっているんだから、特別に準備もせず、大変なことはなかったよ!!!・・・こういうときに、「特別のことをしなきゃいけない」と考えている人がいたらダメだね!!!そんな人は、毎日の仕事に、100%の力を使っていない!!!

 仕事を定時に終え、帰宅。クリーニングに向かう、「ズボン」2本と「Yシャツ」を出して、670円!水、木は安いんです!
「ホワイト急便」
https://www.white-ex.co.jp/

「いただきます 旬の青魚レシピ」

 帰宅して「秋刀魚の塩焼き」で一杯♪
「いただきます 旬の青魚レシピ」

 それに、昨日のおでんの汁で作った「うどん」♪白菜も入れましょう!
TOPVALU BESTPRISE QUALITY AND TRUST
 ゆで うどん
 コシがあり、のどごしのよいうどんです。
1食(200g)当たり242kcal
【お召し上がり方】
「ざるうどん」
 沸騰したお湯で1~2分お好みの硬さにゆで、冷水で冷やし、よく水をきってから器に盛ります。お好みのつゆと薬味(ねぎ、しょうがなど)でお召し上がりください。
「かけうどん」
 沸騰したお湯で約1分ゆで、湯切りをして器に入れます。お好みのかけつゆ、具材でお召し上がりください。
※めんはお湯の中に入れ、しばらくしてからゆっくりとほぐしてください。無理にほぐすとめんが短く切れることがあります。
「焼きうどん」
 フライパンに油(大さじ1)をひき、肉、野菜など、お好みの具材を軽く炒めます。うどんを入れ、水(約30ml)を加え、ほぐしながら炒め、お好みの調味料(ソース、しょうゆ、ケチャップなど)で味付けしてください。
販売者 イオン株式会社
千葉県千葉市美浜区中瀬1-5-1
TEL 0120-28-4196
A584
(A333:奈良県、A584:三重県)

 ここで「いただきます 旬の青魚レシピ」の引用♪♪♪
 2018年10月14日の「いただきます 旬の青魚レシピ」は、【サバのみそ煮】(309kcal)。
『主な材料』(2人分)
・サバ・・・2切れ(200g)
・ショウガ・・・2かけ(20g)
・長ネギ・・・1/2本
・赤みそ・・・大さじ1強(20g)
『作り方』
①ショウガは半分を薄切り、残りはすりおろして汁をしぼる。長ネギは四つに切る
②サバは皮に切り目を入れる
③鍋に水200ml、砂糖大さじ1、酒大さじ2、みりん大さじ1と1/2、しょうゆ大さじ1/2を入れて煮立てる。ショウガの薄切りとサバを皮を上にして加え、再び煮立ったら中火で2~3分煮る
④みそを煮汁少々で溶いてから加え、落としぶたをして7~8分煮る
⑤長ネギを加え、煮汁をかけながら2~3分煮る。最後にショウガ汁を加える。

 2018年10月15日の「いただきます 旬の青魚レシピ」は、【サンマの揚げギョーザ】(531kcal)。
『主な材料』(2人分)
・サンマ・・・1匹(150g)
・ニンニク・・・小1片(5g)
・香菜・・・30g
・プロセスチーズ・・・60g
・ギョーザの皮(大判)・・・10枚
・揚げ油・・・適量
・レタス・・・50g
・スイートチリソース・・・大さじ2
『作り方』
①サンマは三枚におろし、1cm幅に切る。
②ニンニクはみじん切り、香菜は刻む。チーズは薄切りにし10等分に。
③フライパンに油小さじ1とニンニクを入れ弱火で炒め、香りが出たら(1)を加え、塩・こしょう各少々をふる。香菜を加え火を止め10等分する。
④ギョーザの皮にチーズと(3)をのせ、ふちに水少々を塗り、半分に折りとめる。
⑤170度の揚げ油で(4)を揚げる。レタスで包み、チリソースを添える。

 2018年10月16日の「いただきます 旬の青魚レシピ」は、【イワシのおろし酢】(175kcal)。
『主な材料』(2人分)
・イワシ・・・小4匹(240g)
・ミョウガ・・・1個
・大根・・・200g
・カイワレ大根・・・1/4パック
『作り方』
①イワシは頭と内臓を取って洗い、塩小さじ1/2をふって10分くらいおく。
②酢100ml、砂糖大さじ1、しょうゆ大さじ1/2、塩少々を合わせる。
③イワシをさっと洗い、水気をふいてこんがり焼き、(2)に10~30分つける。
④ミョウガは縦半分に切り、薄切りにする。水にさらして水気をきる。
⑤大根はおろして水気をきる。カイワレは根を切り落とし半分に切り、大根おろしと混ぜる。
⑥器にイワシを盛り、ミョウガ、大根おろしを添える。

 2018年10月17日の「いただきます 旬の青魚レシピ」は、【サバの塩焼きマリネ】(353kcal)。
『主な材料』(2人分)
・サバ・・・2切れ(200g)
・ピーマン・・・1個
・パプリカ(黄)・・・1/4個
・パプリカ(赤)・・・1/4個
・タマネギ・・・20g
・ニンニク・・・小1/2片(5g)
『作り方』
①サバは3~4つに切り、塩小さじ1/3をふって10分くらいおく。
②ニンニクは薄切りにし、酢・オリーブ油各大さじ2、塩・こしょう各少々を合わせる。
③ピーマンは半分に切り、種とヘタを取る。パプリカも種とヘタを取る。ピーマンとパプリカはグリルで焦げ目がつくまで焼き、ひと口大に切る。タマネギは薄切りにする。
④(2)に(3)を漬ける。
⑤サバは水気をふき、グリルで両面焼き、(4)に加えて30分以上なじませる。

 2018年10月18日の「いただきます 旬の青魚レシピ」は、【サンマのごままぶし】(223kcal)。
『主な材料』(2人分)
・サンマ・・・大1匹または小2匹(180g)
・ショウガ1かけ(10g)
・いりごま(白)・・・大さじ2
『作り方』
①サンマは頭と内臓を除いて洗い、3cm長さの筒切りにする。
②ショウガは薄切りにする。鍋に水100ml、酒大さじ2、しょうゆ大さじ1/2、砂糖小さじ1、ショウガを入れて煮立て、サンマを入れる。落としぶたをして(鍋ぶたなし)弱めの中火で約10分煮る。
③いりごまを小鍋に入れて温める。ペーパータオルの上で切る。
④(2)の落としぶたを取り、残った煮汁を飛ばしながら煮からめる。サンマを取り出し、器に盛り、ごまをまぶし、ショウガを添える。

 2018年10月19日の「いただきます 旬の青魚レシピ」は、【サバのマスタード焼き】(394kcal)。
『主な材料』(2人分)
・サバ・・・2切れ(200g)
・タマネギ・・・1/2個
・トマト水煮缶・・・200g
・牛乳・・・大さじ2
・マヨネーズ・・・大さじ1
・粒マスタード・・・大さじ1/2
・レモン汁・・・小さじ1
『作り方』
①牛乳、マヨネーズ、粒マスタード、レモン汁を合わせる
②タマネギは薄切りにする。フライパンに油大さじ1/2を温め、タマネギがしんなりするまで炒め、トマト水煮、塩・こしょう各少々を加えて5分煮る。耐熱容器に入れる
③サバは半分に切り、塩・こしょう各少々をふり、小麦粉小さじ2をまぶす。フライパンに油大さじ1/2を温めサバを両面焼く
④②にサバをのせ①をかける。オーブントースターで4~5分焼く。
(ベターホームのお料理教室)

本日のカウント
本日の歩数:5,097歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.5kg、10.8%
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「菊姫 山廃純米酒」、そして「ふわふわっとろとろっ 幸せのたまご」 | トップページ | 新米の季節です!ごちそう炊きたてごはん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/67356488

この記事へのトラックバック一覧です: 「いただきます 旬の青魚レシピ」:

« 「菊姫 山廃純米酒」、そして「ふわふわっとろとろっ 幸せのたまご」 | トップページ | 新米の季節です!ごちそう炊きたてごはん »