« 簡単アレンジ アジアン料理 | トップページ | 「秋刀魚の炒め煮」「さんまの梅チーズ蒔き」「カンタン酢でさんまのエスカベッシュ」「あじと玉ねぎの磯辺揚げ」「アジフライのトマト香味ダレ」 »

2018年9月26日 (水)

「浜松餃子丼 静岡おでん丼」浜名湖SAで発売へ

 今日は、9月26日、「彼岸明け」。
 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 雪の中、みすぼらしい身なりで、城の前に立ったのは、後の神聖ローマ皇帝だった。破門を解いてもらうため法王を訪ねたが、門前で三日三晩にわたって待たされたと伝えられる。教科書にある世界史上の事件「カノッサの屈辱」だ
▼十一世紀の欧州で皇帝と法王が対立した。問題になったのは高位の聖職者を任じる権利だった。権力はつまるところ人事とカネだと言われるが、この聖職者の任命権、カトリックの世界で何度も歴史に残る出来事のもとになってきた
▼権力を奪ったナポレオンも法王との協約で、聖職者の任命権を国家のものにしたという。協約は、皇帝としての統治を助けることになる
▼バチカン(ローマ法王庁)は、ナポレオンに対して行ったのと同様の巨大な譲歩を行った。欧州メディアの報道に、そんな解説があった。国交のない中国とバチカンが司教の任命権を巡って、先日達したという暫定合意である
▼任命を巡る対立は、実に七十年近くに及ぶ。今回はバチカンが政府公認の司教を承認したという。今後、本格的な解決をみるのかもしれない
▼ただ大幅譲歩のままならば懸念が浮かんでくる。バチカンを支持してきた地下教会への弾圧が強まらないか。宗教弾圧への批判をかわす材料や、外交の道具にされないか。繰り広げられているのは、歴史的な出来事だろう。しかし、美談をみている保証はない。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2018092602000121.html

 昨日のテレビ「朝の!さんぽ道」は、「小さな秋 見つけるさんぽ」「小田原」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/tvo/73336/749437/
<小田原城>
♪ 楓 スピッツ(1998年)
※天守閣は、昭和35年復元。復興される前の昭和25年に小田原城で博覧会が開かれ、跡地に遊園地ができた。博覧会の時にタイから象のウメ子がやって来て、博覧会後は小田原城の下で2009年まで公開されていた。
♪ U Can't Touch This MCハマー(1990年)
・常盤木門
・城址公園内御用邸:1901年~1923年まであった。
・天然記念物 イヌマキ:高さ20m、幹回り4.5m、小田原市内最大の巨木
・小田原市立城内小学校(1871年~1992年)
♪ もしも 星野源(2012年)
・報徳二宮神社
 金次郎の生まれ故郷が小田原。
・二之宮金次郎像
 この像と同じものがおよそ1,000体作られた。メートル法普及たのめに高さは1m。
*《きんじろうカフェ》
☆呉汁 594円
・アイスジンジャー カプチーノ 648円
<おしゃれ横丁>
・メリーカップ
 小田原城址公園にあった。市民の大切な思い出を残したいと商店街の会長さんが譲り受けた。
<早川>
<小田原漁港>
 日本3大深湾:駿河湾 2,500m、相模湾 1,500m、富山湾 900m
《小田原さかなセンター》
・BBQセット 1,000円(1時間30分 ※食材別)
※海の魚は脂がしっかりしているため、身から焼き旨味を閉じ込める。
 ホッケ、イカの口、サザエ、シメジ・マイタケ・エリンギ・エノキのホイル焼き 醤油バター、生のアスパラ
♪ 昨日・今日・明日 井上順(1971年)

 「昼めし旅」は、「新潟県 村上村 山北地区」。7/27の放送分。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1183213/
 日本国:555mの山
<大滝さん>
・ナスの直火焼き
①ナスを直火焼きする。
②水で冷やし、皮をむく。醤油をかけていただく。
・サヤエンドウとアオサの味噌汁
①アオサを椀に入れ、インゲンの味噌汁を注ぐ。
・キュウりとメカブの酢の物
・コシヒカリ
・ゆかり
①梅干しのシソを乾かして、ミキサーにかける。
「小俣宿」
 出羽街道の宿場町
<中俣缶詰工業所>
 シイタケとタケノコの缶詰
<佐藤さん>
※日本国の別名は「石鉢山(いまくさやま)」。飛鳥時代にこの山を境に大和朝廷軍と蝦夷の国が戦い、朝廷軍が勝利して石鉢山から西を「日本国」と主張したことからこの名前が付けられたと言われている。
・シャキシャキレタスと豚肉の油炒め
①フライパンデ豚肉を焼く。お皿に出す。
②リバーグリーンというレタスをそのフライパンで炒める。
③醤油で味付けし、肉を戻す。
・ナスの壁漬け
①塩と混ぜた壁土に漬ける。(一夜漬け)

 「アンセリーズ工場直売店」より、楽天メール。「訳ありロースケーキ 懐かしの甘さのカラメルロール2本で約700g」1,980円(税込)送料無料の案内♪
https://item.rakuten.co.jp/uc-cyokubai/cb-0001/?scid=me_ich_pcn_301_20180926_6374846_004
 「日本酒焼酎 ギフトのミツワ酒販」より、楽天メール。「函館活きイカ 海鮮づつみ」1,580円(税込)送料無料の案内♪
 ホタテ、うに
https://item.rakuten.co.jp/mituwa/ikadutumi-2/?scid=rm_205145

 今日の仕事・・・
 印刷室の紙を置く所の前に荷物を置いているんで、紙がなかなか出せなかった・・・やっと出せたと思ったら、紙のパッケージの開いたものが手に当たり、手を切ってしまった!!!荷物は整理して置いてヨ!!!
 夕方の仕事・・・定時になっても会議が終わらないので、途中で帰宅させていただいた・・・無駄話をやめれば、定時に終われるジャン!

「浜松餃子丼 静岡おでん丼」浜名湖SAで発売へ

 今日の夕食は「おでん」♪
これぞ本格派
 日高昆布エキス 焼津産かつお節 使用のだし付
9種16品
 がんもは煮込み 7~8分が食べ頃です!
・海老の香りとわかめの旨味たっぷり!海鮮がんも 2個
・焼ちくわ 2本
・国産こんにゃく 2個
・さつま揚 2枚
・ごぼう巻 1本
・白ボール 2個
・野菜天 2枚
・玉ねぎボール 1個
・がんもボール 2個
<お召し上がり方>
①つゆを800cc(カップ4杯)の水で薄めてください、。こんにゃく、練り物を入れ弱火で10分煮込みます。
②がんもを入れさらに7~8分煮込むと出来上がりです。
製品1袋(標準248g)当たり320kcal
製造者 株式会社 かね貞
愛知県みよし市莇生町上永井田48-2
TEL 0120-11-7779

http://www.kanesada.com
 CF:愛知県、KF:千葉県
+CF/14101

 冬瓜を入れてみた。今、スーパーで売られているのは品種改良で柔らかくなっているようです。冷蔵庫でも腐ってしまうようです。
 「ダーチャ佐野」の「冬瓜」は、古来種なので、煮崩れしません。歯応えがあり、美味しいですよ♪冬瓜は、おでんの種にもいいですね↑↑↑すき焼きにもイケます!!!
 それに、ゆで卵も入れましたよ♪

「浜松餃子丼 静岡おでん丼」浜名湖SAで発売へ

 それに「するめ足」♪・・・内容量が減っていないかい・・・!!!
 前浜で獲れたするめいかの足です。軽く炙ってお召し上がり下さい。
内容量 58g
販売者 (有)おつまみカンパニー 02K
東京都目黒区目黒4-14-9
TEL 0120-919-208

 2018年7月5日の朝刊に「常葉大学生 創作丼コンテスト 浜名湖SAで発売へ」という記事が出ていた。
・グランプリ「静岡おでん丼」
・準グランプリ「浜松餃子丼」

 浜松市北区にある東名高速道路浜名湖サービスエリア(SA)と、常葉大学健康プロデュース学部健康栄養学科二年生による初めての創作丼メニューコンテストが四日、同大で開かれた。六つの班の出品作の中から、「静岡おでん丼」がグランプリに、「浜松餃子(ぎょうざ)丼」が準グランプリに選ばれた。これら二つのメニューは、同SAのフードコートで九月に発売される予定だ。
 ほかに出品されたのは「サクサク浜松餃子の野菜たっぷり酸辣丼」「さっぱり醤油麹(しょうゆこうじ)の三ケ日ポーク丼」「浜名湖のりのりチキン丼」「ディープ浜松豚丼」の四品。販売価格九百円未満で原価率40%以下、などの課題をクリアした六種の創作丼を、SAの長坂春男料理長ら四人の審査員が試食して採点し、静岡おでん丼をグランプリに選んだ。
 おでん丼は黒はんぺん、こんにゃく、ちくわ、卵が白飯の上に載り、干し桜えびとだし粉がトッピングされて食欲をそそる。五回の試作を経て出品した倉橋留美さんは「つゆをあんかけにして、ご飯となじみやすくした。桜えびの色と食感も楽しんでほしい」と、“優勝”を喜びつつ自信作をPRした。
 一方、準グランプリの浜松餃子丼は、ギョーザの具を白飯の上に載せたのが特徴。揚げた皮と温泉卵で食感の変化も楽しめる。
(武藤康弘)

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20180705/CK2018070502000040.html

 2018年9月12日の朝刊に、「おでん、餃子丼 浜名湖SAで販売開始」という記事が出ていた。
 東名高速道路浜名湖サービスエリア(SA、浜松市北区)を運営する近鉄リテーリング(大阪市)は十一日、常葉大健康プロデュース学部健康栄養学科の学生がプロデュースした創作丼「静岡おでん丼」=写真(上)=と「浜名湖餃子(ギョーザ)丼」=同(下)=を同SA(上下線集約)のフードコートで発売した。
 価格はそれぞれ七百八十円、七百五十円。
 二つの丼メニューは、七月に大学であったコンテストで一、二位に輝いた作品にSA料理長がアレンジを加えたもの。おでん丼は黒はんぺん、ちくわ、卵などの具材の上に干し桜エビとだし粉がトッピングされて「静岡」らしさいっぱい。餃子丼はギョーザの具と、たくあんが白飯の上に載り、揚げた皮と温泉卵で食感の変化を楽しめるように工夫されている。
(武藤康弘)

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20180912/CK2018091202000027.html

本日のカウント
本日の歩数:6,498歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.2kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 簡単アレンジ アジアン料理 | トップページ | 「秋刀魚の炒め煮」「さんまの梅チーズ蒔き」「カンタン酢でさんまのエスカベッシュ」「あじと玉ねぎの磯辺揚げ」「アジフライのトマト香味ダレ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/67210149

この記事へのトラックバック一覧です: 「浜松餃子丼 静岡おでん丼」浜名湖SAで発売へ:

« 簡単アレンジ アジアン料理 | トップページ | 「秋刀魚の炒め煮」「さんまの梅チーズ蒔き」「カンタン酢でさんまのエスカベッシュ」「あじと玉ねぎの磯辺揚げ」「アジフライのトマト香味ダレ」 »