« 暑い夏を爽やかに 体にやさしい手作りドリンク | トップページ | この夏食べたい SA & PA ひんやりスイーツ »

2018年8月 5日 (日)

「グリース(GREASE)」、そして「手筒竹輪」

 今日は、「高校野球 第100回 記念大会開会式」。

 昨日のテレビ「ごはんジャパン」は、「江戸前鮨の職人が房総の夏を握る」。
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0155/
*定置網漁・網元 海老原斉さん
*天然ぱんぱち
《銀座 鮨青木》青木利勝
 カマス、アカエイ、イシダイ、サバ、アジ、イワシ、クロマグロ、ダルマイカ(稚魚)、カンパチ、カツオ、マサバ、イシガキダイ、ホシエイ
・カマスの塩焼き
・ダルマイカの沖漬け
・マンボウの肝和え
《波奈 総本店》千葉県 館山市
☆お通し エイの肝ポン酢(天然のカンパチを細く切り、葛粉をつけて軽く湯通し)
☆ウルメイワシの握り(ネギとショウガの薬味)
☆タチウオの炙り握りとエイ肝(凍らせたエイの肝を削る。もみじおろしをのせる)
☆ダルマイカの握り(昆布〆)
☆アイコの握り(西京漬けにして皮を炙る)
☆サバの握り(ごま醤油に漬ける)
☆カンパチ
 氷温熟成させる。凍る直前の温度で熟成させる。うま味成分と甘味成分っが増加。
 炙り:うま味・風味・香ばしさが増す・
 たまり醤油漬け:臭み成分トリメチルアシンが中和され、身が柔らかくなりコクが出る。

 「博多華丸のもらい酒 みなと旅2」は。「世田谷区 下北沢」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/68391/1180077/
《和楽互尊(わらくごそん)》博多やきとり、キャベツの上にのせる、塩。
・生ビール
・豚バラ 380円
・鳥なん骨 1本 250円
・牛ハラミ 2本 450円
・トマト 1本 260円
《小料理 ふるさと》
☆唐揚げ 700円
☆コーンのかき揚げ 480円
・塩肉豆腐 520円
・ポテトサラダ 390円

 「TVチャンピオン極 ~KIWAMI~」は、「チェーンソーアート王決定戦」。
http://www.tv-tokyo.co.jp/tvchamp/
<クオードの森>千葉県 市原市
*QUARTR FINAL「大迫力アニマル勝負」
*SEMI FINAL「チェーンソーテクニック勝負」
 丸太棒倒し
*敗者復活戦「丸太イライラ棒」
*FINAL「アニマル犬小屋勝負」

 「土曜なもんで」の「今週の旅めし。」は、「浜名湖エリア その土地で特別な体験を愉しむ」。
https://tv-aichi.co.jp/namonde/
《うなぎ湖畔食房 舘山寺園》
TEL 053-487-0628
・ハモかばまぶし丼 2,000円
<ファンロムマリン コダマ>
TEL 053-487-0264
・パラセーリング 2人以上の出航 1人 6,600円 要予約
<竜ヶ岩洞>見学料金 大人1,000円、小中学生600円
TEL 053-543-0108
・黄金の大滝
・コウモリの食事ショー
《nicoe(ニコエ)》
TEL 053-586-4567
*《THE COURTYARD KITCHEN(ザ コートヤードキッチン)》
※かき氷甲子園
・静岡県代表 クラウンメロン
・和歌山県代表 あら川の桃
・愛知県代表 名古屋コーチンの卵
・秋田県代表 いぶりがっこ

https://twitter.com/hashtag/%E5%9C%9F%E6%9B%9C%E3%81%AA%E3%82%82%E3%82%93%E3%81%A7

 今朝のテレビ「こじまりゅうたの小腹がすきました」は、「カポナータ風そうめん」。
http://www4.nhk.or.jp/P4131/
【お手軽!カポナータ風そうめん】
<ピクルス液>
『材料』
 酢:200ml  水:25ml  砂糖:100g  塩:小さじ1/2  とうがらし:1本  ローリエ:1枚  黒粒こしょう:少々
<カポナータ風そうめん>
『材料』(1人分)
 きゅうり:1/2本  パプリカ:1/4個  たまねぎ(紫たまねぎ):小1/4個  トマト水煮缶:1/4缶  そうめん:100g  熱湯:500ml ピクルス液:大さじ1  塩:小さじ1/6  粗びき黒こしょう:少々  粉チーズ:少々 A オリーブオイル:大さじ1  おろしニンニク:小さじ1/4
『作り方』
①きゅうりは縦半分に切ってティースプーンでタネをくり抜く。
②野菜を1cm角に切る。
③耐熱容器(18cm)に2. の野菜をいれてAを加えて混ぜ、ラップをせずにレンジで3分加熱する。
※野菜だけオイルをからめて加熱することで炒めた食感に近くなる。
④トマト缶とピクルス液と塩を混ぜてラップをせずに更に3分ほど加熱する。
⑤別の大きめの耐熱容器(18cm)に、熱湯を入れ、そうめんを加えてほぐし、ふんわりとラップをしてレンジで3分ほど加熱する。
※吹きこぼれないように大きめの容器を使う。
⑥そうめんの湯を捨て、水で揉み洗いし、冷たくなったら水気をしっかりと切る。
⑦そうめんを3. にいれてあえ、器に盛ってチーズとこしょうをふる。
【枝豆ピクルス】
『材料』(作りやすい量)
 冷凍枝豆:200g  ピクルス液:適量(150ml)
『作り方』
①枝豆を解凍し、両端をハサミで切り落とし、清潔なビンに立てて詰める。
※両端を落とすことで味が染みやすくなる。
②ピクルス液をレンジで加熱し、熱い内に1. に注ぐ。
※熱い汁を注ぐことで味が馴染みやすい。
③粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて一晩置く。

http://www4.nhk.or.jp/P4131/22/
 他のメニューも載っているが・・・。
【冷や汁風スープごはん】
『材料』(1人分)
 ツナ(ノンオイル ):小1缶  きゅうり:1/4本  プチトマト:4~6個  バジルの葉:6枚 氷:適量  水:100ml  ごはん:1膳  みそ:大さじ1  白すりごま:大さじ1/2 A オリーブオイル:小さじ1  塩:少々
『作り方』   
①きゅうりは薄切りにする。
②トマトはヘタを取って4等分に切り、ちぎったバジルとAを混ぜる。
③金属製のフライ返しにアルミ箔(はく)を巻き、みそを広げる。
④ガスを弱火にし、みその面を遠火で焼き付ける。2分程してうっすら焼き色がついたらみそをボウルに入れる。
⑤ツナを汁ごと入れ、すりごまを加えて混ぜる。
⑥水を注ぎながら混ぜて氷を浮かべる。
⑦ごはんにかける。途中で(2)のトマトを混ぜる。
【なすの蒸しびたし】
『材料』(1人分)
 なす:1本  ポン酢:大さじ2  揚げ玉:適宜
『作り方』
①なすのヘタを残して、ガクを切り落とし、ピーラーで皮をむく。
②なすをさっと洗い、ラップで包み、レンジで2分加熱する。
③なすを箸で縦6等分にさいて、ヘタを落として半分に切り、器に盛ってポン酢と揚げ玉をかける。

 「日本酒焼酎 ギフトのミツワ酒販」より、楽天メール。「久保田の生酒、久保田 翠寿 720ml」2本セットが7,808円♪
https://item.rakuten.co.jp/mituwa/480633/?scid=rm_205145

 映画「グリース(GREASE)」を見に行く。なんかだるいな・・・暑くてよく眠られないせいか???
 映画館に到着。チケットを買うのに行列ができていた・・・。
 グッズ店にも列ができていた・・・。
 な~ぜ~???
 やがて開場。
「グリース(GREASE)」、そして「手筒竹輪」

トラヴォルタ、オリヴィア共演によるポップな50'sミュージカル
 『サタデー・ナイト・フィーバー』で当時人気絶頂のトラヴォルタと人気歌手オリヴィア共演のヒット作。サマーキャンプで出逢ったダニーとサンディ。ひと夏の恋のはずが、サンディがダニーの高校へ転向し、再会することになり-。
監督:ランダル・クレイザー
出演:ジョン・トラヴォルタ/オリヴィア・ニュートン=ジョン/ストッカード・チャニング/ジェフ・コナウェイ
1978年/カラー/110分/アメリカ

http://asa10.eiga.com/2018/cinema/803.html

 帰宅途中、スーパーに寄る。
 売り出しの「国産もっちり豚モモ切り落とし」100g95円で488円のもの、「オーストラリア産特選牛サイコロステーキ」100g95円で508円のもの、「ビッグ富士特製 冷凍枝豆」350g170円、それに「ボイルほたるいか 生食用」100g181円で235円の物を買う。
 「カツオ」を買いたかったんだけど、高かったんだね!!!

 帰宅して、今日も「スイカ」が昼食!

 草取りをしましょう!
 トラクターで耕しても、地下に埋もれたのがまた復活しているんです・・・↓↓↓
 雑草の種がこぼれて新しいのが生えているね・・・↓↓↓

 水撒きをして、一杯といきましょう!
「グリース(GREASE)」、そして「手筒竹輪」

 おつまみは、今日買った「兵庫県産 ボイルほたるいか 生食用」♪130g入りだね。
 薬味は「ショウガ」と「ニンニク」どちらがいいか・・・「ショウガ」かな・・・。

 さらに「冬瓜の味噌汁」・・・冬瓜がどんどん実っていって、食べきれないんです!!!

「グリース(GREASE)」、そして「手筒竹輪」

 デザートは、先日頂いた「」♪銘柄は分からない。桃って、木で熟すんで、採ってからは追熟しないらしいんですよね。

 ここで今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「手筒竹輪」(愛知県)の引用♪
伝統花火の迫力を
 各地で花火大会が賑わうなか、異色の存在が手筒花火。荒縄で巻いた長さ1mほどの孟宗竹に火薬を詰め、人が抱えて打ち上げるもので、10mを超える火柱に、豪快な爆音がともない迫力満点だ。戦国大名の今川氏が、現・愛知県豊橋市の吉田神社に奉納したのが始まりとされ、今も同社の祇園祭で約350本を打ち上げるほか、各所の祭礼でもこれが夜空を焦がす。
 地元では花火名を冠した菓子などの商品開発も盛んだが、特に話題が「手筒竹輪」。発売元は、文政10(1827)年創業、日本屈指の歴史を誇る練り物の老舗ヤマサちくわ。花火を模した高さ27cm、直径10cmの筒に、最高級の材料を使う特選ちくわ、ホタテが素材の帆立ちくわ、焼き色を付けない白ちくわ、一口サイズの豆ちくわ、ショウガとネギを練り込んだ生姜豆の五品を詰めたものだ。
 「創業以来、選び抜いた素材と、伝統的な製法にこだわり、ふわりと軟らかいが腰のある食感を残す製品作りを守り続けています」と、社長の佐藤元英さん。香ばしさが際立つ逸品揃いである。パッケージは「本物の縄で1本1本手作り。縁起の良い和風インテリアにもなります」。味に劣らず出来栄えがいい。
●ヤマサちくわ
愛知県豊橋市下地町橋口30の1
TEL 0120-803489
FAX 0120-432214
手筒竹輪(特選ちくわ3+帆立ちくわ2+白ちくわ2+豆ちくわ1袋+生姜豆1袋)税込み3392円(送料別途)

https://yamasa.chikuwa.co.jp/

 さらに「旬の魚介 あれこれ」より、「スズキ」の引用♪
魚類界 最大会派の長
 「スズキの奉書焼き」で有名な島根県・松江では、晩秋に鳴り渡る雷を「スズキ落とし」といいます。春~秋は宍道湖で、冬は外洋沿岸で暮らす「回遊」という生態と、するどい感覚をうまく表現しています!
・科属:ススキ目スズキ科スズキ属
・漢字名:鱸
・英名:Japanese seabass
 夏真っ盛りの8月は、魚料理に少々悩む。焼き魚や煮魚はどうも暑苦しいし、刺し身もすぐ痛みそう。そもそお8月が1番の旬という魚も少ない。
 そんな中、注文したいのがスズキ。8月頃が最も太っておいしくなるとされ、昔から代表的な夏魚として親しまれてきた。
 日本人の名字に多いスズキさんではないが、スズキ目は約1万の魚種を抱える魚介類の最大グループ。そのスズキ科スズキ属とくればいわば、最大会派の総元締的存在だ。
 姿形も威風堂々。いぶし銀のように光る精悍(せいかん)な姿で、成魚は体長1mにもなる。名の由来は一説によると、すずぎ洗いしたようにきれいなによるとされ、透明感のある白身が特徴だ。
 ただし、スズキと名乗れるのは、4年物以上で体長60cmを超える頃から。代表的な出世魚で、5cm前後はヒカリゴ、10cm前後でコッパ、1~2年魚の25cmでセイゴ、2~3年の30~40cmでフッコまたはハネと、名前が変わっていく。
 食べ方はやっぱり洗いがおすすめ。冷水で引き締まった身はさわやかで、梅肉などともよく合う。湯引きもいい。一方で、ソースを生かす洋食にも好評。
 内湾や河口付近にも多く生息し、シーバスとしてルアー・フィッシィングでも人気が高い。食べるなら、なるべく水質のよいところのものを。

本日のカウント
本日の歩数:9,486歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:53.0kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 暑い夏を爽やかに 体にやさしい手作りドリンク | トップページ | この夏食べたい SA & PA ひんやりスイーツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/67024017

この記事へのトラックバック一覧です: 「グリース(GREASE)」、そして「手筒竹輪」:

« 暑い夏を爽やかに 体にやさしい手作りドリンク | トップページ | この夏食べたい SA & PA ひんやりスイーツ »