« 「土井善晴の料理は楽し」(8-1)「ゴーヤーと豚バラの煮つけ」 | トップページ | 奥歯のかぶせもの »

2018年7月22日 (日)

「脱・マンネリサラダ」、そして「四万十うなぎちまき」

 昨日のテレビ「ごはんジャパン」は、「群馬県 沼田市」「はちみつ 尾瀬のふもとの養蜂場」。
http://www.tv-asahi.co.jp/gohan-japan/backnumber/0153/
《パン焼き小屋 ツオップ》伊原靖友
*百花蜜
<小野養蜂場>小野幸弘さん
・豚肉の生姜焼き
 豚肉にはちみつを塗って、一晩冷蔵庫で寝かせる。はちみつの糖分が肉を柔らかくする。
☆ちぎりパン
☆雑穀パン(はちみつ入りソーセージのホットドッグ)
 ソーセージのタネにはちみつを練り込む。
☆はちみつ香るカンパーニュ
 ドライにしたリンゴを白ワインとはちみつで漬け込み、パン生地に練り込む。

 「TVチャンピオン極 ~KIWAMI~」は「カップ麺アレンジ料理王選手権」。
https://tver.jp/corner/f0024442
※SEMI-FINAL ビックリアレンジ対決
*野島慎一郎
・日清どん兵衛 きつねうどん「どん兵衛グラタン」
①お湯を注いで、カップ麺を作る。汁に片栗粉を入れる。
②皿に麺を移し、餅、お揚げ、チーズをのせる。
③オーブンで焼く。
*深蔵
・マルちゃん正麺 カップ 香味まろ味噌「ラーメン巾着」
①油揚げを湯通しする。(油抜き)
②フタを全部はがしてお湯を入れる。麺をほぐす。固めの麺を一口大サイズにカット。
③油揚げに麺、メンマ、大葉、チーズを詰め、爪楊枝で止める。
④お鍋にお湯を沸かし、味噌スープを入れる。そこに巾着を入れて茹でる。
*こいけけいこ
・サッポロ一番 白らーめん どんぶり「海鮮塩やそばめし」
①お湯を入れてラーメンを作る。
②フライパンに麺、エビ、イカ、アサリを入れ、炒める。
③ご飯を投入。
④カップに戻し、形を整えて、皿に盛る。ネギを散らす。
*神田武郎
・マルちゃん正麺 カップ うま辛担担麺「麻婆担担麺丼」
①麺を油で揚げてカリカリ食感にする。
②フライパンでひき肉を炒めて、担担麺スープを入れる。
③豆腐を入れる。
④ご飯に、麺、麻婆豆腐をのせる。
※FINAL 家族のためのカップ麺アレンジ3本勝負
(1)お父さんの晩酌 おつまみ対決
*深蔵
・チキンラーメンどんぶり ミニ「チキンラーメンちくわ」
①ビニール袋に麺を入れて砕く。
②クリームチーズを混ぜる。
③海苔で巻く。さらに、ちくわで巻き、爪楊枝で止める。
*こいけけいこ
・マルちゃん 麺づくり 鶏だし塩「いかくんとわかめのラーメンサラダ」
①かやく、わかめを入れてお湯を入れる。
②湯切りをする。千切りのキャベツにその湯をかける。
③粉末スープ、液体スープを入れる。
④イカのくんせい、すりごまを混ぜる。お皿に盛り、キュウリを添える。
(2)子どもの夜食対決
*深蔵
・マルちゃん正麺 カップ 芳醇こく醤油「テリヤキチキンらーめんピザ」
①湯切りした麺をフライパンで焼く。
②サラダチキンにスープを加える。砂糖を加える。
③麺にのせて、マヨネーズ、海苔をかける。
*こいけけいこ
・サッポロ一番 みそらーめん どんぶり「ラーメン焼き餅」
①湯切りした麺に餅を入れ、粉末スープで味付け。
②コーン、ソーセージ、キャベツを加え、炒める。
③チーズ、海苔をのせる。
(3)メインのおかず対決
*深蔵
・スーパーカップ1.5倍 たっぷり野菜タンメン 超やみつきペッパー仕上げ「ラーメン餃子」
①ボウルに麺を入れ、砕く。
②キャベツとツナに粉末スープで味付け。野菜のかやくを入れる。
③餃子の皮で包んで焼く。
④酢に超やみつきペッパーを入れる。
*こいけけいこ
・MWRUCHAN QTTA SHO-YU ラーメン「オム麺玉のニラあんソース」
①麺を湯切りをする。
②スープに片栗粉を入れ、ニラとちくわを炒める。
③麺を溶いた卵に投入。フライパンにゴマ油を熱して焼く。
④皿に盛り、タレをかける。

http://www.bs-j.co.jp/tvchamp/backnumber/index.html?trgt=20180715

 「昼めし旅」は、「秘境路線バス 執着をめざして 昼めし旅15」「浜松」。
 児玉さんって、小学校校長を退職したって言っていたけど、前「浜松市教育長」でしょう!?
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/46079/1155778/
「春野協働センター」
<児玉一記さん>
・しいたけ焼き
①しいたけに切り込みを入れて焼く。
・餃子
①モヤシを塩、コショウで炒める。
②冷凍餃子を焼く。
・冷奴

 「博多華丸のもらい酒 みなと旅2」は、「渋谷区 幡ヶ谷(はたがや)」。
https://tvtopic.goo.ne.jp/program/tx/68391/1176284/
《魚貝 浜屋》
☆串焼き盛り合わせ
☆カニミソの甲羅焼き 490円
・生ビール
・刺身盛り合わせ
 シメサバ、マグロ、赤貝、トビウオ、カンパチ、金目鯛
・マグロのカマ焼き 620円
《焼鳥 鳥伊那》創業47年
  とまり木を
  われにもわけよ
  夕雀
・つくね 205円
・茗荷焼 324円(味噌をつけて焼く)
・手羽先 486円

 先日の「土佐流おもてなし 小料理 和歌子」は、「こじゃんと呑んで涙して こりゃ めった もう許してちゃ!」。
 《土佐 酒蔵》で撮影をしているのだろうか?
東京都中央区銀座7-12-4
TEL 03-3545-3855

https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13083406/
・皿鉢料理
・カツオの盛り合わせ

https://ameblo.jp/skirtrisa8/entry-12327271793.html
https://twitter.com/search?q=%23%E5%B0%8F%E6%96%99%E7%90%86%E5%92%8C%E6%AD%8C%E5%AD%90

 「よなよなの里 エールビール醸造所」より、楽天メール。「超宴」の案内♪
● 超宴とは?
 ヤッホーブルーイングが主催するビールイベントです。今年は東京の「お台場」で開催!開催日は2018年10月27日(土)。
 「お台場」と聞くと、長野県に住んでいる私からすると、すっごく都会なイメージがありますが(笑)、今回の開催場所はお台場の中でも、花と緑と水に囲まれた癒しの空間がある場所なんです。そして!夕暮れ時になると周辺施設のライトアップが始まり、とてもロマンチックな雰囲気に...!
 そのような素敵な場所でビールを楽しみながら、ビールに合うフードや音楽を満喫し、様々なワークショップで新しい発見をすることができ、来場したお客様同士での交流や、ヤッホーブルーイングスタッフとの交流も楽しめる!そんなイベントとなっております!
 もちろん楽しみ方はお客様次第なので、ビールをイベント中ゆっくり飲み続けてもいいですし、フードを全制覇したり、ワークショップにたくさん参加したり・・・楽しみ方は無限大!
 昨年、明治神宮外苑で開催した際は4,000名のお客様にご来場いただきました。4,000名一斉にした「乾杯」は後にも先にも経験したことがない感動、高揚感!今年も皆様で実現したいと思っています♪
● 開催概要
・開催日時:2018年10月27日(土)12:00~20:00(18:00ラストオーダー)
※開場は10:30を予定しています。
・開催場所:お台場特設会場
・一般販売:2018年7月22日(日)10時00分から販売中!
※チケットはなくなり次第販売終了
 その他、チケットの価格や過去のイベントの様子などは特設サイトをご確認ください。

https://www.rakuten.co.jp/yonayona/?scid=rm_100064

 ムラの草刈りに出掛ける。子ども会の資源回収と重なっているぞ・・・打ち合わせをしないのかな???
 平らな道の方ばかりを刈っている人が多いが、土手に入った方が川に近いから涼しいんですよ!!!
 お茶をもらって帰宅。

 ついでに草取りをしましょう!これは、ちょっと大変だな!

 あれっ?先週収穫してガレージに広げておいたジャガイモが2つ腐っている・・・日に当たって熱くなってしまったのかな???家の中に入れよう!

 暑いけど、買い物に出かけましょう!
「脱・マンネリサラダ」、そして「四万十うなぎちまき」

 途中でLOTO 7」と「TOTO BIG」を買いましょう!
 スーパーに到着。混んでいるねぇ~なぜなんでしょう?
 うりだしの100g203円の「チリ産 サーモントラウト(刺身用)」、100g170円の「北海道産 ボイルほたて」、それに「宮城県産 かつお(腹)」410円を買う。かつおは「宮城県産」だから安いのかな???これも原発事故の影響???・・・しまった「卵」1パック105円を買い忘れた!

 「カツオ」や「サバ」には「アニサキス」という寄生虫が付いているかもしれないから、1時間ほど冷凍してから食べるように表示してあったね!柵への調理中に見つかったのかな???
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fish/katuo5.htm
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000042953.html

「脱・マンネリサラダ」、そして「四万十うなぎちまき」

 帰宅して、暑いのでジュースを飲みましょう!!!もう、喉がカラカラ!
morinaga
Sunkist GRAPE 100%
1本(200ml)当たり 96kcal
販売者 森永乳業株式会社
東京都港区芝5-33-1
TEL 0120-369-744

「脱・マンネリサラダ」、そして「四万十うなぎちまき」

 今日の昼食は、昨日買った「天空のバナナ」。
フィリピン産
超高知栽培
 海抜およそ1,000mの高地で長期栽培。
 コクともっちり感のあるバナナです。
KING OF BANANA
 指定農園より心を込めて
8193226

 いきなり「インターネットエクスプローラー」の画面が「Norton」になった!!!何なんだ???

 水撒きをしようとしたら、「畑菅」にアタッチメントが付いていて取れない・・・。
 いろいろをやってみたがダメ!!!結局、バケツで撒く。
 これだけで、たいぶ涼しくなったよ♪♪♪

 ついでに草取りの続きをしましょう!!!土が硬いから、大変だね!
 おっと、コンポスターに蛆虫が・・・薬を入れるしかないな!!!

「脱・マンネリサラダ」、そして「四万十うなぎちまき」

 夕方は、今日買った「宮城県産 近海かつお(腹)刺身用」で一杯♪当然、皮付きだよ↑↑↑薬味は、やっぱり「ニンニク」と「タマネギスライス」だね♪♪♪美味しいねぇ~↑↑↑
高鮮度 高品質
 脂がのってます!!

 さらに、「ポテサラ」♪

 ここで、『Clife』2018年4月号の「あなたのお知恵拝借!」より、「脱・マンネリサラダ」の引用♪
・コロッケをつぶし、キュウリ、コーン、ハムとマヨネーズであえて、ポテトサラダを作ります。コロッケの衣により、サラダの味に深みやコクが増します。隠し味として柚子コショウを入れるのもおすすめです。
・細かく切った鶏皮をフライパンでカリカリになるまで焼き、サラダにトッピング。鶏皮を焼くときに出た脂もポン酢と一緒にかけると、さらにおいしくなります。
・ラッキョウの甘酢漬けを細かく刻み、漬け汁ごとマヨネーズと混ぜ合わせます。そこに、みじん切りにしたキャベツやニンジン、コーンを加えればオリジナルのコールスローの出来上がり。
・野菜サラダに大根おろしをたっぷりかけ、その上からポン酢をかけた「ヘルシー大根サラダ」がお気に入りです。
・アーモンド、ピスタチオなどのナッツ類を細かく刻み、いりごま、チーズをかけるだけで、味にパンチが出ます。また、半熟のポーチドエッグを上にのせ、崩しながら食べるサラダもおいしいですよ。
・ナガイモをサッとゆでて粗くつぶし、マヨネーズとカレー粉で味を調えます。シャキシャキとネットリの2種の歯応えと舌触りがたまりません。またカレー粉もアクセントになって、新鮮な味わいに!

 今朝の朝刊「全国旨いもん」より、「四万十うなぎちまき」(高知県)の引用♪
清流が生んだ組み合わせ
 総延長196kmの流域に大規模なダムがないことから、「最後の清流」といわれる高知県の四万十川。すばらしい風光に加え、ノリやエビ、アユ、ゴリなど川の幸も魅力だ。特に人気の高いのがウナギ。川筋には多くの食事処が点在、欠かせない郷土の味である。
 そんな名物の需要に応えるべく、50年にもわたって養殖業を営んできた会社が四万十うなぎ。上流部の四万十町に設けた大規模な二カ所の養鰻場で、この川生まれの稚魚を育てる。清澄な水と、川ノリなどを配合した独自の餌を与えることで、身が軟らかく程よく脂の乗った成魚になるという。
 活鰻(いきうなぎ)のほか、蒲焼きや白焼きなどで出荷するが、ひと工夫した「四万十うなぎちまき」も好評。「四万十町の清流水で生産したもち米と古代米で作るおこわに、錦糸卵、蒲焼きを組み合わせ仕上げたもの。地元農家の”おばちゃん”たちが、ひとつずつ丁寧に手作りしています」と、
監査役の大前美和さん。
 もちもちとして甘辛いおこわと、香ばしいタレに包まれた蒲焼きの相性は抜群。袋のまま電子レンジで加熱すれば、出来たての味わいが楽しめる。冷めても美味。
●四万十うなぎ(株)
高知県四万十町見付896の6
TEL 0880(22)1468
FAX 0880(22)2502
四万十うなぎちまき(200g)1個1720円、3個セット5160円(いずれも税込み送料別途)ほか
※冷凍便で発送

https://shimanto-unagi.com/

 さらに「旬の魚介 あれこれ」より、「ハモ」の引用♪
伝統生きる関西の涼
 ハモの名の由来は、すぐ噛みつくので、「食(は)む」「咬(か)む」「歯魚」が転じたといわれます!
・科属:ウナギ目ハモ科ハモ属
・漢字名:鱧
・英名:dagger-tooth pike conger / congger pike
 夏の関西の味覚といえば、なんといってもハモ。京都の祇園祭(7月1日~31日)は、別名「鱧祭り」とも呼ばれるほどだ。大阪の天神祭(7月24日、25日)にも、ハモ料理が欠かせない。
 「ハモは梅雨の雨を飲んで旨くなる」とも聞く。実は獰猛なハモは、雨どころか、エビやカニ、イカやタコなどを食べて育つ美食家らしいが、それはさておき。つまりハモの旬は、梅雨明け頃から夏とされている。その後、8月から9月にかけては、産卵期を迎えやせてしまう。
 一方で、本当の旬は10月から11月頃だという話も。その頃のほうがより脂がのっておいしいともいわれる。秋のハモは「落ちハモ」として珍重される。
 だが、伝統文化と結びついた夏のハモの味は、また格別なものだ。その昔、暑い京都で鮮魚が手に入りにくい中、生命力が強く傷みにくいハモは、貴重な食材だったに違いない。
 代表的な料理は「ハモの落とし」。小骨が多い身を骨切りという技法で食べやすくし、やわらかい身をさっと湯がいて冷水でしめるのは、まさに伝統の技だ。涼やかな器に盛り梅肉や酢味噌を添え、夏にふさわしい」品となる。ほか、ハモ鍋やハモちりなど、ハモ料理は多彩。
 東日本でいまひとつなじみの薄いハモ。これはやはり夏関西を訪れて味わいたいものだ。

本日のカウント
本日の歩数:9,614歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日:52.0kg
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« 「土井善晴の料理は楽し」(8-1)「ゴーヤーと豚バラの煮つけ」 | トップページ | 奥歯のかぶせもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/66974462

この記事へのトラックバック一覧です: 「脱・マンネリサラダ」、そして「四万十うなぎちまき」:

« 「土井善晴の料理は楽し」(8-1)「ゴーヤーと豚バラの煮つけ」 | トップページ | 奥歯のかぶせもの »