« 「fairvalley」、そして「じわじわキテます。とろ〜り溶かしてかける「ラクレットチーズ」」 | トップページ | 「大庭英子のおいしい家ごはん」(9-3)「栗ごはん」 »

2018年10月16日 (火)

<食卓ものがたり> クリ

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「1か月連動企画 1日1区さんぽ」「新宿区」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/73317/1204988/
*新宿駅:
 1日の平均乗降客数が世界一。ギネス世界記録に認定!
「神楽坂」
(《料亭 松ヶ枝》)
♪ 恋の神楽坂 井上陽水(1994年)
《紀の善》昭和23年創業、甘味処
<老舗 助六>明治43年創業、履物
<四季のきもの ほてや>大正初期 創業、呉服屋
《梅花亭》昭和10年創業、和菓子
・鮎の天ぷら最中 270円(1個)
<花豊>天保5年創業、花屋
<相馬屋源四郎商店>江戸時代創業、文具店
☆オリジナル原稿用紙 302円(B5判 100枚)
「高田馬場」
昼《吉田屋そば》昭和48年創業
・天玉そば 430円
夜《幸寿司》
☆特選にぎり 2,000円(1人前)
♪ 風 はしだのりひことシューベルツ(1969年)
*戸山ハイツ:
 昭和20年代に戸山公園敷地内に建設
<新宿御苑>入園料 200円
 明治時代、武家屋敷があった場所に農業試験場を設立。
・サービスセンター
 東京産業文化博覧会:昭和25年開催。メイン会場は歌舞伎町地区。入場券は福引付き。
 新宿御苑児童遊園地:博覧会の第2会場として遊園地が設立。

 「昼めし旅」は、「長崎県 壱岐島」。8/20の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1189704/
 ウニ、生ウニ丼 3,800円(《大幸》)
※ムラサキウニ:5月~6月
 バフンウニ:6月~7月
 赤ウニ:8月~9月
・電動アシスト付レンタサイクル 午前9時~午後5時まで 4時間まで1,000円/1日2,000円
「清石浜(くよしはま)海水浴場」
《海女さんちの家》
《食堂 はらほげ》
<藤本さん>
・汁なしサザエうどん
①サザエを殻ごと塩茹でする。
②うどんを茹で、器に盛り、うどんスープの素(粉末スープ)をかける。
③サザエを一口大に切り、のせる。
・イカ明太
・カボチャ、タマネギのサラダ

 この間の「ピエール瀧のしょんないTV」は、「しょんない秋のパンまつり 後編」。
http://www.satv.co.jp/0300program/0040shonnaitv/back/
*「株式会社 ヤタロー」浜松市東区
 イート院擦れペースもあるシャンボールでパンを製造、販売。
☆パニーニ
・静岡おでん風パニーニ
*「ウィンウィン」静岡市駿河区
☆メープルラウンド
・フランスカラ―のコッペパン
*「三立製菓株式会社」浜松市中区
☆かにぱん
・ピエールぱん

 「クラブツーリズム」より、メール。
▽「旅の友」Web版【中部・東海版】はこちら
https://www.club-t.com/nagoya/tabinotomo/?waad=AzybdChg

 新聞の広告に別荘地の案内が出ていた。
飛騨高山「荘川の森」本年度最終別荘フェア
日時 10/13(土)・14(日)・20(土)・21(日)
笑顔も、秋晴れ。
 只今「荘川の森」別荘地では、「本年度最終別荘フェア」を開催中。あなたもそろそろ今年から、別荘ライフを楽しんでみませんか。
荘川一級建築事務所 株式会社 荘川
名古屋市中区栄2丁目5番17号
TEL 0120-21-6637

http://shokawanomori.com/

 『田舎暮らしの本』2018年11月号の「全国の市町村をご案内!ゆるナビ」第21回「愛知県 蒲郡市」の引用♪
 渥美半島と知多半島の間の海辺の観光地。海の中に山車(やま)を引き入れる豪快な三谷(みや)祭りや、魚介、温泉、縁結びも!これからの季節も海を満喫しよう。
・面積 56.89km
・人口 8万454人(平成30年9月1日現在)
・アクセス
 東京駅から東海道新幹線で豊橋駅まで約2時間、豊橋駅から東海道本線で蒲郡駅まで約10分
 東名高速道路音羽蒲郡ICから三河湾オレンジロード経由で約10分
・西浦温泉観光センター あさひちゃん&ゆーひくん
・アカザエビ
 ねっとりとした濃厚な味わいが特徴。漁獲量が少なく、養殖もできないため、市場にあまり流通しない超高級食材!
・蒲郡メヒカリのから揚げ
 水深200~300mに生息するメヒカリ。身がやわらかく、脂がまったりとしておいしい。骨ごと食べられるので栄養満点。
・三谷祭り
 山車を海に引き入れる海中渡御(かいちゅうとぎょ)が迫力満点の、八剱(やつるぎ)神社と若宮神社の例祭。ワッショイのかけ声や水しぶきとともに、4台の山車が400mにわたって海を進む様子は圧巻!祭りは10月20日(土)。21日(日)開催、海中渡御は21日(日)に行われる。300年以上の歴史を誇る無形民族文化財。
・蒲郡竹島
 島の中央には日本七弁財天の1つ「八百富(やおとみ)神社」があり、長さ387m、別名「縁結びの橋」を呼ばれる竹島橋で陸地と結ばれている。国の天然記念物。
・海辺の文学記念館
 川端康成や蒲郡出身の宮城谷昌光、平野啓一郎などの作品を展示。建物は、多くの文人に愛された料理旅館「常盤館」を再現。5~10年後の未来に手紙を投函できる「時手紙」が人気!
・温泉のまち!「西浦温泉旬景浪漫銀波荘(しゅんけいろまんぎんぱそう)」「蒲郡温泉ホテル竹島」
 海岸線沿いに4つの温泉地を持つ、愛知県最大の温泉観光地。竹島や海を望みながらの温泉巡りも楽しい。

 仕事を定時に終え、帰宅。
 帰宅して「冬瓜と黒はんぺんと厚揚げの煮物」で一杯♪大停電前に買って冷凍しておいたものを使い切らないといけないんだよね・・・贅沢に材料を使っているね・・・2食分が1食になっているね・・・↓
<食卓ものがたり> クリ

 30%引きで買った「黒はんぺん」を入れる。
焼津 名産 敏 黒はんぺん
 駿河湾深層水利用
魚肉練製品
yaizu
 毎度敏のはんぺんをお買い上げ頂き誠に有難うございます。
 黒はんぺんは、新鮮なサバ・イワシを骨もまるごとミンチにし、駿河湾深層水を加え、敏独自の製法を加えてありますので、より一層おいしくなりました。生、又は焼いてしょうが醤油で、フライ・おでん・煮付等お好みに合わせてお召し上がりください。
※黒はんぺんは生ものです。
 鮮度保持の為すぐに冷蔵庫(1℃~10℃)にて保存され、早目にお召し上がりください。
内容量 8枚
100g当たり 123kcal
製造者 (有)丸敏増田商店
静岡県焼津市石津中町1-5
TEL 054(624)4991
FAX 054(623)3238

<食卓ものがたり> クリ

 30%引きの73円で買った「厚揚げ」も入れるんです!
いつでも 絹 厚揚げ
 もっちり やわらか食感
おいしさ長持ち製法 ツインパック
 煮ても、焼いても、おいしい
やまみ
1枚×2パック
100g当たり105kcal
名称 絹ごし厚揚げ
製造者 株式会社 やまみ 関西工場
滋賀県甲賀市水口町さつきが丘16
TEL 0120-047-803

<食卓ものがたり> クリ

 デザートは頂いたチョコレート♪
コロンビアミルク
 Royce'  Pure Chocolate
 Colombia Milk

 急に寒くなってきたね。秋だね。ここで、2017年10月7日の朝刊より、「<食卓ものがたり> クリ(岐阜県中津川・恵那市)」の引用♪
 秋の味覚として全国的に知られる岐阜県東濃地方の栗きんとん。材料のクリの収穫が続く九月下旬、同県中津川市の旧坂下町地区を訪ねた。青みがかった恵那山を望む畑に整然とクリの木が並ぶ。足を踏み入れると土はふわっと軟らか。落ちたイガから、つやつや光る実が顔をのぞかせている。
 夏の天候不順で「ことしはちょっと小さめ」と農家の鎌田一三(いちぞう)さん(71)は言うが、機械でイガを除き、水で洗ったクリはほとんどが三センチを超える大きさ。多い時で一日一トン収穫する。
 木は放置すれば八メートル以上の高さになるが、畑では五メートル以下に抑えられている。県が開発した「超低樹高栽培」。主要な幹をあえて剪定(せんてい)することで枝が横に広がる。日当たりがよくなり、高齢者も手入れしやすい。鎌田さんは「冬場の剪定は大変だが、木が健康になり実が大きく育つ」と話す。
 中津川市や隣接する恵那市は山間地で、かつては山でクリを収穫し、家庭で栗きんとんが作られていた。栽培は百年前から続くが、一九八〇年代に地元菓子店の商品が全国の百貨店で扱われるようになると、生産が追い付かなくなった。九州など他県のクリが大量に使われ、高齢化も重なって地元の生産は縮小した。
 恵那市の菓子店「恵那川上屋」の鎌田真悟社長(54)はそのころ、修業先の東京で岐阜の栗きんとんを食べ「昔と味が違う」と感じた。他県のクリは加工までに日数がかかり、当時の技術では鮮度が落ちる。地元に戻るとクリ農家と交渉。新たな栽培法での生産の再開を訴えた。選別の基準を厳しくした上で九四年に全量を買い取る約束を交わし、「超特選恵那栗」というブランドへと発展した。
 当初は年間十トンだった出荷量は、今では両市の五地区で百トン近くに上る。こうした動きに押し上げられ、この地域全体のクリの出荷量も伸びている。「栗菓子の里を栗の里へ」。鎌田社長の夢は、夢でなくなっている。
 (文・写真、小中寿美)
◆味わう
 中津川市の老舗の川上屋から、のれん分けの形で創業した恵那川上屋。クリを使った多彩な商品を扱うが、鎌田社長のお薦めは何と言っても「栗きんとん(恵那栗)」=写真。収穫された超特選恵那栗を当日中に入荷し、砂糖だけを少量加えて炊きあげ、職人が茶巾で絞る。口の中でホロリとほどけ、クリ本来の香りが広がる。収穫時期で異なる品種を使うため、買う時期によって味や粘りが微妙に違うという。栗きんとんは1個230円(税込み)。問い合わせは同社=電0573(20)1196。

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2017100702000006.html

本日のカウント
本日の歩数:7,787歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.5kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「fairvalley」、そして「じわじわキテます。とろ〜り溶かしてかける「ラクレットチーズ」」 | トップページ | 「大庭英子のおいしい家ごはん」(9-3)「栗ごはん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/67280618

この記事へのトラックバック一覧です: <食卓ものがたり> クリ:

« 「fairvalley」、そして「じわじわキテます。とろ〜り溶かしてかける「ラクレットチーズ」」 | トップページ | 「大庭英子のおいしい家ごはん」(9-3)「栗ごはん」 »