« <食卓ものがたり> 十分杯(じゅうぶんはい) | トップページ | 「はま寿司」、そして「土井善晴の料理は楽し」(2-4)「手羽元のかつお節まぶし」と「まぐろ山椒とろ炊き」 »

2018年10月 6日 (土)

「大庭英子のおいしい家ごはん」(6-1)「鶏のから揚げ」

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「1か月連動企画 1日1区さんぽ」「大田区」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/73317/1202223/
♪ ランナウェイ シャネルズ(1980年)
<ニッセイアロマスクエア><大田区民ホール アプリコー>
《中華楼》
・海老焼き餃子 400円(1人前)
《蹴飛ばし 四代目 福屋》
☆鮮馬刺し 5種盛り 3,175円
☆桜鍋 1,490円(1人前)
☆レバ刺し 1,706円
「馬込文士村商店会」
※馬込:自動車が普及する昭和初期まで乗合馬車が運行。馬が多く往来していたため「馬込」となったといわれている。
♪ スマイル・フォー・ミー 河合奈保子(1981年)
<大田区立郷土博物館>入館料無料
*羽田競馬場:
 現在の羽田空港の場所に5年間しかなかった。東京に地方競馬場が初めてできたのは昭和2年(東糀谷)。東京初の地方競馬場として日本一の売上を誇っていた。日中戦争の始まりと共に廃止。広い敷地の競馬場は空港となり、終戦後、品川区大井に競馬場が開かれた。

 「昼めし旅」は、「宮城県 塩竃市 浦戸諸島」。8/9の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1186732/
「朴島」
《川畑水産》
★宅配弁当 花まる弁当(塩釜)
TEL:022-366-8704
住所:宮城県塩竈市港町2-6-15
 和風 幕の内 616円(税込)
・パプリカの玉子スープ
①パプリカを切る。煮る。
②溶き卵を入れる。青じそをふる。

①ご飯にベーコンを入れて炒める。
②青じそをトッピング
・酢とゴマのサラダ
・青じその卵焼き
・牡蠣の佃煮
「寒風沢島」
「塩釜港」
《炭火焼き肉 とんとん》
★米沢牛 上カルビ 1350円(税込)
・タンとカルビの玉子丼
①牛舌の切れ端、カルビの切れ端を炒める。タマネギを入れ、醤油とみりんで甘辛く煮込み、卵でとじる。
②ご飯の上にかける。

 「JAF」より、メール。「【特集】台風再び! 備えあれば憂いなし。
━━━ ◎ ━━━━━━━━━━ ◎ ━━━━
 この週末にかけて、新たな台風が接近中です。できる備えはしたいもの。参考になる記事をどうぞ!
「「台風に備えて「正しい土のうの作り方」教えます。」

http://mpse.jp/jafmw/c.p?42czK6Z2far
「台風襲来!そのときダムは!?」
http://mpse.jp/jafmw/c.p?52czK6Z2far
「いまさら聞けない「発炎筒」あれこれ」
http://mpse.jp/jafmw/c.p?62czK6Z2far
「わずか2.5cmのすき間に対応したメンテナンスフリーの災害救助用ジャッキが登場!500kgから2tまで持ち上げられる!!」
http://mpse.jp/jafmw/c.p?72czK6Z2far
「知っているようで知らない「災害用伝言ダイヤル」の使い方!」
http://mpse.jp/jafmw/c.p?82czK6Z2far

 今日は、「休日」かつ「ムラの祭り」なのに仕事・・・。

 昼食は、「かつさと」で、「親子丼」を食べに出ようと思っていたが、機会を逸してしまい、昼食抜き!!!
http://www.katsusato.com/

 仕事を終え、帰宅途中、スーパーに寄る。
 売り出しの「明治ブルガリアヨーグルト カルシウムと鉄分」138円を買う。サービスポイントが20ポイント付くから、118円になるよね♪

 帰宅して、「白菜」と「大根」の種を蒔いたよ!台風の煙害でやられたからね!!!

「大庭英子のおいしい家ごはん」(6-1)「鶏のから揚げ」

 夕方は、「しょうゆ風味若鶏唐揚げ(ハラル認証済み)」で一杯♪
鶏から揚げ
内容量 1kg
原産国 ベトナム
輸入者 双日食品株式会社
東京都港区六本木三丁目1番1号
EXP 19.09.01
LOTBI03BA01

 2018年6月3日の「大庭英子のおいしい家ごはん」は、【鶏のから揚げ】(758kcal)。
塩としょうゆ 味比べ
 シンプルな塩レモン味と、定番のニンニクしょうゆ味。揚げる手間は一緒なので、2種類で味の違いを楽しみましょう。
『材料』(4人分)
<A:塩レモン味>
・鶏もも肉・・・2枚(500g)
・酒・・・大さじ1
・しょうゆ・・・大さじ1
・塩・・・小さじ1/2
・ショウガ汁・・・小さじ1
・コショウ・・・少々
・レモン汁・・・大さじ2/3
<B:ニンニクしょうゆ味>
・鶏もも肉・・・2枚(500g)
・酒・・・大さじ1
・しょうゆ・・・大さじ2
・ニンニクのすりおろし・・・小1かけ分
・ショウガ汁・・・小さじ1
・コショウ・・・少々
・ゴマ油・・・大さじ2/3
・煎(い)り白ゴマ・・・大さじ2
・煎り黒ゴマ・・・大さじ1

・片栗粉、揚げ油・・・各適量
・レタス、キュウリ、プチトマトなどの野菜を添えて
①下味をつける
 A、Bとも鶏肉は縦半分に切り、長さを3等分に切る(=1枚を6等分に切る)。ボウル2個に鶏肉を半量ずつ入れて、それぞれにA、Bの調味料を加え、室温に20~30分おいて味をなじませる。
②水気を拭き取る
 ペーパータオルを広めに敷いて、(1)の鶏肉を重ならないように並べ、上からもペーパータオルをかぶせて手で押さえ、水気を拭く。
③Aを揚げる
 直径28cmのフライパンに、深さの半分程度まで揚げ油を入れて高めの中温に熱する。Aの鶏肉に片栗粉をまぶして油に入れ、弱めの中火で、途中裏に返して4~5分かけて揚げる。最後に高温にして、カリッとさせて取り出す。
④Bを揚げる
 Bの鶏肉は水気を拭いたあとに白ゴマ、黒ゴマをまぶしつける。片栗粉をまぶし、Aと同じように弱めの中火で4~5分揚げて、最後に高温にしてカリッと仕上げる。
⑤盛りつける
 器にAとBのから揚げを盛り合わせ、好みで生野菜を添える。
《わたしの台所》
 から揚げのおいしさの秘訣(ひけつ)は、下味をしっかりつけること。今回はさっぱりとした塩レモン味と、パンチの効いたニンニクしょうゆ味の2種類を作りました。いずれも鶏肉に下味の調味料をまぶして、20分以上室温におき、味をよくなじませます。
 なぜ室温かというと、冷蔵すると鶏肉が冷たくなり、揚げるときに油の温度が下がってしまうから。鶏肉が冷たいとまわりばかりが焦げて、なかなか中まで火が通らない・・・という事態にもなりかねないのです。
 下味をつけた鶏肉を冷蔵庫に入れておきたいときは、揚げる30分~1時間前に出して常温にもどす。大事なポイントです。

http://opi-rina.chunichi.co.jp/gourmet/20180605iegohan.html

本日のカウント
本日の歩数:10,487歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:51.8kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« <食卓ものがたり> 十分杯(じゅうぶんはい) | トップページ | 「はま寿司」、そして「土井善晴の料理は楽し」(2-4)「手羽元のかつお節まぶし」と「まぐろ山椒とろ炊き」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「大庭英子のおいしい家ごはん」(6-1)「鶏のから揚げ」:

« <食卓ものがたり> 十分杯(じゅうぶんはい) | トップページ | 「はま寿司」、そして「土井善晴の料理は楽し」(2-4)「手羽元のかつお節まぶし」と「まぐろ山椒とろ炊き」 »