« 「麺場 田所商店」「富良野の薫り」、そして「丹波の黒豆」 | トップページ | 「キッチンライフ」、そして「<食卓ものがたり> とうふ竹輪」 »

2018年10月 9日 (火)

「大庭英子のおいしい家ごはん」(4-3)「鶏ハム」

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「1か月連動企画!1日1区」「葛飾区」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/73317/1203061/
<柴又帝釈天>
※葛飾柴又:東京都初、国の重要文化的景観
<園田神佛具店>
《川千家》川魚料理
《高木屋老舗》明治1年創業、「男はつらいよ」寅さんの実家のモデルとなった店
・草だんご 12粒 650円
♪ 男はつらいよ 渥美清(1970年)
※人車鉄道:人が押す鉄道。明治32年に柴又に駅ができる。
 柴又帝釈天の参道:農家が茶店を出したのが始まり。
《大和家》天ぷら屋
☆大海老天丼 1,620円
《大徳》漬物、佃煮
☆きくらげの佃煮 500円
<渋江公園>
※葛飾区:おもちゃ産業の街。セルロイド工場で多くのおもちゃが作られた。
<株式会社タカラトミー本社>
※葛飾区立石:キャプテン翼の作者、高橋陽一先生の出身地。
♪ 燃えてヒーロー 竹本孝之(1985年)
《鳥善商店》お惣菜
《鈴屋食品》
《伊勢伊酒店》

 「昼めし旅」は、「神奈川県 二宮町」。8/13の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1187803/
 アジ、スルメイカ、落花生、椎茸
<秋山丸>
*地引網漁:1回4万円で体験できる。
 シラス、ハコフグ、イカ、イシダイ、ウルメイワシ
・シラス、イカ、ウルメイワシの刺身
・サバの味噌煮
・ポテトサラダ
・天ぷら(ナス、ピーマン、タマネギ)
・冷奴
<白田さん>《だるま》天丼、創業125年
・タマネギと牛肉の塩ダレ炒め
①タマネギを切る。
②タマネギを牛肉(塩ダレ付き)とフライパンで炒める。
・チキン南蛮と春巻き
・焼き厚揚げのなめ茸がけ
①厚揚げをマーガリンで焼き、なめ茸をかける)

 「二軒目どうする? ~ツマミのハナシ~」は、「文京区 岸明日香と千駄木で飲む」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/nikenmedousuru/
《花いち》
《魚貝三昧 彬》《鮮魚山長》
☆さんまで包んだ焼きおにぎり 1058円
・麦焼酎水割り 540円
・芋焼酎水割り 540円
・芋焼酎ソーダ割り 540円
・鳥魚刺身3点 2268円
・銀ムツのかま煮付 1058円
・梅酒サワー 540円
※ツマミのハナシ①:
 ”銀ムツ”という名で流通していたが、正式にはマジェランアイナメ属スズキ目の魚で市場では「メロ」と呼ばれている。
《旨い酒・肴・故郷の味 ふるさと おばこ》
☆ハゼの唐揚げ 800円
・青森の日本酒 800円
・とんぶりとろろ 450円
・ほや塩 600円
※ツマミのハナシ②:
 ”とんぶり”の名の由来は「ぶりこ(ハタハタの卵)に似た、唐伝来のもの」

https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/73577/1193169/

 青森の日本酒で有名のは、「田酒 (でんしゅ)」かな!
https://www.saketime.jp/ranking/aomori/
「株式会社 西田酒造店」
青森県青森市大字油川字大浜46番地
電話 017-788-0007

http://www.densyu.co.jp/

 「きじまりゅうたの小腹がすきました!」は、「カフェ飯風 そうめん春巻きの巻」。
http://www4.nhk.or.jp/P4131/22/
・そうめん生春巻き
『材料』(1人分)
 ライスペーパー:2枚  ゆでたそうめん:100g  生ハム:小4枚  サニーレタス:2枚  細ねぎ:2本  大葉:2枚
 薬味:白いりごま  錦糸卵(3mm細さ)  みょうが(5mm斜め切り)
A 麺つゆ(3倍濃縮タイプ):小さじ2  ごま油:小さじ1/2
B 水:適量  油:少々
『作り方』
①レタスはちぎる。ネギは20cm長さに切る。そうめんはAをからめてほぐす。
②Bをバットなどで混ぜ、生春巻の皮をくぐらせて、まな板にのせる。
③具をのせる。皮の手前にレタスとそうめんをのせ、奥に薬味を散らし、生ハムと大葉をのせる。
④手前からひと巻きし、両端を折りたたみ、ネギをのせてそのまま巻ききる。
⑤食べやすい大きさに切る。
・生春巻きのくず切り風
『材料』(1人分)
 ライスペーパー:2枚 みかんの缶詰(あれば):適量
 黒蜜:適量 きな粉:適量 冷水:適量
『作り方』
①ライスペーパーをハサミで1.5cm幅の細切りにする。
②ボウルに切ったライスペーパーを入れて水を注いで2~3分ほど置く。器にやわらかくなったライスペーパーと、あればみかんを入れ、冷水を注ぐ。
③別の器に黒蜜ときな粉を入れる。
④ライスペーパーを3.につけて食べる。

 朝刊の広告に「ラの壱」の「鶏唐揚げ 一皿試食券」が付いていたが、近所にないじゃないですか!
http://www.ranoichi.com/

 「稲森酒造」というメーカーがあったのですね!
・出世鶴
※平成23年、残念ながら廃業されました
三重県津市美杉町奥津1100
電話:059-274-1111(FAX:1112)

http://www.zb.ztv.ne.jp/htf-iwata243120/file10inamorisyuzou.htm

 眼科に電話して、診察の予約をする。

 急に夕方の仕事を頼むなよ!!!事前に分かっているなら、早めに知らせてよ!!!
 そんなわけで、仕事をちょっと遅く終え帰宅。
「大庭英子のおいしい家ごはん」(4-3)「鶏ハム」

 帰宅して、とりあえずビール。おつまみは、「落花生の塩茹で」♪美味しいねぇ~!ビールに合うね♪♪♪
「大庭英子のおいしい家ごはん」(4-3)「鶏ハム」

 それに、「鶏チャーシュー もも肉 切落し」タマネギスライスを添えて♪♪♪
TOPVALU
 マイルドに味付けし 風味豊かに仕上げました。
1パック(100g)当たり188kcal
 五島灘の塩使用
販売者 イオン株式会社
千葉県千葉市美浜区中瀬1-5-1
TEL0120-28-4196

 2018年4月15日の「大庭英子のおいしい家ごはん」は、【鶏ハム】(250kcal)。
洋食の知恵で風味よく
 自家製の鶏ハムが静かな人気を呼んでいます。作り置きできる上に、添加物なしのヘルシーさ。作るのも楽しい料理です。
『材料』(2本分=4~6人分)
・鶏ムネ肉・・・大2枚(約600g)
・塩・・・小さじ1
<マリネの材料> 
 粒コショウ・・・少々
 白ワイン・・・大さじ2
 玉ネギ・・・小1/4個
 ショウガ・・・小1/2片
 ローリエ・・・2枚
 パセリの軸・・・適宜
 タイム・・・少々
 レモンの半月切り・・・6枚
・ケッパー、チャイブ、セルフィーユ、粒マスタード、オリーブオイル・・・各適量
・ミニトマト(黄色・赤)・・・適宜
①材料の下ごしらえをする
 鶏ムネ肉は皮のあるものは取り除き、包丁で開いて厚みを均一にし、塩をふる。
 マリネの香味野菜を用意する。玉ネギ、ショウガは薄切りにする。ローリエは手で裂く。
②鶏肉をマリネする
 バットに鶏ムネ肉を入れ、マリネの材料を加えて味をからめる。バットにラップをかけて冷蔵庫に入れ、一晩ほど漬け込む。
③成形する
 (2)の香味野菜を取り除き、広げたラップの上に鶏肉をのせる。ラップの上から、かたまりのハムのような円柱形に鶏肉を巻き込んで形作る。ラップの両側をねじるようにしてたこ糸で結び、ラップの上から肉全体にたこ糸を巻いて形作る。
④ゆでる
 鍋に水7~8カップを沸かし、(3)の鶏肉を入れる。再び煮立ってきたら、ふたをして弱火で8~10分ゆで、火を止めてゆで汁に浸(つ)けたまま冷ます。
⑤冷やす
 (4)が冷めたら、ゆで汁から取り出して冷蔵庫で冷やす。
⑥盛り付ける
 たこ糸、ラップをはずして、鶏ハムを6mm厚さの輪切りにし、器に盛る。ケッパー、細かく切ったチャイブやセルフィーユなどのハーブを好みで散らす。マスタードを少しずつのせて、オリーブオイルをふり、トマトを添える。
《わたしの台所》
 マリネとは欧米から伝わった料理の知恵です。レモンやお酢、香味野菜に漬け込むことで、肉や魚や野菜を軟らかくし、風味をよくする目的があります。
 白身魚、タコ、ホタテなどの刺し身や野菜は、マリネして生でも食べられます。今回の鶏ハムのように、マリネした素材をゆでたり、グリル(網焼き)やソテー(フライパン焼き)すると、おしゃれな洋風料理が手軽にできるのです。
 レモンや白ワインの風味をうっすらとまとった鶏ハムは、おつまみや人が集まるときの一品にうってつけ。朝ごはんにパンにのせて食べるのもおすすめです。保存はラップをしたまま冷蔵庫で。3~4日はおいしく食べられます。

http://opi-rina.chunichi.co.jp/gourmet/20180417iegohan.html

本日のカウント
本日の歩数:10,916歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:54.3kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「麺場 田所商店」「富良野の薫り」、そして「丹波の黒豆」 | トップページ | 「キッチンライフ」、そして「<食卓ものがたり> とうふ竹輪」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「大庭英子のおいしい家ごはん」(4-3)「鶏ハム」:

« 「麺場 田所商店」「富良野の薫り」、そして「丹波の黒豆」 | トップページ | 「キッチンライフ」、そして「<食卓ものがたり> とうふ竹輪」 »