« 昭和のごちそう プレイバック「ミックスフライ」「シャリアピンステーキ」「ポテトエッグハムグラタン」、そして「一ノ蔵 特別純米酒 ひやおろし」 | トップページ | 「いただきます ビールのおともに」 »

2018年9月18日 (火)

「キリン 秋味」、そして「おいしい ガーデニングライフ。vol.11「万能ハーブ・ローズマリーを一年中収穫するためには?」」

 今日は9月18日、「カップヌードルの誕生日」らしい・・・。

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「先取り!秋に行きたい街さんぽ」「埼玉県 秩父長瀞町」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/73336/747071/
「長瀞岩畳通り商店街」
♪ Don’t wanna cry 安室奈美恵(1996年)
《漬けもの処 たかはし》
・秩父ラムネ 150円(地ラムネ)
*しゃくし菜:秋が旬の秩父の伝統野菜。葉がしゃもじに似ていることから名前がついた。
・しゃくし菜炒め 500円
《松ばや》
・子持ち鮎 塩焼き 700円
 鮎は秋に産卵するため子持ち鮎の旬は秋。
《はやし》
*秩父のこんにゃく:古くから栽培され、弾力と歯ごたえが特徴。
・みそおでん 100円
<岩畳>
 国の天然記念物、長瀞渓谷にある巨岩。幅約50m、長さ約500mの1枚岩。
 景勝地・長瀞の岩畳:長瀞の岩畳は古くから景勝地として知られ、時には岩畳で月を愛でながら宴会も行われていた。
♪ 四つのお願い ちあきなおみ(1970年)
<長瀞舟下り>荒川
・長瀞舟下り レギュラーコース 6km 3,000円
※瀞場は流れが遅いため、竿を使いながら進む。瀞場が約1km続くので、長瀞の名前が付いた。
♪ 夜間飛行 ちあきなおみ(1973年)
《エビス園》
・入園料 200円 ※採れたぶどうは量り売り
・藤稔(ふじみのり)
・ちちぶ山ルビー(皮ごと食べられる種なしブドウ)
 栽培が難しい高級品種。値段はデラウエアの約2倍の1kg2,000円!
《阿左美冷蔵 金崎本店》明治23年創業のかき氷屋
※天然氷:宝登山にある氷専用プールで製造
・蔵元秘伝みつ極みスペシャル 1,500円
(抹茶あん、あずき、白あん)

 「相席食堂」は、7/15の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/abc/82706/727927/
「秋田県 仙北市 角館町」
 みちのくの小京都
《武屋屋敷の茶屋》
・丸こんにゃく 120円
《源八》
・ごまどうふ
《土間人》
《かじか瀬》
・ナポリタン 500円
《暫屋(しばらくや)》
※”やま”をぶつけ合う角館祭りが有名。

 「ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!」は、「船の○○丸の謎」。
http://www4.nhk.or.jp/onamae/
◆船の名前に「○○丸」とつけるのはどうして?
 船の名前に「丸」が文献に初めて登場するのは鎌倉時代。「坂東丸」(1187年)
 明治32年に施行された「船舶法」では商船の名前に丸をつけることを推奨。(平成13年に廃止)
*神奈川大学 国際文化交流学科 昆 政明
 愛玩物に○○丸という名前をつける。
 城郭説:軍船を城に見立てたという説(本丸、二の丸)
*大阪府立大学 教授 大形 徹
 船の丸は、おまる。
 悪霊は汚いものや臭いものが大嫌い!この考えが船に応用された。海難事故から船を守るため「丸」。汚い意味の丸をつけて大切なものを守るため。
 平安貴族などの麿・麻呂も丸が変化したという説も。
 名字の丸は形を表している。(丸山、丸岡など)
 丸サマ:千葉県の地名「丸」からつけている。
◆樗木(おおてき)ちょぼく:役に立たない
※樗(ニワウルシ)
 おおてき、おてき、ちしゃき
 鹿児島、福岡に多い
*大阪府立大学 名誉教授 平木 康平
 2400年前の中国に「荘子」という書物として今に伝えられている。
・樗:
 ある人:大きく育つばかりで役に立たない木だ。
 荘子:大きく育つからこそ木陰を作り人に休息を与えるんじゃ!
 一見無用に見えるものでも、見方を変えれば新しい価値が見出される。(無用の用)
*薩摩川内市川内歴史資料館 館長 中島 哲郎
 大型船の設計図:安宅船、樗木家で代々保管。
 樗木:船大工の棟梁
※樗:中国では謙遜の意味を含め、名前の一部に使っていた。
◆お茶碗はご飯を入れるのになぜ”お茶”がつくの?
・お茶碗:もともとお茶を飲む道具。ものすごく高価なもので庶民には手が届かなかった。
 もともとは木でできていたが、江戸後期から磁器・陶器で作られるようになった。大量生産できるようになり、お茶碗さまと売り出した。(ご飯を入れる器=お茶碗さま)
  汁椀・飯碗
◆日本人がつけた星の名まえ
 発見者が名前をつけられるのは小惑星のみ。小惑星を発表して名前をつけるには、国際天文学連盟の認定が必要。
 たこ焼き、早見優、庵野秀明、阪神タイガース、コンサドーレ、一寸法師、シジミ、じゃこ天
・王貞治(登録番号 61189)
・登録番号 10160 トトロ
・登録番号 8940 薬師丸ひろ子
※登録番号のゴロ合わせでお名前をつける!
・登録番号 9007 ジェームズ・ボンド
・登録番号 4321 ゼロ

 今日の夕方は、外の仕事・・・暑かったよ!!!
おいしい ガーデニングライフ。vol.11「万能ハーブ・ローズマリーを一年中収穫するためには?」

 仕事を終え、帰宅して、「キリン 秋味」で一杯♪
秋だけの贅沢なビール
 麦芽たぷり1.3本分
since 1991
ビール ALC 6%
100ml当たり 49kcal
原材料 麦芽・ホップ・米・コーンスターチ・
アルコール分 6%
内容量 350ml
製造者 麒麟麦酒株式会社
東京都中野区中野4-10-2
TEL 0120-111-560

http://www.kirin.co.jp/

おいしい ガーデニングライフ。vol.11「万能ハーブ・ローズマリーを一年中収穫するためには?」

 おつまみは、先日半額で買った「国産豚肉使用 生餃子」↑↑↑
beisia 国内製造
要冷蔵 12個入り
ぎょうざ1個あたり 39kcal
「調理方法」
①熱したフライパンに油約大さじ1杯ひき、餃子をはなして並べます。
②水を約150CC餃子の上からかえ、フタをして強火で蒸し焼きにします。
③水気がなくなったら弱火にしてナベ肌にまわる程度の油を差し、焼き目がついたら出来上がりです。
製造者 株式会社みまつ食品
群馬県前橋市上大島町2-1
販売者 株式会社ベイシア
群馬県前橋市亀里町900
TEL 0120-86-3332

 さらに「さつまいも焼き」♪

おいしい ガーデニングライフ。vol.11「万能ハーブ・ローズマリーを一年中収穫するためには?」

 デザートは、先日頂いた「みかん」♪

 ここで、『パコマ』2018年1月号の「おいしい ガーデニングライフ。 Season Delicious Gardening Life」vol.11より、「万能ハーブ・ローズマリーを一年中収穫するためには?」の引用♪
リフレッシュ効果のある香りで、料理の香り付けとしても使える、育てやすいハーブの代名詞!
*監修してくれた人 岡井路子さん
 ライフスタイルとしてのガーデニングを提唱する「マイ・ガーデニング・オフィス」主宰。暮らしの中で楽しめるおしゃれなガーデニングを提案。
おいしい ガーデニングライフ。vol.11「万能ハーブ・ローズマリーを一年中収穫するためには?」

栽培 CALENDAR
POINT① 育てたい場所や形状に応じて苗の系統を選ぶ。
 ローズマリーは大きく分けて2つの樹形タイプに分類される。上へ垂直に伸びたり扇形に広がる「立性(たちせい)」と、地面を這うように伸びていく「匍匐性(ほふくせい)」が代表的。見た目の好みや、栽培する場所なども含めて苗を選ぼう。
POINT② 生育旺盛なローズマリーは苗より一回り大きな鉢植えに。
 根の成育速度が速いローズマリー。購入した苗のままでは成長スペースが土の中でなくなり、時に根詰まりを起こして枯れてしまうことも。苗より一回り大きな鉢に、鉢底ネットと鉢底石と、水はけのよい培養土を入れ、苗の根鉢を崩さず植え替えよう。
POINT③ 鉢土表面が乾いたら水やりを。やり過ぎには注意。
 湿気を嫌うローズマリーは、「少し乾燥気味かな?」というくらいで育てるのが正解。特に冬場は乾かし気味の管理がおススメ。土の表面が乾いてきたら、2~3日おきに鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと水やりをしよう。葉先が細く丸まってきてからでも大丈夫。
POINT④ 枝が伸びたらこまめに選定を。多少切り過ぎくらいでOK。
 生育が旺盛な秋から春の時期は、放っておくと葉が密生し、日照不足や多湿で状況が悪くなり、病害虫が発生することも。まずは枯れ枝と枯れ葉を除去し、葉が込み合っている部分を中心に選定を。成長後の樹形を想像して好みのシルエットにしたい。
POINT⑤ 新芽5~6cmを切ったら下の葉を除いて挿し木に。
 選定した新芽の枝葉は、挿し木にすると増やすことができる。土に挿す部分の葉を摘み取り、根元を1時間ほど水に浸けたあと、土に直接挿すだけ。その後、たっぷりと水やりを。根の成育を促すため、冬場は室内のカーテン越しの窓辺に置くのが◎。
「インテリアとしての楽しみ方。」大きく育ったらクリスマスらしく飾りつけを。
 常緑の樹木であるローズマリーは、立性タイプを選んで育てると、大きく育つことも。リボンやガーデンオーナメントなどで飾り付けをすれば、これからのシーズンのインテリアの主役としても楽しむこともできる。
Recipe!【ローズマリーポテト】
『材料』
・じゃがいも・・・適量
・ローズマリー・・・適量
・オリーブオイル・・・適量
・塩、こしょう・・・少々
『作り方』
①じゃがいもはよく洗って4~6等分する。
②フライパンにオリーブオイルを入れて弱火にかけ、じゃがいもとローズマリーを加え、中火~弱火で5~7分間、全体にごんがりと焼き色が付き、串をすっと刺せるようになるまでじっくり焼く。
③最後に塩、こしょうで味を調える。
「VOICE」
 ローズマリーの一番の楽しみ方は、摘み取った葉を触って香りを楽しむこと。シンプルですが、アロマの効果もある香りに癒されます。料理などでたくさん使いたいなら、大きめのプランターで脇芽を増やして育てるのがいいと思います。他のハーブと寄せ植えにするのもおススメです。

本日のカウント
本日の歩数:12,054歩
(本日のしっかり歩数:4,030歩)
本日:52.8kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:12個

|

« 昭和のごちそう プレイバック「ミックスフライ」「シャリアピンステーキ」「ポテトエッグハムグラタン」、そして「一ノ蔵 特別純米酒 ひやおろし」 | トップページ | 「いただきます ビールのおともに」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/67182006

この記事へのトラックバック一覧です: 「キリン 秋味」、そして「おいしい ガーデニングライフ。vol.11「万能ハーブ・ローズマリーを一年中収穫するためには?」」:

« 昭和のごちそう プレイバック「ミックスフライ」「シャリアピンステーキ」「ポテトエッグハムグラタン」、そして「一ノ蔵 特別純米酒 ひやおろし」 | トップページ | 「いただきます ビールのおともに」 »