« 「大庭英子のおいしい家ごはん」(9-3)「栗ごはん」 | トップページ | 「エリンギ」「茶豆」、そして「いただきます ほくほくさつまいも」 »

2018年10月18日 (木)

「むかし むかし」、そして「秋の花粉症」

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「1か月連動企画!1日1区さんぽ」「墨田区」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/73317/1205538/
「業平」
♪ 東京 マイ・ペース(1974年)
*両国花火:
 江戸時代、川開きの水神祭で花火を打ち上げたのが隅田川花火大会のルーツと言われている。
<十間橋>
*東京スカイツリー:
 日本初の生コンクリート工場と東武鉄道の引き込み線があった場所。
<はんこセンター 慶応堂 押上店>
<業平屋>大正13年創業
♪ サウスポー ピンク・レディー(1978年)
<春慶寺>
《パンダジュース》平成26年創業
・りんごと柚子と生姜とハチミツとシナモンのホットスムージー 480円
<十光プレス>クリーニング
<柳嶋 妙見山 法性寺>1492年創建
・「富岳三十六計 遠江山中」葛飾北斎
・「大施無畏図」棟方志功
<オオヌキ>昭和23年創業、日常雑貨
「両国」
♪ ハッとして!GOOD 田原俊彦(1980年)
《両国メンチ》平成24年創業
・ロースメンチカツ 250円
<エノモト時計店>昭和4年創業
※スタジアムは明治42年、常設相撲場として開館。昭和27年、国際スタジアムに売却。昭和58年に解体。両国国技館は昭和60年から現在の場所に作られた。スタジアムでは力道山の試合や美空ひばりのコンサートも行われた。
<諸宗山 無縁寺 回向院>1657年創建
※回向院相撲:
 1768年に境内で勧進相撲興行が始まった。

 「昼めし旅」は、「岩手県 花巻市」。8/22の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1190254/
 宮沢賢治の生まれ故郷、わんこそば
<早池峰神社(はやちね)>
*早池峰神社例大祭:
 早池峰山で約400年続くお祭り。毎年7月31日~8月1日に行われる。
・2009年ユネスコ無形文化遺産 早池峰神楽
《民宿 大和坊》柳田さん
・ブナカノカの油炒め
※ブナカノカ(別名 ブナハリダケ)、ブナの木に生える白色のキノコ。秋に採取したものを煮て、塩漬けにして保存。
①キノコを丁寧に水で洗い、油をひいたフライパンで炒める。
②醤油とみりんで味付け。
・ヤマメの甘露煮
①ヤマメを焼く。
②醤油、砂糖、煎茶で炊き、身を柔らかくする。
・山菜の煮付け
・あんこ餅
<石黒農場>多田さん
*ほろほろ鳥:
 アフリカ南部に生息するキジ科の鳥。日本で飼育している施設は珍しい。
・むね肉のたたき
①ほろほろ鳥を塩、胡椒して鉄板で軽く炙り、食べやすい大きさにカット。
②大根おろしとねぎを添える。
・炊き込みご飯
①お米をほろほろ鳥で取った出汁、醤油で30分ほど炊き上げる。
②焼いたほろほろ鳥のモモ肉をカットして入れ、蒸らす。
・ほろほろ鳥のトマト煮込み
①ほろほろ鳥を一口大にカット。タマネギと一緒に塩、胡椒で炒める。
②ほろほろ鳥で取った出汁を入れる。ふたをしてしばらく煮込む。
③ミニトマトをつぶす。玉ねぎ、青唐辛子をみじん切りにし、トマトと合わせ、フライパンで炒める。
④ほろほろ鳥で取った出汁、塩、胡椒を入れる。②を入れてさっと炒める。
・トマトパスタ
①フライパンでほろほろ鳥を塩ゆでにし、そこにパスタを投入。
②麺が茹で上がったら、残しておいたトマトソースを絡める。塩、胡椒する。
・燻製のサラダ
・鉄板焼き

 「キリン」より、メール。「一番搾り とれたてホップ 生ビール」が、10月23日(火)発売!!!
https://www.kirin.co.jp/products/beer/ichiban/toretatehop/?utm_source=ismndm&utm_medium=email&utm_campaign=own-IS_ismndm_181018_b&utm_content=1&agechk=1
 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「水郷どりの 鶏ちまき」の案内♪
https://item.rakuten.co.jp/suigodori/timaki/?scid=rm_197493

 今朝は、草取りをしましょう!土日だけじゃ取りきれないからね!
 それから、出勤!

 仕事を終え、帰宅。
「むかし むかし」、そして「秋の花粉症」

 帰宅して「薩摩伝承かめ仕込み むかし むかし」で一杯♪いも焼酎の香りって、いいね↑↑↑
封緘 梶 八百四拾五番
 本格焼酎
 古酒
薩摩伝承かめ仕込み 古酒 むかし むかし
 Once Upon A Time
AKE3N
 創業百年を超える伝統ー。
 創業当時からの味わいを現代まで引き継がれ 変わらぬ味わいを守り続けております。
品名 本格焼酎
原材料名 さつまいも(鹿児島県産)・米麹
アルコール分 25度
内容量 1800ml
丸西酒造合資会社
鹿児島県志布志市有明町蓬原1397-1
TEL (099)475-0111

http://www.marunishi-shuzo.com/

「むかし むかし」、そして「秋の花粉症」

 おつまみは、先日100g105円で買った「静岡県産 かつお土佐造り 刺身用」♪
炭火焼き たたき
 美味しさは「鮮度」と「焼き」にあり。

「むかし むかし」、そして「秋の花粉症」

 薬味は先日買った「タマネギ」に「柚子こしょう」♪

 デザートは、昨日いただいた柘榴

 ここで、『 やすらぎ通信 』 第706号 2018.10.16より、「秋の花粉症」の引用♪
 朝夕が寒くなってきて、風邪を引いたのか、鼻水や咳が出るという方がたくさんいますね。
 ただ、この時期は、秋の花粉が飛ぶ季節なので、しっかり見分けて、対処してください。熱が上がってきたり、鼻水が黄色で粘るようになったら風邪です。温かくして、しっかり睡眠をとって、風邪を経過させてあげましょう。
 一方、秋の花粉の場合は、サラサラの鼻水がたら~。目や鼻の周りがかゆい。喉もイガイガする感じがする。熱はないか、あっても微熱程度。特に、スギ花粉などのアレルギーがある方で、寝不足や疲れが溜まっている方は、急に秋にも症状が出る方がいます。
 秋の花粉は、ブタクサやヨモギが代表ですが、ダニやカビ、ハウスダスト、動物の毛など、気にし始めたらキリがないですね。花粉症といっても、花粉だけが問題ではなく、自分の体の中にある免疫細胞の暴走が原因です。
 アレルギーの症状は、体の状態を教えてくれる、大事なサインです。症状が出たら、腸内環境を整えるために、食事を見直し、ゆっくりよく噛んで食べ、睡眠もたっぷり取るようにしましょう。
 花粉症も風邪も、体からの大事なメッセージ。せっかく出てくれた症状を頼りに、自分の体を整え、体内をリフレッシュしてしまいましょう。
■ 断食×リトリート

http://www.y-sato.com/diary/yasuraginosato/602.html

本日のカウント
本日の歩数:6,777歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.6kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「大庭英子のおいしい家ごはん」(9-3)「栗ごはん」 | トップページ | 「エリンギ」「茶豆」、そして「いただきます ほくほくさつまいも」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/67287193

この記事へのトラックバック一覧です: 「むかし むかし」、そして「秋の花粉症」:

« 「大庭英子のおいしい家ごはん」(9-3)「栗ごはん」 | トップページ | 「エリンギ」「茶豆」、そして「いただきます ほくほくさつまいも」 »